ニトの怠惰な。 ニトの怠惰な異世界症候群 ~最弱職〈ヒーラー〉なのに最強はチートですか?~

ニトの怠惰な異世界症候群 ~最弱職〈ヒーラー〉なのに最強はチートですか?~

ニトの怠惰な

【内容情報】(出版社より) 17歳の政宗はいじめによる絶望の末、校舎の屋上から飛び降りる。 だが直後、クラス転移に巻き込まれてしまった。 気づくとそこは王座の広間。 目の前には異世界の王や王女の姿があり、政宗たちを勇者召喚の儀式により転移させたのだと言う。 召喚された生徒たちはそれぞれ賢者や勇者、上級騎士といった《上級職》を授かっていたが、なぜか政宗が手にしたのは治癒師《ヒーラー》……。 それは攻撃魔法すら扱うことのできない、《最弱職》であった。 無能と罵られ一人、理不尽に王女の転移魔法で飛ばされてしまう政宗。 しかし、どこかも分からない暗闇に至り彷徨った末、スキル《反転の悪戯【極】》を手に入れた彼は、治癒魔法《治癒/ヒール》を反転させることで、《すべてを蝕む赤黒い波動》という強大な力を得る。 《最強》の力を手に入れた政宗は、自身を虐げたクラスメートや王女への復讐を誓い、異世界へと旅立っていくのだがーー。 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 高校生の政宗は、自殺の直後異世界クラス転移に巻き込まれ、気づくとそこは王座の広間。 ドラゴンブック新世代ファンタジー小説コンテスト特別賞受賞作。

次の

第3話 同類

ニトの怠惰な

【内容情報】(出版社より) 17歳の政宗はいじめによる絶望の末、校舎の屋上から飛び降りる。 だが直後、クラス転移に巻き込まれてしまった。 気づくとそこは王座の広間。 目の前には異世界の王や王女の姿があり、政宗たちを勇者召喚の儀式により転移させたのだと言う。 召喚された生徒たちはそれぞれ賢者や勇者、上級騎士といった《上級職》を授かっていたが、なぜか政宗が手にしたのは治癒師《ヒーラー》……。 それは攻撃魔法すら扱うことのできない、《最弱職》であった。 無能と罵られ一人、理不尽に王女の転移魔法で飛ばされてしまう政宗。 しかし、どこかも分からない暗闇に至り彷徨った末、スキル《反転の悪戯【極】》を手に入れた彼は、治癒魔法《治癒/ヒール》を反転させることで、《すべてを蝕む赤黒い波動》という強大な力を得る。 《最強》の力を手に入れた政宗は、自身を虐げたクラスメートや王女への復讐を誓い、異世界へと旅立っていくのだがーー。 【内容情報】(「BOOK」データベースより) 高校生の政宗は、自殺の直後異世界クラス転移に巻き込まれ、気づくとそこは王座の広間。 ドラゴンブック新世代ファンタジー小説コンテスト特別賞受賞作。

次の

ニトの怠惰な異世界症候群 ~最弱職〈ヒーラー〉なのに最強はチートですか?~

ニトの怠惰な

・日高政宗はいじめられっ子。 クラスメートに助けを出すこともできず、ある日屋上から身を投げた。 ・その時、偶然にも政宗のクラスが異世界召喚される。 ・政宗はヒーラーとして異世界に転生したが、召喚した王女は、政宗を「無能」と評し、破棄しようとするのであった。 その時、クラスメートの多くは政宗をそのまま見殺し。 政宗は、 「お前ら全員、必ず・・・殺してやる」の言葉を残して、破棄のための転移させられた。 ・政宗は、王女によりあるダンジョンに転移させられる。 そこで、見つけた薬らしきものを手に取った時、「力が欲しければそれを飲め・・・」と語りかけるものが。 そして、その言葉に従い薬を口に。 ・政宗は、その薬で力を得て、ダンジョンの高いレベルの魔物を撃破。 そして、異常なレベルアップを経験する。 さらに、政宗は、ダンジョンで謎の強敵を倒し、レベルを上げスキルを獲得していくのであった。 スターウォーズのアナキン・スカイウォーカーとパドメ・アミダみたいですね。 主人公のニト 政宗 は、王女アリエスに無能として、勇者のグループを追放。 その時、クラスメートに 「お前ら全員、必ず・・・殺してやる」と言葉を残します。 政宗は、実際に自分をいじめて自殺に追いやったクラスメート二人をひどく恨んでいました。 しかし、力を得て、異世界を幸せに生きようと思う政宗は、自分が幸せに生きるために、日本からの勇者は不要と考えほとんどのクラスメートをその手で斬殺。 そして本当に恨んでいる佐伯というクラスメートは、佐伯が結婚をし、子供が生まれたときに、妻と子供を目の前で殺し、佐伯自身は四肢と左目をつぶして生かすことに。 読んでいて気分が悪くなってしまいました。 こんな感じの救いようのないイベントが次々に出てくる異世界ファンタジーです。 ハーレム度 ・トアは魔国の王女様 ・ネムは獣国の王女様 ・スーフィリアは亡国の王女様 と一緒に、ニトは行動しているので、はたから見るとハーレムっぽい感じ。 H度 まったくありません。 最後に 『ニトの怠惰な異世界症候群 ~最弱職〈ヒーラー〉なのに最強はチートですか?』は、貧弱な主人公が、強大な力を得て、異世界無双するという、よくあるパターンの異世界ファンタジーだと思いました。 しかし、中身は気分が悪くなりそうな復讐の異世界ファンタジーでした。 伏線の貼り方、話の進め方などが、なかなか上手で、次が気になり読み進めてしまいます。 でも、あまりにもダークサイドな話が続き、心が黒く染まって行くんじゃないかと感じてしまいました。 「面白のか?」と聞かれれば、「面白い」。 しかし、他人に進めたいかといえば、「読まない方がいいんじゃない」という気持ちも出てしまう作品でした。 小説はで、読めます。

次の