コロナ 免疫。 新型コロナウイルスは体内に長期潜伏する? 免疫を獲得できない人もいる? 抗体検査から見えた「4つの注目すべきこと」

新型コロナウイルスは体内に長期潜伏する? 免疫を獲得できない人もいる? 抗体検査から見えた「4つの注目すべきこと」

コロナ 免疫

既に多くが免疫を獲得したか(写真/共同通信社) なかなか収束のめどが立たない新型コロナウイルス。 5月19日現在の日本における新型コロナウイルスによる死亡者は763人で、人口100万人あたりの死者数に換算すると、スペイン587人、イタリア523人、米国268人、ドイツ96人に対して、日本はわずか6人であり、先進国のなかで圧倒的に少ない。 その理由は明確にはわからないが、すでに多く日本に住む人が免疫を獲得していた可能性も指摘されている。 では、どういった人が免疫を獲得したのだろうか。 当然だが、まずは実際に新型コロナに感染した人たちだ。 厚労省によると5月19日現在で、国内事例は1万6192例発生している。 血液内科医の中村幸嗣さんが指摘するのは、「感染者の周辺にいた人たち」だ。 「実際に感染者が出たお店や施設の従業員、感染者の家族、クラスターが発生した病院の医療関係者に加えて、飲食店やスーパーなど不特定多数が訪れる商業施設の従業員は免疫を持っている可能性が高いです。 同じことで、濃厚接触者やクラスターに関連してPCR検査を受けて陰性だった人も、実は感染者だけれど、ウイルスの増殖を自然免疫で抑えこみ、陽性と判定されなかった偽陰性の可能性があります」(中村さん) PCR検査は完全ではなく、検査を受けたうち3割に、本当は陽性なのに陰性と判定される「偽陰性」が生じるとされる。 現実にPCR検査で陰性が出た「隠れ陽性」が市中に一定数はいるだろう。 医療ガバナンス研究所理事長の上昌広さんは、「知らないうちに感染しているのは若い人ではないか」と言う。 「男女問わず、若い人ほど体力があるため感染しても重症化しません。 今年に入ってからなんとなく風邪っぽかったり、一度は調子が悪くて休んだ人は、すでに新型コロナに感染して免疫を持っているかもしれません」 新型コロナに感染しなくても、免疫を持っている可能性があるという。 ドイツ・シャリテ医科大学の研究チームが新型コロナに感染していない68人を調べたところ、34%から新型コロナに関連する免疫にかかわる「ヘルパーT細胞」が見つかった。 アメリカのラ・ホーヤ免疫研究所のチームはその研究を発展させ、新型コロナ未感染者の40〜60%から「ヘルパーT細胞」を検出したという。 国際医療福祉大学病院内科学予防医学センター教授の一石英一郎さんは、こう話す。 「普通の風邪を引き起こすコロナウイルスと新型コロナとの間に、『交差反応細胞認識』が示唆されたんです。 簡単にいえば、普通の風邪に感染したことがある人に、新型コロナの免疫があるかもしれないということです。 そのアメリカの研究チームの論文は、世界最高峰のライフサイエンス雑誌『Cell』に発表されました。 最近、鼻風邪程度の風邪をひいた人でも、新型コロナの免疫ができたかもしれません」 逆に免疫を持っていないのはどんな人たちか。 前出の中村さんは「しっかりした感染症対策をした医療従事者」を挙げる。 「防護服などで感染症対策をしている医療従事者は防御意識が高く、感染していません。 実際にニューヨークでは、医療従事者の抗体化が低いことが指摘されています」 長期間、病院に入院している患者は衛生的に恵まれた環境にいるため、免疫の獲得も遅いとされる。 一説には、病院内のクラスター、つまり院内感染が発生しやすいのはそうした理由があるという。 乳がん治療で入院していたさん(享年63)が新型コロナ感染で重症化して亡くなったのも、そうした背景があるのかもしれない。 東京、大阪などの大都市圏以外で、感染者が数人〜十数人の地域も獲得免疫を持つ人の割合は低いと予想される。 「そうした地域では感染者以外で獲得免疫を持っている人は皆無に近いと考えられます」(前出・中村さん) 新型コロナと共に生きなければならない新しい日常は、すでに始まっているのだ。

次の

コロナ封鎖なしで集団免疫に王手。データで見るスウェーデンの今

コロナ 免疫

既に多くが免疫を獲得したか(写真/共同通信社) なかなか収束のめどが立たない新型コロナウイルス。 5月19日現在の日本における新型コロナウイルスによる死亡者は763人で、人口100万人あたりの死者数に換算すると、スペイン587人、イタリア523人、米国268人、ドイツ96人に対して、日本はわずか6人であり、先進国のなかで圧倒的に少ない。 その理由は明確にはわからないが、すでに多く日本に住む人が免疫を獲得していた可能性も指摘されている。 では、どういった人が免疫を獲得したのだろうか。 当然だが、まずは実際に新型コロナに感染した人たちだ。 厚労省によると5月19日現在で、国内事例は1万6192例発生している。 血液内科医の中村幸嗣さんが指摘するのは、「感染者の周辺にいた人たち」だ。 「実際に感染者が出たお店や施設の従業員、感染者の家族、クラスターが発生した病院の医療関係者に加えて、飲食店やスーパーなど不特定多数が訪れる商業施設の従業員は免疫を持っている可能性が高いです。 同じことで、濃厚接触者やクラスターに関連してPCR検査を受けて陰性だった人も、実は感染者だけれど、ウイルスの増殖を自然免疫で抑えこみ、陽性と判定されなかった偽陰性の可能性があります」(中村さん) PCR検査は完全ではなく、検査を受けたうち3割に、本当は陽性なのに陰性と判定される「偽陰性」が生じるとされる。 現実にPCR検査で陰性が出た「隠れ陽性」が市中に一定数はいるだろう。 医療ガバナンス研究所理事長の上昌広さんは、「知らないうちに感染しているのは若い人ではないか」と言う。 「男女問わず、若い人ほど体力があるため感染しても重症化しません。 今年に入ってからなんとなく風邪っぽかったり、一度は調子が悪くて休んだ人は、すでに新型コロナに感染して免疫を持っているかもしれません」 新型コロナに感染しなくても、免疫を持っている可能性があるという。 ドイツ・シャリテ医科大学の研究チームが新型コロナに感染していない68人を調べたところ、34%から新型コロナに関連する免疫にかかわる「ヘルパーT細胞」が見つかった。 アメリカのラ・ホーヤ免疫研究所のチームはその研究を発展させ、新型コロナ未感染者の40〜60%から「ヘルパーT細胞」を検出したという。 国際医療福祉大学病院内科学予防医学センター教授の一石英一郎さんは、こう話す。 「普通の風邪を引き起こすコロナウイルスと新型コロナとの間に、『交差反応細胞認識』が示唆されたんです。 簡単にいえば、普通の風邪に感染したことがある人に、新型コロナの免疫があるかもしれないということです。 そのアメリカの研究チームの論文は、世界最高峰のライフサイエンス雑誌『Cell』に発表されました。 最近、鼻風邪程度の風邪をひいた人でも、新型コロナの免疫ができたかもしれません」 逆に免疫を持っていないのはどんな人たちか。 前出の中村さんは「しっかりした感染症対策をした医療従事者」を挙げる。 「防護服などで感染症対策をしている医療従事者は防御意識が高く、感染していません。 実際にニューヨークでは、医療従事者の抗体化が低いことが指摘されています」 長期間、病院に入院している患者は衛生的に恵まれた環境にいるため、免疫の獲得も遅いとされる。 一説には、病院内のクラスター、つまり院内感染が発生しやすいのはそうした理由があるという。 乳がん治療で入院していたさん(享年63)が新型コロナ感染で重症化して亡くなったのも、そうした背景があるのかもしれない。 東京、大阪などの大都市圏以外で、感染者が数人〜十数人の地域も獲得免疫を持つ人の割合は低いと予想される。 「そうした地域では感染者以外で獲得免疫を持っている人は皆無に近いと考えられます」(前出・中村さん) 新型コロナと共に生きなければならない新しい日常は、すでに始まっているのだ。

次の

【独自】未感染者の半数、すでに免疫?…他のコロナウイルス感染の経験影響か : 医療・健康 : 読売新聞オンライン

コロナ 免疫

point• 新型コロナウイルスに感染した日本人の免疫反応は、既に同種のウイルスに感染済みのパターンを示した• 日本人に免疫学習をさせたのは風邪コロナウイルスだった可能性がある• 感染症の発生源から遠く離れた地域の生物は、感染症に耐性がない 世界各地で感染を広げているですが、国によって感染者の増加率や死亡率に大きな差があることがわかってきました。 これらの差は国による検疫の違いの他に、ウイルスそのものが変異して引き起こされた可能性がで示唆されています。 しかし今回、東京大学などの研究者たちによって日本人の免疫反応が詳しく調べられた結果、 日本人には新型コロナウイルスに対する免疫が一部存在していることが示唆されました。 これらの免疫力は、2003年のSARS発生後もコロナウイルス(弱毒化したもの)が断続的に東アジアで発生しており、東アジア人の間に風土病として流行することで獲得されていたとのこと。 もし今回の研究結果が事実ならば、風土病となったコロナウイルスが、日本人に新型コロナウイルスと戦うための免疫学習の機会をあらかじめ与えててくれたことになり、日本における低い死亡者の説明になります。 では風邪コロナウイルスは、どのようにして日本人に免疫を与えていたのでしょうか? 即応抗体(IgM)と専門抗体(IgG) Credit: ウイルスに感染すると、人間の体はウイルスを排除するための抗体が生産されます。 私達が細菌やウイルスに感染したときに 最初に生産される抗体が「IgM抗体」で、早期対応のための幅広いウイルス認識力を持っています。 また、IgM抗体によってある程度ウイルスの認識が進むと、 対象となるウイルスの排除に特化した「IgG抗体」が作られます。 IgG抗体は感染を排除した後も残り続けるため、再度ウイルスが侵入したときに素早くIgG抗体が増殖でき、2回目の感染を防止します。 Credit: そのため、上の図のように、IgM抗体とIgG抗体のどちらが多いかを調べることで、患者が似たようなウイルスに感染した経験があるかどうかの調査が可能になります。 もし日本人が新型コロナウイルスに対して免疫力を持っていた場合、IgM抗体とIgG抗体の増加パターンは上の図の右側のように、IgG抗体の増加のほうが先に高くなるはずです。 では、実際の調査結果をみてみましょう。 日本人は新型コロナウイルスに対して免疫がある? 日本人の感染者は学習の結果である「IgG抗体」を新型コロナウイルスに対して素早く使用できた。 Zoomにて放映された資料の一部。 図が示す通り、 日本人の感染者の多くが即応型のIgM抗体より先に、学習によって生まれるIgG抗体を多く生産していました。 このことは、日本人の多くが新型コロナウイルスに対する免疫学習を、既に行っていたことを意味します。 また今回の研究では、IgM抗体の生産が緩やかな場合には、重症化しにくいことが明らかになりました。 重症化はウイルスによる直接的な細胞の破壊ではなく、免疫の過剰反応が原因として知られています。 感染の初期において、広範な影響力を持つIgM抗体よりも、専門化されたIgG抗体が多く生産されることで、免疫も過剰応答を避けることができると考えられます。 また、2003年にSARSウイルスが発生した以降も、東アジア地域では断続的にコロナウイルスの発生が続いていた可能性も言及しています。 そしてこれらの未確認のコロナウイルスが、東アジア人の多くに「先行して風邪として感染」した結果、新型コロナウイルスに対する免疫力が獲得されたと結論づけているのです。 未知の風邪コロナがワクチンになっていた可能性 検疫体制の違いだけで死亡率が116倍も開くとは考えにくい。 中国のでは、 新型コロナウイルスに感染した経歴のない人間の34%に、新型コロナウイルスを認識する抗体の生産能力があることがわかりました。 この抗体は、新型コロナウイルスが発生するより前の2015年から2018年に得られた血液サンプルにも存在しており、この抗体が新型コロナウイルス以外のウイルス(おそらく風邪コロナウイルス)によってもたらされた可能性を示唆しています。 このころから中国の研究者は、既存の風邪コロナウイルスによって新型コロナウイルスに対する免疫力が人間に付加されたと主張していました。 日本と中国の結論は多くの点で一致しており「断続的に発生する弱毒化したSARS(日本の説)」または「古くからの風邪コロナウイルス(中国の説)」といった他のコロナウイルスからの感染が、新型コロナウイルスに対する、一種のワクチンとなったとしています。 この事実は、風土病に対する一般的な認識と同様です。 すなわち、 感染症の発生地域の人間・動物・植物には、何らかの耐性があるのに対して、遠く離れた地域の生物には免疫がないとするものです。 かつてのペストのように、元々はアジアの病気であったものがヨーロッパやアメリカに広ると、被害がより大きくなる傾向があります。 国の検疫対応、変異したウイルスの型、そして今回明らかになった他のコロナウイルスによる事前の免疫学習。 新型コロナウイルスの流行の原因は様々であり、現状ではどれが決定的な原因かはわかりません。 しかしウイルスの情報が増えれば増えるほど、解決への道も開けていくでしょう。 研究内容は東京大学 先端科学技術研究センター の川村猛氏らによってまとめられ、5月15日にZOOMウェビナーで先行発表された後に、世界五大医学雑誌の一つである「The Lancet」に投稿済みです。

次の