ソフト ボール を 愛する 高校。 第25回静岡県高校女子ソフトボール選手権大会 ベスト8│静岡 EAST MAX 監督日記

向上高校女子ソフトボール部

ソフト ボール を 愛する 高校

2020. 私たちだけでなく、全国の様々な競技者が活動の自粛を余儀なくされていますが、我慢しましょう。 今は私たちが、大いなる自然に試されているのではないかと思います。 人間は賢明な生物だと信じ、今の困難な状況を 乗り切るために、皆の力をあわせましょう。 春に撒いた麦の種も、踏みつけられるほどじっと強さを内に蓄え、秋には黄金色の穂を実らせるといわれます。 活動はできませんが、 知恵と工夫で個々の人間性を高め、コロナ禍終息の際には見違えるほど逞しく、素晴らしい人間性を備えたアスリートとして また活躍できるよう頑張りましょう!!! 2019. 先週の2月9日から11日に行われました第22回天城ドーム杯におきまして、10年ぶりに優勝することができました。 準決勝は同県同士の浜松市立高校と、決勝は福井県の三国高校と行い、何とか勝利することができました。 この3月には 千葉市において実施される、全国私学大会に参加いたしますが、今回気がついた弱点を克服し、更なる実力を身につけて、少しでも チーム力を上げられるようまた練習に励みたいと思います。 そして、全国私学大会では更に好ゲームを制し、頂点に登れるよう精進します。 そうすることによって、さらにこの夏の全国が見えてくるのではないかと思っています。 また、パワーアップした私たちを見ていただけるよう、頑張ります!!! 2018. また今年も一足先に春がやってきました。 今年は、三人が希望の大学で更にソフトボールを続けてくれます。 一塁手の森本 真白(ましろ)さんが、先日の合格発表で見事、順天堂大学に合格しました。 三塁手の土屋 早希さんと、捕手の 袴田 涼乃さんはそれぞれ、日本体育大学と富士大学に既に合格していました。 これで3年生の進路は全員希望通りに決定しました。 特に、大学で続けるこの3人は、チームの戦力として更に成長し、貢献できる選手になるのではないかと思います。 後輩たちも、本当の意味での文武両道を常に目指し、希望の進路に羽ばたけるよう努力を続けたいと思います 真白さん、早希さん、涼乃さん、新しいステージでも精一杯頑張れ!!!

次の

高校野球シミュレーション4の詳細情報 : Vector ソフトを探す!

ソフト ボール を 愛する 高校

授業づくりのポイント ソフトバレーボールは、相手プレイヤーとの身体接触がなく、ボールも柔らかいため、子供にとっては安心して取り組めるゲームです。 また、ラリーを続けるためにはチームの連携(助け合い・支え合い)が必要不可欠であり、よりよい学級づくりの一助となることが期待できます。 しかし、自分がミスをしたということが自分にも仲間にもわかりやすく、ミスが相手の得点になるため、運動が苦手な子供が楽しいと感じることができるよう、場の設定やルールを工夫し、雰囲気づくりを大切にしながら授業を行いましょう。 また、授業では、全員が楽しいと感じることができるようにするために、ソフトバレーボールを「する」楽しさだけでなく、「見る」「支える」「知る」という楽しさを味わうことができるようにすることも大切です。 得点を喜んだり、応援したりする「見る」楽しさ、審判をしたり、得点をつけたりする「支える」楽しさ、運動の行い方やこつ、作戦を「知る」楽しさ等を味わうことができるよう、ねらいを明確にして授業を行いましょう。 単元計画の例(全8時間) クリックすると別ウィンドウで開きます やってみる ここでは、動きのこつを見付け、ラリーが続くことの楽しさを味わいましょう。 そのためには、声をかけ合ったり、山なりのボールで味方にパスをしたり、ボールの落下点に素早く移動するとよいことに気付くことが大切です。 また、ラリーの回数を競うなどして、仲間と協力してボールを落とさないようにする楽しさを感じられるようにすることが必要です。 さらに、チームで協力する意識を高めるためにも、「チーム名」「キャプテン」「円陣での声の出し方」「応援の仕方」等を単元導入で決めておくと、楽しい授業の雰囲気づくりにつながります。 ラリーゲーム1 ネットをはさんでラリーが何回続くのか数えます。 ラリーゲーム1.

次の

大学ソフトボールを愛する仲間の掲示板!

ソフト ボール を 愛する 高校

授業づくりのポイント ソフトバレーボールは、相手プレイヤーとの身体接触がなく、ボールも柔らかいため、子供にとっては安心して取り組めるゲームです。 また、ラリーを続けるためにはチームの連携(助け合い・支え合い)が必要不可欠であり、よりよい学級づくりの一助となることが期待できます。 しかし、自分がミスをしたということが自分にも仲間にもわかりやすく、ミスが相手の得点になるため、運動が苦手な子供が楽しいと感じることができるよう、場の設定やルールを工夫し、雰囲気づくりを大切にしながら授業を行いましょう。 また、授業では、全員が楽しいと感じることができるようにするために、ソフトバレーボールを「する」楽しさだけでなく、「見る」「支える」「知る」という楽しさを味わうことができるようにすることも大切です。 得点を喜んだり、応援したりする「見る」楽しさ、審判をしたり、得点をつけたりする「支える」楽しさ、運動の行い方やこつ、作戦を「知る」楽しさ等を味わうことができるよう、ねらいを明確にして授業を行いましょう。 単元計画の例(全8時間) クリックすると別ウィンドウで開きます やってみる ここでは、動きのこつを見付け、ラリーが続くことの楽しさを味わいましょう。 そのためには、声をかけ合ったり、山なりのボールで味方にパスをしたり、ボールの落下点に素早く移動するとよいことに気付くことが大切です。 また、ラリーの回数を競うなどして、仲間と協力してボールを落とさないようにする楽しさを感じられるようにすることが必要です。 さらに、チームで協力する意識を高めるためにも、「チーム名」「キャプテン」「円陣での声の出し方」「応援の仕方」等を単元導入で決めておくと、楽しい授業の雰囲気づくりにつながります。 ラリーゲーム1 ネットをはさんでラリーが何回続くのか数えます。 ラリーゲーム1.

次の