エッセンシャルオイル 効能。 精油とアロマオイルとエッセンシャルオイルの違いは?それぞれの使用方法など

アロマオイル(精油・エッセンシャルオイル)の種類や効能・禁忌を一覧で紹介!|アロマ精油(エッセンシャルオイル)の効果・効能・一覧・妊活アロマ種類

エッセンシャルオイル 効能

我々人間は、何世紀にもわたってエッセンシャルオイル()を使用してきました。 アジアや地中海における文化では、エッセンシャルオイルを使って自然療法が行われてきました。 フランキンセンス(別名「乳香」、「オリバナム」)のエッセンシャルオイルは、こういった治療法に使われる多くの成分の1つです。 この精油には、 薬効と美容作用があります。 この記事では、フランキンセンス の効能について見ていきましょう。 エッセンシャルオイル エッセンシャルオイルは、 乾燥させた芳香植物を蒸留させ、蒸留水を混ぜて作られます。 このプロセスは、植物の特性を保ち、水によりは油の質感をより扱いやすくするために行われます。 蒸留のプロセスでは、精油は脂溶性ですので、水から物理的に分離されます。 こうして分離することで、お肌への効果がより高まります。 こちらもお読みください: フランキンセンスのエッセンシャルオイル フランキンセンスは、粉末または線香の形でよく見られます。 この香りは ボスウェリアの木の樹皮によるものです。 エッセンシャルオイルを作るために、木から白い樹液を抽出し、数日間かけて硬化させます。 そうすると、固まったものがゴム樹脂になります。 フランキンセンスエッセンスには、ケトンアルコール、天然樹脂、が含まれています。 その他には、アルファピネン、アシル、酢酸ボルニル、オクチルが含まれています。 オイルの癒し効果 このオイルの特性の1つは、ことです。 この特性は、ずばりオイルが持つ香りによるものです。 オイルをお肌に塗ることで、 多くの病気を自然に治癒し、再生力を高め、抗炎症作用が働きます。 さらに、お肌を強くしたり、のにも役立ちます。 フランキンセンス エッセンシャルオイルの特性 肌を若返らせる フランキンセンスのエッセンシャルオイルは、 お肌を強くするのに役立ちます。 お肌を若返らせることに加え、香りが肌の奥深くに浸透します。 就寝前にオイルを塗り、肌をやさしくマッサージして皮膚に塗り込みましょう。 自然の力を持つこのトリートメントで、お肌は強くなり、プルプルになります。 フランキンセンスのエッセンシャルオイルは、お肌を輝かしく健康的に見せてくれます! こちらもお読みください: 関節を強化し、関節炎を防ぐ フランキンセンス のエッセンシャルオイルは、 四肢の関節痛を和らげるのに最適です。 患部にオイルをマッサージするだけで、オイルの抗炎症特性がお肌に深く入り込み、痛みを和らげます。 関節炎に苦しんでいるなら、このオイルが痛みを和らげる心強い味方になってくれるはずです。 使い方は簡単。。 呼吸器系疾患の症状を軽減する 呼吸器系の問題に対処するには、フランキンセンスのエッセンシャルオイルを患部に使用するか、吸入して取り込みます。 オイルの抗炎症作用により気道をきれいにしてくれるので、オイルで作った蒸気を吸い込むのが1番です。 フランキンセンス の香りは非常に心地よく、鼻通りが改善されるのを感じるはずです。 実際、喘息のような問題も、このオイルで治療するが可能とされます。 ただし、副鼻腔感染症の場合は、 医師に相談して感染症を悪化させないようにしてください。 消化器疾患の予防に役立つ フランキンセンス のエッセンシャルオイルは、胃液、胆汁、酸の生産を促進します。 このオイルを消費すると 消化が促進されるため、食物が体内を正しく移動し、腸に過剰な刺激が行くのを防ぎます。 コップ一杯の水に数滴のエッセンシャルオイルを加え、朝食後に飲む。 1日に2、3回飲む。 ただし、 消化を助けるために食後に飲むことをお勧めします。 Baratta, M. , Dorman, H. , Deans, S. , Figueiredo, A. , Barroso, J. 1998. Antimicrobial and antioxidant properties of some commercial essential oils. Flavour and Fragrance Journal. SICI 1099-1026 1998070 13:43. CO;2-T• Siddiqui, M. 2011. Boswellia Serrata, A Potential Antiinflammatory Agent: An Overview. Indian J Pharm Sci. Lee, H. , Yun, M. 2008. Anti-inflammatory effect of Boswellia sacra Franckincense essential oil in a mouse model of allergic asthma. Korean Journal of Microbiology and Biotechnology.

次の

ヒノキオイルの使い方・効能とは? アロマオイル辞典 [アロマオイル・エッセンシャルオイル] All About

エッセンシャルオイル 効能

ヒノキオイルの使い方と効能 学名 Chamaecyparis obtusa ヒノキ科 多くは木部(枝葉も使うことがある) 蒸留して採油 ヒノキ(檜、桧)は日本と台湾にのみ分布する針葉樹です。 吉野、飛騨など各地に名産地があります。 漢字で「檜」とか「桧」と書かれますが、前者(檜)は旧字、後者(桧)は新字です。 ヒノキは樹木の中でもっとも、親近感、好印象、高級感などを持っている方も少なくないはず。 エッセンシャルオイル(精油、アロマオイル)は可燃性ですが、ヒノキは精油成分を含むため火がつきやすいことから古代に火おこしに使われたとわれ「火の木」となったといわれます。 また「日の木」の説もあります。 強度、耐朽性に優れ、建築材として何百年から何千年と使うこともできるといわれ、耐久性、保存性に優れる木材として日本では大変珍重されれています。 有名な神社仏閣、仏像などもヒノキを原料とし、今に伝えられています。 またその木部が持つ天然の香りは、ヒノキ風呂をはじめ、ヒノキの木材は酒器、まな板、装飾品など日常品においても珍重されています。 気分転換や疲労回復をしたいときにオススメ。 アロマディフューザーで香りを広げましょう。 何百年も朽ちずに残るヒノキ。 それはオイルのもつ抗菌、殺菌効果も影響してると考えられます。 まな板に使われるのもそういった理由からです。 アロマスプレーで環境をクリーンにしましょう。 【ヒノキのアロマスプレー作り方】• 100円ショップなどで売っているスプレー容器でOK• そこに無水エタノール5mlを入れて• ヒノキオイルを4~5滴• ミネラルウォーター45mlをプラスして良く振り混ぜたら完成。 ガラス窓、鏡を拭くときにスプレーして、乾いたダスターでぬぐうほか、エアコンのフィルターにスプレーしてもいいでしょう。 ヒノキの香りを満喫したい場合は、ヒノキオイルだけで。 少し他の香りをブレンドしたい場合は次を参考に。

次の

エッセンシャルオイル(精油)の効果効能一覧

エッセンシャルオイル 効能

1-1. アロマオイルが身体に効く仕組みと理由 ここではアロマオイルが身体へ吸収される経路 仕組み と、アロマオイルが身体に効く理由を紹介します アロマオイルがどのようにして身体に浸透するかを理解することによって、正しい方法でアロマオイルを活用できるようになります。 なお 体に浸透させるアロマオイルは特に天然成分100%のエッセンシャルオイル 精油 のことです。 次章以降では「エッセンシャルオイル 精油 」と表記しますが、アロマオイルのことを指しています。 2-1. エッセンシャルオイル 精油 が浸透する経路は4通り エッセンシャルオイル 精油 が浸透する経路は下記の4通りです。 ・口から腸へ ・皮膚から血管へ ・呼吸から肺血管へ ・嗅覚から脳へ 口から腸へ吸収する経口吸収は、自然界にない高濃度な精油をダイレクトに吸収することになります。 近代アロマテラピーが発祥したフランスでは、精油を内服したり、直腸などの粘膜に投与したりして、その薬理作用を得ることがあります。 しかし、こういった行為は医師による医療行為として行われます。 一般人が真似すると危険なので、絶対にやめてください。 上記により、実用できる経路は「皮膚から血管」「呼吸から肺血管」「嗅覚から脳」の3通りになります。 のちほど説明しますが、エッセンシャルオイル 精油 の活用方法でもっとも一般的なのは芳香浴です。 芳香浴は経鼻吸収 呼吸から肺血管や脳へ と経皮吸収 皮膚から血管へ の2ルートからエッセンシャルオイル 精油 の成分を吸収できます。 そのため、身体全体に広がりやすくなり、心身の症状を緩和させてくれます。 エッセンシャルオイル 精油 を初めて取り扱う人は、芳香浴をおすすめします。 2-2. エッセンシャルオイル 精油 が精神と身体に効果がある理由 脳に運ばれた香りの情報は大脳と視床下部に伝わります。 エッセンシャルオイル 精油 に 心理的作用がある理由は、大脳基底核にある海馬に、エッセンシャルオイル 精油 の香りが伝わり、「懐かしい」「幸せ」「嬉しい」といった記憶と結びつくからだと言われています。 記憶が蘇って、精神的にリラックスすることができます。 身体的作用がある理由は、視床下部から脳とその他の部位へ香りの情報が伝わり、エッセンシャルオイル 精油 の薬理効果によって様々な生理作用を起こすからだと言われています。 エッセンシャルオイル 精油 の活用方法 次にエッセンシャルオイル 精油 の活用方法を紹介します。 エッセンシャルオイル 精油 の活用方法はたくさんあるため、効果や用途にあった方法で活用しましょう。 アロマランプの使い方を詳しく知りたい方は、下記ページをご覧ください。 関連記事 3-1. 芳香浴 準備するもの アロマランプやアロマディフューザー、水 オイルの使用量 2〜3滴 時間 目安 8時間前後 注意点 オイルを入れすぎると、目詰まりを起こし、故障の原因となります。 芳香浴 ほうこうよく は、アロマの香りを空間に広げて楽しむ方法です。 アロマランプやアロマディフューザーといった専用の芳香器を使う方法やスプレーなどで空間に散布する方法があります。 芳香浴もっとも手軽に行うことができ、心身のリラックスや気分転換に最適です。 エッセンシャルオイル 精油 の活用方法として、基本的な方法なので、初心者は芳香浴から始めてみましょう。 準備するもの アロマランプやアロマディフューザー、水 オイルの使用量 2〜3滴 時間 目安 8時間前後 注意点 オイルを入れすぎると、目詰まりを起こし、故障の原因となります。 3-2. アロママッサージ 準備するもの キャリアオイル30ml 50mlのマッサージオイルを作る場合 オイルの使用量 10滴 時間 お好み 注意点 原液を直接肌につけないようにしてください。 アロママッサージは、エッセンシャルオイル 精油 を植物油 キャリアオイル に混ぜ合わせて作ったマッサージオイルを使用します。 エッセンシャルオイル 精油 の香りとマッサージの相乗効果で、リラックス効果をもたらすだけでなく、美肌効果や、血行促進、老廃物の排出、筋肉のコリを和らげるなど、心と体を回復させることができると言われています。 3-3. 吸入 準備するもの マグカップ、お湯 オイルの使用量 1〜3滴 時間 5分程度 注意点 目の粘膜を刺激する可能性があるため、目を閉じて行なってください。 吸入は、エッセンシャルオイル 精油 の芳香成分を鼻や口から取り入れる方法です。 主なやり方はマグカップなどにお湯を入れて、エッセンシャルオイル 精油 を数滴垂らし、蒸気を顔に近づけて、深呼吸するように鼻や口からゆっくり吸い込みます。 鼻や喉に直接作用させることができるので、鼻づまりや喉の痛みなど、風邪のひき始めにおすすめの方法です。 3-4. フェイシャルスチーム 準備するもの 洗面器、お湯 オイルの使用量 1〜3滴 時間 10分程度 注意点 目の粘膜を刺激する可能性があるため、目を閉じて行なってください。 フェイシャルスチームは、エッセンシャルオイル 精油 成分を含んだ蒸気を顔に当てる方法です。 蒸気が逃げないように、頭からタオルをかぶりながら行うと効果的です。 蒸気の温熱による血行促進や保湿効果、肌荒れやニキビなど肌トラブルの予防や軽減につながると言われています。 3-5. 湿布 準備するもの タオル、お湯or冷水 オイルの使用量 1〜3滴 時間 10分程度 注意点 オイルが付いた面が内側になるようにタオルを折りたたんで、直接肌につかないようにしてください。 湿布は、エッセンシャルオイル 精油 を含ませたタオルを、痛みやコリのある部分に当てて、症状を癒す方法です。 肩こりや腰痛、生理痛には血行を促す温湿布 温かいタオル 、ねんざや打撲の直後、スポーツ後のクールダウンには冷湿布 冷たいタオル が効果的と言われています。 まとめ アロマオイルの効果と、その活用方法について紹介しました。 アロマオイルと一口にいっても、その種類や効果はたくさんあります。 精神的作用 ストレス解消やリラックスなど を求める場合には、ベルガモットやマンダリン、ラベンダー。 身体的作用 風邪予防や肩こり・筋肉痛の解消など を求めるならユーカリやティーツリー、ラベンダーがおすすめです。 またアロマオイルの活用方法として最も基本的なのは、芳香浴 ほうこうよく です。 アロマランプやアロマディフューザーといった専用の芳香器を購入するか、もしくはスプレーなどに入れて空間に散布する方法で、アロマを楽しみましょう。 アロマオイルを活用して、ぜひ休息効果を高めてみてください。 もしアロマオイルを使ったマッサージに興味のある方は、以下のページからお近くのサロンをご覧になってみてくださいね。

次の