国土 交通 省 河川 氾濫 情報。 国土交通省設置の河川情報サイトから水位、映像、降水量を知る

ハザードマップポータルサイト

国土 交通 省 河川 氾濫 情報

近年、集中豪雨等による水害が頻発しており、短時間で河川が増水したり、堤防が決壊して甚大な被害が発生する事例も増えてきています。 洪水時の被害を最小限にするためには、平時より水害リスクを認識したうえで、氾濫時の危険箇所や避難場所についての正確な情報を知っていただくことが何より重要です。 国土交通省及び都道府県では、に指定した河川について、洪水時の円滑かつ迅速な避難を確保し、又は浸水を防止することにより、水害による被害の軽減を図るため、想定し得る最大規模の降雨により当該河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域を洪水浸水想定区域として指定し、指定の区域及び浸水した場合に想定される水深、浸水継続時間を洪水浸水想定区域図として公表しています。 また、これと合わせ、当該河川の洪水防御に関する計画の基本となる降雨により当該河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域及び浸水した場合に想定される水深についても公表することとしています。 さらに、平成27年9月関東・東北豪雨においては、堤防決壊に伴う氾濫流により家屋が倒壊・流出したことや多数の孤立者が発生したことを踏まえ、住民等に対し、家屋の倒壊・流失をもたらすような堤防決壊に伴う激しい氾濫流や河岸侵食が発生することが想定される区域(家屋倒壊等氾濫想定区域)を公表することとしています。 一方、市町村では、浸水想定区域をその区域に含む市町村の長は、洪水浸水想定区域図に洪水予報等の伝達方法、避難場所その他洪水時の円滑かつ迅速な避難の確保を図るために必要な事項等を記載したを作成し、印刷物の配布やインターネット等により、住民の方々に周知しています。 また、浸水想定区域内にあり、洪水時の円滑かつ迅速な避難の確保又は洪水時の浸水の防止を図る必要がある施設として市町村地域防災計画に名称及び所在地を記載された地下街等、要配慮者利用施設(社会福祉施設、学校、医療施設その他の主として防災上の配慮を要する者が利用する施設)、大規模工場等については、避難確保・浸水防止計画等の作成、訓練の実施、自衛水防組織の設置等を行うこととされており、市町村からは当該施設の所有者又は管理者及び自衛水防組織の構成員に洪水予報等が直接伝達されます。 ここでは、国土交通省及び都道府県が公表している洪水浸水想定区域図に関する情報と、市町村が作成した洪水ハザードマップ等に関する情報を掲載しております。 洪水氾濫等によりどのような浸水被害が想定されるのかについて事前に認識を深めていただき、出水時の水防活動や避難行動等に活用していただきたいと考えております。 詳しくは、市町村から配布またはホームページ等で公表されているや、お住まいの地域の国土交通省河川事務所等や都道府県のホームページ等で公表されている洪水浸水想定区域図にてご確認をお願いします。 PDF 125KB• PDF 107KB• PDF 119KB• (PDF:78KB)• PDF 4. 07MB• PDF 5. 19MB• PDF 6. 4MB• PDF 2. 6MB• PDF 5. 6MB• PDF 2. 3MB.

次の

ハザードマップポータルサイト

国土 交通 省 河川 氾濫 情報

近年、集中豪雨等による水害が頻発しており、短時間で河川が増水したり、堤防が決壊して甚大な被害が発生する事例も増えてきています。 洪水時の被害を最小限にするためには、平時より水害リスクを認識したうえで、氾濫時の危険箇所や避難場所についての正確な情報を知っていただくことが何より重要です。 国土交通省及び都道府県では、に指定した河川について、洪水時の円滑かつ迅速な避難を確保し、又は浸水を防止することにより、水害による被害の軽減を図るため、想定し得る最大規模の降雨により当該河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域を洪水浸水想定区域として指定し、指定の区域及び浸水した場合に想定される水深、浸水継続時間を洪水浸水想定区域図として公表しています。 また、これと合わせ、当該河川の洪水防御に関する計画の基本となる降雨により当該河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域及び浸水した場合に想定される水深についても公表することとしています。 さらに、平成27年9月関東・東北豪雨においては、堤防決壊に伴う氾濫流により家屋が倒壊・流出したことや多数の孤立者が発生したことを踏まえ、住民等に対し、家屋の倒壊・流失をもたらすような堤防決壊に伴う激しい氾濫流や河岸侵食が発生することが想定される区域(家屋倒壊等氾濫想定区域)を公表することとしています。 一方、市町村では、浸水想定区域をその区域に含む市町村の長は、洪水浸水想定区域図に洪水予報等の伝達方法、避難場所その他洪水時の円滑かつ迅速な避難の確保を図るために必要な事項等を記載したを作成し、印刷物の配布やインターネット等により、住民の方々に周知しています。 また、浸水想定区域内にあり、洪水時の円滑かつ迅速な避難の確保又は洪水時の浸水の防止を図る必要がある施設として市町村地域防災計画に名称及び所在地を記載された地下街等、要配慮者利用施設(社会福祉施設、学校、医療施設その他の主として防災上の配慮を要する者が利用する施設)、大規模工場等については、避難確保・浸水防止計画等の作成、訓練の実施、自衛水防組織の設置等を行うこととされており、市町村からは当該施設の所有者又は管理者及び自衛水防組織の構成員に洪水予報等が直接伝達されます。 ここでは、国土交通省及び都道府県が公表している洪水浸水想定区域図に関する情報と、市町村が作成した洪水ハザードマップ等に関する情報を掲載しております。 洪水氾濫等によりどのような浸水被害が想定されるのかについて事前に認識を深めていただき、出水時の水防活動や避難行動等に活用していただきたいと考えております。 詳しくは、市町村から配布またはホームページ等で公表されているや、お住まいの地域の国土交通省河川事務所等や都道府県のホームページ等で公表されている洪水浸水想定区域図にてご確認をお願いします。 PDF 125KB• PDF 107KB• PDF 119KB• (PDF:78KB)• PDF 4. 07MB• PDF 5. 19MB• PDF 6. 4MB• PDF 2. 6MB• PDF 5. 6MB• PDF 2. 3MB.

次の

国土交通省設置の河川情報サイトから水位、映像、降水量を知る

国土 交通 省 河川 氾濫 情報

7月に入って、九州北部では大雨が降り、河川の氾濫や山崩れが発生し人命が失われるなど大きな災害が発生しました。 亡くなった方々のご冥福を祈るとともに、災害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。 災害は何時何処で発生するかわかりません。 私たちにできることは危険情報の収集と早めの避難で自分の命を守ることだと思います。 国や市町村の防災情報や避難勧告に従いましょう。 自分の住んでいる地域の危険内容(河川氾濫、山崩れなど)が何であるかを知って、避難の方法を考えておきたいと思います。 また国や県では各主要河川の重要なポイントには水位計や雨量計、更にはカメラを設置し、防災などに役立つ河川情報としてインターネットで公開しています。 これらの情報を利用すれば、正しい情報を知って避難やその準備を自主的に早めに行うことができるのではないかと思います(県は、国の設置から漏れた地点や河川に水位計・カメラなどを設置して、国の情報を補完するようになっているようです、これらの情報もインターネットで公開されています)。 ここでは 国土交通省が設置する河川カメラ、河川水位、36時間分の降水量のサイトを見る方法について書いてみます(私的に勝手に書いていますので、公的な説明書があればそちらに従いください)。 1.国土交通省の河川情報を開く 1)「防災情報提供センター」のサイトを開く ブラウザで「河川防災情報」と検索し、「防災情報提供センター-国土交通省」を開いてください。 2)「川の防災情報」のページを開く 「防災情報提供センター」のサイトが開いたら、河川情報の項目にある「川の防災情報」をクリックします。 2.「川の防災情報」を見る 川の防災情報ページが開くと、画面上部のアイコンメニューから必要な情報が得られます。 ここでは「カメラ」アイコンから入りました。 1)メニューアイコンの「カメラ」から情報を見る(他の方法もあります) 「川の防災情報」が開いたら画面上部にあるアイコンメニューで「 カメラ」をクリック 2)地域を指定する 先ず県を指定して、次に市町村を指定します。 ここでは大分県を選び、次に日田市としてみました。 日田市内の観測点が表示されます。 3)河川情報を知る(カメラ映像、河川水位、雨量) 観測点には観測できる項目がアイコン表示されています。 アイコンには カメラ映像、 河川水位、 降雨量の三つがあります。 アイコン画像は色分け(紫、赤、、、、空色)されていますので、危険度が一目でわかります。 川はなくても流れこむ水量を予測するため雨量計のみの観測点もあります。 天ケ瀬橋(天ケ瀬温泉)のカメラ映像と水位を表示してみました。 今日もかなりの水量で流れているようですが(カメラ映像)、水位は危険領域から見ればはるかに低いレベルのようです。 同じ天ケ瀬橋での過去48時間の降雨量です。 この図では累積雨量の折れ線グラフが見えませんが、通常は累積雨量のデータも表示されます。 3.操作方法 操作方法はメニューのアイコンから開いて知ることができます。 ご確認ください。 検索:• 最近の投稿• 183• 161• 141• メタ情報• ブログ統計情報• 5,267,193 ヒット.

次の