物語 シリーズ 期待 値。 パチスロ新台「物語シリーズ」の狙い目!「ここから」打てば「期待値」プラス‼

【物語シリーズ セカンドシーズン】スロット初心者のための天井狙いの狙い方・やめ時・天井期待値

物語 シリーズ 期待 値

大松のパチスロ「 ハイエナ」実戦。 今回は新台『パチスロ 〈物語〉シリーズ セカンドシーズン』について書いていきたい。 本機は純増約2. 8枚のAT「倖時間SECOND SEASON」で出玉を増やしていく機種だ。 前作「パチスロ 化物語」と同様に「倍倍チャンス」や「ボーナス」などで出玉を上乗せしていく。 ATは差枚数管理型で初期枚数は150枚。 開始時は必ず「倍倍チャンス」に突入するので、大きく上乗せ出来れば完走へのチャンスも広がるのだ。 通常時はゲーム性が前作と大きく違っている。 まずは「周期抽選」でCZ「結末ノ儀(ムスビノギ)」を目指す。 このCZで成功すれば疑似ボーナス「傾物語」へ突入。 疑似ボーナス中のバトル「キスショットバトル」に勝つことが出来ればATに当選といった流れだ。 周期抽選にはなっているが、怪異図柄が止まる「チャンス目」が重要になっているのは前作同様である。 今作もヒロインを選択でき、選んだヒロインと対応するステージに移行すればチャンス周期となりCZの期待度UPだ。 また、「忍モード」という状態もある。 このモードはチェリーの約5%〜10%で移行すると言われており、「傾物語」当選まで転落しない。 忍モード中はチェリーの約50%で「傾物語」の直撃抽選をしている。 物語ステージ中のモニターに忍が出現すれば、忍モードの期待度が上がるので、ヤメる時には要注意だ。

次の

物語シリーズ セカンドシーズン 攻略・朝一・天井恩恵・期待値・設定判別・スペック解析・打ち方・ゾーン・やめどき・実機

物語 シリーズ 期待 値

キスショットバトルの勝率による設定差 勝率告知 2段階に分けて勝率を告知します。 1段階目…中押し怪異リプレイによる加算 停止系によって加算率が変わる 2段階目…レア役等による加算分 この2つを足したものが最終的な勝率になります。 1段階目の勝率に大きな設定差があります。 これ以降は2段階目を除いて1段階目のみに着目していますので、間違いのないようお願いします。 3 怪異リプレイ停止系別の勝率 ループ率振り分けとループ率毎の勝率加算割合を掛け合わせて、怪異リプレイの停止系別の勝率選択率を計算した結果が下記です。 特に中リールのみや2個停止では選ばれにくい 設定6の1段階目の中押し怪異リプレイによる勝率 実践値 設定6のループ率振り分けが解析では出ていませんが、実践上かなり優遇されているというのは間違いないです。 設定6の1段階目の中押し怪異リプレイによる停止系別の勝率の実践値は下記です。 これさえわかっていれば、1段階目の勝率だけに着目すれば、設定1or6ならすぐわかります。 余程の狙い台でもない場合は上記ぐらいの条件でやめ時を考えれば素早く見切れると思います。 注意点 設定1のループ率の選択率は解析で全て出ていますので、計算で勝率を出すことができましたが、他の設定については全く情報がありません。 設定6以外の実践値も持っていません 他の設定でどれぐらいの選択率になるのかはわかりませんので、ご注意ください。 予想としては段階的にループ率選択率が優遇されると思ってます AT性能による設定差 6号機と言えば、高設定になるほどATの期待枚数が下がる傾向がある機種が多いです。 この機種もそうです。 ATレベル1とATレベル2の2段階でATを管理していて性能が変わります。 (弱AT、強AT) ATレベル別の性能 ・ATレベル1 倍々チャンス、ボーナス当選率が低い。 蕩モードに移行しにくい。 ・ATレベル2 倍々チャンス、ボーナス当選率が高い。 蕩モードに移行しやすい。 上記のような特徴があります。 特に蕩モードについては一度でも移行すればATレベル2の可能性が高くなります。 設定1のATレベル別、モード別の倍々チャンス、ボーナス当選率は下記です。 4 ATレベル1では倍々チャンスやボーナスになかなか当選しません。 蕩モードに移行すれば当選する可能性が十分にありますが、レベル1ではなかなか蕩モードに移行しないです。 AT期待枚数の実践値 引用元: AT平均獲得枚数については 推定低設定データで736. 3枚、推定高設定データで497. 6枚ですので、低設定の方がATレベル2が選ばれやすいのがわかると思います。 ここがはっきりわかれば、設定推測に非常に有利です。 問題はATレベル2が選ばれていても400枚ぐらいで終わることがあります。 低設定でATに入れても、蕩モードには移行するが上乗せが全くない時もたまにある リゼロみたいに弱ATと強ATが丸わかりではないので注意が必要ですが、倍々チャンスの突入率や蕩モードへの移行に着目していれば見抜ける場合もあるので、着目しておきましょう。 高設定の場合、ほとんどがATレベル1 まとめ 今回はキスショットバトルの1段階目の勝率とAT性能に焦点を当てて、記事を書いてみました。 この機種は設定確定演出が豊富にあったり、他にも設定差がある部分もあるので、しっかり確認しておいた方が良いですが、キスショットバトルの勝率とAT性能のみに着目するだけで判別が一気に簡単になるので、ぜひ押さえておいてください。

次の

S物語シリーズ セカンドシーズン 傾物語 6号機 スロット

物語 シリーズ 期待 値

キスショットバトルの勝率による設定差 勝率告知 2段階に分けて勝率を告知します。 1段階目…中押し怪異リプレイによる加算 停止系によって加算率が変わる 2段階目…レア役等による加算分 この2つを足したものが最終的な勝率になります。 1段階目の勝率に大きな設定差があります。 これ以降は2段階目を除いて1段階目のみに着目していますので、間違いのないようお願いします。 3 怪異リプレイ停止系別の勝率 ループ率振り分けとループ率毎の勝率加算割合を掛け合わせて、怪異リプレイの停止系別の勝率選択率を計算した結果が下記です。 特に中リールのみや2個停止では選ばれにくい 設定6の1段階目の中押し怪異リプレイによる勝率 実践値 設定6のループ率振り分けが解析では出ていませんが、実践上かなり優遇されているというのは間違いないです。 設定6の1段階目の中押し怪異リプレイによる停止系別の勝率の実践値は下記です。 これさえわかっていれば、1段階目の勝率だけに着目すれば、設定1or6ならすぐわかります。 余程の狙い台でもない場合は上記ぐらいの条件でやめ時を考えれば素早く見切れると思います。 注意点 設定1のループ率の選択率は解析で全て出ていますので、計算で勝率を出すことができましたが、他の設定については全く情報がありません。 設定6以外の実践値も持っていません 他の設定でどれぐらいの選択率になるのかはわかりませんので、ご注意ください。 予想としては段階的にループ率選択率が優遇されると思ってます AT性能による設定差 6号機と言えば、高設定になるほどATの期待枚数が下がる傾向がある機種が多いです。 この機種もそうです。 ATレベル1とATレベル2の2段階でATを管理していて性能が変わります。 (弱AT、強AT) ATレベル別の性能 ・ATレベル1 倍々チャンス、ボーナス当選率が低い。 蕩モードに移行しにくい。 ・ATレベル2 倍々チャンス、ボーナス当選率が高い。 蕩モードに移行しやすい。 上記のような特徴があります。 特に蕩モードについては一度でも移行すればATレベル2の可能性が高くなります。 設定1のATレベル別、モード別の倍々チャンス、ボーナス当選率は下記です。 4 ATレベル1では倍々チャンスやボーナスになかなか当選しません。 蕩モードに移行すれば当選する可能性が十分にありますが、レベル1ではなかなか蕩モードに移行しないです。 AT期待枚数の実践値 引用元: AT平均獲得枚数については 推定低設定データで736. 3枚、推定高設定データで497. 6枚ですので、低設定の方がATレベル2が選ばれやすいのがわかると思います。 ここがはっきりわかれば、設定推測に非常に有利です。 問題はATレベル2が選ばれていても400枚ぐらいで終わることがあります。 低設定でATに入れても、蕩モードには移行するが上乗せが全くない時もたまにある リゼロみたいに弱ATと強ATが丸わかりではないので注意が必要ですが、倍々チャンスの突入率や蕩モードへの移行に着目していれば見抜ける場合もあるので、着目しておきましょう。 高設定の場合、ほとんどがATレベル1 まとめ 今回はキスショットバトルの1段階目の勝率とAT性能に焦点を当てて、記事を書いてみました。 この機種は設定確定演出が豊富にあったり、他にも設定差がある部分もあるので、しっかり確認しておいた方が良いですが、キスショットバトルの勝率とAT性能のみに着目するだけで判別が一気に簡単になるので、ぜひ押さえておいてください。

次の