いろは に 愛 姫 読み方。 いろはに愛姫 パチスロ スロット

いろはに愛姫 パチスロ スロット

いろは に 愛 姫 読み方

以降は、左リールの停止形により打ち分ける。 ==左リール中段にチェリーが停止した場合== 中段チェリー。 中・右リールともに適当打ちでOK。 ==左リール下段にチェリーが停止した場合== 角チェリー。 中・右リールともに適当打ちでOK。 ==左リール上段にスイカが停止した場合== スイカ or チャンス目。 右リール適当打ち後、中リールに青7を狙う。 何も揃わなければチャンス目。 ==左リール下段に赤7が停止した場合== 中・右リールともに適当打ちでOK。 右下がりベルテンパイ+右リール中段ベルでチャンス目。 押し順に正解すると、ARTゲーム数が上乗せされる。 その他の場合は適当打ちでOK。 毎ゲーム左リールに中段チェリーを狙うと・・・? AT中の打ち方 押し順ナビ発生時はそれに従う。 リール枠が白く発光したら、左 or 中リールにBARを狙う。 その他の演出発生時は、通常時の打ち方でレア小役をフォロー。 なお「青7を狙え」演出発生時は、押し順当てにチャレンジして偏りを見抜こう。 小役確率 通常時 — 優遇モード 優遇モードとは 通常時には、「通常」と「優遇」の2つのモードが存在。 優遇モード中に成立したBIGは必ず「優遇BIG」となり、ボーナスによる上乗せゲーム数が100G or 200Gになる。 優遇モード移行契機 優遇モードへは、通常時のスイカ成立時に移行抽選が行われる。 ただし、優遇モードへ移行したかどうかについては判別できない。 BIG当選時の優遇BIG昇格抽選 優遇モード中でなくとも、BIG当選時には優遇BIGへの昇格抽選が行われる。 昇格した場合は、愛姫ボーナス終了時の上乗せが多くなる。 またナオエ決戦ボーナスでは、開始時の初期上乗せで3桁ゲーム数が上乗せされている。 なおART中には、優遇モードの概念がない。 そのため、ART中にBIGを引いた際は「BIG成立時の優遇BIG昇格抽選」のみが行われる。 通常時のBIGは「愛姫ボーナス」、ART中のBIGは「ナオエ決戦ボーナス」となる。 232枚の払い出しで終了、純増枚数は約150枚。 「青7を狙え!」発生時に押し順を当てられれば、ARTゲーム数が上乗せされる。 BIG終了後は必ずARTに突入。 REG 「赤7・赤7・BAR」揃い。 通常時のREGは「いろはボーナス」、ART中のREGは「ツバキボーナス」となる。 8回の入賞で終了、純増枚数は約40枚。 ART「隻眼ノ嫁」 ART「隻眼ノ嫁」は、1セット30G以上、純増枚数は約0. 初当たり時のART初期ゲーム数は平均100G。 ART中は、「青7を狙え!」発生時に押し順を当てることができればゲーム数上乗せ。 【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット! 特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。 現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと 【250%超】! オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ! 【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説 当サイトの姉妹サイトで、 運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。 特に人気のコンテンツを以下にご紹介。

次の

【上乗せG数で簡単判別!】いろはに愛姫

いろは に 愛 姫 読み方

タグ 聖徳太子 5分で知る偉人! 坂本龍馬 5分で知る偉人! 名言 フリーメイソン トーマス・グラバー 紫式部 清少納言 藤原道長 織田信長 家紋 武田信玄 上杉謙信 濃姫 福沢諭吉 千利休 一休さん 一休宗純 西郷隆盛 近藤勇 徳川家康 豊臣秀吉 徳川光圀 水戸黄門 土方歳三 新選組 明智光秀 本能寺の変 宮本武蔵 巌流島の戦い 佐々木小次郎 真田幸村 小野小町 ねね 細川ガラシャ お市の方 まつ 芳春院 浅井長政 芥川龍之介 夏目漱石 茶々 淀殿 初 江 石田三成 井伊直弼 和宮 北条政子 卑弥呼 東郷平八郎 天武天皇 中大兄皇子 天智天皇 蘇我入鹿 持統天皇 推古天皇 聖武天皇 中臣鎌足 大化の改新 源頼朝 源義経 勝海舟 高杉晋作 北条早雲 北条時宗 直江兼続 小野妹子 足利尊氏 室町幕府 後醍醐天皇 足利義満 伊達政宗 フランシスコ・ザビエル 井伊直政 島津義弘 毛利輝元 細川忠興 前田利家 保科正之 島左近 竹中半兵衛 黒田官兵衛 加藤清正 毛利元就 上杉景勝 新田義貞 二宮尊徳 二宮金次郎 斎藤道三 司馬遼太郎 本居宣長 豊臣秀頼 塙保己一 ヘレンケラー 徳川綱吉 徳川吉宗 大石良雄 天草四郎 大塩平八郎 小林一茶 新井白石 春日局 支倉常長 シーボルト 楠本イネ 黒田長政 親鸞 徳川秀忠 徳川家光 近松門左衛門 伊能忠敬 高野長英 井原西鶴 最澄 空海 平清盛 源義朝 松尾芭蕉 市川団十郎 杉田玄白 青木昆陽 関孝和 滝沢馬琴 行基 鑑真 桓武天皇 石川五右衛門 雪舟 柳沢吉保 都市伝説 藤原秀衡 北条時政 藤原定家 後鳥羽上皇 北条泰時 遠山景元 大岡忠相 江川英龍 緒方洪庵 今川義元 大友宗麟 松平定信 田沼意次 平賀源内 水野忠邦 徳川慶喜 チンギス・ハン フビライ・ハン マルコ・ポーロ 吉田松陰 出雲の阿国 狩野永徳 足利義政 楠木正成 世阿弥 観阿弥 宗祇 山田長政 菱川師宣 シャクシャイン ペリー 岩倉具視 三井高利 大久保利通 明治天皇 ハリス 樋口一葉 新渡戸稲造 沖田総司 伊藤博文 大隈重信 野口英世 板垣退助 井伊直虎 宮崎安貞 葛飾北斎 歌川広重 津田梅子 クラーク博士 陸奥宗光 田中正造 小村寿太郎 北里柴三郎 平塚らいてう 内村鑑三 森鴎外 与謝野晶子 滝廉太郎 高峰譲吉 黒田清輝 幸徳秋水 石川啄木 尾崎行雄 西園寺公望 犬養毅 吉野作造 原敬 島崎藤村 宮沢賢治 小林多喜二 市川房枝 マッカーサー 湯川秀樹 吉田茂 田中角栄 ネタ 前田利常 ペドロインファンテ イケメン ヤン・インゲンホウス 佐藤栄作 マレーネ・ディートリヒ ハー・ゴビンド・コラナ アラン・ペイトン 周有光 ケティ・フラド セルゲイ・エイゼンシュテイン モーツァルト ヴァージニア・ウルフ パウラ・モーダーゾーン=ベッカー アインシュタイン ジョージ・ピーボディ 猿橋勝子 ハナー・グラス マヤ・アンジェロウ マリア・フェリックス エミール・ベルリナー エジソン ジョルジュ・ルメートル クルト・マズア ドナルド・ブラッドマン オスカー・シュレンマー 橋本左内 アンケート いだてん 歴史クイズ タイラス・ウォン 三島弥彦 関ヶ原の戦い ド・レペ 藤田嗣治 バルトロメ・エステバン・ムリーリョ クラリッセ ・リスペクトール テレサ・カレーニョ 田畑政治 高石勝男 薩長同盟 レフ・ランダウ 池田屋事件 君の名は。 瀬織津姫 イグナチオ・デ・ロヨラ お札 煕子 神社 神様 人気の偉人 忠臣蔵 吉良義周 赤穂事件 古代文字 豊臣秀次 土偶 埴輪 最上義光 長谷堂城の戦い 京極高次 戊辰戦争 細谷十太夫 外山脩造 河井継之助 長岡半太郎 会津藩家訓 庄内藩 酒井忠次 酒井玄蕃 大石内蔵助 仁科信盛 解体新書 夏目吉信 源頼政 織田長益 甲陽軍鑑 佐久間盛政 柴田勝家 会津藩 長州藩 宇喜多直家 木曾義仲 渋沢栄一 岡田以蔵 前田慶次 池田輝政 岡潔 松平定敬 松平容保 徳川茂徳 徳川慶勝 河野安通志 押川春浪 橋戸信 三島通庸 小栗忠順 吉田兼見 嘉納治五郎 古今亭志ん生 美濃部孝蔵 河上彦斎 五稜郭 松平乗謨 斎藤利三 明智秀満 相楽総三 キスカ島撤退作戦 木村昌福 樋口季一郎 足利義輝 豊臣秀長 織田信秀 佐々木只三郎 斎藤義龍 ブリュネ 榎本武揚 島津義久 島津歳久 小田氏治 島津家久 藤原不比等 林忠崇 斎藤龍興 稲葉一鉄 氏家卜全 氏家直元 佐竹義重 本多忠勝 歴史アンケート 石川数正 馬場信春 本多正信 徳川家茂 弥助 榊原康政 鳥居元忠 山本義路 山本帯刀 足利義教 関鉄之介 中川清秀 山本勘助 楢山佐渡 遠藤七郎 秋山真之 日露戦争 小山田信茂 深芳野 お船の方 石原莞爾 町野主水 愛姫 小田野直武 佐竹義敦 小林虎三郎 内ケ島氏 白川郷 ウィリアム・ラムゼイ卿 教師の日 水野勝成 ジョゼフ・プラトー 楠瀬喜多 ナイチンゲール 五郎八姫 伊達成実 ガロン 高松凌雲 義姫 イグナーツ 目次• 不思議な名前は「伊達政宗が男子用のものを無理やり付けた」ためといわれる 五郎八姫は、文禄3年(1594年)にと正室 愛姫との間に生まれた長女です。 彼女は愛姫がの人質となっていたために京都で誕生し、成長していきました。 なお、この「五郎八姫」という戦国時代でも珍しい名前について、正室との子ということで後継者の男子が生まれることを熱望していた政宗は、男子用の「五郎八」という名前しか用意していませんでした。 ところが、政宗の期待に反して女児が生まれてしまい、やむなくそのまま男性用の名前を付けてしまった、という言い伝えがあります。 松平忠輝との婚姻が、関ケ原の遠因に? 五郎八は、慶長4年(1599年)に弱冠5歳にしての六男・ 松平忠輝と婚約しました。 年齢を見てもわかるようにこれは明らかな政略結婚であり、政宗は家康への「お近づきのしるし」としてこの結婚を成立させます。 こうした伊達家の家康急接近の動きは関ケ原の大局に影響を与えたと考えられており、その意味では間接的に五郎八の存在が江戸幕府の成立に大きな意味を有していたことになります。 関ケ原では政宗の属した東軍が勝利し、婚約者の忠輝は天下人の息子という地位に落ち着きました。 そのため、慶長11年(1606年)に二人は正式な形で結婚。 忠輝はこの後慶長19年(1614年)には越後高田城主として75万石とも言われる領地を有した大大名となり、五郎八も夫に付き従って高田の地へと移りました。 政略結婚とはいえ2歳しか歳の変わらない忠輝とは良好な関係を築いていたと思われ、彼らの不仲を伝えるような記録は確認できません。 ところが、順調に勢力を拡大していた忠輝は、思わぬ落とし穴にハマることとなります。 大坂の陣で夫が改易され、高田の地を離れる 関ケ原以後鳴りを潜めていた豊臣家勢力が蜂起した大坂の陣に際して、 忠輝は徳川方の将として出陣しました。 しかし、彼はそもそも着陣に遅刻してしまい、さらに秀忠の家人を切ってしまったことなどにより、すでに第一線を退いていた家康の怒りを買います。 その結果、当時の将軍であった 秀忠は忠輝の改易処分を決定し、彼は伊勢国の朝熊に流されてしまいました。 ここで 五郎八姫は彼と離縁し、実家である伊達家へと舞い戻りました。 ちなみに、忠輝の罪は生涯許されることなく、飛騨高山や諏訪を転々と流されていきます。 そして、改易から実に67年後の天和3年(1683年)に流罪先の諏訪で生涯を終えました。 もともと忠輝は「鬼子」と呼ばれ、不吉な息子として家康に忌み嫌われていたという言い伝えがあります。 そのためにこれだけ苛烈な処分を受けたとも考えられますが、秀忠の権力集中の障害になり得たためという説や、外国やキリシタンに深い関係を有していたためという説などもあります。 再婚はせず、生涯を仙台城の西で過ごす 仙台に帰ってからの 五郎八は、ほとんど歴史の表舞台に姿を見せませんでした。 これは、忠輝改易後に再婚を果たさなかったためと考えられます。 ただし、当時もかなりの権力を有していた伊達政宗の娘ということもあり、再婚先が見つからなかったというのは不思議なものです。 個人的にはいくつかの可能性が考えられると踏んでおり、例えば忠輝と「おしどり夫婦」であったために他の夫を拒否した「夫婦愛説」や、伊達家とキリシタンの関係から五郎八が「隠れキリシタン」であり、再婚を拒否したという説もあり得るでしょう。 もっとも、その真相は史料上には残されておらず、分かっていることは彼女が仙台城の西側に住み続け「西館殿」と称されていたということのみです。 晩年の万治元年(1658年)には出家し、 天麟院という号を名乗りました。 寛文元年(1661年)に67歳で亡くなり、彼女の菩提寺として「天麟院」が築かれました。 この場所は現代でも松島の観光スポットとして現存しており、伊達家の権力を象徴する「瑞巌寺」や、縁結びに効果があるとして有名な「円通院」などと同じ通りに、ひっそりと居を構えています。 【参考文献】 『朝日日本歴史人物事典』 佐藤憲一『素顔の伊達政宗:「筆まめ」戦国大名の生き様』洋泉社、2012年。 (筆者・とーじん).

次の

【新台】大都技研「Sいろはに愛姫」の営業資料が公開!設定が右・中・左・6ってなんだこれ

いろは に 愛 姫 読み方

以降は、左リールの停止形により打ち分ける。 ==左リール中段にチェリーが停止した場合== 中段チェリー。 中・右リールともに適当打ちでOK。 ==左リール下段にチェリーが停止した場合== 角チェリー。 中・右リールともに適当打ちでOK。 ==左リール上段にスイカが停止した場合== スイカ or チャンス目。 右リール適当打ち後、中リールに青7を狙う。 何も揃わなければチャンス目。 ==左リール下段に赤7が停止した場合== 中・右リールともに適当打ちでOK。 右下がりベルテンパイ+右リール中段ベルでチャンス目。 押し順に正解すると、ARTゲーム数が上乗せされる。 その他の場合は適当打ちでOK。 毎ゲーム左リールに中段チェリーを狙うと・・・? AT中の打ち方 押し順ナビ発生時はそれに従う。 リール枠が白く発光したら、左 or 中リールにBARを狙う。 その他の演出発生時は、通常時の打ち方でレア小役をフォロー。 なお「青7を狙え」演出発生時は、押し順当てにチャレンジして偏りを見抜こう。 小役確率 通常時 — 優遇モード 優遇モードとは 通常時には、「通常」と「優遇」の2つのモードが存在。 優遇モード中に成立したBIGは必ず「優遇BIG」となり、ボーナスによる上乗せゲーム数が100G or 200Gになる。 優遇モード移行契機 優遇モードへは、通常時のスイカ成立時に移行抽選が行われる。 ただし、優遇モードへ移行したかどうかについては判別できない。 BIG当選時の優遇BIG昇格抽選 優遇モード中でなくとも、BIG当選時には優遇BIGへの昇格抽選が行われる。 昇格した場合は、愛姫ボーナス終了時の上乗せが多くなる。 またナオエ決戦ボーナスでは、開始時の初期上乗せで3桁ゲーム数が上乗せされている。 なおART中には、優遇モードの概念がない。 そのため、ART中にBIGを引いた際は「BIG成立時の優遇BIG昇格抽選」のみが行われる。 通常時のBIGは「愛姫ボーナス」、ART中のBIGは「ナオエ決戦ボーナス」となる。 232枚の払い出しで終了、純増枚数は約150枚。 「青7を狙え!」発生時に押し順を当てられれば、ARTゲーム数が上乗せされる。 BIG終了後は必ずARTに突入。 REG 「赤7・赤7・BAR」揃い。 通常時のREGは「いろはボーナス」、ART中のREGは「ツバキボーナス」となる。 8回の入賞で終了、純増枚数は約40枚。 ART「隻眼ノ嫁」 ART「隻眼ノ嫁」は、1セット30G以上、純増枚数は約0. 初当たり時のART初期ゲーム数は平均100G。 ART中は、「青7を狙え!」発生時に押し順を当てることができればゲーム数上乗せ。 【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット! 特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。 現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと 【250%超】! オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ! 【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説 当サイトの姉妹サイトで、 運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。 特に人気のコンテンツを以下にご紹介。

次の