ハンバーグ 簡単。 子ども向けハンバーグの簡単レシピ

煮込みハンバーグ(和風の簡単レシピ/作り方):白ごはん.com

ハンバーグ 簡単

煮込みハンバーグの具材と出汁 玉ねぎの粗熱を取っている間に 煮込みハンバーグの具材を用意し、簡単に出汁も取ってしまいます。 まず、きのこは2〜3種類くらいあれば十分。 今回は しめじ50g、えのき茸50g、椎茸2枚を使いました。 それぞれ石づきを切り落とし、えのきは長さを3等分に、椎茸は薄切りにします。 ブロッコリーも加えると彩りがよく、 きのこと一緒に煮汁の中で直に入れて火を通せるので手間もさほどかかりません。 小房に切り分け(大きければ縦に半分に割って)、ため水の中で洗います。 それから、煮込むためのだし汁は、カツオ節の小袋パックに熱湯を注ぐだけでOKなので、ぜひだし取りしてみてください。 耐熱容器にカツオ節を計4gほど入れて熱湯を400mlそそぎ入れます。 はじめは手をグー、パー、グー、パーとひき肉と調味料を握るようにして全体を混ぜ、全体が混ざったらぐるぐるとかき混ぜるように練ってタネを作ります。 ひき肉250gなら大さじ4、ひき肉300gなら大さじ5が目安となります。 タネが出来上がったら、作る個数にざっくりとボウルの中で切り分け、手に取って成形していきます(今回は3つに分けましたが、煮込みハンバーグなら4〜6個の小ぶりにしてもOK)。 楕円形に軽くまとめたら 表面をならして形を整え、片手から片手へ軽く投げるようにして空気を抜きます(10回くらい)。 最後に、楕円形のハンバーグの中央部分を軽く押さえたら成形の完了です。 火加減を少し落として片面2〜3分ずつ焼いて、両面に焼き色をつけます。 焼き色がつけばハンバーグを端に寄せて、Bのだし汁、醤油、みりんを加えます。 続けて空いたところにきのこを入れ、沸いてきたら火を少し弱め、 ぐつぐつと煮汁が軽く煮立つ状態で8〜9分煮ていきます。 4〜5分経ったタイミングで、一度ハンバーグの上下を入れ替えます。 その時にブロッコリーも加えます。 厚みのあるハンバーグの中央に竹串を刺して、透明な肉汁が出るかを確認し、火通りがOKなら器にハンバーグとブロッコリーだけ取り出します。 あとは煮汁にとろみをつければ完成です。 小さめの容器にCの片栗粉と水を合わせてよく溶き、沸騰させた煮汁を混ぜながら、水溶き片栗粉を加えてとろみをつけます。 とろみがついた後にも、弱火で1分ほどぐつぐつと煮立つ状態を保ち、とろみを安定させるとよいです。 先に盛り付けたハンバーグの上にあんをかけてできあがりです。

次の

肉汁MAXの秘密は◯◯!プロが教える簡単なのに絶品「ハンバーグ」の作り方

ハンバーグ 簡単

簡単なハンバーグの時短レシピ! ハンバーグは中までしっかりと火を通さなければなりませんが、焼き過ぎると表面が焦げてしまいます。 そのため、目を離せないのが手間だと感じる人もいるのではないでしょうか。 そういう人には煮込みハンバーグがおすすめです。 煮込みハンバーグなら両面に焼き色をつけたあとはソースで煮ればよいので、急いでいる時などは目を離して他の用事をすることも可能です。 一方、豆腐ハンバーグもレンジを活用すれば簡単にできます。 キッチンペーパーなどに包んで豆腐の水切りをしっかりおこない、みじん切りにしたタマネギやその他の材料と混ぜ合わせてレンジで加熱するだけです。 ちなみに、タマネギの歯ごたえや辛みなどは加熱時間によって変わってくるので、そのあたりはお好みで調整すればよいでしょう。 ハンバーグを美味しく作るポイント 肉を手で練ると体温で温まり、脂がどんどん溶け出していきます。 そうなると、ハンバーグの旨みが減ってしまうので、肉ダネを冷やしながら練るのが美味しく作るための重要なポイントです。 また、焼く時にハンバーグが割れてしまうと旨みの元である肉汁が外に溢れだしてしまいます。 それを防ぐには粘り気が出るようによく練り、火が均等に当たるように表面を滑らかにすることが大切です。 肉汁を内部に閉じ込めることができれば、それだけジューシーになり、美味しさもアップしていきます。 ハンバーグを簡単に美味しく作ろう! ハンバーグ作りはコツさえつかめば決して難しくありません。 しかも、時間をかけずに美味しく作ることも可能です。 たとえば、タマネギを使用しないことでみじん切りにする工程を省略したり、煮込むことで焼き加減を確認する手間を省いたりといった具合です。 以上のような簡単レシピを活用し、また、肉汁を逃がさないなどのポイントを押さえることで、手軽で美味しいハンバーグ作りに挑戦してみましょう。

次の

子ども向けハンバーグの簡単レシピ

ハンバーグ 簡単

基本の手作りハンバーグ まずは、ひき肉に玉ねぎやパン粉などを混ぜて作る基本のハンバーグを作っていきましょう。 <材料(4~5個分)>• 牛豚ひき肉:250g• 牛乳:大さじ4• パン粉:大さじ4• 塩・コショー:各少々• GABANナツメグ:2~3振り(お好みで調整)• サラダ油:適量 ・ソース材料• トマトケチャップ:大さじ3• ウスターソース:大さじ3 <作り方> 玉ねぎをみじん切りにします。 黒田さん「みじん切りの大きさはお好みで構いませんが、粗いと玉ねぎの食感が強く感じられるようになります。 すりおろして使う方もいますね」 フライパンにサラダ油を熱し、みじん切りにした玉ねぎがしんなりして色が変わるくらいまで炒めたら、火を止めます。 炒めた玉ねぎは、しばらく冷まして粗熱を取りましょう。 黒田さん「玉ねぎを炒めることで、甘みを引き出し、余分な水分も飛ばします。 きつね色になるくらいまでじっくり炒めると、玉ねぎの甘みが引き出されてハンバーグの旨味が増します。 また、あまり炒めずに使うとシャキシャキした食感が残せます。 お好みで炒め加減を調節してください。 炒めてすぐ、熱いままの玉ねぎをお肉と混ぜると、まとまりにくいだけではなく、お肉の脂が溶けて旨味が逃げてしまうので、しばらく冷ましておきましょう」 ボウルにひき肉と、粗熱を取った玉ねぎ、パン粉、牛乳、塩、コショー、ナツメグを入れて、しっかり混ぜ合わせます。 黒田さん「お肉は、家庭だと牛と豚の合いびき肉を使うことが多いのではないかしら。 脂とうま味のバランスから、牛肉と豚肉の比率は7:3か6:4くらいが美味しいと言われていて、お店で売られている合いびき肉もだいたいそれくらいの比率が多いようです。 牛ひき肉・豚ひき肉を別々に買って、ご自分でバランスを調節してもよいでしょう。 合いびきにせず、牛ひき肉だけだと、肉のうま味が強く感じられますが、パサつきがちなので牛脂を入れたりしますね。 豚ひき肉だけだとやわらかい食感になります。 パン粉や牛乳を入れることで、やわらかい、おなじみのハンバーグになりますね。 パン粉には肉汁を吸収して旨味を逃がさない役割があり、ふっくらジューシーに仕上がります。 今回はパン粉と牛乳を別々に入れていますが、混ぜる前にパン粉を牛乳に浸しておく作り方もあります。 卵を入れる方も多いのでは? 卵は熱で固まるのでハンバーグがまとまりますし、保水性がありやわらかい食感になります。 それ以外にも、豆腐やおから、お麩、根菜、片栗粉を入れるなど、いろいろなレシピがあり、それぞれに食感も変わるので、お好みの食材を探してみても良いでしょう。 ナツメグは漢方にも使われているスパイスで、ハンバーグに入れると香りをつけ、ひき肉のくさみを抑える役割があります。 ナツメグの香りが好きな方は多めに入れたくなるかもしれませんが、入れすぎると、動悸や吐き気、幻覚、呼吸困難などの中毒症状が出るおそれがあるので気をつけてください(目安として5g以上で症状があらわれ、10g以上で死に至ることも)」 ぎゅっと握ったときにハンバーグのタネが粘りを持ってにゅっと指の隙間からはみ出してくるくらいまで混ぜたら、ボウルの中でお好みの大きさに切り分けます。 黒田さん「これくらい粘りが出るまで混ぜることで、肉同士がしっかりと決着し割れづらくなります。 ただし、混ぜすぎると脂が溶け出してパサつきの原因になりますので、ほどほどに」 1個ずつ軽く形を整えたら、右手と左手でキャッチボールのように20回くらい投げて空気を抜き、楕円形に成形して、真ん中を指で少し押さえておきます。 黒田さん「空気を抜いておくことで、焼いたときに割れたりスキマができたりして形が崩れるのを防ぎます。 火が通るとだんだん真ん中がふくらんできますので、焼く前に真ん中を指で軽く押さえておきましょう」 フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、ハンバーグを焼いていきます。 強火で1分ほど焼き、弱火で3分ほど焼いたら裏返して強火で1分ほど焼き、蓋をして中火で3分ほど焼いて、器に盛りつけます。 黒田さん「最初に表面を強めに焼いて旨味を閉じ込めておきます。 それから蒸し焼きにすることで、中までしっかり柔らかく焼き上げます。 焼き上がりの目安としては、ハンバーグに串を刺して、透明な肉汁が出てくればOKです。 」 フライパンに残った肉汁にソースの材料を加え、混ぜながら軽く煮詰めます。 黒田さん「肉汁と脂をそのまま活用することで、美味しいソースができます。 脂が多すぎるのが気になるようでしたら、少し取り除いておきましょう。 今回使ったケチャップやウスターソース以外にも、赤ワインを少し加えるのもいいですね。 醤油やバターを使っても味わい深いです。 お子さん向けには蜂蜜を足すと甘くなってよいでしょう」 美味しそうな香りが立ってきたらできあがり。 先ほど盛り付けたハンバーグにかけていただきましょう。 ひき肉だけあればOK!混ぜて焼くだけの簡単すぎる手作りハンバーグ もっと短時間で、手間をかけずにハンバーグを作りたい方におすすめの作り方がこちら。 なんと用意する食材はひき肉だけです。 <材料(4~5個分)>• 牛豚ひき肉:250g• 水(または牛乳):120ml• サラダ油:適量 ・ソース材料• トマトケチャップ:大さじ3• ウスターソース:大さじ3 <作り方> ボウルにと水(または牛乳)を入れて混ぜ、約1分おきます。 に水分を吸わせ、ふやかしました。 ひき肉を加えて十分に混ぜ合わせます。 には、みじん切りの玉ねぎ(乾燥)、ナツメグ、コショー、塩などハンバーグに必要な素材がすでにミックスされているから、ひき肉に混ぜるだけでハンバーグのタネができます。 4~5等分し、中央をくぼませた小判型に整えます。 黒田さん「真ん中をくぼませるのはさっきと同じ。 ここまでの工程があっという間にできるなんて、本当に簡単ですね」 フライパンにサラダ油を熱してハンバーグを入れ、中火で焼きます。 焦げ色がついたら裏返してふたをし、弱火で5~6分焼きます。 焼きあがったら器に盛り付けましょう。 黒田さん「あとは先ほどの基本のハンバーグと同じ。 大豆たんぱくとパン粉が入っているから、ふっくらと焼きあがるのね」 フライパンに残った肉汁にトマトケチャップ、ウスターソースを加えて混ぜ、中火にかけ煮立たせます。 盛り付けたハンバーグにソースをかけたらできあがり。 ひき肉を用意して混ぜて焼くだけで、とても簡単に本格的なハンバーグが完成しました。 黒田さん「サッと作れるから、忙しいときでも本当に簡単に手作りハンバーグができますね。 手間いらずでやわらかいハンバーグができるので、歯やあごの力が弱ってきたけど、健康のためにしっかり動物性たんぱく質を摂るように言われている高齢者にもぴったりじゃないかしら。 ハンバーグそのものに手間がかからない分、たとえば野菜が苦手なお子さんがいれば、細かく切ったりすりおろしたピーマンやにんじんを混ぜる一手間をかけたり、ピーマンの肉詰めやロールキャベツに応用する使い方をしてもいいですね」.

次の