クイズ レット 使い方。 英単語などの暗記にオススメのアプリ「Quizlet(クイズレット)」をご紹介します

暗記の強い味方!単語学習ツールQuizlet使うべき理由とおすすめの使い方

クイズ レット 使い方

Quizletとは 自分専用の 暗記カードを作成できるサイトです。 忘れてしまったりイメージしにくい単語をカードにして学習できます。 エクセルで暗記カードを作る まとめて編集して暗記カードを作ることができます。 エクスポート エクスポートをクリックします。 単語と意味の間に指定した文字列を挿入できます。 今回はExcel上でカードを編集したいので、カンマを挿入します。 テキストをコピーします。 Windowsの場合、メモ帳を開いて貼り付けます。 csv形式で保存します。 インポートしたいExcelの表からコピーします。 コピーした表を貼り付けます。 ここで"用語と定義のあいだ"からタブを選択します。 "作成する"をクリックします。 このようなエラーが出るはずです。 もう一度、"作成する"をクリックします。 まとめ さらにQuizletは画像を挿入したり、音声を録音することもできます。 「ああ、この単語の意味なんだっけ」と思ったときはぜひ気軽に自分の単語帳を作成してみてはいかがですか。

次の

【すぐわかる!】『Quizlet クイズレット:語学と語彙を単語カードで学ぶ』

クイズ レット 使い方

どうもこんにちは、むらくもです。 皆さんは、勉強のアプリを使っていますか? 今ではさまざまなアプリがあります。 そこで今回は、単語カードで勉強できる、「Quizlet クイズレット」を紹介したいと思います! スポンサーリンク 1. 「Quizlet クイズレット」とは ・発売元:Quizlet Inc. ・価格:無料 アプリ内課金あり このアプリでは、単語カードを使って勉強することができます。 単語カードは、自分が作ったものや、他の人が作ったもので勉強することができます。 勉強方法としては、単語カードを見るだけでなく、小テストのようなものから、タイムトライアルのようなものまであります。 このアプリの良い点 ・単語カードを使って勉強できる 勉強の方法として、単語カードを使う勉強法があります。 その単語カードの勉強を、このアプリ一つで行うことができます。 手軽に勉強することができます。 ・他人の作った単語カードで勉強できる 単語カードは、自分が作ったものだけでなく、他人の作った単語カードで勉強することができます。 なので、作成するのが面倒と思っても、勉強することができます。 ・さまざまな勉強方法がある このアプリで勉強するときに、色々な機能があるので、さまざまな勉強ができます。 ただ単語カードを見る勉強や、テスト機能など、さまざまな勉強方法に対応しています。 このアプリをオススメする人 ・クイズや受験の勉強で、知識を身に付けたい人 このアプリでは、知識を蓄えるのにもってこいです。 クイズや受験の勉強などに使えるので、そういう勉強がしたい人にはオススメです。 まとめ このアプリで、知識を得ることができます。

次の

【例題あり】盛り上がるクイズ問題の作り方|基本の3ステップとおさえるべきコツ

クイズ レット 使い方

単語カード• 音声チャレンジ• テスト• マッチ• グラビティ 1. 単語ガード 単語カードはフラッシュカードのことです。 日本語の意味(問題)があり、それをクリックすると意味(答え)が表示されます。 学習 学習では、単語の意味を選択肢の中から選ぶ問題になっています。 筆記 筆記は絵や英語の意味を見て、日本語の意味を書かせる問題が作れます。 音声チャレンジ 音声チャレンジは音を聞いて、聞いたとおりに入力する練習です。 音声は自動音声もありますが、自分の声を登録することもできます。 自動音声だと、少し変な発音になることもあるので、自分の声を登録しておくと良いでしょう。 テスト テストは答えを書いたり、選択肢の中から選んだりする問題が混在していて、学習したことを復習するのに役立ちます。 「マッチ」は表示された単語や写真の中から、意味がマッチするものを選びます。 タイムも計測されているので、友達と競いながらやると楽しいかもしれません。 一方、「グラビティ」は画面の上から単語が降ってくるので、その単語の意味を入力するゲームです。 早く答えを入力しないと、単語が下に落ちてしまうので、緊張感が味わえます。 Quizletで単語カードを作ってみよう それでは、次のQuizletで単語カードを作る手順を紹介します。 Quizletを使うには無料会員登録が必要です。 まず、Quizletにログインすると画面上部に「作成する」という文字があるのでこちらをクリックします。 すると単語カード作成ページが表示されるので、こちらで単語カードを作っていきます。 単語の入力が全て終わったら、閲覧範囲を設定します。 実はQuizletではクラスという特定の人しか見れないグループを作ることができるので、全ての人に共有したくないのであれば、学生だけを対象に公開することができます。 すると、このように単語カードを作成することができ、筆記練習やテストなどにチャレンジできるようになります。 最後に 今回は日本語教師に役立つアイテム「Quizlet」について、できることや使い方を簡単に紹介しました。 このツールを使えば、わざわざ単語をプリントしなくてもいいですし、勉強したい学生は自分でどんどん勉強してくれます。 一度作ってしまえば、何年でも使えますし、編集も簡単なので、かなり便利です。 日本語教師の方はぜひ活用してみてください。

次の