こちらこそ ビジネス。 「こちらこそ」の正しいビジネスシーンで使い方の使い方と例文集

間違いも多い敬語「こちらこそ」の意味・使い方と例文・注意点

こちらこそ ビジネス

今回は「こちらこそ」の意味と、ビジネスメールにおける正しい使い方についてご紹介していきます。 ビジネスメールや商談などで「こちらこそ」というフレーズを用いる場面があるかと思いますが、果たしてこの「こちらこそ」という表現は正しいのでしょうか?また、同じような使い方で「こちらの方こそ」、または「こっちこそ」や「こっちの方こそ」という言い回しもされていますよね。 その是非について見てみましょう。 ビジネスメールで「こちらこそ」を使うのは誤りではない 結論として、ビジネスメールや商談など、ビジネスの場で「こちらこそ」という言葉を使うのは誤りではありません。 むしろ、相手が言った言葉に対して「自分も感謝しています」という気持ちを伝えられるため、好まれる場合があります。 こちらこそ・・・の意味は、自分の気持ちの大きさを示す事 「こちらこそ」という言葉に含まれる「こそ」という助詞は、一般的に「それを取り立てて、強く支持する意を表す」用法の係助詞とされています。 ですから「こちらこそ」という言葉をつける事により、自分の気持ちの方が相手の気持ちよりもずっと大きい事を表現できるのです。 相手の感謝や挨拶のあとに使う場合が多い 相手から感謝の言葉や挨拶を告げられた際に「こちらこそありがとうございます」や「こちらこそよろしくお願いします」と述べます。 これはメールのやりとりでよくあるかと思います。 たいていの場合、 相手:本日はありがとうございました。 といった形で切り返すのではないでしょうか。 また、社内でもよく耳にするでしょう。 いい勉強になりました! 上司:おう、こちらこそありがとう。 明日もよろしく頼むな。 といった具合に「こちらこそありがとう」という言葉は、社内外問わず、さらに言えば仕事でもプライベートでも目にする日本語でしょう。 ビジネスの場で適切な表現・使い方を確認しよう 「こちらこそありがとうございます」や「こちらこそよろしくお願いします」といった形で、「こちらこそ」という表現を用いるのが誤りではない事が分かりましたね。 では、似たフレーズで「こちらの方こそ」や「こっちこそ」というものがありますが、どの表現・使い方が正しいのでしょうか?確認してみましょう。 「こちらの方こそ」を使う人は多いが… ビジネスメールや商談で、さりげなく「いえいえ、こちらの方こそ…」という表現を使う人は非常に多いようです。 あまりにも多くの人が使っているため、新入社員も真似するみたいですね。 ところが、この「こちらの方こそ」には意外なリスクがあるのです。 「方」について厳しく見る人も多いので注意 こちらの方こそ、という場合に気になるのが「方」という言葉です。 こちらこそ、で済むのにどうして「方」をつけるのでしょうか?これは、一部の人から見ると、誤った日本語表現だと捉える人もいます。 たとえば、 ・お釣りの方をお返しします。 ・メニューの方はお決まりですか。 ・荷物の方を預かりましょうか。 ・お皿の方下げますね。 ・スマホの方はお持ちですか。 など、あらゆる場面で使われている「方(ほう)」というフレーズ。 上記はいずれも、正しい日本語ではない、との指摘がしばしばされていますよね。 したがって「こちらの方こそ」についても同様に言えるでしょう。 シンプルに「こちらこそ」で済むのですから「こちらの方こそ」にする必要はない、と考える人が多いのです。 特に目上の人に対してそのような印象を持たれたら損ですよね。 言い回しには気をつけてみましょう。 ただし、社内ルールで「こちらの方こそ」を使うように定められているケースもあるかもしれません。 あるいは、先ほど述べたように慣習として「こちらの方こそ」が定着している可能性もあります。 「方」を使うのは誤り、というのは一説によるものですから、ビジネスメールを送る時は、臨機応変に相手の様子を考えながら送りましょう。 「こっち」はNG!ビジネスメールでは「こちら」で統一 なお「こっちこそ」や「こっちの方こそ」は、ビジネスメールで使うのに適切ではありません。 こっちではなく、こちらと言うのが正しい表現です。 口頭の場合には、思わずこっちと言ってしまう事もあるでしょうが、ビジネスメールでは「こちらこそ」と言う習慣を身につけましょう。 「こちらこそありがとう」の気持ちを上手に伝える方法とは? ビジネスメールで、こちらこそありがとうございます、と挨拶を述べる機会は多いわけですが、その「こちらこそありがとう」の気持ちを上手に伝えるためには、注意すべきポイントがあります。 見ていきましょう。 しかし、実はビジネスメールにおける「こちらこそありがとうございます」について、失礼だと思う人もいるのです。 「とんでもございません」をの前に書くのもOK ビジネスメールで、失礼なく「こちらこそ」を伝えるためには「こちらこそありがとうございます」と書く前に、一言「とんでもございません」などの言葉によって、相手の感謝を一旦否定しておくのも一つの手です。 要するに「こちらこそありがとうございます」などのフレーズをビジネスメールで使う時には、一度相手からの感謝を否定(謙遜)し、その上で感謝の内容を省略せずに書くというのが大きなポイントとなりますね。 嬉しい気持ちや高い意欲、楽しみにしている旨などを挨拶の前後に置けば、同じ「こちらこそよろしくお願いします」という言い回しでも、より丁寧な印象になるでしょう。 目上の人に伝えるときは、相手をしっかりたてる 当たり前の事ですが、目上の人にビジネスメールを送信する時は、あくまでも相手をたてることに気を配りましょう。 ただ「こちらこそ」と書くのではなく、目上の人を敬っているのが明確に分かるようにするのがベストです。 なお、相手を立てるのは目上の相手に限らず、様々な場面で、折衝能力として大変役に立つでしょう。 基本は、相手をたてる事です。 ビジネスメールの「こちらこそ」には感謝を伝える意味があり、前置きを入れるとさらに良い! ビジネスメールにおける「こちらこそ」や「こちらの方こそ」というフレーズの意味、正しい使い方についてご紹介してきました。 繰り返しになりますが、こちらこそという言葉は非常に使い勝手がよいメリットがありつつも、その言葉を受ける人によっては不快感につながるリスクもある言葉です。 なので、こちらこそありがとうとか、こちらこそよろしくお願いしますという言い回しを使う時には、相手に不快感を与える文章になっていないかを、よく確認しましょう。 特に目上の人には礼儀正しく、マナーを守ったビジネスメールを送りたいものですから、十分に注意しましょう。

次の

「こちらこそ」のビジネスでの意味や目上への正しい使い方・例文を解説

こちらこそ ビジネス

「こちらこそ」の失礼のない正しい使い方の一つは、「同じ意見」を表現したい時になります。 そのため、特定の意見ではなかったとしても、相手が言及している考えと自分の考えが一致しているときに、「こちらこそ」を正しい使い方で使用できます。 相手側が「ありがとうございました」と自分や自分の会社に対して言ってきた時に、「こちらこそ」で自分や自分の会社も「同じように」相手に感謝していることを失礼なく、表現できることになります。 この正しい使い方をマスターすれば、「こちらこそ」を適切に使えます。 相手の考えと同じ考えを表現したい時に、正しい使い方として「こちらこそ」を使用しましょう。 「こちらこそ」という言葉の正しい使い方がされているので、違和感のない会話ができます。 「こちらこそ」の失礼のない正しい使い方は、「同じ意見」を言う時ですが、同じ意見であったとしても「上回る気持ち」を伝えたい時に、「こちらこそ」を使用することができます。 相手が「ありがとうございました」と感謝をしてきた時に、相手よりも深い感謝を伝えたいと感じて、「こちらこそありがとうございました」や「こちらこそ本当にありがとうございました」という「こちらこそ」の失礼のない正しい使い方をすることができます。 この失礼のない正しい使い方で「こちらこそ」を会話に取り入れれば、相手と同じ意見を伝えることができるだけでなく、相手よりも上回る気持ちを表現できます。 「こちらこそ」の、この正しい使い方で感情表現が豊かになるはずです。 「こちらこそ」が正しい使い方で使用されている例文の一つが、「こちらこそお世話になりました」です。 「こちらこそお世話になりました」という例文の「お世話になりました」には、「面倒をみてもらいました」という意味があります。 しかし、この例文には「お世話になりました」と「こちらこそ」が同時に使用されているため、相手側が自分たちに対して面倒見てもらったと感じている時に、自分たちも面倒を見てもらったことへの感謝を表現していることになります。 「こちらこそ」の使われているこの例文で、持ちつ持たれつの関係を表現することができます。 どちらかに依存しているのではなく、お互い支え合うことを表現することのできる便利な例文です。 「こちらこそ」が使われている例文の一つに、「こちらこそありがとう」があります。 「こちらこそありがとう」の後に、「ございます」や「ございました」を付け足すことによって、自分も感謝をしている事を表現できます。 「こちらこそありがとうございます」では、現在自分が感謝をしているのを表現できるのに対し、「こちらこそありがとうございました」では、過去の出来事に関して感謝をしていることになります。 どちらであったとしても、「こちらこそ」が自然な言い回しで使用されています。 相手だけではなくて、自分にも感謝をする理由があると感じているのであれば、迷うことなく「こちらこそありがとうございました」を使っていきましょう。 就活している時にも「こちらこそ」を会話の中に積極的に取り入れることができます。 就活している時には、目上の人に対して失礼にならない言葉遣いをしなければならない、という注意点を忘れてはなりません。 そのような緊張する就活をしている時であったとしても、「こちらこそ、本日はお忙しいにもかかわらず、お時間を頂き誠にありがとうございます」と言うことができるでしょう。 「こちらこそ」が使われた、非常に深い敬意が示されている例文です。 「こちらこそ」が使われているこの例文を使用すれば、就活に携わっている目上の人に対する敬意と感謝を同時に表現することができるようになります。 自分のイメージアップをはかるためにも大切な、「こちらこそ」の使い方になります。

次の

ビジネスメールで使う「こちらこそ」の注意点

こちらこそ ビジネス

Topics• 「こちらこそ」の意味 「こちらこそ」はひらがなで表示するのが一般的ですが、漢字では「此方こそ」と書きます。 「こちら」は一人称の人代名詞であり、話し手自身、もしくは話し手側をさす言葉です。 そして「こそ」は係助詞で、強調する意味があります。 この「こちら」と「こそ」が合わさった「こちらこそ」は、「わたし(わたしたち)の方が」という意味になります。 「こちらこそ」は相手からの感謝やお詫びに対して、自分からも相手に同じことを伝えようとする際に用いる言葉です。 また、相手からの感謝やお詫びは本来であれば自分から相手に言うべき内容である、というような意味合いも含まれます。 「こちらこそ」は敬語なのか 「こちらこそ」はビジネスメールや会話の中でよく使われる言葉ですが、「こちらこそ」自体は敬語ではありません。 しかし、その後に続く文章を敬語にすることで、目上の人や顧客先にも用いることができる表現です。 例えば「こちらこそ、弊社までご足労下さいましてありがとうございました」など、他の敬語と合わせて使います。 また、「こちらの方こそ」と「方」をつけて使う人がたまにいますが、この使い方は誤りです。 「~の方」という表現はあくまで方向を指し示しており、「こちらの方」という表現は正しい日本語ではありません。 「方」とつけるクセがついてしまっている人は、目上の人や顧客先に対して用いる場合には「こちらの方こそ」と言わないように注意しましょう。 【スポンサードリンク】 「こちらこそ」の目上の人やビジネスメールでの使い方 会話やビジネスメールなどで用いることができる「こちらこそ」という表現ですが、相手が目上の人や顧客先の場合は使い方に注意が必要です。 と言うのも、「こちらこそ」は先に相手が感謝や謝罪を伝え、自分は相手からのアクションにのっかる形になるからです。 自分よりも立場が上の人に対しては、本来であれば自分から先に気持ちを伝えるのがビジネスの通常です。 もし目上の人からお礼などを言われた場合は、「こちらこそ」と簡略的に述べることは避けましょう。 また、人によっては「こちらこそ」と言われることで「感謝や謝罪の気持ちを当然のことと受け止められた」と思う人もいます。 相手が目上の人の場合は相手を立てて、自分をへりくだるのがマナーです。 相手から感謝や謝罪を言われたらまずは一度「とんでもございません」と相手からの気持ちを断り、その上で改めて「こちらこそ」と自分の気持ちを伝えるようにしましょう。 「こちらこそ」の例文 「こちらこそ」は主に相手からの感謝や謝罪に対する返答として使います。 また、それ以外にも挨拶代わりに用いる場合もあります。 ここでは、これらのパターンに分けて例文をご紹介していきます。 相手からの感謝に対して使う「こちらこそありがとうございます」 相手の感謝に対して返答する場合、「〇〇していただき」など感謝の気持ちを具体的に示すと、相手により感謝の意を伝えることができます。 先ほど説明した通り、相手の感謝に対して謙遜の気持ちを込めて、「とんでもございません。 こちらこそ…」と「とんでもございません」を冒頭につけて使うのも相手を立てる言い方になります。 相手:「先日は弊社までお越しくださり、ありがとうございました。 」 自分:「こちらこそ、貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございました。 」 相手からの謝罪に対して使う「こちらこそ申し訳ございません」 謝罪をする時は、「こちらこそ」と簡略的に返答するのではなく、何に対して謝罪をしているのかを具体的に示すとより良いでしょう。 相手:「こちらのミスでご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ございません。 」 自分:「とんでもございません。 当方の確認が不足していたことが原因かと存じます。 こちらこそ、誠に申し訳ございませんでした。 」 相手からの挨拶に対して使う「こちらこそよろしくお願いします」 何かを始める時などに「こちらこそよろしくお願いします」と挨拶すると自分の意欲や前向きな気持ちが相手に伝わります。 相手に好印象を持たせることができるので、ビジネスでは積極的に使うと効果的なフレーズです。 相手:「明日の会議の件、宜しくお願いしますね。 」 自分:「こちらこそ、精一杯頑張らせていただきます。 ご指導、ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 」 相手からの挨拶に対して使う「こちらこそお世話になりました」 顧客先や同僚など、同じ業務を一緒に行った相手から「お世話になりました」と言われることはよくあります。 そんな時はお互いの労をねぎらう気持ちで「こちらこそ」と返答をするようにしましょう。 相手:「先日のプロジェクトでは大変お世話になりました。 」 自分:「こちらこそ、〇〇さんには長時間にわたってお世話になり、改めてお礼したいと思っていたところでした。 」 まとめ 「こちらこそ」は相手からの感謝や謝罪の気持ちを受けて返答する時に使う言葉です。 「こちらこそ」自体は敬語ではありませんが、敬語とともに使うことで目上の人や顧客先に対しても用いることができます。 ただし、使い方によっては相手に失礼になる可能性もあるため、その時々の状況に応じて表現方法を変える必要があります。

次の