ロコンド 社長 twitter。 ロコンドの赤字・ロゼッタ・社長が話題

ロコンドCMで宮迫の隣の金髪ヒカルはだれ? ギャラはいくら?CM曲はくず風?いつ放送開始?

ロコンド 社長 twitter

アメリカや世界に「インパクト」を与えようという強い志に感銘を受けた 簡単に現在行われている事業について説明していただけますか? ロコンドは一言で言えば「買ってから選ぶ。 」ファッション通販サイトです。 今までのファション通販サイトだと、試着ができないため、なかなか買いにくいという方が多かったと思います。 そんなお客様の不安を払拭するため、ロコンドは「送料無料、99日間返品無料(返送料も無料)」というサービスを日本で初めて開始しました。 また、それ以外にもロコンドの「おもてなし」サービスとして、何でも相談できるコンシェルジュや無料の翌日お届け便などを提供しており、全てのお客様に「安心して楽しくお買い物ができる」ことを心掛けています。 現在は靴を中心にやっていますが、鞄も徐々に増えていて、売上の15%を占める程になりました。 アパレルに関しても試験的に今年の9月から始めましたが、来年には更に拡大する予定です。 起業するまでの経緯を説明していただけますか? 大学を卒業してから、選択したのがマッキンゼーという経営コンサルティング会社です。 マッキンゼーに入社したのが2003年ですが、そこから4年ほど、小売や消費財を中心に経営コンサルタントをやりました。 その後、2007年にマネージャーという職位になり、その翌月にMBA取得のためUCバークレーに行きました。 シリコンバレーに近い場所だったのですが、アメリカに行く前は、あまり起業は意識していませんでした。 しかし、知り合う起業家達がすごく熱いものを持っていて、お金を稼ぐだけではなくて、本当にアメリカや世界に「インパクト」を与えようという強い志をもっていました。 それに感銘を受け、僕の考え方も徐々に変わっていったんです。 そんな経験を経て、僕自身、一度、アメリカで起業をしました。 ソーシャル・アプリを作って、数十万人の会員を集めたのですが、その中で起業の難しさと、一方で楽しさというものを経験でき、モノを世に出していくという楽しさを味わいました。 ただやはり、一番の難しさは「資金繰り」にあると感じました。 お金の問題もあって、卒業後は一旦、マッキンゼーに帰るつもりでしたが、当時はリーマンショックの影響もあり、あまりマッキンゼーにも仕事があるような状況ではありませんでした。 そのため、MBA1年生の時からインターンシップをしていた「DeNA Global」というDeNAのアメリカ支社に頼み込んで、マッキンゼーに所属しながら、半年間限定の「レンタル移籍」の正社員という形で雇っていただきました。 その後、マッキンゼーのコンサルタントとして復帰してから1年後、改めて起業の道に進みたいと思っている時に出会ったのが「ロケット・インターネット」というドイツのベンチャーキャピタルです。 一緒にやらないかという話があって、当時の創業メンバーと一緒にロコンドを始めたという感じです。 ロコンドの強みと、今後の改善点を聞かせていただけますか? 強みでいくと、まず1つ目が最高の「おもてなし」サービスでしょう。 ロコンドのおもてなしを通じて、全てのお客様に「ほっこり」して欲しい。 この真の「お客様志向」が会社全体に根付いており、マニュアルやルールに頼ることなく、全社員がお客様の目線で考え、実行していることがロコンドの強みだと思います。 二つ目は、これをやろうという時の「スピード感」は、他社と比べても圧倒的に早いと思います。 「最高のおもてなしを通じてお客様に『ほっこり』して頂く」。 この価値観が基盤にあるからこそ、判断に迷うことなくスピーディーに物事を決めて実行できるわけです。 三つ目は、お客様だけでなく、ブランド様やメーカー様、卸問屋様とも「誠意のあるコミュニケーション」を心掛けてきたからこそ、特に、靴の品揃えは「日本最大級」と言える程、かなり充実して来ました。 ロコンドの倉庫には現在、約15万個の靴とバッグが入庫されていますので、10代から60代まで幅広いお客様の需要に応えられる品揃えになっていると自負しています。 一方で、今後の改善点で言えば、まだまだ知名度を上げていかなければなりません。 当初はテレビCMなども実施しましたが、基本的には僕たちのビジネスモデルは「広告費用を最小に抑え、その浮いた費用を「買ってから選ぶ。 」送料無料・99日間返品無料サービスや、何でも相談できるコンシェルジュなどの『サービス』に充て、口コミでファンを増やしていく」形なので、他社と比較すると知名度はまだまだです。 ですが、無理に焦ることなく、僕たちは僕たちのやり方で地道にお客様のファンを作っていければと思います。

次の

【緊急動画】ヒカル宮迫CMについてお話したい事があります。

ロコンド 社長 twitter

j-cast. html 生年月日:1980年12月5日 年齢:39歳 出身:大阪府吹田市 中学:桐朋中学校 高校:桐朋高等学校 大学:一橋大学 経済学部 職歴 マッキンゼー・アンド・カンパニー 田中裕輔さんは、大阪府出身の今年40歳となるロコンドの代表取締役社長です。 出身は大阪府ですが、 中学は東京都国立市にある中高一貫校の私立男子校・桐朋中学校に通っているため、東京で育ったようですね。 桐朋中学校は偏差値61、桐朋高校は偏差値71とかなりのトップレベルの進学校だったようです。 そして、 国立の一橋大学経済学部に入学し、偏差値67. 5〜72. 5の中で経済を学んでいます。 田中社長の地元は、中学から大学まで過ごした 東京都国立市のようです。 それにしても、中学から大学まで徒歩5分圏内の近さで終わらせるとは驚きですね(笑) 大学卒業後は マッキンゼー・アンド・カンパニーというアメリカが本社の大手コンサルタント会社に就職します。 一橋大学で3年時に受けていた商学部の授業で、マッキンゼーの役員であった若松茂美氏の授業を受講したことをきっかけで入社を決めたそうです。 ちなみにマッキンゼーは入社が難しい難関企業と言われており、 平均年収は800万もあります。 かなりの激務で、離職率も高いようです。 しかし 向上心を持って働けば、若くして年収5000万〜1億も狙えるエリートに。 マッキンゼー出身の有名人や社長は多く、勝間和代さんやmixiの元社長、日本交通の社長、ブックオフの社長、慶應大学、早稲田大学の教授や一橋大学の名誉教授、元住友銀行の専務やJリーグの常任理事、衆議院議員など枚挙にいとまがありません。 マッキンゼーに入ってから企業する方も多くいるようですね。 今回の田中社長もその1人です。 マッキンゼー入社後も順調にキャリアを重ね、26歳という若さで最年少でマネージャーに昇進し、29歳の時にはカリフォルニア大学経営大学院に留学しMBAを取得。 この留学をきっかけに企業することを目指したようですね。 田中社長は著書も出しており、「なぜマッキンゼーの人は年俸1億でも辞めるのか」などすでに3冊出版しているようです。 多忙でも仕事も楽しそうに対応していく田中社長は、 結婚よりも仕事なのかもしれませんね! 性格も、社長で偉そうな印象は全くなく、 面白いことをやっていこうという前向きで明るい印象を受けます。 最高の二人と最高の仕事ができて幸せです。 そもそも、田中社長とヒカルさんは、 KuToo(クートゥー)運動というの動画の企画で男性物のパンプスを用意する際に、接点を持ったそうです。 そのKuToo企画はなくなったそうですが、その後ヒカルさんがアパレルブランド「ReZARD(リザード)」を立ち上げた際にヒカルさんの担当者が田中社長に連絡を取り、 田中社長は 靴を作るのかな?と思いつつ 「なにかしてみましょう」と軽い気持ちで企画の出演を決めました。 そして、ヒカルさんの1回目の交渉で、 靴の作成のお願いと、 完売したらCM出演という提案を受けることとなります。 社長自身もかなり悩んだようですが、 ヒカルさんの交渉術と影響力を物語る靴の完売に、 面白い企画になりそうだとCM出演を承諾したようです。 1回目に出した白スニーカー・サンダルは、 3日で2億円という売上を叩き出し、ロコンドの株価も上昇させるほどでした。 000042991. html ロコンドって大企業なのでは?と調べてみたところ、 従業員は100名ほどで2010年に設立した新しい会社でした。 locondo. nikkei. それもヒカルさんの大きすぎる影響力と柔軟に対応できるロコンドの田中社長が最高のタッグを組んだから実現できたことだと思います。 このCMをきっかけにして、ますますネット業界が注目を集めるようになりそうですね! テレビ業界の衰退は現実となっていくのでしょうか? これからも様々な人が作る面白いコンテンツが増え、楽しい時間を提供してくれることを楽しみにしていきたいと思います。 最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の

【緊急動画】ヒカル宮迫CMについてお話したい事があります。

ロコンド 社長 twitter

自宅で試着しながら商品を選ぶことができるという、他にないビジネスとして多くの世代に人気なんですよね。 そんな ロコンドで、代表取締役として会社の社長を務めているのが、田中裕輔さんです。 最近では、ロコンドのCMにデヴィ夫人や宮迫さん、YouTuberのヒカルさんを起用するなどで、かなり話題になっていますね。 ダウンタウンなう。 ぐっさん回、宮迫さんは過去Vからバッサリ切られるって。 壁は高い。。。 それでもヒカル君が繋いでくれた大事な縁だし宮迫さんはホントいい人だし、絶対に乗り越えてやる。 そんな田中裕輔さんのTwitterには、こんな投稿が。 改めて。 赤字覚悟の投資終了=挑戦の終了じゃない。 いまウチには沢山の資産がある。 在庫一元化の倉庫がある。 オムニ戦略システムがある。 CMで培った認知度がある。 何よりも強いチームがある。 今年は収益性を高めながら、これら資産を最大限レバレッジして挑戦し続ける年。 ここに書いてある、 田中裕輔社長の資産や年収が気になります。 引用元: こちらの有価証券報告書には、役員3人で6210万円の報酬があるとのことなので、単純計算で、報酬額を3で割ると、一人当たりの年収が2070万円だということになります。 田中裕輔社長も、同じくらいの年収だと想定されるので、 田中裕輔社長の年収は2070万円だと予想できます。 続いて資産についてですが、プレジデントオンラインでのインタビューで田中裕輔社長は、このように話しています。 18年度の着地が150億円。 従業員は正社員が100人。 アルバイトを含めると約400人です。 引用元: 150億?!これには、驚きです。 かなり 売り上げが好調ということですね。 田中裕輔社長の資産は、そんな売り上げが好調な会社や持ち家、株などもあることが予想できます。 これからの、田中裕輔社長社長のさらなるビジネスにも、期待が高まります。

次の