ゼローグ テンプレ。 パズドラの「究極ゼローグ∞」のテンプレパーティを紹介!

【パズドラ】ゼローグCOREのテンプレパーティ

ゼローグ テンプレ

キャラ 汎用性 唯一性 究極進化 S S A SS S SS 1ターン自傷スキルの進化前がおすすめ 進化前ゼローグCOREは、1ターンで使用可能な自傷スキルを持つ。 HP制限のあるパーティではHP調整をいつでもできるキャラとして重宝する。 アタッカーや追加攻撃要員としても活躍可能。 進化後はやや中途半端 究極進化はスペックの高い優秀なキャラ。 しかしリーダーとしてはドラゴン縛りで編成が難しく、サブとしてはスキルの使い所が難しいなど、優先して使うには決定打に欠ける印象。 2体攻撃特化のアシストもアリ アシスト進化は、2体攻撃を2個付与できる初のアシスト装備。 2体攻撃火力を上乗せできる装備としては最強なので、付けるキャラによってはとんでもない火力を出すことが可能になる。 ドロップの消し方など複雑なことは求められないので、パズルに慣れていないプレイヤーにも使いやすい。 HP1. 5倍補正と軽減で耐久力はそこそこ ドラゴンタイプへのHP補正に加えて、HP50%以上でダメージ軽減が発動する。 耐久力が非常に高いとは言えないが、HP条件さえ満たしていればパズル関係なくダメージを減らせるので使い勝手は良い。 究極ゼローグCOREのサブ評価 2体攻撃で高火力を出せるアタッカー 攻撃力が非常に高いのが特徴。 2体攻撃やダメージ無効貫通発動時には高火力を出せるのでアタッカーとしての起用が可能だ。 やや多色向けの性能 スキルに5色陣スキルを持ってることや、スキルチャージなど多色パーティで役立つ性能。 単色パーティでも使えるが、自身の性能をより引き出したいのであれば、多色パーティで起用するのが良い。 究極ゼローグCOREの総合評価と使い道 リーダーとしてはクセが少なく扱いやすい。 スキルや覚醒目的でサブ起用もできるため、幅広い活躍が可能なキャラだ。 究極ゼローグCOREにおすすめの超覚醒 究極ゼローグCOREは超覚醒させるべき? 超覚醒でつけられる覚醒はどれも優秀なものばかり。 優先的に超覚醒させて問題ない。 おすすめの超覚醒 ダメージ無効貫通がおすすめ 究極ゼローグCOREはダメージ無効貫通の覚醒を1個持っているため、2個めを付与してさらに火力を出せるようにするのが良い。 6コンボ以上で攻撃力が4倍。 スキル ダークディストーション 1ターンの間、ダメージ吸収を無効化する。 全ドロップのロックを解除し、5属性ドロップに変化。 闇の2コンボ以上で攻撃力が9倍。 スキル ダークリベレート HPが50%減少。 1ターンの間、ドロップ操作を3秒延長。

次の

【パズドラ】究極ゼローグCOREの最新テンプレパーティ

ゼローグ テンプレ

5秒 覚醒スキル 14個 80個 1. 究極バーバラ&ジュリのスキルが噛み合うとは言いにくいものの、コンボをしっかりと組んでいれば十分な火力を出せる。 サブ入れ替えのポイント スキルチャージにこだわらないのであれば、バーバラ&ジュリとネルギガンテは入れ替え候補に上がる。 手持ちによっては無理に全属性を揃えるよりも、イデアル等の強力なドラゴンタイプを詰め込む編成のほうが扱いやすくなる。 適正のあるダンジョン 特大ダメージを連発されるようなダンジョンでなければ大抵クリア可能だ。 超高難易度ダンジョンに挑戦する場合は、立て直しスキルを多めに採用しておこう。 おすすめの覚醒バッジ アシストで封印耐性を1個確保できない場合、封印耐性バッジを採用しておくのが無難だ。 アシストで確保できるのなら操作時間延長か回復強化バッジで扱いやすくしておこう。 110 Lv. 110 Lv. 110 Lv. 110 Lv. 110 Lv. 光と闇の2体攻撃の火力が高く、基本的には4個消しをしつつ攻略する立ち回りになる。 操作時間減少のギミックがないダンジョンでは、のような色埋め枠に変えても良い。 その際アシストキャラはバインド耐性+を付与できなくても良くなる。 適正のあるダンジョン 多くの高難易度ダンジョンを攻略できる汎用性の高さを持つ。 おすすめの覚醒バッジ HPバッジを選択して、パーティ全体のステータスを底上げするのがおすすめ。 受けられるダメージ量が増え、耐久力が増す。 またパズルに自信がない人は、操作時間延長バッジを選択するのもおすすめだ。 究極ゼローグCOREパーティの組み方のコツとサブ候補 究極ゼローグCOREパーテイの組み方 ドラゴンタイプのHPが1. 6コンボ以上で攻撃力が4倍。 HP50%以上でダメージを軽減、攻撃力が4倍。 パーティ編成のポイント• サブはなるべくドラゴンタイプから編成• 全属性埋めるのを意識• 封印耐性が100%になるようにする• 可能であれば回復力を補えるように 【1】サブはなるべくドラゴンタイプから編成 究極ゼローグCOREは、リーダーフレンド運用時はドラゴンタイプのHPが2. 25倍になる。 ドラゴンタイプ以外のキャラを編成するとHPが大きく下がってしまうため、なるべくドラゴンタイプを持つキャラからサブ候補を選びたい。 場合によってはドラゴンタイプ以外もあり ドラゴンタイプのキャラにかかるのはHPのみ。 究極ゼローグCOREはサブに求める条件が厳しく、ドラゴンタイプだけではパーティが組みきれないことも。 ギミック対策枠や火力枠は、1体ほどであればタイプ不一致でも運用可能。 【2】全属性埋めるのを意識 究極ゼローグCOREはダメージ吸収無効スキルを持つ。 このスキルは最短23ターンと長く、短いダンジョンでは溜まりきらないことも。 幸いスキルチャージを持っているため、サブで闇以外の4色を編成すればスキルチャージが発動できる。

次の

【パズドラ】究極ゼローグCOREの最新テンプレパーティ

ゼローグ テンプレ

ゼローグCOREパ編成のポイント キャラ リーダースキル ドラゴンタイプのHPが2倍。 闇の2コンボ以上で攻撃力が9倍。 HP80%以下でダメージを軽減 倍率は25% 、攻撃力が2倍。 コンボ強化染めがおすすめ ゼローグCOREは毎ターン自傷することができるため、HP50%以下強化で染めると高い火力を出すことができますが、 ドラゴンタイプのHP50%以下強化持ちが非常に少ないので、コンボ強化で染めて火力を出すのがおすすめです。 回復対策をする ゼローグCOREは自身のスキルで毎ターンHPを50%減らすことができるのが強力ですが、 回復せずに自傷を繰り返すとHPが非常に低くなるため、大きくHPを回復できるように回復ドロップ強化などで対策しましょう。 闇ドロップの欠損対策が必要 ゼローグCOREは 最大攻撃倍率の発動に闇の2コンボが必要で、闇の2コンボをしないと2倍の火力しか出ません。 毎ターン闇ドロップを6個確保するのは難しく、欠損してしまうため、闇生成スキルや目覚めスキルで闇ドロップを確保できるように対策しましょう。 しかし、操作時間延長が非常に少ないため、アシスト装備やバッジで操作時間を延ばすか、闇ロシェの枠に操作時間延長複数持ちモンスターを入れるのがおすすめです。 闇コットン、バレンタインネイ、闇ロシェは闇ドロップを確保できるスキルを持っているため、欠損時や火力を出したいときに使えます。 エイルはHP倍率がかからないものの、回復ドロップ強化で回復力を上げることができるため、編成しています。 ゼローグCOREのスキルは2つ必要ないため、1体はダメージ吸収無効など必要なスキルをダンジョンに合わせてアシストするのがおすすめです。 アシスト スキル継承 のおすすめは? モンスター コメント お邪魔耐性を付けながらHP50%以下強化を付与でき、スキルも非常に優秀なのでおすすめです。 暗闇耐性と毒耐性を2つずつ付与することができるのでおすすめです。 2コンボ加算できる強力な2色陣なのでおすすめです。 ゼローグCOREパのおすすめサブ 陣・ドロップ変換枠 サポート枠.

次の