相撲 の 結果。 大相撲速報

大会日程|高等学校 ロボット相撲 新人選手権

相撲 の 結果

できごと [ ] 1月 [ ]• - 【大相撲】日本相撲協会は、臨時の評議員会を開き、理事で巡業部長を務める 元横綱 の理事解任を全会一致で決議。 なお、相撲協会の理事が解任されるのは初めてで、貴乃花親方は役員待遇の委員に2階級の降格となる。 - 【大相撲】日本相撲協会は、立行司のが、2017年12月の冬巡業中に10代の行司に対してセクハラ行為を行ったと発表した。 【大相撲】日本相撲協会は臨時理事会を開き、2017年の冬巡業中にセクハラ問題を起こした40代式守伊之助に対し、出場停止3場所の処分を下した。 なお、これに先立ち、伊之助は協会に辞職願を提出したが、協会側は処分が明ける5月場所後に受理するとしている。 【大相撲】元幕内が現役を引退し、年寄・29代を襲名した。 同時に、28代小野川親方(元幕内・)は年寄・21代へ名跡変更し、20代音羽山親方(元幕内・)が日本相撲協会を退職した。 【大相撲】元幕内が、現役を引退した。 - 【大相撲】日本相撲協会は1月場所のの合格者9名を発表した。 - 【大相撲】横綱が、1月場所を5日目から両足親指の負傷のため途中休場することが決定した。 白鵬の休場は2場所ぶり7回目。 - 【大相撲】横綱が、1月場所を6日目から胸部の負傷のため途中休場することが決定した。 稀勢の里の休場は5場所連続6回目。 横綱の5場所連続休場は、2002年11月場所から2003年9月場所まで6場所連続で休場した武蔵丸以来、15年ぶり。 - 【大相撲】十両が、無免許で自動車を運転し、追突事故を起こしたとに報道された。 大砂嵐は1月3日に長野県内で無免許運転をした疑いが持たれており、1月場所は1月22日の9日目から途中休場することが決まった。 - 【大相撲】で2014年9月に、所属していた力士が弟弟子を殴打する傷害事件があったことが判明した。 元所属力士は2016年に、傷害罪で有罪判決が確定している。 - 【大相撲】1月場所は14日目に、西前頭3枚目のの初優勝が決定した。 平幕優勝は2012年5月場所の旭天鵬以来約6年ぶりで、1場所15日制定着以降では20回目となった。 - 【大相撲】3月場所の番付編成会議が行われ、十両昇進7名(うち再十両5名)と、引退力士14名を発表した。 2月 [ ]• 【大相撲】西岩親方(元関脇・)がから分家独立し、を創設した。 【大相撲】日本相撲協会役員候補選挙の立候補受け付けが行われ、理事候補選挙(定数10)に11人 、副理事候補選挙(定数3)に4人 がそれぞれ立候補を届け出た。 - 【大相撲】日本相撲協会役員候補選挙の投開票(投票総数101)が行われ、理事候補10人 と副理事候補3人 が決定した。 - 【大相撲】錦島親方(元関脇・)のが、両国国技館で行われた。 - 【大相撲】日本相撲協会が3月場所の番付を発表した。 3月 [ ]• - 【大相撲】横綱が、左胸の怪我のため3月場所を休場することが決定。 稀勢の里の休場は6場所連続7度目で、2003年9月場所まで休場した武蔵丸以来、約15年ぶりに横綱が6場所連続で休場することになった。 【大相撲】横綱が、左足親指の怪我のため3月場所を休場することが決定。 白鵬は自身初めてとなる2場所連続休場となった。 【大相撲】日本相撲協会は理事会で、1月3日に内で中に追突事後を起こし、2月に違反でされたに対し引退勧告処分を決定。 - 【大相撲】日本相撲協会は3月場所のの合格者43名を発表した。 【大相撲】十両のがこの日の取組後に支度部屋で、自身の付け人を暴行した。 貴公俊は謹慎のため、翌日から3月場所を休場した。 【大相撲】日本相撲協会は、で2017年9月から2018年1月まで、兄弟子から弟弟子への暴力行為があったことを発表した。 - 【大相撲】3月場所は14日目に、横綱の8場所ぶり4回目の幕内最高優勝が決定した。 - 【大相撲】元十両のが引退した。 - 【大相撲】日本相撲協会が評議員会を開き、新しい理事、外部理事、監事、評議員を選任した。 その後、理事会を開いて理事長を互選し、現職の八角理事長(元横綱・)が選任された。 - 【大相撲】5月場所の番付編成会議が行われ、十両昇進3名(うち再十両1名)と、引退力士4名を発表した。 - 【大相撲】日本相撲協会は、3月場所中に暴行問題を起こした貴公俊に対し、出場停止1場所の処分を決めた。 貴公俊の師匠の貴乃花親方(元横綱・)は、貴公俊の監督責任に加えて、3月場所中に無断欠勤があったため2階級降格の処分となった。 2017年9月から2018年1月にかけて弟弟子に対する暴力行為があった峰崎部屋の力士も出場停止1場所となり、峰崎部屋師匠の峰崎親方(元幕内・)は2ヶ月間の減給10パーセントの処分となった。 4月 [ ]• - 【大相撲】二子山親方(元大関・)がから分家独立し、を創設した。 - 【大相撲】この日・で行われた大相撲場所で長が土俵上での挨拶中に倒れ、のため土俵に上がった女性たちに対し「女性の方は土俵から降りてください」と行司により複数回アナウンスがなされる出来事があり、 巡業における救命体制や「」との問題点が日本国内はもとより海外にも記事が配信され、国際的に批判を浴びた。 - 【大相撲】親方(元幕内・)が年寄・に、親方(元幕内・)が年寄・に、それぞれ名跡変更した。 - 【大相撲】日本相撲協会が5月場所の番付を発表した。 5月 [ ]• 【大相撲】横綱が、5月場所を初日から休場することが決まった。 稀勢の里の休場は7場所連続8回目で、横綱の7場所連続休場は年6場所制以降では最長であり、貴乃花以来約16年ぶり2回目となった。 【大相撲】元幕内のが現役を引退した。 - 【大相撲】日本相撲協会は5月場所のの合格者12名を発表した。 - 【大相撲】元幕内のが現役を引退した。 - 【大相撲】5月場所9日目から、大関が休場したため、1959年9月場所以来、約59年ぶりに全大関休場に伴う大関不在となった。 なお、大関は初日から休場していた。 - 【大相撲】元十両のが現役を引退した。 - 【大相撲】小結が、この日付けで年寄名跡「」を継承(取得)した。 - 【大相撲】5月場所はこの日で千秋楽となり、横綱の2場所連続5回目の優勝が決まった。 鶴竜の連覇は初めて。 【大相撲】日本相撲協会は番付編成会議と臨時理事会を開き、関脇の大関昇進を決定した。 栃ノ心はヨーロッパ出身者として3人目の大関となり、「親方の教えを守り、力士の手本となるように稽古に精進します」と口上を述べた。 【大相撲】7月場所の番付編成会議が行われ、十両昇進3名(うち再十両1名)と、引退力士14名を発表した。 再十両昇進が決まったはこれで9度目の十両昇進となり、須磨ノ富士の8回を抜いて史上最多記録更新となった。 - 【大相撲】日本相撲協会は、立行司・の辞職願を5月28日付で受理したと発表した。 6月 [ ]• - 【大相撲】 日本相撲協会評議員会が、前議長の任期満了に伴い議長の互選を行い、が新議長に就任した。 - 【大相撲】 日本相撲協会が7月場所の番付を発表した。 - 【大相撲】 日本相撲協会は、7月場所の新弟子検査を、受検者が0人のため中止すると発表した。 7月 [ ]• - 【大相撲】横綱が7月場所を休場することがこの日に発表された。 稀勢の里の休場は8場所連続となり、横綱の連続休場としては史上ワーストとなった。 - 【大相撲】 横綱が7月場所4日目の取組前に右足の故障を理由にこの日より休場。 なお、協会宛の休場の届け出が当日の14時頃だったため、審判部は既に組んでいた5日目の取組割を変更する割り返しを急遽行った。 - 【大相撲】 横綱が7月場所6日目より休場。 これにより3横綱時代としては1999年3月場所以来となる全横綱 休場という事態となった。 - 【大相撲】7月場所において、西関脇が13勝目を挙げ幕内最高優勝を決め、出身力士としては現行の優勝制度が確立した夏場所以降初の優勝を果たすとともに生まれの日本出身力士としても初優勝となった。 日本出身力士の賜杯獲得はの横綱稀勢の里以来8場所ぶり。 - 【大相撲】9月場所の番付編成会議が行われ、十両昇進4名(全員が再十両)と、引退力士6名を発表した。 再十両昇進が決まったは、明治以降では初めて、三役経験者が三段目への陥落を経験した後の十両復帰となった。 8月 [ ]• - 【大相撲】 貴乃花親方が、秋田で行われていた夏巡業の朝稽古中、倒れて救急搬送された。 原因については公表されず。 - 【大相撲】 日本相撲協会が9月場所の番付を発表した。 9月 [ ]• - 【大相撲】日本相撲協会は9月場所のの合格者5名を発表した。 - 【大相撲】9月場所14日目に、横綱の5場所ぶり41回目の優勝が決まった。 白鵬はこの日の取組に勝ったが、この白星が幕内通算1000勝目になった。 - 【大相撲】 9月場所千秋楽恒例となる選考委員会が開催され、日本相撲協会審判委員並びに相撲担当記者による投票に於いてすべての賞で過半数を得た候補力士がいなかったため、三賞が1947年11月場所から制定されて以後、初となる『 三賞全て該当者なし』となった。 - 【大相撲】 貴乃花親方が日本相撲協会に対し、年寄の引退届ならびに相撲協会の退職届、貴乃花部屋所属の力士らの転籍願を提出。 - 【大相撲】11月場所の番付編成会議が行われ、十両昇進3名(うち再十両1名)と、引退力士16名を発表した。 - 【大相撲】日本相撲協会は、三役格行司・の、12月25日付での立行司・41代昇格を決定した。 10月 [ ]• - 【大相撲】 日本相撲協会が臨時理事会を開催し、年寄貴乃花光司の退職並びに貴乃花所属力士・構成員(呼出、世話人)のへの所属変更を承認した。 これにより貴乃花部屋が消滅した。 - 【大相撲】日本相撲協会が11月場所の番付を発表した。 11月 [ ]• - 【大相撲】横綱白鵬と鶴竜が11月場所を休場することが決定。 白鵬は同年4回目、鶴竜は2回目の本場所休場となる。 - 【大相撲】日本相撲協会は11月場所のの合格者4名を発表した。 - 【大相撲】11月場所で横綱稀勢の里が、1931年1月場所の以来約87年ぶり、1場所15日制となって以降初となる初日からの4連敗を喫する。 【大相撲】横綱稀勢の里が、11月場所5日目から休場することを発表、同場所は横綱不在となる。 【大相撲/不祥事】は、所属の幕下力士が、同月9日にので、の知人の車を酒気帯び運転し物損事故を起こしたとして、同力士を書類送検した。 - 【大相撲/不祥事】日本相撲協会は、道路交通法違反で書類送検された大嶽部屋の幕下力士について、検察から車をガードレールにぶつけ警察に報告しなかった違反につき罰金2万円の処分が科され、酒気帯び運転は処分に問われなかったことを発表。 - 【大相撲】元幕内・が現役を引退し、年寄「」を襲名した。 - 【大相撲】この日に千秋楽を迎えた11月場所は、小結が13勝2敗で初優勝した。 小結の優勝は約18年ぶりで、22歳3ヶ月での初優勝は年間6場所制以降の入門者では6番目の年少記録、初土俵から所要26場所は同じく史上4位タイのスピード記録となった。 - 【大相撲】は横綱稀勢の里に対し、成績不振を理由に「激励」を史上初めて決議した。 - 【大相撲】2019年1月場所の番付編成会議が行われ、十両昇進2名(全員が再十両)と、引退力士7名を発表した。 - 【大相撲/不祥事】日本相撲協会は、弟子の元幕下力士(28日までに引退届が受理された)の監督責任として、師匠の大嶽親方(元十両・)に6ヶ月間の減給20パーセントの処分を行った。 元力士本人は引退済みのため処分されなかった。 12月 [ ]• - 【大相撲/不祥事】日本相撲協会は、平幕の貴ノ岩が前日の12月4日に巡業先の福岡県内の宿舎で、付け人の弟弟子を殴ってケガを負わせたと発表。 - 【大相撲/不祥事】平幕の貴ノ岩が暴行事件について、日本相撲協会の危機管理委員会の聴取を受けたうえで、事件の責任を取り引退の意向を表明、相撲協会はこれを受理したことを発表した。 - 【大相撲】日本相撲協会は、相次ぐ暴行問題を受けて両国国技館で理事会を開催。 暴力再発防止策を協議し「暴力禁止規定」ならびに「力士の暴力に対する処分基準」を策定、理事会はこれを承認した。 同日午後からは十両以上の関取を対象に「付け人に関する特別研修会」も実施した。 - 【大相撲】日本相撲協会が2019年1月場所の番付を発表した。 競技結果 [ ] 大相撲 [ ] 本場所 [ ] 一月場所(初場所) [ ] ()を会場に、初日の2018年から千秋楽のまでの15日間開催された。 番付発表は(平成28年)。 番付発表は。 番付発表は。 番付発表は。 本会場では2018年4月から3年間の契約で、本拠地として利用しているバスケットボール・がを取得した為、会場名が「ドルフィンズアリーナ」に変更され、表でも命名権の名称が表記されたが、大阪と同様、第83条(NHKにおける禁止規定)が適用された為、開催中は命名権行使が停止され、愛知県の条例に基づく正式名称で使用される。 番付発表は。 - 第63回奉納大相撲(・伊勢神宮相撲場)• 幕内トーナメント優勝:• - 大相撲場所(・東美濃ふれあいセンター)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(兵庫県・宝塚市立スポーツセンター総合体育館)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲富士山場所(・)• - 大相撲場所(静岡県・東遠カルチャーパーク総合体育館さんりーな)• - 大相撲場所(・伊那市民体育館)• - 大相撲雷電場所(長野県・)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(・川崎市とどろきアリーナ)• - 第26回 大相撲場所(神奈川県・)• 幕内トーナメント優勝:• - 大相撲上州場所(・)• - 奉納大相撲(東京都・靖国神社相撲場)• - - 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(東京都・)• - 大相撲場所(東京都・)• - 大相撲場所(東京都・)• - 大相撲場所(・取手グリーンスポーツセンター)• - 越谷市制60周年記念 大相撲場所(埼玉県・) 夏巡業 [ ]• - 大垣市制100周年記念 水の都 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(・滋賀県立武道館)• - 大相撲場所(・勝山市体育館ジオアリーナ)• - 南加賀大相撲巡業(・)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲雪国場所(・湯沢カルチャーセンター)• - 大相撲場所(新潟県・)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲青山学院場所(・青山学院記念館)• - 大相撲場所(・たつのこアリーナ)• - 大相撲場所(・白河市総合公園中央体育館)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(・奥州市総合体育館)• - 復興・大相撲りくぜんたかた場所(岩手県・)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲十勝場所(・)• - 大相撲場所(北海道・)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲立飛場所(東京都・)• - 大相撲旗挙げ場所(・三島市民体育館)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(埼玉県・)• - 大相撲場所(東京都・) 秋巡業 [ ]• - 大相撲東京場所(・)• - 大相撲場所(・太田市運動公園市民体育館)• - 大相撲場所(・足利市民体育館)• - 第6回大相撲場所(・)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(・東伊豆町立体育センター)• - 大相撲富士山山梨場所(・アイメッセ山梨)• - 市制75周年記念事業 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(・四日市市中央緑地体育館)• - 大相撲場所(愛知県・)• - 大相撲場所(・)• - 泉佐野市市制施行70周年記念 大相撲場所(・J:COM末広体育館)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲くれは場所(大阪府・)• - 大相撲場所(・鳥取県立倉吉体育文化会館)• - 大相撲場所(・きびじアリーナ)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(・阿南市スポーツ総合センター)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲安芸場所(広島県・)• - 大相撲場所(・) 冬巡業 [ ]• - 大相撲場所(・)• - 大相撲もち吉場所(・直方市体育館)• - 大相撲場所(福岡県・)• - 大相撲京築場所(福岡県・行橋市民体育館)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(・延岡市民体育館)• - 大相撲阿蘇場所(・高森町民体育館)• - 大相撲場所(熊本県・合志市総合センター ヴィーブル)• - 宇土市市制施行60周年記念 熊本地震復興祈念 大相撲場所(熊本県・ecowin宇土アリーナ)• - 大相撲吹上場所(・吹上浜公園体育館)• - 大相撲場所(鹿児島県・)• - 大相撲場所(福岡県・)• - - 大相撲沖縄場所(・)• - 大相撲場所(・)• - 大相撲場所(埼玉県・総合体育館)• - 大相撲・牛久場所(・霞ヶ浦文化体育会館) トーナメント大会 [ ]• 第42回(・)• 幕内トーナメント優勝者:(初優勝) その他 [ ]• 第51回(・) 昇格 [ ]• 大関 - が昇進() 引退相撲興行 [ ]• 引退襲名披露大相撲(・)• 第70代横綱 日馬富士引退断髪披露大相撲(・) 断髪式 [ ]• 親方(元幕内)断髪式(・) その他 [ ]• 2019年1月場所番付発表() 死去 [ ]• NHK 2018年1月4日• 日刊スポーツ. 2018年1月5日. 2018年1月13日閲覧。 東京新聞. 2018年1月13日. 2018年1月13日閲覧。 スポニチアネックス. 2018年1月13日. 2018年1月13日閲覧。 スポニチアネックス. 2018年1月13日. 2018年1月13日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年1月14日. 2018年1月26日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年1月18日. 2018年1月26日閲覧。 朝日新聞. 2018年1月19日. 2018年1月26日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年1月21日. 2018年1月26日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年1月22日. 2018年1月26日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年1月24日. 2018年1月26日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年1月27日. 2018年1月28日閲覧。 産経ニュース. 2018年1月31日. 2018年2月11日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年2月1日. 2018年2月11日閲覧。 届け出順に、八角親方(元横綱・)、尾車親方(元大関・)、鏡山親方(元関脇・)、春日野親方(元関脇・)、阿武松親方(元関脇・)、山響親方(元幕内・)、出羽海親方(元幕内・)、高島親方(元関脇・)、芝田山親方(元横綱・)、境川親方(元小結・)、貴乃花親方(元横綱・)• 届け出順に、錣山親方(元関脇・)、花籠親方(元関脇・)、井筒親方(元関脇・)、藤島親方(元大関・)• 毎日新聞. 2018年2月1日. 2018年2月11日閲覧。 毎日新聞. 2018年2月2日. 2018年2月11日閲覧。 得票数順に、高島親方(12票)、八角親方、鏡山親方、境川親方(以上11票)、尾車親方、芝田山親方(以上10票)、春日野親方、出羽海親方(以上9票)、山響親方、阿武松親方(以上8票)が当選し、貴乃花親方(2票)が落選した。 得票数順に、井筒親方(31票)、藤島親方(30票)、花籠親方(26票)が当選し、錣山親方(14票)が落選した。 日刊スポーツ. 2018年2月2日. 2018年2月11日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年2月3日. 2018年2月11日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年2月4日. 2018年2月11日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年2月26日. 2018年3月10日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年3月8日. 2018年3月10日閲覧。 スポニチアネックス. 2018年3月9日. 2018年3月10日閲覧。 産経ニュース. 産経デジタル 2018年3月9日. 2018年3月9日閲覧。 毎日新聞. 2018年3月12日. 2018年3月31日閲覧。 中日スポーツ. 2018年3月19日. 2018年3月31日閲覧。 毎日新聞. 2018年3月19日. 2018年3月31日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年3月18日. 2018年3月31日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年3月24日. 2018年3月31日閲覧。 SANSPO. COM. 2018年3月26日. 2018年3月31日閲覧。 毎日新聞. 2018年3月27日. 2018年3月31日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年3月27日. 2018年3月31日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年3月28日. 2018年3月31日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年3月29日. 2018年3月31日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年3月29日. 2018年3月31日閲覧。 - 産経ニュース 2018年4月6日• SANSPO. COM. 2018年4月20日. 2018年5月9日閲覧。 毎日新聞. 2018年5月1日. 2018年5月9日閲覧。 毎日新聞. 2018年5月11日. 2018年5月30日閲覧。 デイリースポーツ. 2018年5月11日. 2018年5月30日閲覧。 時事ドットコム. 2018年5月13日. 2018年5月30日閲覧。 日本経済新聞. 2018年5月14日. 2018年5月30日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年5月22日. 2018年5月30日閲覧。 SANSPO. COM. 2018年5月25日. 2018年5月30日閲覧。 中日スポーツ. 2018年5月28日. 2018年5月30日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年5月27日. 2018年5月30日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年5月30日. 2018年5月30日閲覧。 日本経済新聞. 2018年5月30日. 2018年5月30日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年5月31日. 2018年6月28日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年6月13日. 2018年6月28日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年6月25日. 2018年6月28日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年6月28日. 2018年6月28日閲覧。 朝日新聞. 2018年7月5日. 2018年7月22日閲覧。 ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 2018年7月11日. 2018年7月12日閲覧。 ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. 2018年7月13日. 2018年7月13日閲覧。 産経WEST. 産経デジタル 2018年7月21日. 2018年7月21日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年7月25日. 2018年8月14日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年7月26日. 2018年8月14日閲覧。 スポーツ報知. 2018年8月21日. 2018年8月22日閲覧。 毎日新聞. 2018年8月27日. 2018年8月27日閲覧。 産経新聞. 2018年9月9日. 2018年12月1日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年9月22日. 2018年12月1日閲覧。 日本語. 神戸新聞社. 2018年9月23日閲覧。 日テレNEWS24 2018年9月25日• 産経新聞. 2018年9月26日. 2018年12月1日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年9月27日. 2018年12月1日閲覧。 Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. 2018年10月1日. 2018年10月1日閲覧。 産経新聞. 2018年10月29日. 2018年12月1日閲覧。 産経新聞. 産経デジタル 2018年11月8日. 2018年11月15日閲覧。 スポニチアネックス. 2018年11月11日. 2018年12月1日閲覧。 ニッカンスポーツ. 日刊スポーツ新聞社 2018年11月14日. 2018年11月15日閲覧。 Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 2018年11月15日. 2018年11月15日閲覧。 サンスポ. 産経デジタル 2018年11月15日. 2018年11月20日閲覧。 Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 2018年11月20日. 2018年11月20日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年11月23日. 2018年12月1日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年11月25日. 2018年12月1日閲覧。 SANSPO. COM. 2018年11月26日. 2018年12月1日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年11月29日. 2018年12月1日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年11月29日. 2018年12月1日閲覧。 産経新聞 2018年12月5日• 読売新聞 2018年12月07日• スポーツニッポン 2018年12月7日• 報知新聞 2018年12月20日• 毎日新聞. 2018年12月25日. 2019年1月15日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年1月25日. 2018年1月26日閲覧。 伊勢志摩経済新聞. 2018年4月2日. 2018年5月9日閲覧。 産経ニュース. 2018年4月2日. 2018年5月9日閲覧。 刊 『』 2018年5月号(夏場所展望号) 69~70頁• 毎日新聞. 2018年4月6日. 2018年5月9日閲覧。 山陽新聞. 2018年4月12日. 2018年5月9日閲覧。 北海道新聞. 2018年4月7日. 2018年5月9日閲覧。 産経ニュース. 2018年4月12日. 2018年5月9日閲覧。 中日新聞. 2018年4月10日. 2018年5月9日閲覧。 信濃毎日新聞. 2018年4月10日. 2018年5月9日閲覧。 信濃毎日新聞. 2018年4月11日. 2018年5月9日閲覧。 刊 『』 2018年5月号(夏場所展望号) 75頁• 産経ニュース. 2018年4月24日. 2018年5月9日閲覧。 タウンニュース. 2018年4月20日. 2018年5月9日閲覧。 毎日新聞. 2018年4月17日. 2018年5月9日閲覧。 産経ニュース. 2018年4月16日. 2018年5月9日閲覧。 朝日新聞. 2018年4月19日. 2018年5月9日閲覧。 2018-04-26. タウンニュース. 2018年5月9日閲覧。 スポニチアネックス. 2018年4月21日. 2018年5月9日閲覧。 毎日新聞. 2018年4月23日. 2018年5月9日閲覧。 毎日新聞. 2018年4月25日. 2018年5月9日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年4月27日. 2018年5月9日閲覧。 岐阜新聞. 2018年7月30日. 2018年8月31日閲覧。 朝日新聞. 2018年7月31日. 2018年8月31日閲覧。 中日新聞. 2018年8月1日. 2018年8月31日閲覧。 朝日新聞. 2018年8月2日. 2018年8月31日閲覧。 北日本新聞. 2018年8月2日. 2018年8月31日閲覧。 新潟日報. 2018年8月4日. 2018年8月31日閲覧。 刊 『』 2018年9月号(秋場所展望号) 21頁• 時事ドットコム. 2018年8月5日. 2018年8月31日閲覧。 スポーツ報知. 2018年8月7日. 2018年8月31日閲覧。 刊 『』 2018年9月号(秋場所展望号) 25頁• SANSPO. COM. 2018年8月9日. 2018年8月31日閲覧。 福島民報. 2018年8月11日. 2018年8月31日閲覧。 毎日新聞. 2018年8月12日. 2018年8月31日閲覧。 河北新報. 2018年8月14日. 2018年8月31日閲覧。 岩手日報. 2018年8月15日. 2018年8月31日閲覧。 岩手日報. 2018年8月16日. 2018年8月31日閲覧。 刊 『』 2018年9月号(秋場所展望号) 33頁• 日刊スポーツ. 2018年8月19日. 2018年8月31日閲覧。 毎日新聞. 2018年8月20日. 2018年8月31日閲覧。 産経ニュース. 2018年8月21日. 2018年8月31日閲覧。 時事ドットコム. 2018年8月29日. 2018年8月31日閲覧。 伊豆新聞. 2018年8月24日. 2018年8月31日閲覧。 日本経済新聞. 2018年8月24日. 2018年8月31日閲覧。 毎日新聞. 2018年8月25日. 2018年8月31日閲覧。 SANSPO. COM. 2018年8月27日. 2018年8月31日閲覧。 毎日新聞. 2018年4月15日. 2018年5月9日閲覧。 中日新聞. 2018年7月4日. 2018年7月22日閲覧。 山梨日日新聞. 2018年5月30日. 2018年6月28日閲覧。 春日井市公式ホームページ• 日本相撲協会公式サイト• 中京テレビ• 北國新聞イベントガイド• キョードー大阪• 池田くれはロータリークラブWEBページ• 日本海新聞. 2018年5月23日. 2018年5月30日閲覧。 サンメッセ香川• 徳島新聞. 2018年6月5日. 2018年6月28日閲覧。 高知新聞. 2018年6月4日. 2018年6月28日閲覧。 愛媛新聞. 2018年6月16日. 2018年6月28日閲覧。 毎日新聞. 2018年4月13日. 2018年5月9日閲覧。 西日本新聞. 2018年6月20日. 2018年7月22日閲覧。 毎日新聞. 2018年7月28日. 2018年8月14日閲覧。 TKU テレビ熊本• 産経ニュース. 2018年9月21日. 2018年9月21日閲覧。 2018年7月25日閲覧。 読売新聞. 2018年7月30日. 2018年8月14日閲覧。 琉球新報. 2018年7月25日. 2018年8月14日閲覧。 2018年8月31日閲覧。 SANSPO. COM. 2018年2月11日. 2018年2月11日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年2月10日. 2018年2月11日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年6月3日. 2018年6月28日閲覧。 時事ドットコム. 2018年1月13日. 2018年1月13日閲覧。 朝日新聞. 2018年8月14日. 2018年8月14日閲覧。 朝日新聞. 2018年10月9日. 2018年10月9日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

大会日程・結果|一般社団法人 石川県相撲連盟

相撲 の 結果

相撲・格闘技 中野たむとジュリアが王座決定戦へ スターダム []• プロレス [7月17日 22:14]• プロレス [7月17日 21:42]• ボクシング [7月17日 20:53]• 大相撲 [7月17日 19:44]• 大相撲 [7月17日 19:08]• 格闘技 [7月17日 19:01]• 大相撲 [7月17日 18:12]• 大相撲 [7月17日 15:26]• 大相撲 [7月17日 13:07]• 大相撲 [7月17日 12:52]• 大相撲 7月場所の懸賞本数が大幅減少へ コロナで企業打撃 []• 大相撲 [7月17日 19:44]• 大相撲 [7月17日 19:08]• 大相撲 [7月17日 18:12]• 大相撲 [7月17日 15:26]• 大相撲 [7月17日 13:07]• 大相撲 [7月17日 12:52]• 大相撲 [7月17日 8:14]• 大相撲 [7月16日 18:37]• 大相撲 [7月16日 18:00]• 大相撲 [7月16日 8:54]• プロレス 中野たむとジュリアが王座決定戦へ スターダム []• プロレス [7月17日 22:14]• プロレス [7月17日 21:42]• プロレス [7月14日 0:39]• プロレス [7月13日 16:48]• プロレス [7月13日 0:51]• プロレス [7月13日 0:01]• プロレス [7月13日 0:00]• プロレス [7月12日 8:38]• プロレス [7月11日 21:34]• プロレス [7月11日 21:29]• ボクシング 井上尚弥のいとこ浩樹が引退表明「第2の人生を」 []• ボクシング [7月17日 20:53]• ボクシング [7月16日 21:30]• ボクシング [7月16日 21:13]• ボクシング [7月16日 20:02]• ボクシング [7月16日 11:06]• ボクシング [7月15日 18:18]• ボクシング [7月14日 11:24]• ボクシング [7月13日 22:19]• ボクシング [7月12日 18:28]• ボクシング [7月12日 17:59]•

次の

大会日程・結果|一般社団法人 石川県相撲連盟

相撲 の 結果

大相撲では、これまでに力士と親方の合わせて7人が新型コロナウイルスに感染したことが明らかになっていて、このうち、ことし5月には、高田川部屋に所属していた三段目の勝武士が新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため28歳で亡くなりました。 こうした中、日本相撲協会は、ことし5月下旬から先月中旬にかけて高田川部屋に所属する協会員を除いて、検査を希望した力士や親方などの協会員、合わせて891人に対しウイルスに感染したことがあるかを調べる「抗体検査」を実施しました。 その結果、検査を実施した人のうち5人が抗体を保有していたということです。 この5人のうち4人はPCR検査を受けた結果「陰性」で、残る1人も現時点では治癒しているとみなすことができるとして、相撲協会によりますと、いずれも本場所の出場に支障はないということです。 八角理事長は「このたびの抗体検査は、協会員が自発的に検査を受け、意義があり7月場所に向けて稽古に専念できる環境が整いました。 1人の力士が亡くなったことは痛恨の極みであり今後、絶対にそのような事態に陥らないよう協会員の健康管理・感染防止を徹底する所存です」とコメントしています。 相撲協会では、今月13日に臨時理事会で抗体検査の結果などを踏まえて7月場所の開催について正式に決定する方針です。 今月19日から予定されている大相撲7月場所を前に、横綱 白鵬が取材に応じ「現役の横綱は2人。 やっぱり土俵にいることが意味がある」と意欲を見せました。 ことし3月の春場所で43回目の優勝を果たした横綱 白鵬は、6日、報道陣の電話での取材に応じ、「今はやれることをやっている。 このごろ、また新規感染者が増えていっているのがいちばん怖い」と率直な心境を話しました。 白鵬は、先月から所属する宮城野部屋でぶつかり稽古をして調整しているということで、「いよいよという感じですね。 ずっと体作りとか準備はずっとしてきたので、あしたからでも稽古ができるという感じです」と近況を話しました。 一方で、相撲協会が出稽古を禁止していることから、「それがちょっと難しい。 今までないので、そのまま場所を迎えるのはちょっと想像できないね」と今後の調整への戸惑いも見せました。 7月場所に向けては、「今、現役の横綱2人ですから。 やっぱり土俵にいることが意味がある。 無観客は3月にも経験しているので、経験を生かしてやっていきたい」と意欲を見せていました。 去年の名古屋場所以来となる優勝を目指す横綱 鶴竜は、6日、電話での取材に応じ、「場所に向けてどういう状況でどうなるか分からないが、ベストを尽くしてやるしかないですね」と異例の状況の中でも平常心を強調しました。 鶴竜は、場所に向けて相撲を取る稽古を近く始める予定だとしていますが、ほかの部屋の力士と稽古を行う「出稽古」はできない状況が続いています。 これについて鶴竜は「やはり当たり前にやってきた出稽古ができないというのはちょっと不安がある」と調整の難しさを明かしました。 それでも2週間後に迫った7月場所に向けて、「楽しみにしているファンもいるので、そこは変わらずに意識して相撲を取りたい」と意欲を示していました。

次の