ご理解のほどよろしくお願いいたします 英語。 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」の意味と使い方とは? ペアで覚えたい「ご了承」との使い分け

ご理解のほどの意味と使い方 類語と例文 英語表現を解説

ご理解のほどよろしくお願いいたします 英語

「ご理解のほどよろしくお願いいたします」の意味 「理解」の意味は、 ・物事の道理を悟り知ること。 意味を飲み込むこと ・人の気持ちや立場がよくわかること となります。 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」は、尊敬を表す接頭語「ご」+「理解」+「する」の謙譲語「いたす」で成り立っています。 「〜のほど」は 断定を避け、表現をやわげる表現です。 「〜のほど」は相手に何かを依頼するとき、してもらうときに使います。 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」は、 「理解してもらえるよう」「理解してくれるよう」ということを意味しています。 「ご理解よろしくお願いいたします」でも十分丁寧な言い方ですが、「ご理解のほどよろしくお願いいたします」とするとより改まった場面などで使うことができます。 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」の使い方 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」は口語だけでなく、ビジネスメールや文書などでも使います。 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」は相手に対して、相手に対してこちらの事情を汲み取ってもらいたい場合に使用し、納得を求める言い方になります。 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」は、主に相手に何かをお願いするときに使います。 何かをお願いする際は、相手に前もって理解をしてもらう必要があります。 なぜなら予め理解してもらわないと、一方的お願いしていることになってしまうからです。 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」を使うことで相手に分かってくださいとお願いをすることになります。 「ご理解」を使った他の言い回し 「ご理解」を使ったその他の言い回し ・ご理解ください ・ご理解いただければ幸いです ・何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます ・ご理解ご協力のほど何卒よろしくお願いいたします ・ご理解していただけますようお願い申し上げます ・ご理解してくださいますようお願いいたします ・ご理解いただけますでしょうか ・ご理解ご了承のほどお願いいたします 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」は目上の人に使える? 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」は敬語ではありますが、顧客や取引先などの社外の目上の人に使うには丁寧さに欠けてしまう言葉です。 あくまでも「ご理解のほどよろしくお願いいたします」は社内の上司に使えるレベルの敬語になります。 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」には、一方的に相手に理解することを強いるようなニュアンスが含まれますので注意しましょう。 では、ビジネスシーンでの目上の人にどうすれば理解してもらいたい旨を伝えることができるでしょうか? 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」の対策方法としては、 ・クッション言葉を付ける ・類語に言い換える の2通りになります。 対策方法について具体的に見ていきましょう。 「了承」という漢字を一つずつ見ると、「理解する」という意味の「了」と「相手の意向を受け入れる」という意味の「承」から成り立っていることがわかります。 「ご了承のほどよろしくお願いいたします」は自分が行ったことに対して、「納得してください」「受け入れてください」という気持ちが含まれた表現です。 「前もってこちらの主張を受け入れてもらいたい、何かあっても悪く思わないでほしい」という意味も含まれています。 「ご了承のほどよろしくお願いいたします」はまだ始まっていないことや、これから始める段階のことに対して許しをもらうときに使う言葉です。 「ご了承のほどよろしくお願いいたします」は「どうかご理解いただき、受け入れてください」といったように、相手に了解・納得を得るために用いられる丁寧な言い回しになります。 何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします。 ・ご依頼の件につきましては貴意に添いかねることになりました。 どうぞご了承のほどよろしくお願いいたします。 ・お返事にお時間をいただく場合がございます、予めご了承のほどよろしくお願いいたします。 ご容赦のほどよろしくお願いいたします 「容赦(ようしゃ)」は 「許すこと」「許容する」という意味になります。 「ご容赦のほどよろしくお願いいたします」といった場合は「過失に対して大目に見て欲しい」という意味が込められます。 また「ご容赦」には、相手の理解を求めると共に謝罪のニュアンスも含まれます。 「ご容赦のほどよろしくお願いいたします」は、比較的軽く申し訳ない気持ちを表現する場合と、近い将来起こると予想される相手にとって都合の悪いことに対して、前もって謝罪する場合に使います。 例文 ・突然の連絡ではございますが、ご容赦のほどよろしくお願いいたします。 お客様にはご不便をおかけいたしますが、ご容赦のほどよろしくお願いいたします。 ・その商品は販売数に限りがありますので、売り切れの際はご容赦のほどよろしくお願いいたします。 お含みおきください 「お含みおきください」は、「(相手に対して)事情をよく理解しておいてほしい」「心に留めておいてほしい」という意味になります。 「お含みおきください」はお願いをするときによく使われる表現です。 「含みおく」のみだと「自身の内に秘めておく」という意味合いになり、自分自身に対しても使うことができますが、 「お含みおきください」とすると、「心に留めておいてください」といった意味合いで、相手に念を押すようなニュアンスが含まれます。 また「お含みおきください」には、「公にできない事情があるからどうか察してください」という意味もあります。 「お含みおきください」は使い方によっては、曖昧な内密な依頼や失礼なお願いだと受け取られてしまう可能性があります。 相手に不快感を与えるような言い方にしないよう気をつけましょう。 例文 ・こちらのチケットは、万が一欠席されたとしても払い戻しができないことをお含みおきください。 ・明日より一週間入院のため不在になりますことをお含みおきください。 ・本日は大雪の影響により、運行状況が悪くなっております。 目的地までの所要時間がいつもよりかかりますことをお含みおきください。 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」の例文 通常の例文 ・工事は10日ほど続きます。 騒音や振動などでご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。 ・ご期待に添うことができず誠に恐縮ですが、あしからずご理解ほどお願いいたします。 ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。 ・貴社におかれましても、いろいろなご事情がおありと存じますが、何卒ご理解のほどお願いいたします。 メールの例 ・明日の会議にはご参加いただけますよう、ご理解のほどよろしくお願いいたします。 ・お返事にお時間をいただく場合がございます。 ご理解のほどよろしくお願いいたします。 ・本案件へのご理解のほどよろしくお願いいたします。 恐れ入りますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。 ・明日から出張に出るため、連絡がつかないことがあるかと思います。 何卒ご理解の穂よろしくお願いいたします。 電話の例 ・先ほど企画書を送らせていただきました。 ご確認の上、ご理解のほどよろしくお願いいたします。 ・ご応募をキャンセルさせていただくことになりましたが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。 ・今回は応募者多数のため貴意に添いかねることになりました。 あしからずご理解のほどよろしくお願いいたします。 ・風邪を引いてしまったのでお休みをいただきます。 恐れ入りますが、どうかご理解のほどよろしくお願いいたします。 「ご理解のほどよろしくお願いいたします」の英語 「ご理解ください」は英語で、 ・I appreciate your understanding. ・Thank you for understanding. と表現します。 「Please understand」では直接的なので、このような言い方をネイティブはしません。 前もっと感謝することで、丁寧で柔らかい依頼を意味します。 英語学習をしたい方へおすすめの書籍 科学的に正しい英語勉強法 こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。 読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。 短期間で英語を会得したい人は一度は読んでおくべき本です!.

次の

ご理解のほどよろしくお願いいたしますって英語でなんて言うの?

ご理解のほどよろしくお願いいたします 英語

このように、相手にとって不利益、または条件がよくない話を持ち出し、その状況を理解し、納得してもらいたい場合に使うことができます。 これには、「その状況が改善できるようにできるだけ頑張りますが、中々難しいので許してほしい」というこちらの誠意と謝罪の意味が含まれます。 「ご理解よろしくお願いいたします。 」と使うこともできますが、これはもう決まってしまった事柄に対して、「そういうことなので受け入れてください。 よろしく」というニュアンスが強く、場合によっては「こちらの都合を聞かずに一方的に決まったのか!」と、相手に不快感を与えます。 「ほど」を挟み込むことによりマイルドな言い回しになり、「聡明なあなたなら、こちらの事情を理解し、きっと許してくださると信じております」という相手の懐の深さを賞賛する印象が出て、尊敬の意味合いが強くなります。 使い方と間違い例 それでは使い方を見ていきましょう。 <例> 「今回のお届け遅延に関して、お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。 」 「明日の電気工事に伴う停電は15時の終了予定です。 ご不便をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。 」 このように、相手に迷惑をかける、自分の側に非がある場合に使われます。 ただし、上司や、目上の人に向けて使う場合は注意が必要です。 現在原因を究明中です。 ご理解のほどよろしくお願いいたします。 」 実は、「私はもう十分わかっている。 そこまで物がわからない人間ではない。 バカにしているのか?」という印象を与えてしまう場合があります。 この場合、「何卒ご了承のほど、よろしくお願いいたします。 」と言い換える方がベターです。 なお、「ご了承」(ごりょうしょう)には上のものが下のものを許すという意味があります。 まとめ 長文の言い回しは難しいですが、覚えておいて損はありません。 「ご了承」とワンペアで覚えて使い分けるといいでしょう。 ビジネスシーンでの表現の幅が広がります。 執筆:山河丸々(さんが まるまる) 海外で外国人に日本語を教えている兼業ライター。 現在はアジア某国在住。 日々生まれてゆく新しい日本語と、日本語能力試験に出る日本語との乖離に悩む。 趣味はB級グルメ食べ歩き。

次の

ご確認お願い致しますの非常に丁寧な英語表現は、覚えてしまおう!

ご理解のほどよろしくお願いいたします 英語

「大変恐縮ですが」の読み方と意味 「恐縮」の読み方は「きょうしゅく」 「恐縮」は「 きょうしゅく」と読みます。 「恐」は音読みで「キョウ」、訓読みで「おそれる・おそろしい」と読みます。 「縮」は音読みで「シュク」、訓読みで「ちぢむ・ちぢまる」と読みます。 「恐縮」の意味は「申し訳なく思い、恐れ入ること」 「恐縮」は「 申し訳なく思い、恐れ入ること」を意味します。 相手に迷惑をかけたり世話になったことに対して、身も縮まるほど申し訳なく思っていることを表します。 「恐縮」には文字通りの「恐ろしくて身が引き締まること、恐れて身が縮まること」という意味もあります。 「恐縮」という言葉は、お礼・謝罪・依頼など色々な場面で使う言葉です。 「大変恐縮ですが」は依頼・お願いで使う 「恐縮」という言葉は感謝やお詫びをする場面でも使いますが、「大変恐縮ですが」という形では依頼・お願いで使うのが基本です。 「大変恐縮ですがご検討の程、よろしくお願いいたします」 「大変恐縮ですがご検討の程、よろしくお願いいたします」は「申し訳ありませんがよく調べて考えてもらうようお願いします」という意味です。 目上の人や取引先の相手に対して、 自分の提案が良いかどうかしっかりと考えて欲しいということを表します。 「ご検討の程、よろしくお願いいたします」でも丁寧な表現ですが、「大変恐縮ですが」をつけることによって相手に申し訳なさを伝えることができるのでよりかしこまった印象を与えます。 ビジネスメールにおいて使われることが多いです。 例文 ・先日の件については以上となります。 大変恐縮ですがご検討の程、よろしくお願いいたします。 大変恐縮ですがご検討の程、よろしくお願いいたします。 「大変恐縮ですがご理解の程、よろしくお願いいたします」 「大変恐縮ですがご理解の程、よろしくお願いいたします」は「申し訳ありませんがご理解してもらえるようお願いいたします」という意味です。 目上の人や取引先の相手に対して、 こちらの事情を推し量ってもらいたい際、納得を求める言い回しとなります。 相手に迷惑をかけるようなことや自分に落ち度がある場合に、「大変恐縮ですがご理解の程、よろしくお願いいたします」を使うことで、相手に丁寧に理解を求めることができます。 大変恐縮ですがご理解の程、よろしくお願いいたします。 ・限定商品につきましては数に限りがございます。 大変恐縮ですがご理解の程、よろしくお願いいたします。 「大変恐縮ですが〜していただけると幸いです」 「大変恐縮ですが〜していただけると幸いです」は、謙遜の気持ちを表しながら他人に依頼する表現になります。 お願いをする場合に使う言い回しで、「相手にしてもらえると自分が助かります、嬉しいです」と感謝の気持ちも込められています。 ストレートに「〜してください」とお願いをするよりも、「〜していただけると幸いです」と頼むことで相手に対して柔らかい印象を与えることができます。 「お忙しいところ大変恐縮ですが〜」 「大変恐縮ですが」の前に、 ・お忙しいところ ・お忙しいとは存じますが ・ご多忙の中 ・ご多忙の折 ・ご多用中 などと相手が忙しいことに配慮を見せることで、より謙虚さを表現することができます。 例文 ・お忙しい中大変恐縮ですが、資料を作成していただけると幸いです。 ・大変恐縮ですが、なるべく早くご返信いただけると幸いです。 「大変恐縮ですが何卒よろしくお願い申し上げます」 「大変恐縮ですが何卒よろしくお願い申し上げます」は、何かお願いした際のビジネスメールの結びの言葉として使う定型句です。 「よろしくお願い申し上げます」単体でも意味は通じますが、「大変恐縮ですが」「何卒」をつけることで申し訳ない気持ちを強調することができ、より丁寧な言い回しになります。 例文 ・お忙しい中大変恐縮ですが何卒よろしくお願い申し上げます。 ・カタログをご確認ください。 大変恐縮ですが何卒よろしくお願い申し上げます。 「大変恐縮です」はお礼・感謝 「恐縮」は、 お礼・感謝の言葉として用いることもできます。 相手から物をいただいたり、お世話になったり、高い評価をもらった場合に「大変恐縮です」と言った場合は「ありがとうございます」と同義です。 目上の人に気遣いをしてもらった場合は、「ありがとうございます」というよりも「大変恐縮です」の方が申し訳ない気持ちを表現可能です。 例文 ・ご多忙中にもかかわらずご指導いただき、大変恐縮です。 「大変恐縮ですが」の言い換え・類語 大変恐縮ではございますが 「大変恐縮ですが」をより丁寧に表現したのが「 大変恐縮ではございますが」です。 「大変恐縮ではございますが」も目上の人に対して、依頼をする場合に使う言い回しとなります。 「大変恐縮ですが」でも十分丁寧ですが、「大変恐縮ではございますが」とすることで更に丁寧になります。 例文 ・大変恐縮ではございますが、お時間をいただけると幸いです。 恐れ入りますが 「恐れ入ります」は「 申し訳ないと思う、ありがたいと思うこと」を意味します。 「恐れ入ります」と言う場合は、目上の人に対してありがたく思っていることを表します。 相手に褒められたり、物をもらったりなど相手の配慮に対してお礼の気持ちを述べる場合に使います。 「恐れ入りますが」と言う場合は、目上の人に対して申し訳なく思っていることを表します。 依頼をするときに「恐れ入りますが」と加えることでより丁寧な印象を与えることができます。 「恐れ入ります」は目上の人に対して使用することができる表現で、話し言葉として使うことが多いです。 例文 ・恐れ入りますが、企画書にお目通しいただけますか。 ・恐れ入りますが一度足を運びいただければ幸甚です。 恐縮至極ですが 「恐縮至極です」は「 きょうしゅくしごくです」と読みます。 「至極」は「これ以上ないほどの状態であること」を意味します。 「恐縮至極」をすることで、「これ以上ないほど恐れ入ること、申し訳なく思うこと」という意味になります。 感謝の気持ちを伝える場合に使う言い回しです。 ありがたいと思っているだけではなく、そのことを喜んでいるときに使うのが適します。 「恐縮至極です」「恐縮至極に存じます」といったように使います。 「至極恐縮です」ということもできます。 例文 ・結構なお品をいただきまして、恐縮至極です。 ・至らない点が多いにもかかわらず会議の進行役を任せていただき、恐縮至極です。 痛み入ります 「痛み入ります」は「 相手の厚意をありがたく思っていること」を意味します。 相手から厚意を受けた際に、心が痛むほどありがたく思っている状態を表す言い回しとなります。 「痛み入ります」は感謝の気持ちを伝える場合に使う表現なので、お願いや謝罪をする場合は使うことはできません。 「誠に痛み入ります」「本当に痛み入ります」「心から痛み入ります」「ご厚情痛み入ります」といったように使います。 堅い表現なので目上の人に使うことができます。 親しい間柄の相手や同僚に使うと皮肉と受け取られてしまう恐れがあるので注意してください。 ・お忙しい中お越しいただいた上に、お土産まで頂戴し、本当に痛み入ります。 「恐縮」の使用上の注意点 主に書き言葉で使う 「恐縮」はかしこまった堅い表現なので、 主に書き言葉として使われます。 感謝の意味である「(大変)恐縮です」は比較的口語でも使われますが、「大変恐縮ですが」などは堅い表現なので書き言葉で使用されるのが一般です。 メールではどうしても感情が伝わりにくいため、ビジネスメールで謙虚な気持ちや態度を表現するのみ「恐縮」は頻繁に使用されます。 多用を避ける 「恐縮」はかしこまった堅い表現のためビジネスシーンでもよく使われますが、多用は避けましょう。 堅く丁寧な表現ですが使いしぎると、慇懃無礼となる場合があります。 ビジネスメールや手紙の中で使う回数は、結びの言葉として一回使用するのが無難です。

次の