サン パワー ヒトカゲ。 ヒトカゲ|ポケモン図鑑ウルトラサンムーン|ポケモン徹底攻略

ヒトカゲ|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

サン パワー ヒトカゲ

前回日記: 次にやる事はもちろん、強いヒトカゲの産卵だ。 もはや産みすぎて産乱になっている。 とりあえずケーシィで性格厳選も出来るようになったし、複数匹4Vメタモンも手に入れた。 タマゴ孵化に必要な「まるいおまもり」、「あかいいと」、「かわらずのいし」の入手も済んだし、努力値振りのためのパワー系アイテムはすべて揃えていないが、ポケモンリゾートのぽかぽかリゾートを使えば2日で努力値もMAXになる。 育成環境はほぼ整ったので、これからはお気に入りのポケモンでパーティーを結成して殿堂入り後のストーリーを進めたい。 そしてバトルツリーの攻略も・・・。 夢特性「サンパワー」ヒトカゲの6Vを狙う 早速前回移送したリザードンと4Vメタモンを預け屋さんに預けて6Vヒトカゲのタマゴ孵化に挑む。 2017年、年が明けてから足しげく通っているオハナ牧場の預かり屋さん。 もはや常連客、いやVIPと言ってもいい。 軽く500個以上はタマゴ受け取ってるんだから。 タマゴ孵化で6Vを狙うというのは、いくらサンムーンで高個体値のメタモンが簡単に捕まえられるようになったと言っても、非常に骨の折れる作業だ。 本来なら「きんのおうかん」、「ぎんのおうかん」を使えばいいのだろうけど、そんな何個も手に入らないし、伝説ポケモンなどの1度しか入手できないポケモンに使うものだと僕は思っているので、ついついケンタロスで走りまくるという力技に出てしまう。 しかし後悔はしていない。 通勤時間の全てを費やし、ひたすら眠気と戦いながらケンタロスで走りまくること1週間・・・。 それまでに恐らく200個以上孵化したわけだけど、ようやく奇跡の1匹を引き当てた。 てかね・・・、別に性格「ひかえめ」なら攻撃以外の個体値MAXで5Vでええやないかと、この1週間電車の中で自問自答を繰り返したよ。 だってどうせ覚えさせる技は特殊技のみにするつもりなのに、攻撃をMAXにしたって意味ないじゃない。 ニャビーの6V作るのに、ひたすらBボタンを押しながらスライドパッドをグリグリする作業に嫌気がさしたんじゃないのか? ニャビー6V作った時のプレイ日記: いや!しかし!! 1番好きなポケモンであるリザードンくらいは、6Vにしたい! 物理技を覚えさせる気など一切ないけど、せっかくなら攻撃もMAXにしたい! 攻撃MAXにしたところで無駄以外のなにものでもないけど、それでいい! 時間をドブに捨ててるって?そんなこと自分が一番わかってる!! なぜ、ここまで意地になってケンタロスで走ったのか? その答えが6V夢特性ひかえめヒトカゲを手に入れてようやくわかった。 それは・・・ ロマンですよ ロマンのために走ったんです 夢特性の遺伝の法則 今回、ヒトカゲのタマゴ孵化で6Vを狙った時に気づいたのだが、夢特性を引き継げない組み合わせがあった。 以下の表の通りだ。 その時、いくつ孵化させても特性が夢特性の「サンパワー」にならず通常特性の「もうか」ばかり産まれてきた。 50匹くらい無駄に産んでしまった。 大事なことだからもう一度言う。 夢特性を遺伝させたいなら メスが夢特性持ち、もしくは メタモンと夢特性持ちを預けないとダメだ! 結局、無駄に孵化しまくった「もうか」ヒトカゲを全て逃がすことに。 生後まもないヒトカゲを野に放つのは正直心が痛んだ。 この厳選という行為は、生き物の命を軽んじていると思う。 しかし強いポケモンが欲しいんだから仕方ない。 僕は心を鬼にして「にげる」のコマンドを選び、Aボタンを押した。 きっと現実世界でこんなことしてたら、まず動物愛護団体に訴えられるだろう。 パーティーメンバーの選出に迷いまくりんぐ とりあえず、努力値を上げ切ったニャヒートとヒトカゲの2匹が出来上がった。 この時点で自分で自分に猛烈にツッコミたいんだが、ほのおタイプが2匹。 どちらかを外そうか非常に悩むところだが、好きなポケモンなので外さない。 バトルツリーはダメでも、ウルトラビーストのミッションならクリア出来るだろう。 好きなポケモンでストーリーを進めたいので、2匹とも採用でこのまま突き進む。 残り4匹をどうするか? バトルポイントを貯める時に散々ボコられたバトルロイヤルでもリベンジしたいし、なにより先のことを考えてバトルツリーを攻略できるようなパーティーを組みたい。 今回のサンムーンは雑魚トレーナーすら雑魚じゃなくなってて強いから、ちゃんと戦略を考えたパーティーを組まないとこの先難しそう。 てか、 ポケモンリーグ防衛戦 まだやってないやん! (To Be Continued… ) 次回日記: ポケモンサン殿堂入り後プレイ日記01~09までの総集編、攻略情報: LINEスタンプ(全2種) Androidアプリ Androidアプリ• 全てのカテゴリー• 385• 147• 156• 115• 人気記事ランキング• 2016年2月15日 に投稿された• 2016年4月6日 に投稿された• 2016年1月8日 に投稿された• 2015年11月23日 に投稿された• 2017年4月16日 に投稿された• 2016年2月24日 に投稿された• 2015年11月30日 に投稿された• 2017年5月21日 に投稿された• 2016年4月12日 に投稿された• 2016年4月1日 に投稿された• 2017年6月21日 に投稿された• 2017年5月20日 に投稿された• 2016年3月19日 に投稿された• 2015年9月12日 に投稿された• 2015年9月7日 に投稿された•

次の

【ポケモン剣盾】リザードン育成論・夢特性・対策

サン パワー ヒトカゲ

ヒトカゲ とかげポケモン ぜんこくNo. 004 高さ 0. 6m 重さ• 5kg• けたぐり威力20 タイプ• 英語名• Charmander タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 16で『ヒトカゲ』から進化• 36で『リザード』から進化 共通の入手方法• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• なし 主な入手方法 USUM• メレメレ島スキャン 日曜 で3番道路に出現 生息地 SM• なし 主な入手方法 SM• 5倍になる。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『フェアリー』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 連続で使うと失敗しやすくなる。 最大102。 最大102。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 相手の『みがわり』状態を貫通する。 投げつけた道具はなくなる。 『ほのお』タイプには無効。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 相手が『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 また、威力が150になる。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 [Lv. 22 赤緑青ピ ,Lv. 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 [Lv. 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技がZワザの場合は失敗する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 第7世代でのタマゴ技と過去作だけで覚える技の両立はできないことを考慮して記載しています。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 自分が場を離れると効果は消える。

次の

ポケモンの一覧 (1

サン パワー ヒトカゲ

5倍になる。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『ほのお』タイプには無効。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 ダイマックス技や第7世代のZワザもタイプが変わる。 投げつけた道具はなくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 相手が『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 ダイマックスしている相手には追加効果は無効。 また、威力が150になる。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 [Lv. 16 USUM〜DPt ,Lv. 『フェアリー』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 [Lv. 22 赤緑青ピ ,Lv. 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 [Lv. [Lv. 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技が第7世代のZワザの場合は失敗する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。 最大102。 最大102。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 自分が場を離れると効果は消える。 第8世代からは、音系の技。

次の