横山 玲奈 バイオリン。 イタリアの病院の屋上でバイオリンを弾いた横山令奈とは?経歴がヤバい!|Credimia

イタリアの病院の屋上でバイオリンを弾いた横山令奈とは?経歴がヤバい!|Credimia

横山 玲奈 バイオリン

演奏曲目 バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番から「アルマンド」 エンニオ・モリコーネ:「ガブリエルのオーボエ」 ジョン・ウィリアムス:シンドラーのリスト ノヴァーロ:「マメーリの賛歌」 ヴィヴァルディ:四季より「夏」から「プレスト」 横山令奈さんの住むクレモナはバイオリンの聖地 クレモナは楽器製造の中心として大変有名な聖地です。 弦楽器職人は皆クレモナに修行にいきますし、一流のヴァイオリニストはクレモナの楽器を使用する人がほとんどです。 この何億もする楽器というのは主にこのクレモナで生産されている アマティ、グァルネリ、ストラディバリウスといった楽器のことを指しています。 それほどクレモナはヴァイオリンにとってなくてはならない場所です。 プロから見た横山令奈さんの凄いポイント プロのバイオリニストである筆者から見た、横山さんの凄いなと思うポイントをまとめました。 名誉あるクレモナの病院からの依頼演奏 先ほども書きましたが、クレモナは本当にバイオリンにとってなくてはならない場所です。 もちろん、クレモナに住むイタリア人の皆さんはバイオリンに触れる機会は日本人よりも数倍ありますので耳も肥えています。 そんなクレモナのイタリア人の心に届く演奏ができたということは、大変名誉あることなのです。 海外でも認められる演奏技術 先ほどのYouTubeのリンクから演奏を聴いた方はわかると思うのですが、何より海外でも認められたその演奏技術は大変素晴らしいものがあります。 コンクールにも多数入賞しており、 透き通った音色と人の心に届く表現力が特に彼女の魅力です。 彼女はクレモナのヴァイオリン博物館にて展示楽器の公開演奏者を務めていますが、これも ただヴァイオリンが弾ければ任せらる仕事ではありません。 ヴァイオリンはしっかりと楽器の魅力を最大限に発揮できる、楽器をしっかりと鳴らせる人にしか楽器職人は演奏を依頼しません。 1人でも鳴らなくなる弾き方をしてしまう人が弾くことで、その楽器はたちまち鳴らなくなってしまいます。 つまりこの人になら任せられる!という演奏技術を持った人でないと任せてもらえる仕事ではないのです。 横山令奈さんのCDは手に入る? 先ほどのYouTubeでも大変素晴らしい演奏を聴かせて下さった横山さん。 こんなに素敵な演奏だと横山さんのCDが欲しくなってしまいますよね。 病院での演奏のような横山さんのソロのCDは残念ながら見当たりませんでした。 しかし横山さんがTrio Kanonというピアノトリオのグループを結成しており、現在こちらのグループのCDでしたら入手が可能です。 ブラームス&ドヴォルザーク ピアノトリオ集 こちらはブラームスとドヴォルザーク「ドゥムキー」のピアノトリオ集です。 ブラームスのピアノトリオは日本でよく演奏される1番ではなく2番。 ブラームスは特に筆者も好きなピアノトリオ曲のなかでかなり上位に入る大好きな曲です。 チェロやピアノも大活躍の楽曲ですが、横山さんのヴァイオリンも充分に楽しむことができます。 ドゥムキーはとてもカッコ良い仕上がり。 Amazonでサンプルを聴くことができますが、サンプルだけでも感激します。 ベートーヴェンピアノトリオ集 個人的には先ほどのブラームスとドヴォルザークのピアノトリオ集をおすすめしますが、こちらのベートーヴェンのピアノトリオ集も素敵です。 先ほどのブラームスとドヴォルザーク集はAmazonでしか販売されておりませんので、楽天とYahoo! ショッピングでお探しの方はこちらのベートーヴェンを検討されるといいかもしれません。

次の

横山玲奈

横山 玲奈 バイオリン

横山玲奈さんのヴァイオリン You Tubeで「横山玲奈 クレモナ」と検索してみてください。 横山玲奈さんは大阪府箕面市出身で、イタリアのクレモナという音楽の街でバイオリニストとして 活躍されているそうです。 クレモナでは有名な音楽家として知られているそうです。 その横山さんが今回のコロナウイルスで疲弊したイタリアの音楽の街、クレモナ市から依頼され バイオリン演奏を医療従事者を励ますために病院の屋上で行いました。 映像はその模様を流したニュース映像です。 この映像を見て「売名行為」だの「無防備な衣装だ」などと批判するコメントがありました。 なぜ短絡的で幼稚なコメントをわざわざするのでしょうか? ネットの炎上騒ぎなどはほとんど論拠のない、ただの「憂さ晴らし」が多いと思います。 「匿名」をいいことに、バレなければ何を言ってもいいという輩が多いことにウンザリします。 YouTubeのレビューでもコメントしましたが、 横山さんは今回の演奏では、あえていつもの華麗な演奏衣装を身に纏ったのだと思います。 邪悪なウイルスで、全世界が疲弊し希望を失いかけている日々を何とかやり過ごしています。 ついこの間まで当たり前にできていたことが、遠い昔のことのように感じているのは全ての人に通じる思いに違いありません。 特に最前線で戦ってくれている医療従事者の方々にとって、このエンドレスとも思える戦いのなかで 思いがけない美しいバイオリンの音色は、一時であっても心が安らいだことだろうと思います。 特に音楽の街、クレモナの人々にとっては、バイオリニストなどのライブ演奏を楽しむことは日常の1コマだったに違いありません。 それすら叶わない日々の中で、横山さんのあえて身に纏ったきらびやかな姿を見ることで、 日常だった日々を思い起こせたはずです。 彼女も防護服をつけないというリスクを冒してまでいつもの演奏衣装を選んだのは、 そういう人たちの「気持ちを鼓舞するため」だったのでしょう。 癒しの気持ちと同時に、「必ず今までのような日常を取り戻すんだ」という気持ちを奮い立たせてくれたように思います。 特に日本の政治家の中にはピンときていない人も多いと思いますが、 日本ではほぼ半数の人が満足な経済活動ができていません。 ウイルスが終息したとしても、その時点ではその半数の人たちは経済的に瀕死の状態であることには変わりありません。 国が今やらなければいけないことは、無条件に生活保障をすることです。 国のお金の仕組みとしてそれが十分に問題なくできるわけですから、 ここでやらなければ、日本は「瀕死」の状態が続くでしょう。 そして再び財務省が「復興のためにさらなる消費税増税を」と何も知らない政治家や国民に吹き込むことでしょう。 あからさまには吹き込まないわけですから、これも一種の「匿名」に隠れて行う卑劣な炎上行為といえます。 身を削って戦ってくれている医療従事者の方たちや、まじめに自粛生活を行っている国民や励まし合いの活動を行っている人々に対しての報いが、つまらないマスクや10万円の給付金なのです。 まるで発展途上国のようです。 日本だけでなく、経済力のある国はその経済力が後ろ盾となりますので、「自国通貨は必要に応じて問題なく十分に発行できる」 という事実を理解しておくことが、「卑劣な吹き込み」に惑わされないための自衛手段です。 国の財布は税金だけではないのです。 この事実により、休業補償を十分に給付でき、そのことで安心して徹底した自粛生活が送れることで、 迅速なウイルスの沈静化が期待できるのです。 そうすることで、命や文化や希望が守られ未来へつなぐことができます。 そして、再び安心して横山さんのバイオリンのような美しい音色にも触れることができるのです。

次の

バイオリニストの横山令奈さんの凄さをプロのバイオリニストが解説|バイオリン情報メディアPRO

横山 玲奈 バイオリン

話している横山玲奈さんが見られます!とても美しい方ですよね。 横山玲奈 よこやま れな 生年月日1987年4月9日生まれ 年齢33歳 (2020年) 大阪府箕面市出身 イタリア クレモナ在住 2006年よりイタリア留学 イタリアのクレモナ国立クラウディオ・ モンテヴェルディ音楽院卒業 7歳から両親に師事してヴァイオリンを学ぶ 国際コンクールなどで優勝 横山玲奈は結婚しているの? 横山玲奈さんが結婚しているという情報は、今の所ありません。 だけど、イタリア在住です。 おしゃれな男性がたくさんいる国です。 アモーレが居てもおかしくないですよね。 アモーレって意味ははっきり知らないけど、これを言いたくて書いてみました。 横山玲奈の妹もバイオリニスト 横山玲奈さんには妹さんがいらっしゃいます。 横山亜美さんです。 横山亜美さんも、美人で、バイオリンを演奏されています。 イタリア帰りで大阪で活動されています。 ちょっと明るいカノンになっていますね。 話すと面白い方なんですって。 横山玲奈がイタリアの病院で演奏した理由は? 横山玲奈さんが、なぜイタリアの病院でバイオリンを演奏したのかと言うと、プロフィールを見ると分かりますね。 イタリア在住だからです。 イタリアでバイオリンを学んでおられました。 イタリアのクレモナ国立クラウディオ・ モンテヴェルディ音楽院卒業は審査員がみんな満点を出して卒業された腕前です。 だから、あんなに人の気持ちが動くバイオリンの演奏ができるんですね。 いやー素晴らしいですね。 この演奏を見てファンになった方も多いはずです。 横山玲奈(よこやまれな)屋上のバイオリン動画が泣ける!プロフィールや年齢は?:まとめ 横山玲奈さんが、イタリアの病院の屋上で演奏したバイオリンが素晴らしくて、イタリアだけでなく世界中の人の心を癒やしました。 なぜイタリアの病院だったかというと、横山玲奈さんは2006年からイタリア留学をされているからでした。 横山玲奈さんは、国際コンクールで優勝する腕前のすごい方でした。

次の