ちび おおかみ。 ちびおおかみとほたる姫

ちびおおかみ

ちび おおかみ

アニメ「それいけ!アンパンマン」の情報を掲載している非公式のファンサイトです。 基本的にあらすじでは結末まで記述していますのでネタバレにはご注意ください。 日付 区分 脚本• 絵コンテ• 高柳哲司 演出• 佐土原武之 シリーズ• 主要キャラ• 関わったキャラ• 蛍の子供たち• 舞台となる場所• 子供たちの秘密基地• パン工場 行われた行事• 光のコンサート 登場した乗り物• 登場した食べ物• クッキー 使われた道具• 鳥型メカ 使用曲• フォーレ『パヴァーヌ』 オープニング曲• 10 やっぱりぼくはいいや。 ごめんね あらすじ 満月の夜、ほたるたちの光のコンサートが開かれることになっていた。 しかし、満月を見るとオオカミおばけになって暴れてしまうちびおおかみは、観に行くことを諦めていた。 そこでクリームパンダが機転を利かせて、当日、屋根のある秘密基地へと連れていく。 するとばいきんまんがやってきて、ちびおおかみを捕まえて満月を見せ、暴れさせる。 ほたる姫とほたる王子はオオカミおばけの眼前でコンサートのダンスを踊り、優しかったころのちびおおかみの心を呼び覚ます。 そしてちびおおかみは正気に戻り、ばいきんまんは倒された。 その後、秘密基地に戻り、改めて光のコンサートを楽しんだ。 解説・感想 月夜のちびおおかみの話。 月光の届かない満月の下で見るコンサート。 秘密基地(みんな知ってる)。 最初からちびおおかみに見つかっているし、ばいきんまんたちにも見つかっているし、ジャムおじさんも当然のように知っていた。 公式リンク• コメント• 出典:『ちびおおかみとほたる姫』 「アンパンマン」及び「それいけ!アンパンマン」の著作権は、やなせたかし、フレーベル館、トムス・エンタテインメント、日本テレビ放送網に帰属します。 「アンパンマン」及び「それいけアンパンマン」は、柳瀬嵩、フレーベル館の商標です。 当サイト「アンパンマンDB」は、 松田美文 が運営する非公式のサイトであり、の一部です。 当サイトでは、ユーザー体験の向上や統計等のため、Cookieを使用しています。 閲覧を継続することで、使用に同意したことになります。 このページではにより絵文字を表示しています。 Copyright c 2018 Twitter, Inc and other contributors このページの履歴•

次の

コキンちゃんとリトルジョーカー・かつぶしまんとちびおおかみ

ちび おおかみ

ちいさなちいさな ちびおおかみ まんまるかわいい おっきなおおめめ でもまんまるお月様が その目に映るとさぁ大変 おおきなおおきな おばけおおかみに大変身 なんでもかんでも こわしてしまう ちびのこころも こわしてしまう [newpage] ちびおおかみが、うんとうんと小さい頃に、かあさんおおかみが囁いた。 「かわいいかわいいちびおおかみ。 あなたがゆっくり眠れるように、 おばけの夢を見ぬように、ねむりのマスクをあげましょう」 やさしいやさしいかあさんおおかみ。 ふわふわのやさしい胸に、ぬくぬくぎゅっと顔寄せて。 とてもとても、幸せだった。 それはもう、とおい昔のことだった。 ちびおおかみは、金色満月がこわい。 おばけがじぶんを食べるから。 ごっくり飲みこみおおきくなって、なんでもこわしてしまうから。 なんでもこわして、だめにして、ちびをひとりにしてしまう。 けれどもちびは、ひとりもこわい。 ひとりで眠って夢を見て、夢に満月出てきたら、夢でもおばけがおおあばれ。 誰に優しくされたって、誰と仲良くなったって、 さいごにみんなこわしてしまう。 おばけはみんなこわしてしまう。 [newpage] ある冬の日、ちびおおかみは森の中で眠ってた。 しんしん雪が降る森で、木の根の穴に身を寄せて、 ひとりのさみしさ飲み込みながら、マスクをかぶって眠ってた。 そこへ突然雪鬼が、どすんどすんと地響き立てて、しろい顔して現れた。 「森を雪で、飲み込むぞ!」 「こわいよ助けて!」 泣いて逃げるちびおおかみ。 ころがるように走り出す。 あおい毛並みは雪だらけ。 こわい鬼が、すぐそこに。 もうだめだって思ったら、金色リボンがくるくる舞って、ちびをふわりと持ち上げた。 金色リボンはくるくるどかん! おおきな雪鬼締め上げて、雪山向こうに追い返す。 それはかつて、山で出会って仲良くなった 優しい目をした少女だった。 「ありがとう…!ロールパンナちゃん」 ちびおおかみがそう言うと、にっこり彼女は微笑んだ。 そのままくるりと去って行く。 あぁいってしまうと寂しくなって、必死の声で呼び止めた。 「まって!あの、あのね…ひとりで眠るのが、とても怖いの。 眠るまでそばにいてくれる?」 少し無茶なお願いだった。 けれども彼女はこくりとうなずき、結局朝まで居てくれた。 「ちびおおかみは、ひとりがこわいのか?」 「うん、…うん。 ひとりもこわいけど、満月を見て、おばけおおかみになっちゃうのが一番こわい」 「そうか…」 ひとりは寂しい。 寂しいと、嫌な事ばかり考える。 丸いものを見て、おばけおおかみになって、大暴れして、わぁわぁ逃げる、みんなの姿。 だから、ひとりでいるのはこわいけど、みんなと居るのはもっとこわい。 さみしいさみしいちびおおかみ。 そんな気持ちを、知ってか知らずか、ロールパンナはゆっくり瞬く。 とても綺麗なやさしい瞳。 雪降るさみしいほんの数日、彼女はそばにいてくれた。 [newpage] 「ちびおおかみは、丸いものを見ると、おばけおおかみになるのか?」 「うん…満月に似てて、丸い!怖い…!って思うと、おばけおおかみになっちゃうよ」 「じゃあ、丸いもの、何でもじゃあ、ないんだな」 「え?」 「そのクッキーも丸い」 メロンパンナちゃんがくれたクッキー。 バターの香りの甘いクッキー。 よくよく見ればまんまるで、お月様によく似てる。 「だっておいしくって…ぜんぜんこわくなかったから」 そう呟くと、ロールパンナは優しく笑う。 思わずちびおおかみも笑ってしまう。 「ちびおおかみが、こわいと思わなくなったら… 一緒に月を、見る事ができるかもしれない。 私は、月が好きなんだ」 ロールパンナちゃんが好きな月なら、それは素敵なものかもしれない。 こわくないかもしれない。 一緒に見る事ができたら、 それは…なんて幸せ。 それから一緒に森を歩いた。 「花も丸いね!」 「うん、切り株も丸い」 「木の実も丸いね~」 「お日様も…丸い」 「あ、ロールパンナちゃんの顔も丸いね!」 「えっ」 「…えっ」 2人で笑った。 なんて幸せ。 このまま丸い物が平気になって、なんにもこわくなくなればいい。 [newpage] 雪がしんしん降る夜が来た。 雲の上にはきっと満月。 それでもちっとも怖くない。 ロールパンナちゃんがそこに居る。 君が居るならこわくない。 「ねぇ、ロールパンナちゃん。 一緒に居てくれる?」 「いる」 「ずっと居てくれる?」 「…いるよ」 「ずっとずっと…居てくれる?」 「ずっとずっとは…だめだと思う」 「………そっか……」 なんでだめなのか、きけなかった。 でも、きっとそうだろうって思ってた。 「ここにたくさん雪がつもると、また雪鬼がやってくる。 前よりも、ずっと大きくなってくると思う。 その前に、この森は離れた方がいい」 ちびおおかみの頭をゆっくり撫でて、 そっと言い聞かせるようロールパンナはささやいた。 真夜中なのに、ぼんやりあかるい雪の空。 雪雲の上はきっと満月。 君が居るけど眠れぬ夜に、雪鬼は再びやってきた。 どすんどすんとひびく地響き。 ちびおおかみが逃げ出す前に、ロールパンナが前に出た。 金色リボンをぐるぐる回し、竜巻をいくつも起こす。 雪鬼の腕をふきとばす。 けれど鬼はまえより強い、腕はすぐに元通り。 ロールパンナをがっしり両手で捕まえる。 ぎゅうぎゅう締め付け潰そうとする。 苦しそうな彼女の声! 大切な、君の声!! 「ロールパンナちゃん!!」 ちびおおかみは空を見上げた。 ロールパンナの竜巻で、少し空は晴れていた。 雲の隙間から覗く満月。 あぁ、満月、どうかそのまんまるの、姿を見せて…! 一緒に満月が見たいと言った。 そうできたらなんて素敵。 きっと、なんて幸せ。 でもそれだけは無理なんだ。 無理だって知っていたんだ。 月に似ている丸いものと違って、満月だけは。 だって、満月の魔力で、ちびおおかみは、おばけおおかみになるのだから。 雲の隙間から、まんまる満月金の光。 今日はなんて、美しい。 何故だかちっとも怖くない。 ちびおおかみは、むくむく膨らみ声をあげ、おおきなおばけおおかみに。 こわくない、こわくない …この力で、君を助けられるなら! おおきなおばけおおかみは、天にも響く遠吠えをあげた。 鋭い爪の大きな前足を激しく振り抜き、雪鬼をまっぷたつに砕いてしまう。 思わぬ攻撃に、声もあげられない雪鬼。 おばけおおかみの目の端に、少女の無事がちらりと映る。 崩れおちた雪鬼の顔を、おばけおおかみはどすんと思い切り踏みつぶした。 森の木も何本もみしみし倒れる。 がすんがすんと踏みつぶされて、雪鬼は雪に戻っていった。 あたりはしんしん静かになって、倒れた木にも雪が降る。 [newpage] 再び月は雲隠れ。 暴れ倒したおばけおおかみ。 するする元に戻ってく。 すっかり疲れたちいさな体が動かない。 そのあおい毛玉を、ロールパンナが抱き上げた。 「ごめんね、ロールパンナちゃん。 ・・・…ぼく、こわかった?」 「こわくない。 ぜんぜん、こわくないよ」 ぎゅっと抱きしめてくれるその温かさ。 ロールパンナちゃんの小さな声が、 ちびおおかみの雪だらけの耳をふるわせた 「とても、かっこよかったよ」 …なんて 幸せ。

次の

それいけ!アンパンマン だいすきキャラクターシリーズ/ちびおおかみ カレーパンマ.. / アンパンマン (DVD)

ちび おおかみ

アニメ「それいけ!アンパンマン」の情報を掲載している非公式のファンサイトです。 基本的にあらすじでは結末まで記述していますのでネタバレにはご注意ください。 日付 区分 脚本• 絵コンテ• 高柳哲司 演出• 佐土原武之 シリーズ• 主要キャラ• 関わったキャラ• 蛍の子供たち• 舞台となる場所• 子供たちの秘密基地• パン工場 行われた行事• 光のコンサート 登場した乗り物• 登場した食べ物• クッキー 使われた道具• 鳥型メカ 使用曲• フォーレ『パヴァーヌ』 オープニング曲• 10 やっぱりぼくはいいや。 ごめんね あらすじ 満月の夜、ほたるたちの光のコンサートが開かれることになっていた。 しかし、満月を見るとオオカミおばけになって暴れてしまうちびおおかみは、観に行くことを諦めていた。 そこでクリームパンダが機転を利かせて、当日、屋根のある秘密基地へと連れていく。 するとばいきんまんがやってきて、ちびおおかみを捕まえて満月を見せ、暴れさせる。 ほたる姫とほたる王子はオオカミおばけの眼前でコンサートのダンスを踊り、優しかったころのちびおおかみの心を呼び覚ます。 そしてちびおおかみは正気に戻り、ばいきんまんは倒された。 その後、秘密基地に戻り、改めて光のコンサートを楽しんだ。 解説・感想 月夜のちびおおかみの話。 月光の届かない満月の下で見るコンサート。 秘密基地(みんな知ってる)。 最初からちびおおかみに見つかっているし、ばいきんまんたちにも見つかっているし、ジャムおじさんも当然のように知っていた。 公式リンク• コメント• 出典:『ちびおおかみとほたる姫』 「アンパンマン」及び「それいけ!アンパンマン」の著作権は、やなせたかし、フレーベル館、トムス・エンタテインメント、日本テレビ放送網に帰属します。 「アンパンマン」及び「それいけアンパンマン」は、柳瀬嵩、フレーベル館の商標です。 当サイト「アンパンマンDB」は、 松田美文 が運営する非公式のサイトであり、の一部です。 当サイトでは、ユーザー体験の向上や統計等のため、Cookieを使用しています。 閲覧を継続することで、使用に同意したことになります。 このページではにより絵文字を表示しています。 Copyright c 2018 Twitter, Inc and other contributors このページの履歴•

次の