東郷羽衣。 羽衣石城

【パワプロ2018】マイライフ彼女攻略まとめ

東郷羽衣

[引用元:] 羽衣石城(うえしじょう)は、鳥取県東伯郡湯梨浜町にある中世の山城跡。 【概要 】 城跡は東郷池の南、羽衣石川上流にある羽衣石山(標高372m)にあり、山陰道と東郷池に臨む東伯耆の要衝にある。 南条氏歴代の本拠地で、尼子氏や毛利氏と激しい攻防を繰り返した。 山頂には1990年に建てられた三層の模擬天守と「羽衣石城主南条公累代碑」がある。 それ以前にも、昭和6年に大阪在住の南条氏の子孫によって建てられた模擬天守があった。 南条氏は伝承によると当初、羽衣石城よりも奥にある十万寺集落付辺に築城を予定していたという。 築城しようとしたところ予定地のそばにある「日向池」(現在は地名のみ残る)にツバメが落ち、不吉なことだと感じた貞宗が羽衣石山へと変更させたといわれている。 現在、その十万寺集落の北に広大な城跡があることが分かっているが調査が行われていないため詳細は不明である。 【歴史 】 ・貞治5年(1366年)、南条貞宗が築城。 ・大永4年(1524年)、大永の五月崩れによって落城。 尼子領となり、南条宗勝は山名氏に逃れる。 (近年の研究ではこの五月崩れの存在自体が否定されている) ・天文15年(1546年)、南条国清(のちの南条宗勝)、武田国信の要請を受けて尼子方を離れると同時に羽衣石城から退去する。 ・永禄5年(1562年)、南条宗勝、毛利氏の支援を受けて羽衣石城を回復する。 ・天正3年(1575年)、南条宗勝死亡により、南条元続が家督を継ぐ。 ・天正7年(1579年)、南条元続、毛利方に背き羽柴秀吉方につく。 ・天正9年(1581年)、吉川元春、馬ノ山に布陣し、子の元長に羽衣石城を攻めさせる。 を落とした羽柴秀吉軍が馬ノ山で吉川元春軍と対陣。 両者共に退く。 ・天正10年(1582年)、吉川元春配下の武将・山田重直の手により落城する。 ・天正12年(1584年)、織田氏と毛利氏の和睦が結ばれ、伯耆国東3郡が南条氏領となる。 ・天正19年(1591年)、南条元続病死し、南条元忠が家督を継ぐ。 ・慶長5年(1600年)、南条元忠は西軍について敗れ、廃城となる。... 羽衣石城の口コミ情報 2019月06日01 伯耆守眠々丸 羽衣石城 お茶の水の井戸跡から主郭への搦め手沿いの登城道歩かれる際は、ぜひ山手の斜面を眺めてみてください。 そこには数々の巨石が睨みを効かせています。 ほとんどが二抱え以上の見事な巨石たちであり、しかも随所に散らばっています。 自然の石が大好きと言う方なら、足が止まってしまうことでしょうね。 ただし、搦手道から井戸跡までの道は細く谷側は崖となっていることから、ながら歩きは大変危険ですのでご注意を。 羽衣石の名の元となる「羽衣岩」も、この巨石たちの一つと思われます。 また、大手道にも同じような巨石の集合体があり、そちらは「天然の塁壁」と呼ばれています。 2019月05日26 のぶひろ 主計允 羽衣石城 十万寺所在城から、羽衣石城を望む。 十万寺所在城は「たいこうがなる」と地元に伝わる。 鳥取城兵糧攻めの後、吉川元春と対峙する南条元続の救援のため、羽柴秀吉が着陣した陣城か…。 2018月09日01 安那 備後守はるか 羽衣石城 駐車場より左右に登山道があり 左手は大手、右側は搦め手側になります。 搦め手側からあがりましたが 山道は整備されており、この時期でも 草もなく息を整える程度で普通に あがることが出来ました。 主郭、曲輪も少々の雑草程度だったので しっかり散策することが出来ました。 管理の方に感謝です。 大手道はあまり整備されておらず 石がゴロゴロしており足元が悪いです。 それぞれ見所があるのでグルリと 回ると良いかと思います。 本城の北東側には番城という支城があり 東側からの攻撃を見張る為に 作られています。 同じく南側にも十万寺城という大規模な 支城があり織田軍の駐屯があった そうです。 番城へは尾根伝いに行けるみたいなので 外枡形状の虎口、他遺構があり 時間があれば散策したいものです。 2017月06日20 権大納言織田晃司 羽衣石城 羽衣石城の麓に駐車場があります。 向かって右側の登山道から模擬天守を目指しました。 途中石垣や羽衣岩などありますが、かなりキツイ道のりです 備中松山城もキツイですが多分、羽衣石城のほうがキツイ 備中松山城は登城の辛さがあっても重文の天守が出迎えてくれて達成感はありますが、羽衣石城は模擬天守なので…「どうしても模擬天守を見たい!」という方以外リア攻めはあまりお薦めしません。 東郷温泉か、はわい温泉の方を薦めます。 2017月05日12 戦国の覇者もどき 羽衣石城 羽衣石城の近くに駐車場がありトイレも在ります。 山頂にはトイレはないですが、素晴らしい眺めです。 山を下り羽衣石川に沿って下ると山陰地方最大級の古墳 北山古墳があります。 是非行ってみてください。 2016月05日26 近江守Silvine 羽衣石城 入り口の看板に徒歩15分と書かれていますが、なかなかきつい坂道で20〜30分は見たほうがいいと思います。 入り口の杖は持って行きましょう。 井戸への道は少し崩れていますが、通れないことはないと思います。 大手の方はよく整備されていますが、搦手 徒歩20分と書かれたほう は石がごろごろしており、苔むして滑りやすいので気をつけてください。 2015月05日03 まるき〜 上野介 羽衣石城 城取り攻略は倉吉駅前付近でGPS攻略できますが 実際に行くと、かなりの山道を歩きます。 麓の駐車場には綺麗なトイレが有ります、今登ってきましたが辿り着くとパノラマビューで眺めは最高でした。 かなりの急坂です、入り口付近に杖が置いてあるのが納得できました。 2010月11日14 あと3城 副将軍マイリバ 羽衣石城 伯耆国・羽衣石城再訪にて四年連続リアル百城達成 今思えば、現状把握目的の再訪に拘らなければ、そろそろリアル千城に手が届いてたかも まっ、いいか.

次の

【パワプロ2018】東郷羽衣のイベント攻略と彼女・妻にする条件【マイライフ】

東郷羽衣

[引用元:] 羽衣石城(うえしじょう)は、鳥取県東伯郡湯梨浜町にある中世の山城跡。 【概要 】 城跡は東郷池の南、羽衣石川上流にある羽衣石山(標高372m)にあり、山陰道と東郷池に臨む東伯耆の要衝にある。 南条氏歴代の本拠地で、尼子氏や毛利氏と激しい攻防を繰り返した。 山頂には1990年に建てられた三層の模擬天守と「羽衣石城主南条公累代碑」がある。 それ以前にも、昭和6年に大阪在住の南条氏の子孫によって建てられた模擬天守があった。 南条氏は伝承によると当初、羽衣石城よりも奥にある十万寺集落付辺に築城を予定していたという。 築城しようとしたところ予定地のそばにある「日向池」(現在は地名のみ残る)にツバメが落ち、不吉なことだと感じた貞宗が羽衣石山へと変更させたといわれている。 現在、その十万寺集落の北に広大な城跡があることが分かっているが調査が行われていないため詳細は不明である。 【歴史 】 ・貞治5年(1366年)、南条貞宗が築城。 ・大永4年(1524年)、大永の五月崩れによって落城。 尼子領となり、南条宗勝は山名氏に逃れる。 (近年の研究ではこの五月崩れの存在自体が否定されている) ・天文15年(1546年)、南条国清(のちの南条宗勝)、武田国信の要請を受けて尼子方を離れると同時に羽衣石城から退去する。 ・永禄5年(1562年)、南条宗勝、毛利氏の支援を受けて羽衣石城を回復する。 ・天正3年(1575年)、南条宗勝死亡により、南条元続が家督を継ぐ。 ・天正7年(1579年)、南条元続、毛利方に背き羽柴秀吉方につく。 ・天正9年(1581年)、吉川元春、馬ノ山に布陣し、子の元長に羽衣石城を攻めさせる。 を落とした羽柴秀吉軍が馬ノ山で吉川元春軍と対陣。 両者共に退く。 ・天正10年(1582年)、吉川元春配下の武将・山田重直の手により落城する。 ・天正12年(1584年)、織田氏と毛利氏の和睦が結ばれ、伯耆国東3郡が南条氏領となる。 ・天正19年(1591年)、南条元続病死し、南条元忠が家督を継ぐ。 ・慶長5年(1600年)、南条元忠は西軍について敗れ、廃城となる。... 羽衣石城の口コミ情報 2019月06日01 伯耆守眠々丸 羽衣石城 お茶の水の井戸跡から主郭への搦め手沿いの登城道歩かれる際は、ぜひ山手の斜面を眺めてみてください。 そこには数々の巨石が睨みを効かせています。 ほとんどが二抱え以上の見事な巨石たちであり、しかも随所に散らばっています。 自然の石が大好きと言う方なら、足が止まってしまうことでしょうね。 ただし、搦手道から井戸跡までの道は細く谷側は崖となっていることから、ながら歩きは大変危険ですのでご注意を。 羽衣石の名の元となる「羽衣岩」も、この巨石たちの一つと思われます。 また、大手道にも同じような巨石の集合体があり、そちらは「天然の塁壁」と呼ばれています。 2019月05日26 のぶひろ 主計允 羽衣石城 十万寺所在城から、羽衣石城を望む。 十万寺所在城は「たいこうがなる」と地元に伝わる。 鳥取城兵糧攻めの後、吉川元春と対峙する南条元続の救援のため、羽柴秀吉が着陣した陣城か…。 2018月09日01 安那 備後守はるか 羽衣石城 駐車場より左右に登山道があり 左手は大手、右側は搦め手側になります。 搦め手側からあがりましたが 山道は整備されており、この時期でも 草もなく息を整える程度で普通に あがることが出来ました。 主郭、曲輪も少々の雑草程度だったので しっかり散策することが出来ました。 管理の方に感謝です。 大手道はあまり整備されておらず 石がゴロゴロしており足元が悪いです。 それぞれ見所があるのでグルリと 回ると良いかと思います。 本城の北東側には番城という支城があり 東側からの攻撃を見張る為に 作られています。 同じく南側にも十万寺城という大規模な 支城があり織田軍の駐屯があった そうです。 番城へは尾根伝いに行けるみたいなので 外枡形状の虎口、他遺構があり 時間があれば散策したいものです。 2017月06日20 権大納言織田晃司 羽衣石城 羽衣石城の麓に駐車場があります。 向かって右側の登山道から模擬天守を目指しました。 途中石垣や羽衣岩などありますが、かなりキツイ道のりです 備中松山城もキツイですが多分、羽衣石城のほうがキツイ 備中松山城は登城の辛さがあっても重文の天守が出迎えてくれて達成感はありますが、羽衣石城は模擬天守なので…「どうしても模擬天守を見たい!」という方以外リア攻めはあまりお薦めしません。 東郷温泉か、はわい温泉の方を薦めます。 2017月05日12 戦国の覇者もどき 羽衣石城 羽衣石城の近くに駐車場がありトイレも在ります。 山頂にはトイレはないですが、素晴らしい眺めです。 山を下り羽衣石川に沿って下ると山陰地方最大級の古墳 北山古墳があります。 是非行ってみてください。 2016月05日26 近江守Silvine 羽衣石城 入り口の看板に徒歩15分と書かれていますが、なかなかきつい坂道で20〜30分は見たほうがいいと思います。 入り口の杖は持って行きましょう。 井戸への道は少し崩れていますが、通れないことはないと思います。 大手の方はよく整備されていますが、搦手 徒歩20分と書かれたほう は石がごろごろしており、苔むして滑りやすいので気をつけてください。 2015月05日03 まるき〜 上野介 羽衣石城 城取り攻略は倉吉駅前付近でGPS攻略できますが 実際に行くと、かなりの山道を歩きます。 麓の駐車場には綺麗なトイレが有ります、今登ってきましたが辿り着くとパノラマビューで眺めは最高でした。 かなりの急坂です、入り口付近に杖が置いてあるのが納得できました。 2010月11日14 あと3城 副将軍マイリバ 羽衣石城 伯耆国・羽衣石城再訪にて四年連続リアル百城達成 今思えば、現状把握目的の再訪に拘らなければ、そろそろリアル千城に手が届いてたかも まっ、いいか.

次の

『はわい*に行って来ました♪後編【はわい温泉羽衣・燕趙園・龍鳳閣】』はわい温泉・東郷温泉(鳥取県)の旅行記・ブログ by ふわっくまさん【フォートラベル】

東郷羽衣

5月下旬、湯梨浜町にある東郷池を訪れるとカルガモ、オオバン、アオサギ、ツバメ、スズメ、トビ、ハクセキレイなどの野鳥を見かけました。 池のほとりでは、セイゴ、コイ、エビなどを狙って釣り人が糸を垂らしていました。 出雲山展望台から望む東郷池(池の奥は大平山、その奥にうっすらと大山が見えます) 今回は、三朝東郷湖県立自然公園内にあって、鳥獣保護区にも指定されている東郷池を紹介します。 東郷池は、山陰八景の1つにも数えられる風光明媚な池です。 四ツ手網 南岸の松崎地内には東郷池の風物詩の1つ四ツ手網があります。 四ツ手網とは、1辺約9mの網の四隅に竹を張り、湖岸の小屋から滑車で上げ下ろしして、エビや小ブナなどを獲るための漁具です。 最盛期には松崎の湖岸沿いに24~25の四ツ手網が並んでいたといいますが、近年見られなくなりました。 この写真の四ツ手網は、平成28年の鳥取中部地震で倒壊後に復旧されたものです。 東郷池は、かつての日本海の内湾がふさがってできた海跡湖であると考えられています。 東郷町誌は、東郷池の成り立ちについて次のように述べています。 ・今から約十数万年前(洪積世)の東郷町の町域は、日本海が奥深く入り込み、大平山と馬ノ山に挟まれた大きな内湾の海中であった。 ・約七万年前になると、各河川が山地を侵食して運ぶ砂礫のため、東郷湾の奥部は次第に浅くなった。 ・約五万~三万年前のウルム氷期になると、海岸線が数回にわたって大きく後退した。 一説によると、一時は海面が100メートル以上も低下したという。 また、東郷湾の周辺では河川のたい積作用や、大山の火山活動による中部・上部火山灰などによって、次第に陸地化していったとみられる。 ・ウルム氷期の終結後、今から約五千年前に海水面が再び上昇した。 この時期が縄文時代にあたることから、この現象を「縄文海進」と呼んでいる。 この海進で、当時の海水面は現在より六~七メートルは高かったと推定されている。 現在の町域の平野部は大半が海面下にあったことになる。 ・やがて縄文海進が終わると、海水面は再び低下して陸地化するとともに、内湾では各河川が運搬する砂礫で埋め立てられ、現在の平野ができ始めた。 また、日本海の湾口部では、風波によるたい積でできた沿岸州が西から東へと成長して内湾をふさぎ、海から分離する兆しを見せた。 沿岸州は、現在の北条砂丘、長瀬砂丘のもとになる地域で、その上には新しい砂層がたい積していった。 約二千年前までのことである。 ・約二千年前以降、沿岸州の背後(南側)では、天神川が運ぶ土砂がたい積して三角州的は平野を形成した。 現在の羽合平野である。 ・このようにして、羽合平野が形成されるとともに、海跡湖としての東郷湖が形づくられていったものであろう。 東郷湖に流入する舎人川・東郷川・羽衣石川・埴見川などの運搬・たい積作用で平野が発達し、湖は次第に狭められ、今に近い形に変わっていったと推定される。 1) 現在の東郷池周辺の地形をみると、馬ノ山、御冠山、大平山に囲まれ、平坦な羽合平野が周囲に広がり、日本海に面した海岸は砂浜が多いことから、昔の東郷湾時代の様子が想像できます。 現在の東郷池周辺地図 現在の東郷池は、舎人川・東郷川・羽衣石川・埴見川などから水が注ぎます。 橋津川を通じて日本海につながっており、淡水と海水が混じる汽水湖です。 生息する魚は、ギンブナなどの淡水魚、シラウオなどの汽水域に生息する魚、アユなどの遡上魚が混在するのが特徴です。 海産魚も混じります。 5月上旬にコノシロのへい死回収に参加しましたが、コノシロは海産魚の1つです。 また東郷池は、冬には多くの渡り鳥が渡来する場所です。 湖面は、鳥獣保護区に指定されており、鳥獣の保護を図るために狩猟が認められない区域です。 東郷池周辺には公園が整備され、ランニングやウォーキング、グランドゴルフをする人を見かけます。 この風光明媚な東郷池で、池の成り立ちを感じながら、スポーツを楽しんだり野鳥観察をしてみませんか。 記事内の背景地図等データは、国土地理院の電子国土Webシステムから配信されたものであり、カシミール3Dソフトで作成しています。 1)東郷町誌編さん委員会『東郷町誌』、鳥取:勝美印刷、昭和63年、20頁ー25頁。

次の