退職証明書 書き方。 退職証明書の無料テンプレート

離職票はいつ必要? 書き方や退職証明書との違い | 転職実用事典「キャリペディア」

退職証明書 書き方

転職した経験のある方でも、退職証明書という書類があることすら知らないという方も多いのではないでしょうか。 実は、転職したとしても退職証明書が必要になるケースは限られおり、サラリーマンの多くの方が知らない書類です。 大まかに退職証明書が必要になるケースは、 新しい職場で提出を求められた場合と 失業給付などの手続きを行う際に離職票が手元にない場合の代わりの2つです。 ただし、企業で扱われる書類のなかでも退職証明書は少し変わった特徴があり、取り扱いに注意が必要です。 事前に退職証明書を取り扱う際の注意点を把握しておきましょう。 退職証明書の正しい書き方 多くの企業では退職証明書を公的な文書として考えておらず、書き方などのルールも決まっていません。 そのため、会社と退職者の間でコミュニケーションをしっかりと取ることで、必要な情報が盛り込まれた退職証明書が発行されることになります。 労働基準法第22条1に明文化されている通り、 退職証明書の記載事項はすべて退職者の意図するものになっていなければなりません。 要求していない事項ついて記載されている場合には、正しい情報に書き換えるように依頼することも可能です。 また、新しい職場でも記載するよう依頼した項目以外の情報が盛り込まれている場合には、退職者が作り直しを依頼しなければなりません。 不要な文言が記載されいたり、文言が不足しているような場合には、正しい処理ができないという面倒に繋がるケースも考えられます。 新しい職場で退職証明書の提出を求められた場合には、しっかいりと必要な事項を控え、退職した職場にそのまま伝えることが必須となります。 関連相談• 退職証明書の提出を求める理由 退職証明書の提出が必要になるケースは前述しましたが、それぞれのケースで提出を求める理由についても把握しておきましょう。 理由には様々な理由があるかと思いますが、JobQにも質問が届いていました。 退職理由が社風が合わないということは退社理由になりますか? 現在、転職活動を始めようとまさに思っている25歳男です。 僕自身は今の会社が嫌いなわけではないのですが、自分の考えていた社風と差異があるため、転職して自分の働きやすい会社で働こうと思っています。 今年で就職してからちょうど二年が立ちます。 そこで、第二新卒として、新たなステップを踏み出そうと思いました。 ただ、これから面接など、転職活動の際には必ず付随してくるものがあると思うのですが、その時に、はっきりと社風が合わなかったためということを退職理由としてのべることはいいことなのでしょうか? 自分が社風が合わないと思う大きな理由のうちに一つは、社内全体の考え方がぬるいという理由もひとつなのですが、そっちのことを言ったほうがいいのでしょうか? 社風が合わないということを転職理由にすることはあまい考え方なのでしょうか? 上司にも相談しましたが、部署異動でもいいから残ってくれとは言われています。 現在、転職活動を始めようとまさに思っている25歳男です。 僕自身は今の会社が嫌いなわけではないのですが、自分の考えていた社風と差異があるため、転職して自分の働きやすい会社で働こうと思っています。 今年で就職してからちょうど二年が立ちます。 そこで、第二新卒として、新たなステップを踏み出そうと思いました。 ただ、これから面接など、転職活動の際には必ず付随してくるものがあると思うのですが、その時に、 はっきりと社風が合わなかったためということを退職理由としてのべることはいいことなのでしょうか? 自分が社風が合わないと思う大きな理由のうちに一つは、社内全体の考え方がぬるいという理由もひとつなのですが、そっちのことを言ったほうがいいのでしょうか? 社風が合わないということを転職理由にすることはあまい考え方なのでしょうか? 上司にも相談しましたが、部署異動でもいいから残ってくれとは言われています。 退職するときに角を立てたくないのが本心ですよね。 失業給付には条件を満たしていることを証明するために、企業が提出した書類が必要になります。 離職票を使用する場合がほとんどですが、手元にないときには退職証明書でも代用可能です。 また、転職先の企業が退職証明書の提出を求める理由は、これまでの経歴の裏付けとするためです。 多くの企業は履歴書に記載されている事実で十分ですが、かなりの歴史のある企業やなにかしらの採用トラブルを経験しているような企業では、念には念を入れて退職証明書の提出を求めるようです。 転職者の立場では、「経歴が疑われている」と誤解してしまいそうですが、企業の段取りの一環として退職証明書を求めているというだけで、深く考える必要はありません。 基本的に勤め始めてから提出する書類ですので、採用に影響するということもありません。 変に提出までに時間がかかる、提出を拒むなどの行動をとってしまうと、「出しにくい理由がある?」という疑いが生じる可能性が増してしまいます。 意図を考えるよりもスムーズに書類を提出することを優先しましょう。 退職時に必要な書類は以下記事より確認できます。 退職証明書はいつまで発行できる? 退職証明書の発行は退職後2年間がリミットとされています。 自分で事業を興すなどの理由で退職した場合には、別の企業に勤める可能性を考慮して、あらかじめ発行の依頼をしておくようにしましょう。 ただし、 多くの企業は退職証明書の提出を求めながらも、提出できない理由がまっとうなものであれば、提出書類の変更や提出自体不要とするなどの代替え案を提示してくれます。 退職後2年以上のブランクがある場合には退職証明書を提出できない理由として、企業に相談しましょう。 逆に2年間のブランクがない以上、退職証明書は手配できる書類という考え方もできます。 また、提出後から退職するまでの期間も確認しておきましょう。 関連相談• 退職証明書がもらえない場合 退職者が発行の依頼を行えば、すべての企業はその注文に答えなければなりません。 退職後2年が発行の期限という制限があるものの、それ以外は必ず発行してもらえる書類です。 退職証明書の発行に関する事項は 労働基準法第22条1に 「労働者が、退職の場合において、使用期間、業務の種類、その事業における地位、賃金又は退職の事由(退職の事由が解雇の場合にあっては、その理由を含む。 )について証明書を請求した場合においては、使用者は、遅滞なくこれを交付しなければならない」 と明文化されています。 そのため、退職した後でも企業は退職者の依頼をすぐに実行に移さなければなりません。 発行時期については調整が必要になることもありますが、 記載する項目についても指定した項目以外に記載することは 法律違反となります。 指定した項目が不足している場合も同様です。 新しい職場から退職証明書を求められたら、指定された項目をそのまま退職した企業に伝えるようにしましょう。 労働基準法第22条1に明文化されているため、指定通りの書面が手元に届きます。 正しく項目を指定できていない場合には再発行を依頼できますが、無駄なやり取りが増えることになりますので、一度の発行で済ませられるように工夫しましょう。 関連相談• 退職証明書は書式が決まっていない? 退職証明書は会社から発行される書類でありながら、書式が決まっていないという特徴があります。 というのも、退職証明書は• 使用期間• 業務の種類• その事業における地位• 退職の事由 から記載すべき項目を指定する書類であり、勤めていた企業はその書式を決められません。 逆の見方をすれば、 転職者からの指定があってはじめて書式が決まるため、指定がなければ成り立たない書類ともいえます。 項目の指定がなければ、発行する企業を困惑させることになりますので、指定された項目をそのまま伝えられるように準備しておきましょう。 退職後に納得のいく転職をするためには 退職後の転職先で迷っている方もいるのではないでしょうか。 退職後に好待遇や自分に合った職場の求人を見つけるためには、以下の転職エージェントを利用することがおすすめとなります。 好待遇の求人を見つける• ビズリーチ: 自分に合った職場を見つける• リクルートエージェント:• doda: 関連相談• 最後に 退職証明書には書式が決まっていないという特徴があるため、転職者が正しく指定することが非常に重要になります。 また、新しい企業から退職証明書の提出を求められた際には、素直に指示に従うという意識も大切です。 「これまでの経歴を確認するため」といわれると、怪しまれているのではないかと不安になるのも無理はありませんが、深く考える必要はありません。 提出すべきかどうかを思案している間に時間が進み、違った疑いをかけられるリスクが大きくなりますので、スムーズに提出できるよう心がけましょう。 この記事の他、退職後の諸手続きや退職理由の上手な選び方や言い回し方は以下記事よりご覧いただけます。

次の

在職証明書の依頼方法・書き方・理由・使用目的|退職後/職業別

退職証明書 書き方

在職証明書が必要になる場合が多いですが、そもそも在職証明書はどのような目的で使用されるのでしょうか。 ここからは、在職証明書を提出する目的について、主なものをご紹介します。 住宅ローンを組む・賃貸契約を交わす場合 住まいにまつわる契約をする時も、在職証明書は必要になります。 マイホームを建てるために住宅ローンを組んだり、賃貸契約をする時に在職証明書の提出を求められます。 在職証明書に記載されている勤務先がどこであるのか、勤続年数が何年であるかなどの勤務実態は、個人を信頼する大きな要因になり、他の書類の裏付けとしても使用されます。 新卒で初めて企業などに就職する場合、賃貸契約をする際、まだ就労していないのに在職証明書を求められることがあります。 この場合、まだ働いていないので、給与明細などは発行できませんが、在職証明書を申請することはできます。 保育施設へ入所する場合 保育施設や学童などへの入所の際には、こどもの保護者の収入や勤務形態、時間などが入所に必要な基準を満たしているのかを確認するために、在職証明書が用いられます。 認可保育園でなく、無認可保育園(認可外保育園)など、児童福祉法に基づく認可を受けていない保育施設では、在職証明書が不要な場合もあります。 転職する場合 転職する場合の在職証明書は、転職先の人事担当者が履歴書に書いてある内容をもっと詳細に知りたい場合や確認のために使用します。 転職前にどのような仕事をどれくらいの期間していたのか、どのような地位にいたのか、賃金はいくらぐらいだったのかという情報は、雇用する人について判断するための基準になります。 外国人がビザを更新する場合 定住者や永住者でない外国人が、就労のために在留資格(ビザ)を更新する場合にも、在職証明書は必要です。 外国人を低賃金や悪い条件で就労させる企業が問題になっていますが、そのような違法な雇用がないか確認する意味もあります。 また、本当に日本国内で就労しているか否かを確認するためでもあります。 在職中と違い、退職した後に在職証明書を発行してもらうのは気が引ける方もおられるでしょう。 ここからは、退職後の在職証明書の依頼方法をご紹介します。 雇い主である企業は、申請されれば在職証明書を発行する義務がありますが、社会人としてきちんとした手順を踏んで手続きをしましょう。 在籍証明書は企業によって違う 一般的に、在職証明書と呼ばれる書類は、企業によって名称が異なります。 「就業証明書」「雇用証明書」「就労証明書」などありますが、内容としてはほぼ同じものになります。 提出先で用意される場合もありますし、自分で作成したものを企業に提出して記載してもらう場合や、企業が既存の書類を使用することもあります。 在籍証明書を取得できない人 ここでは、退職後に在職証明書が必要になった場合についてご紹介します。 企業によっては、在職中でなければ在職証明書を発行できない場合があります。 その場合は、在職証明書ではなく、「退職証明書」を発行してもらうことになります。 退職した際に、離職票と退職証明書を発行してくれる企業もありますが、退職証明書は必ず発行しなければならないものではなく、一般的には請求されて初めて発行されます。 退職後2年間は、請求があれば退職証明書を発行しなければならないと労働基準法に定められていますので、遠慮なく請求することができます。 在籍証明書を準備する 退職後に在職証明書を発行してもらう場合、まずは自分で書類を準備します。 在職証明書に記載する一般的な項目はいくつかありますが、法令などで明確な決まりはありません。 転職する際に、新しい勤務先から指定された書類があればその書類を使用しますが、そうでない場合は、どういう項目を記載してもらうのかをこちらから指定する必要があります。 請求先の企業によっては定型の在籍証明書があります。 記載事項が必要を満たしていればそのままでも問題ありませんが、在職証明書を提出する相手先が求めている内容が何なのか、きちんと確認しましょう。 離職した際に企業から発行された退職証明書が提出先で認められる場合もあります。 在職証明書(退職証明書)の依頼方法 在職証明書の準備が整ったら、総務や人事などの担当部署に電話を入れて、在職証明書の発行をお願いしましょう。 そして、書類を届ける方法や返送してもらう方法(持参や郵送など)を確認し、直接持参する場合は、担当者と打ち合わせて日時を決めます。 郵送の場合は、あらかじめ返信用の切手や宛名を書いた封筒を同封しておくのが社会人としてのマナーです。 在職証明書の依頼文の例文 宛名 作成年月日の左下の段に、在職証明書の発行を依頼した相手先の名前を入れます。 その際、会社名と担当者の部署名、担当者個人名を書くと相手先で迅速かつ確実に書類が届きます。 依頼する書類だけでなく、封筒の宛名も同じように記載しましょう。 敬称は会社名や担当部署に一つ一つ付けるのではなく、一番最後の個人名の後に「様」をつけるだけにします。 件名 何のための書類なのかを書きます。 「在職証明書発行のお願い」「退職証明書発行のお願い」など、該当する書類名を書き、先方に、「どういう意図の書類なのか」が伝わるようにしてください。 頭語と挨拶文(前文) 頭語は手紙の書き出しや冒頭にあたるもので、「拝啓」「謹啓」などを使います。 そして、頭語から一文字空けて挨拶文を書き始めます。 挨拶文の冒頭は「早春の候ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」など、季節に合わせて時候の挨拶を入れます。 「時下」は季節に関係なく通年使用して良い表現ですので、時候の挨拶で迷った場合は「時下」を使うと良いでしょう。 なお、会社や組織が相手の場合は、一般的に「ご清祥」ではなく「ご清栄」を使います。 「ご清祥」は相手の幸せや健康を喜ぶという意味であり、「ご清栄」は相手の商売の繁栄や生活を祝う意味です。 「ご清栄」は会社宛てでも個人宛てでも使用可能ですが、通常「ご清祥」は会社宛てでは使いません。 主文 次に主文に入りますが、前文から主文へ切り替わったということを示すために、「さて」「早速ですが」などの起辞を入れます。 その後、「同封の書類にご記入ご捺印頂き、ご返送いただきたくお願い申し上げます」と相手にお願いする内容を書きます。 在職証明書を発行するのに時間がかかる場合もありますので、提出期限から逆算して余裕をもって依頼するようにしましょう。 末文と結語 要件を主文に入れ終えたら、「この度はご多忙のところ、お手数をお掛け致しまして申し訳ございません。 ご配慮のほどよろしくお願いいたします」などの結びの言葉と、「敬具」のような結語で締めくくります。 「拝啓」と「敬具」のように頭語と結語には決まりがありますので、必ず正しい組み合わせであることを確認して使いましょう。 差出人(請求者)の情報 差出人の情報を書く場所は、宛名の左下か結語の下になります。 内容としては、氏名、住所、電話番号を書きます。 在職証明書を発行する際、担当者から連絡がある場合がありますので、正確な情報を記載しましょう。 職業別在職証明書の書き方 正社員ではなく、アルバイトやパートといった雇用形態の場合にも、在職証明書が必要になる時があります。 正社員でなくても在職証明書は申請できるのか、申請する場合の発行依頼方法についてご紹介します。 アルバイト・パート アルバイトやパートは、「非正規雇用労働者」に分類され、総務省の調査では年々増加の傾向にあります。 アルバイトやパートという雇用形態であっても、在職証明書は発行してもらえます。 ただし、正規雇用者と違って、勤務年数が短い場合もあるため、離職してから年数が経つと、請求者が就労していた時の技量などが正確に記載されないこともあります。 アルバイトやパートであっても、就職する際に経験年数や技能の面で優遇される場合もありますので、職歴に正規雇用ではない就労期間も必要かどうか確認しておきましょう。 派遣社員 派遣社員も「非正規雇用労働者」になりますが、派遣社員の場合は、在職証明書の発行を申請するのは、実際に働いている職場ではなく、派遣会社になります。 派遣社員の在職証明の場合、派遣会社に登録した時点からではなく、派遣先で働いた期間の在職証明となりますので注意しましょう。 在職証明書について知っておくと便利! 知っているようで知らない在職証明書について見てきましたが、いかがだったでしょうか。 在職中であれば、発行を依頼するのはそう難しく感じませんが、退職してしまった後に発行を依頼するのは、ややハードルが高く感じられます。 しかし、定められた期間内であれば、在職証明書を発行するのは企業側の義務であり、請求者の当然の権利ですので、躊躇わずにマナーを守って依頼しましょう。 特に、在職証明書を提出することで有利になる場合がある職業の方は知っておくと便利です。 普段、公的な書類に接することがなくて苦手意識がある方も、基本さえ押さえておけば難しい書類ではありません。 日々の生活に直結している書類だからこそ、しっかりと理解しておくことをお勧めしますし、この記事がその一助となれば幸いです。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の

退職時の証明 退職証明書ひな形・書式・書き方記入例(PDF・エクセル)無料ダウンロード(労働基準法第22条)|八王子の社会保険労務士事務所 長澤労法管理事務所

退職証明書 書き方

転職した経験のある方でも、退職証明書という書類があることすら知らないという方も多いのではないでしょうか。 実は、転職したとしても退職証明書が必要になるケースは限られおり、サラリーマンの多くの方が知らない書類です。 大まかに退職証明書が必要になるケースは、 新しい職場で提出を求められた場合と 失業給付などの手続きを行う際に離職票が手元にない場合の代わりの2つです。 ただし、企業で扱われる書類のなかでも退職証明書は少し変わった特徴があり、取り扱いに注意が必要です。 事前に退職証明書を取り扱う際の注意点を把握しておきましょう。 退職証明書の正しい書き方 多くの企業では退職証明書を公的な文書として考えておらず、書き方などのルールも決まっていません。 そのため、会社と退職者の間でコミュニケーションをしっかりと取ることで、必要な情報が盛り込まれた退職証明書が発行されることになります。 労働基準法第22条1に明文化されている通り、 退職証明書の記載事項はすべて退職者の意図するものになっていなければなりません。 要求していない事項ついて記載されている場合には、正しい情報に書き換えるように依頼することも可能です。 また、新しい職場でも記載するよう依頼した項目以外の情報が盛り込まれている場合には、退職者が作り直しを依頼しなければなりません。 不要な文言が記載されいたり、文言が不足しているような場合には、正しい処理ができないという面倒に繋がるケースも考えられます。 新しい職場で退職証明書の提出を求められた場合には、しっかいりと必要な事項を控え、退職した職場にそのまま伝えることが必須となります。 関連相談• 退職証明書の提出を求める理由 退職証明書の提出が必要になるケースは前述しましたが、それぞれのケースで提出を求める理由についても把握しておきましょう。 理由には様々な理由があるかと思いますが、JobQにも質問が届いていました。 退職理由が社風が合わないということは退社理由になりますか? 現在、転職活動を始めようとまさに思っている25歳男です。 僕自身は今の会社が嫌いなわけではないのですが、自分の考えていた社風と差異があるため、転職して自分の働きやすい会社で働こうと思っています。 今年で就職してからちょうど二年が立ちます。 そこで、第二新卒として、新たなステップを踏み出そうと思いました。 ただ、これから面接など、転職活動の際には必ず付随してくるものがあると思うのですが、その時に、はっきりと社風が合わなかったためということを退職理由としてのべることはいいことなのでしょうか? 自分が社風が合わないと思う大きな理由のうちに一つは、社内全体の考え方がぬるいという理由もひとつなのですが、そっちのことを言ったほうがいいのでしょうか? 社風が合わないということを転職理由にすることはあまい考え方なのでしょうか? 上司にも相談しましたが、部署異動でもいいから残ってくれとは言われています。 現在、転職活動を始めようとまさに思っている25歳男です。 僕自身は今の会社が嫌いなわけではないのですが、自分の考えていた社風と差異があるため、転職して自分の働きやすい会社で働こうと思っています。 今年で就職してからちょうど二年が立ちます。 そこで、第二新卒として、新たなステップを踏み出そうと思いました。 ただ、これから面接など、転職活動の際には必ず付随してくるものがあると思うのですが、その時に、 はっきりと社風が合わなかったためということを退職理由としてのべることはいいことなのでしょうか? 自分が社風が合わないと思う大きな理由のうちに一つは、社内全体の考え方がぬるいという理由もひとつなのですが、そっちのことを言ったほうがいいのでしょうか? 社風が合わないということを転職理由にすることはあまい考え方なのでしょうか? 上司にも相談しましたが、部署異動でもいいから残ってくれとは言われています。 退職するときに角を立てたくないのが本心ですよね。 失業給付には条件を満たしていることを証明するために、企業が提出した書類が必要になります。 離職票を使用する場合がほとんどですが、手元にないときには退職証明書でも代用可能です。 また、転職先の企業が退職証明書の提出を求める理由は、これまでの経歴の裏付けとするためです。 多くの企業は履歴書に記載されている事実で十分ですが、かなりの歴史のある企業やなにかしらの採用トラブルを経験しているような企業では、念には念を入れて退職証明書の提出を求めるようです。 転職者の立場では、「経歴が疑われている」と誤解してしまいそうですが、企業の段取りの一環として退職証明書を求めているというだけで、深く考える必要はありません。 基本的に勤め始めてから提出する書類ですので、採用に影響するということもありません。 変に提出までに時間がかかる、提出を拒むなどの行動をとってしまうと、「出しにくい理由がある?」という疑いが生じる可能性が増してしまいます。 意図を考えるよりもスムーズに書類を提出することを優先しましょう。 退職時に必要な書類は以下記事より確認できます。 退職証明書はいつまで発行できる? 退職証明書の発行は退職後2年間がリミットとされています。 自分で事業を興すなどの理由で退職した場合には、別の企業に勤める可能性を考慮して、あらかじめ発行の依頼をしておくようにしましょう。 ただし、 多くの企業は退職証明書の提出を求めながらも、提出できない理由がまっとうなものであれば、提出書類の変更や提出自体不要とするなどの代替え案を提示してくれます。 退職後2年以上のブランクがある場合には退職証明書を提出できない理由として、企業に相談しましょう。 逆に2年間のブランクがない以上、退職証明書は手配できる書類という考え方もできます。 また、提出後から退職するまでの期間も確認しておきましょう。 関連相談• 退職証明書がもらえない場合 退職者が発行の依頼を行えば、すべての企業はその注文に答えなければなりません。 退職後2年が発行の期限という制限があるものの、それ以外は必ず発行してもらえる書類です。 退職証明書の発行に関する事項は 労働基準法第22条1に 「労働者が、退職の場合において、使用期間、業務の種類、その事業における地位、賃金又は退職の事由(退職の事由が解雇の場合にあっては、その理由を含む。 )について証明書を請求した場合においては、使用者は、遅滞なくこれを交付しなければならない」 と明文化されています。 そのため、退職した後でも企業は退職者の依頼をすぐに実行に移さなければなりません。 発行時期については調整が必要になることもありますが、 記載する項目についても指定した項目以外に記載することは 法律違反となります。 指定した項目が不足している場合も同様です。 新しい職場から退職証明書を求められたら、指定された項目をそのまま退職した企業に伝えるようにしましょう。 労働基準法第22条1に明文化されているため、指定通りの書面が手元に届きます。 正しく項目を指定できていない場合には再発行を依頼できますが、無駄なやり取りが増えることになりますので、一度の発行で済ませられるように工夫しましょう。 関連相談• 退職証明書は書式が決まっていない? 退職証明書は会社から発行される書類でありながら、書式が決まっていないという特徴があります。 というのも、退職証明書は• 使用期間• 業務の種類• その事業における地位• 退職の事由 から記載すべき項目を指定する書類であり、勤めていた企業はその書式を決められません。 逆の見方をすれば、 転職者からの指定があってはじめて書式が決まるため、指定がなければ成り立たない書類ともいえます。 項目の指定がなければ、発行する企業を困惑させることになりますので、指定された項目をそのまま伝えられるように準備しておきましょう。 退職後に納得のいく転職をするためには 退職後の転職先で迷っている方もいるのではないでしょうか。 退職後に好待遇や自分に合った職場の求人を見つけるためには、以下の転職エージェントを利用することがおすすめとなります。 好待遇の求人を見つける• ビズリーチ: 自分に合った職場を見つける• リクルートエージェント:• doda: 関連相談• 最後に 退職証明書には書式が決まっていないという特徴があるため、転職者が正しく指定することが非常に重要になります。 また、新しい企業から退職証明書の提出を求められた際には、素直に指示に従うという意識も大切です。 「これまでの経歴を確認するため」といわれると、怪しまれているのではないかと不安になるのも無理はありませんが、深く考える必要はありません。 提出すべきかどうかを思案している間に時間が進み、違った疑いをかけられるリスクが大きくなりますので、スムーズに提出できるよう心がけましょう。 この記事の他、退職後の諸手続きや退職理由の上手な選び方や言い回し方は以下記事よりご覧いただけます。

次の