雲仙 市 千々石 町。 雲仙市千々石町戊の賃貸・賃貸マンション・アパート・賃貸一戸建て物件一覧 【OCN不動産】

熱中症予防

雲仙 市 千々石 町

熱中症予防 熱中症は、梅雨の合間に突然気温が上昇した日や梅雨明けの蒸し暑い日など、体が暑さに慣れないときに起こりやすいとされています。 そのため、例年梅雨入り前の5月頃から発生し、梅雨明けの7月下旬から8月上旬に多発する傾向にあります。 暑さに慣れるように、涼しい時間帯にウォーキングなどの軽い運動を行い、暑さに対応できる体づくりをしましょう。 また、睡眠と食事をしっかりとって体調管理も行いましょう。 そのため例年以上の水分補給を心がけましょう。 熱中症予防の主なポイントは2つ! 1)のどが渇く前にこまめに水分をとりましょう。 起きた時・入浴前後・寝る前など、こまめにコップ1杯(200ml)の水分をとるように心がけましょう。 食事以外で飲む水分の目安は1日あたり1. 2)暑さを避けるようにしましょう。 例えば・・・ ・エアコンをつけて気温を調節する。 ・通気性のよい服装で過ごす。 ・外出時には日傘や帽子を着用する。 ・日陰を利用してこまめに休憩をとる。

次の

長崎県雲仙市千々石町丙の住所一覧

雲仙 市 千々石 町

熱中症予防 熱中症は、梅雨の合間に突然気温が上昇した日や梅雨明けの蒸し暑い日など、体が暑さに慣れないときに起こりやすいとされています。 そのため、例年梅雨入り前の5月頃から発生し、梅雨明けの7月下旬から8月上旬に多発する傾向にあります。 暑さに慣れるように、涼しい時間帯にウォーキングなどの軽い運動を行い、暑さに対応できる体づくりをしましょう。 また、睡眠と食事をしっかりとって体調管理も行いましょう。 そのため例年以上の水分補給を心がけましょう。 熱中症予防の主なポイントは2つ! 1)のどが渇く前にこまめに水分をとりましょう。 起きた時・入浴前後・寝る前など、こまめにコップ1杯(200ml)の水分をとるように心がけましょう。 食事以外で飲む水分の目安は1日あたり1. 2)暑さを避けるようにしましょう。 例えば・・・ ・エアコンをつけて気温を調節する。 ・通気性のよい服装で過ごす。 ・外出時には日傘や帽子を着用する。 ・日陰を利用してこまめに休憩をとる。

次の

千々石(ちぢわ)deその日暮らし~長崎県雲仙市千々石町

雲仙 市 千々石 町

北野武さんの第一短編集です。 北野武はもちろんビートたけしさん。 よく見たら、2019年10月20日の発売。 田舎まで来るのに時間がかかります。 以前にも数冊の本を出してはいるのですが。 今回は「第一短編集」で「純、文学」だそうです。 全部で5篇の短編集。 「ホールド・アップ」(「文藝」増刊2019年)「実録小説 ゴルフの悪魔」(「週刊文春」2019年3月28日号、4月4日号、11日号、18日号)「誘拐犯」「粗忽飲み屋」「居酒屋ツァラトゥストラ」(以上、書き下ろし)。 あまり書くと、ネタバレになるのでザックリと・・・ 「ホールドアップ」 多分、たけしさんの売れないときの経験なのかな?最後に「みんながオイラを笑わぬ夢を見た。 」と書いてあり、たけしさんにも、そんなことがあったのかな、と感じさせます。 「実録小説 ゴルフの悪魔」 本の最後には「この小説はフィクションです。 実在の人物や団体などとは関係ありません。 」と書いてありますが、初出の題は「実録小説 ゴルフの悪魔」となっているので、多分「実録」でしょう。 登場人物が、「東」(多分、県知事をやってた方でしょう)「松尾伴内」「O橋K泉」「関敬六」「長島茂雄」「所ジョージ」等々。 「O橋K泉」の笑えるセコいゴルフ。 「O橋K泉」さんだから、許せる、という事でしょう。 人格ですね。 「長嶋茂雄」さん、TVなどで、ボケをかました話しがよく出ますが、この小説でもボケをかましています。 笑って許せるのは、これも人格ですね。 「誘拐犯」 「相棒7ー11話・越境捜査」ですね。 小説とTVドラマの違いがありますが・・・どちらが面白いのでしょう。 「粗忽飲み屋」 落語の「粗忽長屋」のパロディーだと思ったら、しがない中年の男の飲み屋での会話が主になります。 黙読ではなく、実際に言葉に出して読んだ方が面白いかと(酒を飲みながら)。 「居酒屋ツァラトゥストラ」 一番短い物語。 酒場での数学の問題から宇宙論まで・・・ と言うことで、多少、イエローカードぎみの表現もありますが、まあ、たけしさんだからですね。 真面目な方は1600円も出して、と思うところもあるので、お止めになった方が良いでしょう。 たけしさんファンの方はご一読を。 第二短編集はどんな物語が書かれるのか、楽しみに待ちましょう。 もう一つ、この本の題は「純文学」ではなく「純、文学」ですね。 どう違うんでしょう?まだまだ、「準文学」の感じを受けました。 ノーベル文学賞まで道遠し。 唐比ハス園。 一ト月前に訪れたときは、ハスの葉の数も少なく、小さいので、暖冬異変のせいかなと思っていたのですが、先の日曜にいってみたら左の写真のように葉が大きくなり、花もボチボチ咲いていました。 この日は、コロナの緊急事態宣言も緩んだせいか、結構な見物人。 今日、もう少し花が咲いてないか、大雨の中出かけました(バカですね)。 ところが、右の写真の如くハス園は水没していました。 川沿いは歩けるので、いってみたら結構花も咲きかかり、ツボミが随分あがっていました。 この分では、来週くらいは沢山咲いてくれるのかな? ですが、向こうの方を見ると、なんとなく花が見えない。 今日は雨風が強く、ハスの花は雨風に弱いので散ったのか、ハスの種類によっては咲く時期が少しズレることもあるので、そのせいか?向こうまではいけないので、ハッキリしたことは言えませんが・・・ と言うことで、今月の下旬頃からが見頃かなという感じ。 ハス祭りが7月上旬に開催されるのですが、今年はコロナの影響で中止かな?と思って調べたら、諌早市のホームページに「7月上旬に開催を予定していた『第17回唐比ハス祭り』および『唐比ふれあい魚釣り大会』は新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、開催を中止することといたしました。 」ということだそうで、残念なことでした。 アジサイは本数が少ないとはいえ、しっかり咲いていました。 話変わって、時々、登板していただく「諌早市森山町上井牟田」の「ため池のオブジェ(正式名称が無いようなので、私が勝手に付けた名前です)」。 その時期に話題のものを、ため池の真ん中の台に作っています。 今回は多分コロナに関したものを作っているかな?ヒョッとしたら「アマビエ様」でないかと思っていたら、なんと「看護師」さんでした。 いま、医療関係の方が献身的にコロナと取り組み、それを応援する方が増えています。 このような応援をみると嬉しいですね。 国道から入ったところで、多少分かりにくいところですが、時間があったら、ご覧のほどを。 ミスド(ミスタードーナツ)で新発売のドーナツの宣伝をTVで盛んにしているので、諌早に行った時、買って来てみました。 上の方が「ボン・デ・パイ 宇治抹茶」 もちもち生地とサクサクパイを一度に楽しめる商品。 宇治抹茶ホイップと一緒に。 下の方が「ボン・デ・パイ ショコラ」 もちもち生地とサクサクパイを一度に楽しめる商品。 チョコホイップでデコレーション。 ボン・デ・パイ・ショコラを分解したら下のようになっていました。 下の方がパイをチコレートでコーティング、その上にチョコホイップをのせ、それをドーナツの穴に突っ込んだもの。 ドーナツを買って帰りがけ、本屋さんに行ったら、湊かなえさんの「カケラ」が置いてあって、帯を見ると「あの子、大量のドーナツに囲まれて死んでいたらしいよ。 」との文字が名に入り、ドーナツを買った日に、この帯を見たら買っていかないわけにはいかないじゃないですか。 本の扉を開けたところに 田舎町に住む女の子が、大量のドーナツに囲まれて自殺したらしい。 モデルみたいな美少女だとか。 いや、わたしは学校一のデブだったと聞いたけど・・・。 ということで、この自殺した女の子の謎を解くため、有名な整形美容外科医でマスコミにも顔を出す久乃が、関わりのある人物(久乃も関わりのある人物)を訪ねていくのですが、という展開で、もちろん最後の方で謎は解き明かされます。 ただ、文章が関わりある人物の語りばかりで、これって何故か疲れました。 さて、買って来たドーナツを食べながら、ドーナツていうのは穴があるからが面白いので、どうやったら穴を作れるのか、ドーナツの穴は存在しているのか、ドーナツの穴だけ残して食べる方法は?、逆にドーナツの穴だけ食べる方法は、ドーナツの穴に愛が見える、ドーナツの穴はタイムトンネルだ、ドーナツの穴に宇宙をみた、ドーナツの穴から見たアナタが一番美しい、など色々哲学的なことを考えられるじゃないですか。 「こうやってドーナツをのぞくと、あの子が向こうの世界で幸せに過ごしている世界が見えるからね。 ・・・」 「ー自分の見たい風景を思い浮かべて、穴の向こう側を見るの。 それから、そのドーナツを食べると、穴の向こうに描いた風景が現実のものとなる・・・」などと書いてあり、湊かなえさんもドーナツの穴には関心があるようです。 ということなどを考えて穴を詰めたドーナツを食べましたが、美味しかったので、穴の無いドーナツもありかなと。 本当に日和見な私。 ドーナツの穴をくぐるや若葉風 sugikan (どこかで読んだような気がしますが・・・) 忘れていました、本の題の「カケラ」の意味ですね。 最後の方に書いてあります。 もう一つ、このドーナツは午前11時からの発売です(諌早の場合は)。 世に「怖い物見たさ」という言葉があり、幽霊が出る所、廃墟、事件があった部屋に住む方もおりますが、私は気が小さいので絶対にダメ! 小学校の時、火の玉を見たことがあり、あの時はそのまま寝込み学校を休みました。 私のカミサンの実家から墓場が見え、昔は野外で薪を組んで、火葬をして(江戸時代ではありません、戦後の話しです)、その火が家から見え、火の玉も再々見えたそうです。 「怖かった?」「別に」と言うことで、あの人、度胸があるのか、鈍感なのか。 人によって幽霊が見えるかどうかは個人差があるようで、以前、荒れ果てた山城の空堀(敵の侵入を防ぐためのもの・南北朝の時戦いがあり、城が落とされ大勢の死者が出たのは想像できます)の写真を撮っていたら、もう一人写真を撮っていた方が「写真を撮ったら、モヤモヤとした霧みたいなものが写っているんですよね。 前後の写真はなんとも無いんですが・・・」と言うことだったのですが、私のはきれいに撮れていました。 さて、本の方は幽霊が出る、世界の90ヵ所ばかりの城、要塞、墓地、ホテル、公共施設、家、屋敷、宮殿等々の写真と説明が載せてあります。 下は、カナダのバンプ・スプリングス・ホテルでマリリン・モンローもハネムーンで訪れたそうです。 ここに長年勤めていたサム・マッコーリーというベルボーイが1970代に死んで以来、幽霊になって出るそうです。 せっかく新婚旅を海外で、と考えておられる方、いかがでしょう。 思い出深い、楽しい旅行になりますよ。 下の写真の説明ですね。 霊能者の足を強く引っ張ったという。 それ以来、アニーの部屋を訪れる観光客が増えた。 といいますから、好きな方は好きなんですね。 今年の夏も異常な暑さが予想され、暑い夜は眠れぬかと思いますが、この本を読んでお休み下さい。 寒くなって、幽霊が絶対に出てきますよ。 前に書いたように、最近TVドラマ「相棒」をレンタルのDVDで毎日見ています。 今日はseason7第9話で、薫君が右京さんの元を離れ、新天地に向かうところでしたが、涙がドット出て画面が見えませんでした。 「相棒」はなんとなく、都合良く話が運んでいるようなところはありますが、脇役が良いので救われている感じがします。 寺脇康文、益戸育江、鈴木砂羽、川原和久、六角精児、岸辺一徳、石坂浩二等々、かなり癖の強い俳優さんもいますが。 この、ラムネ菓子を食べるところを見ていると、無性に私も食べたくなり買って来ました。 ということで、昔、書いていた話なので、今日はここでおしまい。 あとは、「相棒」の続きを見ます。 なにしろseason20まであるので大変ですよ。 諌早神社に日本一の「アマエビさま」が奉納されたとかで、コロナが気になるのでお参りにいきました。 前にも書きましたが、諌早神社は雲仙の旧四面宮(現・温泉神社)の分社になります。 アマエビ様は 体重ではなく、重量300㎏もあるそうです。 説明版は下の通りです。 クリックすると大きくなります。 これ、TVで放映されたとき、作ったのはあの人だなとピンと きました。 以前ブログでも紹介した、日本一のチェンーソーアートに輝いた 「細麦(ささめむぎ)さくらや」さんのご主人でした。 できあがりはこんな感じになります。 諌早神社のホームページからです。 再建できないかとのお話でした。 今 日はアマエビ様に参拝ができ。 疑問に思っていたことが解決をし、佳き日でありました。 アマエビに祈る神社の若葉かな sugikan 2,3年前から、妙に体の調子が悪く、要するに歳ですね。 ということを口実に、畑仕事から手をひき、カミサンに任せることにしました。 ただ、前に使っていた管理機、草払機は力が強く危ないので、電動式の草払機と電動式の簡便な土起こしの道具を買いました。 草刈り機はまあまあですね。 土起こしは、はやりガソリンの動力と比べると力が弱く、同じ場所をシコシコと何回か往復させないと、思ったように土を深くは耕やかせません。 おまけに、歯の所に草が絡み何回も草を除く必要があります。 さて、カミサンガ何を植えたか、久しぶりにわが家の畑を見に行くと・・・ 私の大嫌いなピーマン。 はやくも実がなっていました。 かぼちゃが二株。 葉っぱがうどんこ病になりやすく、ツルが長く伸びるので手入れが少し必要ですが、意外と実はなります。 もう少し離して植えた方がいいですね。 ナスビ。 「親の小言となすびの花は千に一つのむだも無い」。 よくいったもので、親を亡くして、ナスビを育てながら、つくづくそのとおりだ と思いました。 ミント。 2本ほど植えていたら、ごらんの有様。 柿ですね。 実がなり始めまし。 この頃までは良いのですが、虫にやられ、カラスにほじくられ、風に落とされ、口に入るのは毎年4,5個。 植えたはずのない里芋。 掘り残しがあると、必ず育っています。 なんだか変な植え方で、「どうしたんだ」ときいたら、「ゴーヤ」。 ゴーヤは苦手なんですね。 おまけに実は沢山なって・・・「人にあげようかと思って」、で、ほっとしました。 右は何だったか?シチューなんかに入れる香辛料ですが、とっさに名前が出て来ません。 きれいな新葉が出ていたので、摘み取って乾燥保存しておくことに。 ミニトマト、はやくもなり始めていました。 来週くらいは食べられるか? 山椒は一回植えてて大きくなって邪魔で切ったのですが、別の場所に育っていました。 実がこぼれていたのかナ。 ツワブキ。 山に行ったとき根から2,3本引き抜いて庭に植えていたら立派に育ちました。 新芽が出るときは料理して食べます。 花もきれいだし、葉も風情があるし、皆様もお試しを。 アジサイが段々太って色づき始めました。 薔薇という字は難しく、いまだもって書けません。 「薔薇とかけてなんと解く」「カミサンと解く」「その心は」「どちらもトゲがある」。 お 粗末さまでした。 ヤマボウシ。 毎年元気よく咲きます。 2階からみるとキレイです。 ユリは何年前植えたのか。 肥料もやってないのに毎年キチンと咲いてくれます。 玉ねぎ。 一月前にコンテナで2箱いただきました。 次の日、別の方からもう一箱。 魚屋さんに買い物に行ったら「玉ねぎ、おまけにいりませんか」だって、今年は収穫がよく、値段が落ち込んでいたとか。 あちらこちら配られたみたいです。 新じゃがは、米袋(20㎏)に入れていただきました。 夫婦二人なので、どうしましょう。 はやり、できた物を朝から取って食べるって良いですね。 以前はプランターでラディシュ、ニラ、水菜なども作ったら結構上手にできました。 庭の無い方も試してみて下さい、お店屋さんのとは味が違いますよ。 あきらめかけていましたが、5月26日にファミマに寄ったら「食べます すみっコぐらし」が並んでいました。 「見たことある?」「ありません」だと。 はやり田舎までは回ってこないか?と思っていたら、ありました。 5月26日が発売日だったそうです。 ラッキーでした。 「すみっコぐらし」の絵本は以前から大好きで、読んでいました。 今回は「ねこ」さんと「とかげ」さんの登場。 「ねこ」さんは、はずかしがりやで気が弱く、よく、すみっこでうしろをむいて、つめをといでいる、そうです。 私みたい。 「とかげ」さんは、じつはきょうりゅうの一種のいきのこりで、つかまってしまうので、とかげのふりをしているそうです。 実は人間も意外と隅っこが好きみたいで、レストランで席が空いているときなど皆さん端っこの席から座り、真ん中の席に座る人はいませんね。 講演会、講習会でも、勉強にいったのだから、一番前の中央の席に座ればいいものの、端の方から座り、参加者が少ないときは、司会の方が「前の方から、お詰めください」なんてやってますね。 この顔を見てすぐ食べる人は心が冷たい人ですよ。 寿命(賞味期限)が5月30日なので、それまで遊んであげて、いただきたいと思っています。 ただ、情が移って食べきれるか心配ですが。 触った感じは柔らかく、とても心を癒やされました。 双浦環さんが、音さんのいる音楽学校を訪れたときの場面です。 この双浦環さんの衣装が派手で少し評判になったとか。 音さんがカフェーに勤める場面ですが、こちらもよく見ると少し派手ですね。 和服を重ね着したときの様子が分かりますね。 双浦環さんの和服を着た姿も、単にドラマのためだけじゃ無いと言うことが分かります。 NHKさんもかなり考証しているようです。 さて、これで思い出したのが、雲仙市の小浜歴史資料館。 数年前に行ったときの写真です。 はやり派手ですね。 長崎のお茶の先生から借りてきたものだそうです。 裾をみると室内で着るものでしょう。 かなり裕福な家のものだと思いますが、柄についていえば、双浦環さんの和服にも負けていません。 江戸時代の物か?。 とは言っても、誰もがこんな良い和服を着ていたわけでは無いでしょう。 私の母も、私が小学校4年の時まで和服を着ていましたが、こんな派手なのはありませんでした。 結構、良いところのお嬢さんだったのですが・・・ 今はデジタルで写真を撮るのでフィルムはいりませんが、昔は白黒写真の場合、フィルムを使い写真を撮り、ネガフィルムを印画紙に焼き付け、白黒反転させていました(カラーの場合は同じ手順のネガフイルム、そのまま色がでるリバーサルフイルムもあり)。 で、この度、雲仙・小浜の写真を数点手に入れましたが、これがガラスの乾式フィルム。 昔は卒業式の記念写真など撮るとき、カメラの大きな箱に黒布を被せ、乾板をセットして、「はい~、レンズの所から鳩が出ますよ、1,2,3」とやっていました。 この頃は、「ピース」などの言葉はありません。 写真屋さんに持っていったのですが、今は昔の現像機が無いとかで、スキャンしたり、LEDビューアーを使いカメラで撮ったりしましたが面倒くさいので、何か無いかと探していたらYouTubeに、簡単にネガからポジへ変換できる「NEGAVIEW PRO」(カラーのネガでも利用できます)というAPPの紹介があって、便利そうなのでAPPストアーで、400円弱であったので入手しました。 使い方は簡単で、ビュアーもしくはタブレットを利用して、画面を消し光度を最高に上げ、その上にネガをのせアプリを起動させ、スマホで撮ります。 画面の調整もできます。 左がネガ、右がポジに直したところ。 昔、フィルムで撮った写真、家に写真のネガが残っていると 、ちょっとチェックするのに便利です。 パソコンに取り込めるので、データにすると永久保存版ができます。 入手した写真板を3枚ほどポジ写真に直してみました。 一番上の写真、小浜の海岸の埋め立てです。 小浜の湯元、本多西男氏が小浜の発展のため、自費を投じ明治28年に埋め立てを始めています。 明治44年に埋立て五千坪が竣工(小浜町史談より)。 上の写真、向こう側が完成しているようなので、明治40年頃かなとは思いますが・・・ 下の写真は堤防の所だと思いますが、旅館などの所はかなり整備されています。 同じく堤防の所ですが、沖の大きな船、茂木から小浜へ通う客船ですね。 あと十数枚残っているのですが、場所が特定できないので、そのうち調べに行こうかと思っていますが、小浜は近年も埋め立てがされており、なかなか難しいですね。 なお、写真板は保管が悪かったのか、ごらんの通りカビがはえたり、幕面が裂けたりで保管が大変です。 先日、車を変えた際、ディラーさんの前車の下取り査定が安く、車買い取り業者に見積りをして貰っても安かったので、地元のガソリンスタンドの社長さんに話をすると、ウチで引き受けますよ。 で、これ、何が困るかというと、切り分けるとき困るんです。 アナタ、これを3等分とか4等分に分けるとき、どう切りますか? 店員の方に、「これ4等分するときどうすればイイ?」「上からお食べになって、下の方を後で4等分にして下さい」だって、この手があったか、と思いましたが・・・さすがプロ・・・。 パンダさんに、熊さんも元気でした。 今度、孫のお土産にと思っています。 食べるのがかわいそうですが。 ジッと見つめられて。 さて、ケーキを買って帰るとき、バックミラーを見ると、真っ赤な小さな車がついてくるんですね。 お~!カワユイ車だこと、と思ってよく見ると、VWのUpで以前私が乗っていたのと同じ車。 ふと、ナンバーを見ると私が乗っていたのと同じ。 ということは、私が以前乗っていたクルマでした。 やはり、私を慕ってついてくるのかと思うと😢涙がポロリと落ちました。 こんな事ってあるんですね。 忘れていました。 ケーキのお味ですね。 私、血糖値が高く糖尿病予備軍で、コレステロールが異常に高く、脂肪肝ということで、医者からカロリーの高いものは禁止と言われており、ただ、ただ、眺めるだけでした。 以前、カメラを持って山の野花の写真を撮っていたのですが、あれから数十年。 すっかりボケて、花の名前を、すっかり忘れてしましました。 ですが、やはり花を見たとき名前が分かったほうが楽しいかな、と。 以前、スマホで写真を撮って花の名前を調べるappがあったのですが、あれは精度が悪く使い物にはなりませんでした。 今回、調べると花の名前を調べるappが数種類あったので、その一つを入れてみました。 これは正解。 最近はヒマワリの種類も多く、赤いヒマワリもあるので迷ったのかな? これだけでは物足りないので、諫早の某有名花屋さんに行って「写真撮っていい?」「ダメ」だそうで、理由をなにやらかにやら言ってましたが、女優さんが美しいのは写真にとられたり、人に見られたりするからで、花だって一緒だと思うんですがね・・・ ということで、昔、山で撮った野花の写真をPCに写してスマホで撮ってみました。 まったくそのとおり。 花弁の赤いハートぽいのが、かわゆいですね。 かなり迷ったのか、確率39%。 図鑑で見たらあまりパッとしない花でした。 このappは人工知能花判定のappだそうでが、まだまだ完全ではないみたいです。 無料です。 花の名前、雲の名前、星座の名前など、自然に親しむためのappがたくさん出ているので、皆様もご利用を。 自然を知るのって楽しいですよ。 3月の末「世界一美味しい手抜きごはん」を紹介したばかりですが、今日、本屋さんに行ったら上の本が置いてあったので買って来ました。 少し以前は健康指向の本が多かったのですが、最近は手抜き料理の本が多くなってきました。 皆さん、共稼ぎなどが多くなってきたので、簡単に作れる料理が好まれるのでしょう。 「短・安・旨」ですね。 短時間で、安くて、旨い。 せっかくだから、なすび料理を二品ほど作ってみました。 「なすの蒲焼き丼」と「なすの揚げない揚げびたし」。 最近太ってきて、なすびのカロリーの少ないものをということです。 材料は「なすび」。 調味料は酒・みりん・醤油、各々大さじ3、砂糖大さじ2。 なすびは二本になっていますが、多すぎるので一本。 その分調味料は加減しました。 なお、醤油は地元の醤油さんのもの。 昔ながらの作り方で、一樽しか作って無く、お値段は少々張ります。 カミサンが使ってみて、「これ昔の醤油の味!」と言ってました。 カミサンの家では醤油、味噌も造っていたそうです。 私のところは都会(中途半端に)で、自家製の味噌、醤油は作ってないのでよく分かりませんが、確かに市販のものとは味が違っていました。 元に返って、なすびはヘタを取り、皮をむいてラップをして3分30秒(なすび2本、レンジ600ワットで3分30秒)。 なすびに包丁で縦に切り込みをいれる。 酒、みりんを中火で煮立て、醤油、砂糖を加えとろみがつくまで煮詰め。 じっくり煮からめ(煮からめ過ぎました、ご注意を!)ご飯に乗せて出来上がり。 なすびが1本余っていたので、もう一品。 野菜は新鮮な方が良い。 人間もそうですね。 なすびは乱切りにして5分ほど水にさらします(1本)。 その間にタレを作ります。 めんつゆ(3倍濃縮)大さじ2、水大さじ4。 ごま油(好みで)大さじ1/2、おろししょうが小さじ1。 ウチ、めんつゆが無かったので、醤油、ダシの素、みりん、酒等で作りました。 おろししょうがはチューブ入り。 なんとなくタレの味がもの足りなかったので豆板醤を少々。 小さめのフライパンにサラダ油を大さじ3。 なすびが色づき、柔らかくなるまで揚げ焼き。 油を切り、熱いうちにタレに漬け、味をなじませ、できあがり、トッピングに削り節。 右の写真はなすびのアクを取った後の水。 アクでかなり濁ってますね。 アクといえば、煮物をするときにもアクがでます。 これ、そのままにすると、味にエグミがでます。 このアクをそのままにしている方もいますが、徹底的に取って下さい。 なすび料理、簡単で意外と良いお味でした。 手抜きの料理本も、1冊は持っていても良いのではないかと思った次第です。

次の