便器の黒ずみ。 カビキラーでトイレの黒ずみはとれる?簡単な掃除方法を紹介

トイレ掃除の天敵!便器の黒ずみの落とし方とその予防!

便器の黒ずみ

洗剤で溶かし落とす まずはじめに試したいのが、黒ずみ汚れを洗剤で溶かし落とす方法。 トイレ用の強力洗剤を使えば、汚れだけを効果的に分解できます。 便器への負担も小さく、手軽にはじめられるのが大きなメリットです。 物理的に削り落とす 洗剤を使っても取り切れないような、染み付いてしまった黒ずみは「物理的に削り落とす」方法が有効です。 この方法は洗剤では落とせない黒ずみ汚れまで取り除ける反面、便器への負担がかなり大きいデメリットも。 削り落とす方法は便器表面の防汚コーティングも剥がしてしまう可能性があるので最終手段と考えましょう。 トイレの黒ずみ掃除|効果的な洗剤は?どんな使い方をする? まずは「洗剤を使って溶かし落とす」方法をご紹介します。 黒ずみのベースとなる水垢や黄ばみ(尿石)ごとキレイにすることで、真っ白に戻せる方法です。 こびりついた黒ずみも時間や回数を重ねるうちにだんだん柔らかくなってキレイに落とせますよ。 トイレの黒ずみに漂白剤を使う 強力洗剤を使うときの注意! 酸性洗剤と漂白剤が混ざると、体に害のあるガスが発生するので注意が必要です。 どちらの洗剤も使いたい場合は、日にちをわけて片方ずつ使うようにしましょう。 トイレの黒ずみ掃除|削り落とす方法は? 長年使っているトイレだと洗剤でも落とせない黒ずみができることも。 どうしても気になる場合は「物理的に削り落とす」方法を試してみましょう。 クレンザーでこする 『トイレマジックリン 強力クレンザー』(花王) 研磨剤の入った洗剤、「クレンザー」にもトイレ用の商品があります。 黒ずみや黄ばみを落とすのに活躍してくれますよ。 掃除用のブラシに塗ってこするだけ。 研磨剤が利いて黒ずみが少しずつ落ちていきます。 トイレの便器につく黒ずみを予防できるアイテム2選 キレイにしたあとは黒ずみができないよう予防につとめましょう。 こまめに掃除するのも有効ですが、時間をかけずにすませたいなら置型洗浄剤などのアイテムが便利ですよ。 『液体ブルーレットおくだけ除菌EX』 除菌効果をプラスして黒ずみ予防ができる『ブルーレット』です。 洗浄防汚成分が配合されているので、便器の表面をコーティングし、汚れの付着をしっかり抑えてくれますよ。 『トイレ洗浄 トイレスタンプクリーナー』 ジェルを直接便器につけるタイプの掃除アイテムで、水を流すたびに洗浄・防汚成分が溶け出して全体に行き渡り、フチ裏の黒ずみまで予防してくれます。

次の

便器に黒ずみ!原因と落とし方について

便器の黒ずみ

トイレの黒ずみの正体、黒ずみがつく原因 では、最初になぜトイレの便器は黒ずみが発生してしまうのでしょうか。 実はあのトイレの黒ずみの原因は、カビや雑菌、ホコリなどの集合体です。 色々ごった煮の、闇鍋ならぬ闇トイレ状態な訳ですね。 定期的に掃除をしていれば黒ずむことはないのですが、毎日トイレを掃除するのはかなり面倒です。 ついつい掃除をサボってしまって、気が付いたときにはとんでもないことになっていることがよくあります。 いつか掃除しようと思いつつ、「また今度でいっか」なんて思っているうちに、どんどん汚れは悪化してしまいます。 トイレの黒ずみを取る方法 では、トイレにできてしまった黒ずみはどうしたら良いのでしょうか。 さっそく黒ずみの取り方、掃除の仕方をご説明します。 こすって完了 その後、一度流してからブラシなどで黒ずみをこすって黒ずみを落としてください。 これで完了です。 一度流してからでないと、トイレットペーパーがボロボロになってしまい、ブラシの隙間に入ってしまうので注意してください。 クエン酸でも黒ずみは落とせる? 実は、ちょっとした黒ずみであれば、クエン酸を使って黒ずみを落とすこともできます。 クエン酸というのは、みかんやレモンなどの柑橘系のフルーツに含まれている酸のひとつです。 大きなデパートやホームセンターにいけば、パウダー状のものや液状のものが売っています。 パウダー状のものは、水に溶いてペースト状にすれば黒ずんでいる部分に塗って使うことができます。 少し放置すればもう落ちてる、なんてことも。 クエン酸の詳しい使い方については『』に書いておきました。 待って、リンク先だけあればこの記事いらないじゃんとか言わないで。 全体的に汚い場合 全体的に黒ずんでいる場合は、クエン酸に加えて重曹も使ってみましょう。 パウダー状の重曹を便器全体に振りまき、クエン酸をその上から撒いてブラシで擦っていきましょう。 たくさん泡が立つようになりますが、無害なものなので安心してください。 というか、むしろ、発生した炭酸ガスが良い役割をするらしいですよ。 この方法なら、有害がガスが発生することもないので、洗剤などの化学薬品は極力使いたいないという人にはおすすめです。 ちなみに重曹には消臭殺菌作用があるので、一石二鳥ですね。 あ、余計な薬品をまぜると余計なものが発生するかもなので気をつけてくださいね。 黒ずみがつかないようにするためには? ここまでは、黒ずみの落とし方をご紹介しました。 しかし、どうせなら黒ずまないように予防しておきたいものです。 そこで、簡単にできるトイレの黒ずみ予防もご紹介します。 やはり一番簡単なのは、洗浄剤を使うこと。 タンクの上に置くタイプや、便器に直接貼りつけるジェルタイプのものもあります。 わざわざ、洗浄剤を購入するのはちょっと、、、という方には、便器に落とすときに使う 洗剤を定期的に撒くことをオススメします。 洗浄剤よりは手間がかかってしまいますが、黒ずみの予防には十分な効果があります。 また、実は空気中のホコリや湿気の黒ずみの原因になることがあります。 なので、1日に一度は換気扇を回したり、ドアを開けたりするなどして換気を心がけましょう。 重曹をタンクに入れておくのも効果的 トイレタンクの中には、大量の水が常に入っています。 このトイレタンクにカビや雑菌が繁殖してしまうと、黒ずみの原因になることがあります。 そうならないために、トイレタンクの中に重曹を大さじ1杯入れておきましょう。 そうしておくことで、トイレタンクの中でのカビや雑菌を防ぐだけでなく、水を流すたびに、便器を重曹入りの水が綺麗にしてくれます。 トイレの使用頻度にもよりますが、2、3日に一度は重曹を入れるようにしてみましょう。 注意点 『金属製のたわしやヤスリを使う』という説明を聞くことがありますが、使わないようにしましょう。 硬いたわしで削ると、便器の表面に目では確認できない小さな傷を作ってしまうことになります。 その傷にカビや雑菌が入り込み、より頑固な黒ずみが誕生してしまうんなんてことにもなりかねません。 便器のコーティングを剥がしてしまうと、より汚れ易くなってしまいます。 自分では、なかなか落とせない黒ずみや汚れができてしまったら、思い切ってプロの方にお願いしてみるのも一つの手です。 手遅れにしか見えない酷い汚れを綺麗にしてしまうのがプロなのです。 プロによるトイレクリーニングは必要? みなさん、もうトイレの黒ずみを落とす方法は、分かりましたよね。 でも、 プロによるトイレのクリーニングがあるって、知ってました? お掃除のプロによるトイレクリーニングのメリットとは何でしょう。 それも交えながら、プロによる意見をご紹介します。 最後に「ユアマイスター」では、のプロに「」と聞いてみました。 たくさんのプロの方の意見の中から、一部を紹介させていただきます。 毎日お掃除してるならあまり必要ないかも知れません。 そんなプロの声を「」に集めました。 自分でお掃除するときも、ハウスクリーニングをお願いするときも、役に立つこと間違いなしです! まとめ ついついサボりがちなトイレ掃除。 ふと気がついたら黒ずみがすごいことになっていた、なんてことも。 しかし、1日に一度はトイレを使いますよね?朝から汚いトイレなんて見たくないものです。 洗剤や重曹、クエン酸などを使って手入れをすれば常にきれいな状態を維持できます。 気持ちよくトイレタイムを迎えるためにも、たとえめんどくさくても、定期的に掃除するようにしましょう。

次の

便器の黒ずみは5ステップでキレイに!

便器の黒ずみ

酸性のトイレ用洗剤を何度も染み込ませたことによって、黒ずみヨゴレはかなり分解して掃除しやすくなっています。 ここまで来たら、あとひと押しです。 今度は、研磨剤が入ったトイレクレンザーを使用してみましょう。 ここで注意してほしいのが、各トイレメーカーは研磨剤が入った洗剤を推奨していない、ということです。 トイレは陶器でできており、研磨剤入りの洗剤を使うことで微細なキズができてしまうからです。 目に見えないほどの細かいキズですが、何度も繰り返し使用することで便器にダメージを与えてしまいます。 ひどい場合には、便器が割れてしまうことも考えられます。 そのため各社ともトイレメーカーは研磨剤入りのトイレ掃除用クレンザーを推奨していないのです。 研磨剤入りのトイレ掃除用クレンザーとしては、「トイレマジックリン強力クレンザー」が有名です。 便器の説明書をよく読んでから使用するようにしてください。 以上の方法でも落ちなければ、今度は重曹とクエン酸を一度に使ってみましょう。 通常、アルカリ性の洗剤と酸性の洗剤は混ぜて使用することはオススメしません。 一緒になることでガスが出るため、場合によっては気分が悪くなるケースも考えられるからです。 そのため、重曹とクエン酸を一緒に使用する時には、念のために換気を良くしてから使ってください。 重曹とクエン酸で掃除をする前に、便器の水たまりの水は必ず抜いておきましょう。 水を抜いておかないと、黒ずみの輪の部分にせっかく重曹とクエン酸をふりかけても水に溶けてしまいます。 使用方法ですが、まず重曹の粉を気になる黒ずみ部分にふりかけます。 うまくペタッとくっつかないようでしたら、重曹の粉を水で少しだけ溶かして重曹ペーストを作ると良いでしょう。 重曹が黒ずみヨゴレの部分にくっつけることができたら、その上からクエン酸水をスプレーします。 すると、アルカリ性の重曹と、酸性のクエン酸が反応してシュワシュワと泡がたってきます。 この泡が黒ずみヨゴレを分解してくれるのです。 もしも重曹の量が多くて乾いてくるようでしたら、クエン酸水を多めにスプレーしてください。 ここまでしても黒ずみヨゴレが落ちない場合は、最後の手段です。 耐水性サンドペーパーや、陶器用の研磨パッドで、黒ずみヨゴレを削って落とします。 削って落とすので、必ずヨゴレは落ちますが、その分便器も削れてしまうので注意が必要です。 黒ずみが落ちたら削るのを止めておかないと、最悪の場合は便器が割れて使い物にならなくなってしまいます。 耐水性サンドペーパーは、100円ショップでも時々扱っています。 サンドペーパーには番号が書いてありますが、なるべく目の細かいものにしてください。 1500番以上が目が細かいのでオススメです。 トイレ掃除のプロが使用しているのが「陶器用研磨パッド」です。 これはホームセンターでもあまり見かけないので、近所で販売していない場合はインターネット通販などで購入すると良いでしょう。 こちらは耐水性サンドペーパーよりもやわらかく、水アカよりも硬い材質でできています。 陶器用研磨パッドでも陶器にキズがついてしまうことには変わりありませんが、ダメージの程度が低くなっているのです。 酸性のトイレ用洗剤や、研磨剤が入ったトイレ用洗剤でも落ちない黒ずみヨゴレには、アルカリ性の塩素系トイレ用洗剤を使用してみましょう。 アルカリ性の塩素系のトイレ用洗剤は、カビ菌やヨゴレの中のタンパク質を強力に分解してくれます。 商品としては、「花王 除菌洗浄トイレハイター」や「ドメスト」などがあります。 除菌の力も強く、ヨゴレが落ちるスピードも早いので、何をしても効果が無かったという場合に試してほしい洗剤です。 使用する時には、薄めずにそのまま黒ずみヨゴレが気になる部分にふりかけます。 そして、数分間放置して洗剤がヨゴレを分解するのを待ちます。 最後は水に流すだけなので、使い方もとても簡単です。 これらを使用する時の注意としては、酸性の洗剤と一緒に使わないようにしてください。 サンポールなどの酸性洗剤と一緒に使うと、有毒ガスが発生してしまうからです。 吸い込むと体調が悪化することもありますので、酸性の洗剤が残っていないか十分に気をつけてください。 トイレにサボったリングがあったり、まばらに黒ずみヨゴレがあったりすると、お客様が来た時にみっともないですよね。 トイレを少しでも落ち着いた場所にするためにも、日頃のお掃除が大切です。 トイレは家族で使うものなので、できればトイレ掃除は家族で役割分担して行いたいものです。 以前はトイレ掃除というと、汚物や排泄物が顔にかかるりそうで心配でした。 しかし最近は、手を汚さなくても短時間でできるお掃除グッズが販売されるようになっています。 ドラッグストアなどでもトイレ掃除グッズは広く扱われるようになったので、家族でも参加できるトイレグッズをチェックしてみると良いですよ。 どうしてもトイレの黒ずみヨゴレが自分では落とせなかったという場合は、トイレ掃除のプロに頼むのも一つの方法です。 料金的には5,000円前後が多いようです。 業者に頼む時には、出張代込みの値段なのかどうかといったことや、黒ずみヨゴレだけでなく黄色い尿石のヨゴレも完全に落としてくれるのか、便器以外のトイレの天井や壁、床も掃除するのかといったことも聞いてみましょう。 何となくキレイになったけれども、肝心のサボったリングは薄くなっただけ、というのでは何のためにプロに頼んだのかわかりませんよね。 そして、1社だけで決めるのではなく数社から見積もりをとりましょう。 水まわりの掃除や工事は、業者によっては非常に高額な請求をしてくるところがあります。 最低でも3社から見積もりをとって、それから業者に頼むかどうか決めましょう。

次の