歯を白くするペン。 ホワイトニングペンで歯が白くなる?口コミでおすすめホワイトニングペン人気ランキング6選!

歯を白く!自宅でできる方法から歯医者さんのホワイトニングまで紹介

歯を白くするペン

画像出典:amazon. com 商品名:DentaPro Professional Teeth Whitening Pens. 11 Ounce 「ホワイトニングペン」の代名詞ともなっているのが、このデンタプロのホワイトニングペン。 文句なしの知名度と漂白効果です。 デンタプロのホワイトニングペンのホワイトニングペンの特長は何と言ってもこれ。 なお日本ではこの成分を含むホワイトニング歯磨き粉は販売禁止のため、個人輸入で購入する必要があります。 日本では過酸化尿素など歯の漂白効果がある薬剤は歯科医師の診断と処方を通さないと入手できないんですね。 日本人の歯は欧米人に比べて薄いと言われており、人によっては沁みるかも。 大抵の人は歯ぐきに触れさえしなければ良いと思います。 あとは歯の表面に細かいヒビがあるとそれも沁みる原因になるので注意しましょう。 コンパクトで持ち運び可能 ホワイトニングペンの最大のメリットですよね。 持ち歩ける。 デンタプロのホワイトニングペンは自宅や外出先で歯を白くできるため非常に楽です。 デンタプロのホワイトニングペンはほんの数回の利用で漂白効果が見られる、と言われています。 オフィスや外出先で1日に1〜2回このペンを使用すると、ほんの数回の利用で4トーン〜8トーンほど白くできます。 外出先でも漂白できるのはかなり楽ですよ。 薬剤の漏れを防止する仕組みつき デンタプロのホワイトニングゲルは鞄の中などに入れておいても、ホワイトニングの液体が漏れにくい液体になっています。 今までのホワイトニングペンでもそう言った問題が多かったと思います。 ペン部分は強力な「ねじり機構」を採用。 ブラシチップを通してゲルを歯の方向に押して使用します。 2位:ゴースマイル プロフェッショナル オンザゴー アドバンスト ホワイトニングペン 画像出典:amazon. com 商品名:Go Smile Professional On The Go Advanced Teeth Whitening Pen Go Smileも家庭用のホワイトニング領域では世界的に有名なメーカー。 ホワイトニングペンも、デンタプロについでかなりの人気ぶりです。 ホワイトニング効果 ゴースマイルのホワイトニングペンは、ホワイトニングの薬剤gあ歯に深く浸透し歯を安全に、かつ徹底的に白くすると言う、強めの触れ込みで売られています。 また爽やかなミントの香りとともに歯の汚れをきれいに溶かします。 白い健康的な笑顔を維持できるように、汚れの再付着を防ぐ効果もあり。 ゴースマイルのホワイトニング製品も法律上の制限があり、日本では取り扱いがされていませんので、個人でAmazonから購入する必要あり。 なお、1位のデンタプロは「歯に沁みるかも」と書きましたが、こちらも同様に沁みる可能性が高いです。 その点は気を付けましょう。 簡単な操作 ゴースマイルのホワイトニングペンは食事や着色汚れが気になる飲料などを飲んだ直後、または1日に2回の使用でOK。 ホワイトニングペンの上のダイヤルを回して、柔らかいブラシの先端からホワイトニングジェルが出て歯の表面を均一に覆います。 奥歯などフラッシングが届きにくい箇所にも美白の効果を得ることができます。 3位:ボディマジック ホワイトニングペン 日本で売られているボディマジックと言うブランドが満を持しての3位。 日本販売品は良くも悪くも漂白成分を法律で配合できないため、「汚れを落とす」だけのものになるのです。 その中にあって、ボディマジックのホワイトニングペンは汚れを浮かせて落とすと言う役割はしっかりと担ってくれ、さらに日本で最も人気のあるホワイトニングペンの1つです。 なので3位。 なおこのボディマジックもアメリカ製なので米国FDA認可済みではあります。 ホワイトニング効果とメリットは? ボディマジックのホワイトニングペンのホワイトニング効果は「汚れを浮かせて落とす」部分にあります。 漂白効果はありません。 配合成分の洗浄剤である「 亜塩素酸Na」が汚れを落としてくれます。 ホワイトニングペンとしては確実な効果が期待できます。 またペン型デンタルホワイトニング剤のため、使い方が非常に楽。 塗ってブラッシングするだけです。 当然ながら携帯にも便利で、出勤中でも外出中でもかんたんに、ブラッシングで理想の美白に近づけます。 4位:ハイスマイル ティース ホワイトニングペン 画像出典:int. hismileteeth. com 商品名:HiSmile Teeth Whitening Pen ハイスマイルのホワイトニングペンも、世界的に相当に有名です。 こちらは主にセレブ愛用とかそう言った部分で有名なんですね。 もちろんセレブやモデルの多くに選んで貰うためには効果が弱いものであるわけはないので、きちんとしたホワイトニング効果や便利さが評価されていると言う事です。 いつでもどこでも持ち運べて、楽にスピーディに使えるように設計されたポケットサイズのホワイトニングペン。 さらにハイスマイルのホワイトニングペンは他の「いかにも薬剤なデザイン」の他のホワイトニングペンと違い、おしゃれで、ついつい持ち運んで人に見せたくなるシンプルなデザイン。 ハイスマイルのホワイトニングペンの効果• わずか1分で歯を白くし、不要な汚れを取り除く• 1分の使用で効果を発揮する• 白さが長続きする• 定期購入が可能• 歯に沁みない• 重炭酸ナトリウム 重曹 配合で汚れを落とす• 亜塩素酸ナトリウム 洗浄剤・漂白成分 で歯を白くする ハイスマイルのホワイトニングペンも日本では販売されていません。 なぜハイスマイルを4位にしたのかと言うと、漂白成分が歯のホワイトニング剤に多い過酸化水素や過酸化尿素ではなく、亜塩素酸ナトリウムだからです。 これは洗浄剤としての側面が強いため、漂白効果は非常に弱いのです。 その分、漂白成分を多分に含むホワイトニングペンよりは歯に沁みにくいものになっており、歯の薄い日本人でも使いやすくなっています。 5位:オーラグロウ ティース ホワイトニングペン 画像出典:Amazon. com 商品名:AuraGlow Teeth Whitening Pen オーラグロウもホワイトニング製品では世界的に信頼されているブランド。 オーラグロウのコンパクトでポータブルなホワイトニングペンは、自宅でも外出先でも職場のお昼休みでも、簡単に歯を白くすることができます。 強力なホワイトニング成分 オーラグロウの特長は何と言っても、過酸化尿素の濃度35%を含むホワイトニングゲルでしょう。 コーヒー、ワイン、コーラ、紅茶、喫煙などから歯の表面の汚れを分解して除去し、歯を漂白します。 日本では販売が禁止された漂白成分ですが、個人輸入と言う事で自分でAmazonから購入する分には問題無し。 またこのホワイトニングペンには嬉しい事に、15種類以上の美白トリートメントが含まれています。 ホワイトニングジェルは、漏れを防ぐタイプのもので、ペン装置は使用するたびにゲルをブラシ先端を通して押し出すために強いねじり機構を採用。 ジェルは毎回爽やかな笑顔のためにクールなミント風味になります。 オフィスでも外出先でも、1日に1-2回このホワイトニングペンでホワイトニングを出来ます。 持ち運びが楽なだけでなく非常に簡単にホワイトニング出来るため、おすすめ。 濃度を守って使用すれば問題ありませんが、その点はお気を付けを。 6位:ブライターホワイト ティース ホワイトニングペン 画像出典:brighterwhite. com 商品名:BrighterWhite Teeth Whitening Pen• 安全かつ効果的に歯を明るくし、汚れを取り除きます。 ホワイトニングペンを使う事で、歯が白くなり、自信を持って笑顔で、より鮮やかに、若く見えます• ミント風味• ポータブルできて便利• 漏れを防ぐ安全設計• 約10回分の薬剤が含まれています ホワイトニングペンとは?? ホワイトニングペンとは、 ペンの先から歯のホワイトニング用のジェルが出るようになっているペン型のホワイトニング用の器具のこと。 ジェルはそのまま歯に塗布します。 自宅だけでなく、外出先、勤務先のお昼休みなど、場所も時間も選ばず簡単にホワイトニングできる様になる事を目的としたホワイトニング製品。 日本国内より海外で販売されているホワイトニングペンの方が種類が豊富。 日本は法律上、歯科医師がいない場で使うホワイトニング製品には漂白成分をほぼ入れられない ステインを落とす成分、例えば洗浄剤などならOK と言う事になっており、 効果の面では漂白成分をしっかり配合できる海外製品に軍配が上がります。 ですからホワイトニングペンは海外製品をできればご自身で購入する事が望ましい。 (その場合、自動的に「個人輸入」とみなされるので問題ありません。 むしろ結構色んな人がやってます) 日本製のホワイトニングペンのいい所とは? やはり「歯に優しい」ところですかね。 歯に沁みない。 海外製は漂白成分の濃度が高いものだと、歯は白くなるでしょうが、歯に沁みる場合があります。 うっかり歯ぐきに薬剤がついてしまおうものなら 結構ありがち 、かなり痛いです。 私も個人輸入で色んな薬剤を試してきたので、何度も歯ぐきにも付きましたし、私の歯は若い頃の不摂生によって細かい見えないヒビがあるらしく 笑 、 過酸化水素などの漂白用の薬剤が歯に少し沁みます。 別に激痛みたいな痛みはありませんが。 ちょっとだけ。 その点、日本製のホワイトニングペンは漂白成分は未配合ですが、歯にその分沁みないのでそこが良きです。

次の

歯を白く!自宅でできる方法から歯医者さんのホワイトニングまで紹介

歯を白くするペン

黄ばんだ歯を白くしたい、明るく白い歯になりたいと誰もが憧れますよね。 話すときも歯を見せないように気にしている方もいるのではないでしょうか?また「歯を白くしたい!」と思い、必要以上に磨いていませんか?その行動が歯の黄ばみの原因かもしれません。 歯は主体となる象牙質を覆うようにエナメル質があり、磨き過ぎはエナメル質を削ることにつながります。 エナメル質が無くなってしまうと、もともと黄みを帯びている象牙質がむき出しになり逆効果となります。 歯を白くする方法はいくつかあります。 この記事では、簡単にできる歯を白くする方法や注意点を紹介しています。 自信を持って笑うことが出来るように、ぜひ参考にしてください。 それぞれ費用面や所要時間などを考えて、自分に合ったやり方を試してみましょう。 変化をなかなか感じられない場合は、歯が黄ばむ原因に合っていない対策をしているのかもしれません。 歯医者さんに相談してみましょう。 自宅で歯を白くする方法 1-1 まずは定番!ホワイトニング専用歯磨き粉で白くする 歯を白くしたいけど歯医者さんでホワイトニングをするほど費用はかけられない、そんな方におすすめなのが、専用の歯磨き粉を使って白くするやり方です。 また、歯をコーティング出来るフッ素の成分が入った洗口剤やジェル状の歯みがき剤を、ホワイトニング用歯磨き粉の後に使うと相乗効果が期待できます。 ホワイトニング用歯磨き粉は、成分に研磨剤が含まれていることが多く、磨き過ぎは歯の表面のエナメル質を傷つける可能性があります。 使用頻度はメーカーの説明書きに沿うようにし、力加減は強すぎないようにしましょう。 500円程度の商品もあるので、歯の部分的な汚れが気になる方は気楽に試してみることができます。 また、たくさん擦れば白くなるというわけではないので注意しましょう。 擦り過ぎは、歯を白くするどころかエナメル質が削れ、黄ばみが強まる可能性があります。 持ち運びができて塗りやすい使い勝手なので、忙しい人でも継続しやすいでしょう。 費用としては、1本あたり2000~5000円程度が目安です。 メーカーによって薬剤の成分が異なるので、安全について配慮されているか確認して使用しましょう。 塗るのは1度のみで、30分待ってから水で洗う手順の商品もあります。 毎日の食事で歯に色が付いてしまうので、クリーニングだけで白くなったと感じる方も多いです。 歯石や歯垢の処置もするので、虫歯予防にもなります。 ただし、もともとの歯の色より白くしたい場合はホワイトニングを検討しましょう。 2-2 ホワイトニングで白くする方法 ホワイトニングには主に2種類あります。 ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングです。 自宅で好きな時間にホワイトニングできるので、昼間は仕事などで通院できない方でも大丈夫です。 自由診療なので歯医者さんによって料金設定に幅があり、何週間続けるかによっても費用は異なります。 目安として1~3万円程度で受けられる場合が多いでしょう。 1本当たりの値段ではなく、全体的に白くすることが可能なのでオフィスホワイトニングよりも経済的負担は軽く済みます。 短期間で白さをた実感しやすいため、急な結婚式などにも対応できます。 ホワイトニングの効果に関しては を参照下さい。 2-3 ラミネートベニアで白くする ラミネートベニアとは、歯の表面を少しだけ削り、そこにネイルチップのような人工の歯を貼り付ける治療法です。 変色した歯や、形が不自然な歯の治療に使われることが多く、色がきれいなため芸能人で見かけることも多いです。 歯を白くしたあとの注意点と持続させるポイント 大事なポイントは着色のある食べ物に気をつけることです。 ホワイトニング直後の48時間以内は色が付きやすく、カレーやコーヒーなど着色が強い食べ物は控えることをおすすめします。 食べ物以外では、タバコや葉巻などにも注意しましょう。 ホワイトニング後に白さを保つには、毎日のセルフケアがポイントです。 基本となるのは歯磨きです。 白い歯にしたとしても、毎日の歯磨きをサボってしまうと汚れは蓄積されていきます。 また、いくら食べ物や飲み物に気をつけていても、加齢による変色もあります。 年齢と共に肌や髪に変化が現れるように、歯の色も変化していきます。 理由としては、歯のエナメル質が薄くなるから、エナメル質の下にある象牙質の色が濃くなるから、飲食にともなう着色が深層に蓄積するから、などと考えられています。 まとめ 手軽に歯の白さを目指す方法はいくつもあります。 自宅でできる方法は、歯を本来より白くするのではなく、汚れてしまった歯を綺麗にすることが主な目的です。 色の変化を感じられない場合、その方法が合っていないのかもしれません。 逆効果になっていないか、このまま続けて良いか、より良い方法はあるかなど、専門家である歯医者さんに相談しましょう。 QAサイトも参考にしてください。 自分でおこなって失敗してしまった場合のリスクだけでなく、費用・効果・メンテナンスの手軽さでみると歯医者さんでのホワイトニングをおすすめします。

次の

歯を白く!自宅でできる方法から歯医者さんのホワイトニングまで紹介

歯を白くするペン

自宅で簡単にホワイトニングができる 【ホワイトニングペン】という商品があるのをご存知ですか? 歯医者さんでホワイトニングをすると数万円かかってしまうホワイトニングですが、ホワイトニングペンは自宅で安く気軽に歯を白くできるアイテムとして人気と注目を集めているホワイトニンググッズです。 審美歯科大国アメリカではドラッグストアで様々なホワイトニンググッズが並んでいますが、近年日本でもその数は徐々に増えてきており、ホワイトニングペンも注目アイテムの一つとして位置付けられます。 今回は、ホワイトニングペンの種類と効果の違い、その使い方についておすすめ商品も含めて詳しく紹介していきます! スポンサードリンク このページの目次• ホワイトニングペンとは? ホワイトニングペンとは、そもそもどんなものなのでしょうか。 着色汚れが落ちる仕組みと値段などを見てみましょう。 塗るだけでホワイトニングができるペン ホワイトニングペンは、ペン先からジェルのようなホワイトニング剤を歯に塗ることで歯の黄ばみや着色汚れを落としてくれる効果のある ペンタイプのホワイトニンググッズのことを意味しています。 マウスピースなど特別なものも必要なく、ペンのようなスリムな本体でいつでもどこでもホワイトニングを行うことができます。 日本で販売されている代表的なものには、食品添加物として指定されていている漂白剤の一つである亜鉛水素ナトリウムが含まれており、その薬剤の効果によって歯を白くするという仕組みです。 日本とアメリカの商品の違い アメリカで販売されているホワイトニングペンはほとんどが「 過酸化水素ジェル」が使用されており、歯の漂白効果の非常に高い「過酸化水素」を含んだホワイトニング剤を使用して歯を白くします。 アメリカでは市販商品に含むことが許可されているため、ホワイトニングペンだけに限らず、ジェルやテープ、歯磨き粉などにも過酸化水素が含まれています。 しかし、 日本ではそれが許可されていませんので、ホワイトニングペンはもちろん他のグッズも過酸化水素は含まれていません。 自宅で過酸化水素で歯を漂白したい場合、歯医者さんでホームホワイトニングキッドを購入し持ち帰って使用するしか方法がありません。 そのため、歯を白くするという効果については歯医者さんのホワイトニングに比べたらどうしても劣ってしまいます。 どうしてもアメリカの商品が使いたい方は個人輸入や現地で購入する方法がありますが、日本では販売許可されているものではありませんので十分理解した上で購入するようにしましょう。 筆者の調べだと、どんなに高くても1個4,000円以上はしないものがほとんどです。 ドラッグストア・アマゾン・楽天などで手軽に買えるので、歯磨きでは落ちないひどいステイン汚れにお悩みの方は一度試してみると良いかもしれません。 ホワイトニングペンの使い方 それではホワイトニングペンの使い方と見ていきましょう。 使い方はいたって簡単。 「 ジェルを塗って時間をおいて、ブラッシングしてゆすぐ」というシンプルなものがほとんどです。 代表的な商品の使い方を詳しく順番に見ていきましょう。 歯磨き粉を使わず歯をブラッシングをする• ペン先でジェルを歯の表面に塗り15分程度放置する• ジェルを拭き取り、歯磨き粉を使用せずにブラッシングをする• これを1日2回を目安に1ヶ月程度繰り返し行う ホワイトニングペンの効果 上記のように少し手間がかかりそうなホワイトニングペン。 その効果が一番気になるところです。 果たしてどのくらい白くなるものなんでしょうか。 表面のクリーニング効果 亜鉛水素ナトリウムの力で表面を磨く効果があり、着色汚れ(ステイン)を浮かせて剥がし 自分の本来の歯の白さまで戻すことが可能です。 ただし、あくまで表面のエナメル質に付着した汚れにしか効果はありませんので、歯の内部まで染まってしまった着色を元に戻すことはできません。 歯の汚れには、• 表面に付着している汚れ• 内部まで歯そのものが染まっている着色 の2種類があります。 これを「ホワイトニング効果」と呼んでいるのです。 歯の表面長い年月をかけて付着した汚れや加齢などによって歯そのものが変色してしまっている場合、ペンなどではなく歯医者さんでのホワイトニングで歯そのものを染めることでしか白くすることはできません。 効果が出やすい人の特徴 上記の「 クリーニング効果」が期待できるのは、• コーヒーなどのステイン汚れ• タバコのヤニ汚れ などが原因の着色にお悩みの方です。 これらの汚れに対して、ホワイトニングペンで効果を実感できる可能性が高いでしょう。 しかし、最初から歯を真っ白にする目的で使用すると少しものたりないかもしれません。 効果的な使い方 ホワイトニングペンは、上記のように歯を漂白する効果は低いですがクリーニング効果には優れている商品です。 研磨成分なども含まれず歯を削らないクリーニング方法であるため、歯医者さんでのホワイトニングを行ったあとに 色戻り防止のメンテナンスのためのセルフケアとして取りいれるのがおすすめ。 歯医者さんのホワイトニングは必ず色戻りが起こり、半年に1度はメンテナンスのためのホワイトニングが推奨されています。 その色戻りを防ぐためには、日々の着色汚れを撃退してくれるホワイトニングペンは有効なアイテムになります。 参考価格:2,484円(税込)• 内容量: step1 3ml 、step2 3ml• 原産国:アメリカ 世界市場販売ナンバーワンのブランドが販売しているベストセラーのホワイトニングペン。 亜鉛水素ナトリウムが使用されており、自宅では手に入りづらい シェードガイド付きで楽しく記録しながら白い歯を目指せます。 1の地位を築いたブランドです。 経過日ごとに白くなったことを確認できます。 2、(Step2)を上塗りする。 3、乾かした後、ブラッシングする。 amazon. 薬剤を飲み込まない 放置している間にうっかり薬剤を飲み込まないように十分注意しましょう。 亜鉛水素ナトリウムは食品安全委員会の調べでは、人体に影響の出る1日の摂取量の目安は0. 45mg以上摂取しないように結論付けています。 ホワイトニングペンに含まれる含有量は当然それよりも少なく安全性が高いので基本的に心配はありませんが、なるべく薬剤を飲み込まないように使用しましょう。 もちろん、 小さいお子様には使用しないでください。 他のホワイトニンググッズとの併用に注意する 他のホワイトニンググッズと併用するときは、よく注意しましょう。 セルフホワイトニンググッズには、 研磨性の高いものや洗浄成分の強いものなども多く販売されていますので、他のものをいくつも併用して効果を高めようとしても、逆に エナメル質を傷つけてしまったり歯を痛めてしまう原因になります。 いくつ併用してもホワイトニンググッズは本来の白さ以上に真っ白になるわけではありませんので、それをしっかり覚えておいてくださいね。 根気よく続ける ホワイトニングペンは1度の使用で劇的に変化が見込まれるものではないということを覚えておいてください。 大抵は2週間〜1ヶ月位を効果のでる目安の期間としています。 安価で白い歯を目指す代わりに、根気よく続けることが大切です! ペンで塗るのが面倒、という方は、値段は少し高くなりますが直接歯ブラシにつけてブラッシングするホワイトニングジェルを使用してみるのも続けやすいという点では良いかもしれませんので、併せて検討してみてください。 まとめ ホワイトニングペンはペン先のジェルで歯の表面の汚れを浮かせて落とすクリーニング効果の期待できるホワイトニンググッズです。 日本では漂白効果のあるものは販売されていませんが、クリーニング効果は期待できます。 ホワイトニング後の色戻り防止のメンテナンスなどの目的で使用するのがおすすめです。 真っ白になると過度な期待で購入するのは禁物ですので注意してください。

次の