アストロン ドラクエ。 【ドラクエ11鉄鬼軍王キラゴルド攻略!】ゴールドアストロンの対処法とは?【金塊攻撃】

【ドラクエ11鉄鬼軍王キラゴルド攻略!】ゴールドアストロンの対処法とは?【金塊攻撃】

アストロン ドラクエ

アストロンとは• に登場する。 アストロン() - にあるの。 アストロン() - にあるの。 アストロン - にある。 本項では1. について解説する。 概要 味方を化させる全防御。 のかたまりになっている間はいかなる攻撃をも受け付けないが、代わりに自分たちも行動が出来ない。 設定の上ではよりも強なはオリコンやら鋼やら、のものも含めればやら多々登場するが、とにかくであり、のくせに絶対的な防御を誇る。 初登場は。 それ以降のほとんどので登場しているで、概ねのみが覚える特殊なの一種とされている。 (5においては側には覚えるはいないが、が使用してくる) 絶対防御と言うと聞こえは良いが、初期の頃はからのはあまり高いとは言えないであった。 ある程度を上げれば即死してしまうような威の攻撃は少なく、例えを半分以上持って行かれる大を受けても、のうち2人程度でやを連発していれば回復が追いついてしまう事が多かった。 そうなるとが行動になり攻め手が切れてしまうアストロンよりも、2人は攻勢を維持出来る回復連打の方がかに便利であり、の・スペクテット等がちまちま使ってきてウザかった程度であまり見かけないであった。 効果時間が2前後で不確定だったのも使いづらさを助長する一員だった。 一応、開幕アストロンで相手のを枯渇させる的で使うという手もあるにはあるが、最大が低いにしか有効でなく、相手に毎回やるのは面倒だし消費も重すぎる。 ただし、版のは強制であり、各毎に学習度が設定されている為、アストロンを使ってを消費し学習度を上げてからをめて開始する、という使い方もできる。 特に学習度が低い状態だと耐性などガン視してを連発するがいるため、こいつをうまく働かせたいならアストロンのを視野に入れたい。 特に戦。 しかしで効果が少し変更され、持続時間が1固定(使った次のの終了時に必ず解ける)になり戦略的に組み込みやすくなる。 またが様々に拡されたことで低や等が盛んになり、どうしても即死してしまうの攻撃をぐためのとして脚を浴びてきた。 また、のアストロンは、が発動した時点で眠りなどのにかかっていたがいた場合、アストロン解除時にそのも一緒に解けるため、ザメハ等の代わりに使う事も出来た。 一人ではどうしても戦が減ってしまうため使いにくい、今作には一部ため攻撃のようなことをしてくる敵がいるので、味方全体であってくれれば使いどころもあったが・・・ 寧ろを引くのは特殊な使用法で、敵であるが「アストロン」という側に対してアストロンをかけるという特技を使用し、味方戦を一時的に使用にしてくる。 一方、味方側は連携技「忠義の塊」でアストロンで化した味方を投げつけるという荒業をやっている。 の生である「」にも同様の効果をが存在する。 このではアストロンに限らず、がを一切使えないであるため、効果は巻物や種などの消耗品を使って発動させる。 アストロンは「化の種」と言うで使う。 を題材にした作品でも以下のように登場している。 「」 序盤にが自分以外の味方を対にするという特殊な使い方をしている。 巻き添えで傷つけてしまわないようにと言う配慮の他、駄にをさせて巻き込まないために動きを封じる的もあった。 なおアストロンを使うはを倒したであるが、その後はどちらかと言うとのような位置づけである。 本筋で明確にとされていたはアストロンを使う事はかった。 「」 終盤に、異の高密度言「せい」をぐためにが使用。 この作品では「」とされるの血を継ぐ者は3人おり、それぞれがのを習得しているが、各々で習熟度に違いがあるようで、がアストロンを使った際にはが「君はアストロンが使えるんだな」と感心していた。 しかし、当のはの血に浅くない因縁を持つため、「こんな使いたくはかったが」と言っている。 「」(版) 戦の「」の攻撃を防ぐためにボッツが使用。 その時発生した上昇気流を利用して中に浮かぶに単身乗り込むという荒業を見せている。 関連項目•

次の

アストロンとは (アストロンとは) [単語記事]

アストロン ドラクエ

アストロンとは• に登場する。 アストロン() - にあるの。 アストロン() - にあるの。 アストロン - にある。 本項では1. について解説する。 概要 味方を化させる全防御。 のかたまりになっている間はいかなる攻撃をも受け付けないが、代わりに自分たちも行動が出来ない。 設定の上ではよりも強なはオリコンやら鋼やら、のものも含めればやら多々登場するが、とにかくであり、のくせに絶対的な防御を誇る。 初登場は。 それ以降のほとんどので登場しているで、概ねのみが覚える特殊なの一種とされている。 (5においては側には覚えるはいないが、が使用してくる) 絶対防御と言うと聞こえは良いが、初期の頃はからのはあまり高いとは言えないであった。 ある程度を上げれば即死してしまうような威の攻撃は少なく、例えを半分以上持って行かれる大を受けても、のうち2人程度でやを連発していれば回復が追いついてしまう事が多かった。 そうなるとが行動になり攻め手が切れてしまうアストロンよりも、2人は攻勢を維持出来る回復連打の方がかに便利であり、の・スペクテット等がちまちま使ってきてウザかった程度であまり見かけないであった。 効果時間が2前後で不確定だったのも使いづらさを助長する一員だった。 一応、開幕アストロンで相手のを枯渇させる的で使うという手もあるにはあるが、最大が低いにしか有効でなく、相手に毎回やるのは面倒だし消費も重すぎる。 ただし、版のは強制であり、各毎に学習度が設定されている為、アストロンを使ってを消費し学習度を上げてからをめて開始する、という使い方もできる。 特に学習度が低い状態だと耐性などガン視してを連発するがいるため、こいつをうまく働かせたいならアストロンのを視野に入れたい。 特に戦。 しかしで効果が少し変更され、持続時間が1固定(使った次のの終了時に必ず解ける)になり戦略的に組み込みやすくなる。 またが様々に拡されたことで低や等が盛んになり、どうしても即死してしまうの攻撃をぐためのとして脚を浴びてきた。 また、のアストロンは、が発動した時点で眠りなどのにかかっていたがいた場合、アストロン解除時にそのも一緒に解けるため、ザメハ等の代わりに使う事も出来た。 一人ではどうしても戦が減ってしまうため使いにくい、今作には一部ため攻撃のようなことをしてくる敵がいるので、味方全体であってくれれば使いどころもあったが・・・ 寧ろを引くのは特殊な使用法で、敵であるが「アストロン」という側に対してアストロンをかけるという特技を使用し、味方戦を一時的に使用にしてくる。 一方、味方側は連携技「忠義の塊」でアストロンで化した味方を投げつけるという荒業をやっている。 の生である「」にも同様の効果をが存在する。 このではアストロンに限らず、がを一切使えないであるため、効果は巻物や種などの消耗品を使って発動させる。 アストロンは「化の種」と言うで使う。 を題材にした作品でも以下のように登場している。 「」 序盤にが自分以外の味方を対にするという特殊な使い方をしている。 巻き添えで傷つけてしまわないようにと言う配慮の他、駄にをさせて巻き込まないために動きを封じる的もあった。 なおアストロンを使うはを倒したであるが、その後はどちらかと言うとのような位置づけである。 本筋で明確にとされていたはアストロンを使う事はかった。 「」 終盤に、異の高密度言「せい」をぐためにが使用。 この作品では「」とされるの血を継ぐ者は3人おり、それぞれがのを習得しているが、各々で習熟度に違いがあるようで、がアストロンを使った際にはが「君はアストロンが使えるんだな」と感心していた。 しかし、当のはの血に浅くない因縁を持つため、「こんな使いたくはかったが」と言っている。 「」(版) 戦の「」の攻撃を防ぐためにボッツが使用。 その時発生した上昇気流を利用して中に浮かぶに単身乗り込むという荒業を見せている。 関連項目•

次の

【ドラクエ11(DQ11)】アストロンの効果と覚える仲間|ゲームエイト

アストロン ドラクエ

鉄鬼軍王キラゴルド攻略! こんにちは!こうどんです! 今回はドラクエ11のボス戦についてになります! 黄金城にて 「鉄鬼軍王キラゴルド」との戦いになります。 この戦いに勝利すれば、イエローオーブを取り戻すことが出来ます。 ゴールドアストロンという、金塊に変化させる攻撃をしてくる面倒な相手になります。 ちなみにボス戦の前に回復イベントはありませんので、黄金城の玉座の手前まで来たら、アイテム等でHPやMPを回復させておきましょう! スポンサーリンク キラゴルドの倒し方! HPは3500程度です。 そこまで多くは無い、という印象でしたね。 ・通常攻撃 ・くるいさき(ランダムに4回攻撃) ・ゴールドフィンガー(単体に大ダメージ) ・ピオリム ・バイキルト ・深く集中 ・仲間を呼ぶ ・ゴールドアストロン(金塊に変化させ1ターン行動不可) 1ターンに2回行動します。 まずゴールドフィンガーのダメージがかなり大きいです。 150程度のダメージは覚悟が必要です。 まさにジャパーンな一撃になります。 (99) しかもこれにバイキルトを自ら自分にかけて攻撃するという、なんとも反則級な戦法を使ってくる相手です。 HPは常に高めを維持しておきましょう。 (バイキルトは数ターン耐えれば効果が無くなります) 「仲間を呼ぶ」で黄金兵や黄金兵長を呼ぶこともあります。 黄金兵らの攻撃は大したダメージで無かったので、私は無視して倒さずに戦っていました。 邪魔だと思う人は倒したらいいと思いますが、別に黄金兵は無視でも特に気になりませんでしたね。 HPもジャコラみたく5000とかあるわけでもありませんので。 (笑) 体も黄金で守備力が高そうですが、ダメージは普通に通ります。 (笑) ゴールドアストロンされてしまったら! キラゴルドの一番面倒な攻撃は、こちらを金塊に変えてしまう 「ゴールドアストロン」だと思います。 私も戦闘の中で2回くらいパーティーを金塊に変えられてしまいました。 このゴールドアストロンの対処法は、 「解けるまで待つ!」になります。 (笑) 金塊になっている間は本当に何も出来ません。 入れ替えも出来ませんし、こちらの呪文もかけることが出来ませんし、何なら相手の攻撃も効きませんからね。 1ターン待てば、その次のターンに解除されますので、さらにその次のターンから行動することが出来ます。 とにかく待ちましょう! 調べたところ、3DS版とPS4版でゴールドアストロンの対象の人数が違うようですね。 私は3DS版なので単体が対象でしたが、PS4版だと2人が対象になるようです。 行動が出来なくてかなり不便な戦いになりますが、相手の攻撃も効かないのは不幸中の幸いだと思います。 回復役が金塊にされてしまうと回復できなくなってしまいますので、回復役は2人は確保しておきましょう。 全員が攻撃も回復も使えるので、金塊にされてしまった時も残りのメンバーで耐えやすいパーティーです) スポンサーリンク おわり! ・バイキルト中の攻撃は注意が必要! ・ゴールドアストロンされてしまったら、解除までとにかく待つしかない! ・仲間の黄金兵は無視しちゃってもOK! キラゴルドの攻略については以上になります! バイキルトでの大ダメージに、ゴールドアストロンで金塊攻撃と、かなり激しい戦いでした。 (笑) 特にバイキルト後のゴールドフィンガー(99)がヤバかったです。 回復後だったので一撃KOはギリギリ免れましたが、ほとんどHPを持っていかれました。 ゴールドアストロンに関しては、最初は何とかしようとしてみましたが、何にも出来ないししかも相手の攻撃も効かないということで、「気にしないのがベストだな」という結論に至りました。 (笑) 本当にどうしようもありませんので、金塊になったらなったで仕方ないと割り切りましょう。 ターンが経てば解除されますので、待つしかありません。 特にキラゴルドがバイキルト使用中は、HPの残量を高めにして戦いましょう! HPはそこまで高くないので、攻撃出来る時にガンガン攻撃して倒してしまいましょう!.

次の