アメリカ 感染者数 コロナ。 米・人種別で異なる新型コロナ関連の死者数(安部かすみ)

米で新型コロナ感染拡大が再燃 トランプ氏は「検査数を減らす」

アメリカ 感染者数 コロナ

2020. 01 感染ペースが拡大しているアメリカ アメリカで新型コロナウィルスの感染ペースが拡大しています。 本記事執筆時点(2020年7月1日)でのアメリカの新型コロナウィルス感染者数は272万7853人に、死者数は13万122人にそれぞれ達しています。 現地時間の6月29日の一日当たりの感染者数は4万5千人を記録し、パンデミック始まって以来最大の数字となっています。 トランプ政権のパンデミック対策タスクフォースを率いる感染症の権威アンソニー・ファウチ博士は、新型コロナウィルスの感染ペースが現状を維持した場合、年内の感染者数が現在の倍に達する可能性があると警告しています。 マイク・ペンス副大統領はホワイトハウスの定例記者会見で、アメリカの新型コロナウィルスのパンデミックはピークを越え、収束に向かいつつあるとしていますが、そうした強気の発言とは逆に、パンデミックは今後さらに悪化する兆しを見せ始めています。 経済再開した多くの州で感染が再拡大 気になるのは、パンデミックが収束しつつあるとして経済を再開した多くの州で感染が再拡大していることです。 特にカリフォルニア州、テキサス州、アリゾナ州などで新規感染者数が史上最多を更新し、ロサンゼルス郡などの人口の多い地域で一部飲食店が再度営業禁止に追い込まれています。 多くの専門家は、ロックダウンを解除し早々に経済再開に踏み切った州で人々が新型コロナウィルスに晒され、現在の感染再拡大に至ったと推測しています。 以下に主要な州の新型コロナウィルス感染状況です。 カリフォルニア州 6月29日に一日当たり新規感染者数が史上最多を記録した同州では、ガヴィン・ニューサム知事が即日でロサンゼルス郡、フレスノ郡、キングス郡、インペリアル郡などの7つの郡でバーの営業を禁止にしました。 特にロサンゼルス郡の新規感染者数が多く、カリフォルニア州の新規感染者の三分の一がロサンゼルス郡の住人となっています。 なお、アルコール類を提供するレストランなどの一般の飲食店は通常通り営業しています。 テキサス州 カリフォルニア州と同じく現地時間の先週に一日当たり新規感染者数が史上最多を記録したテキサス州は、グレッグ・アボット知事が直ちに州内のバーの営業を禁止にしました。 また、飲食店の営業も定員を規制されるなど影響を受けています。 テキサス州内の医療機関へは新規感染者が殺到し、テキサス州が当初想定していた医療キャパシティを超える事態になっています。 アリゾナ州 アメリカの新たなパンデミックの中心地になりつつあるアリゾナ州では、ダグ・デューシー知事が現地時間の先週月曜日に州内のバー、スポーツジム、映画館、ウォーターパークの営業を禁止する知事令を出しています。 デューシー知事は、「アリゾナ州民は立派で責任ある態度をとり続けてきたが、今後よりアグレッシブな行動をとる必要がある。 (新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐために)今、それを行う」とコメントし、州民により強い対応をとることを促しています。 フロリダ州 感染拡大が収まらないフロリダ州でも、州内のパーにアルコール飲料の提供を禁止する州令が出されています(営業自体は禁止されておらず、テイクアウトでの販売は可能)。 フロリダ州の新型コロナウィルス感染者数は15万2434人に達し、イリノイ州を抜いて全米第五位となっています。 Las Vegas, Nevada ネバダ州 感染拡大が続くネバダ州では、スティーブ・シソラック知事がフェーズ2の期間を7月末まで延長する知事令を出しています。 フェーズ2では、教会、ヘアサロン、バー、スポーツジムなどの定員が制限されています。 また、ネバダ州では州民に外出時のマスク着用を義務付ける州令も出されています。 ワシントン州 アメリカで最初のパンデミックが始まったワシントン州では、ジェイ・インスレー知事がフェーズ3からフェーズ4への移行を遅らせる知事令を出しています。 フェーズ3では、50名以上集まる集会の禁止や、飲食店や劇場の定員に制限などが課せられています。 ワシントン州政府は、「州内における感染者数の増加や、その傾向が当面とどまる可能性を鑑み、現時点ではフェーズ4への移行は不可能であると判断する」との声明を発表しています。 なお、フェーズ4はいかなる制限も課せられない最終フェーズです。 アメリカ経済の本格的な再活動はいつになるか 上記の通り、現在のアメリカでは半分以上の州で新型コロナウィルス感染が拡大または再拡大しており、収束からは極めて遠い状況にあります。 ニューヨーク州やニュージャージー州などのパンデミックの当初の中心地は感染のピークを越え、経済活動も「コロナ前」の状況に戻りつつありますが、感染拡大地域からの旅行者へ14日間の自己隔離を求めるなど、影響は未だに残っています。 専門家の中には、現在の第一波が収束する前に第二波が始まる可能性を指摘する者もあり、今後も注意が必要です。 アメリカ経済の本格的な再活動がいつになるかについてはわかりませんが、筆者の予想では、年内はまず無理だと思います。 ・執筆者 前田健二(まえだ・けんじ) 上席執行役員、北米担当コンサルタント 大学卒業と同時に渡米し、ロサンゼルスで外食ビジネスを立ち上げる。 帰国後は複数のベンチャー企業のスタートアップ、経営に携わり、2001年に経営コンサルタントとして独立。 事業再生、新規事業立上げ、アメリカ市場開拓などを中心に指導を行っている。 アメリカ在住通算七年で、現在も現地の最新情報を取得し、各種メディアなどで発信している。 米国でベストセラーとなった名著『インバウンドマーケティング』(すばる舎リンケージ)の翻訳者。 明治学院大学経済学部経営学科博士課程修了、経営学修士。 ・連絡先.

次の

米・人種別で異なる新型コロナ関連の死者数(安部かすみ)

アメリカ 感染者数 コロナ

アメリカ国内の感染状況(7月17日夜時点(日本時間7月18日朝)) 感染者数と死者数は、ジョンズ・ホプキンス大学を情報源としたCNNより 赤字は前日からの変更、カッコ内は前日からの増減数 感染者数 3,641,417人(+71,380人) 死者数 139,175人(+884人) 感染者の分布状況 ニューヨーク州:405551人(+776人)(うち、 死者32463人(+17人)) カリフォルニア州:367561人(+8848人)(うち、 死者7524人(+100人)) フロリダ州:327241人(+11466人)(うち、 死者4805人(+128人)) テキサス州:317290人(+11436人)(うち、 死者3809人(+152人)) ニュージャージー州:176551人(+50人)(うち、 死者15684人(+19人)) イリノイ州:160509人(+1427人)(うち、 死者7465人(+13人)) アリゾナ州:138523人(+3910人)(うち、 死者2583人(+91人)) ジョージア州:135192人(+3905人)(うち、 死者3132人(+27人)) マサチューセッツ州:112879人(+298人)(うち、 死者8402人(+22人)) ペンシルべニア州:104079人(+1004人)(うち、 死者7004人(+20人)) 感染者が1万人以上10万人未満の州• ノースカロライナ州:95570人(+1862人)(うち、 死者1623人(+16人))• ルイジアナ州:88590人(+2179人)(うち、 死者3509人(+24人))• ミシガン州:80593人(+754人)(うち、 死者6355人(+7人))• メリーランド州:76371人(+707人)(うち、 死者3359人(+12人))• バージニア州:75433人(+1002人)(うち、 死者2013人(+6人))• テネシー州:73819人(+2279人)(うち、 死者815人(+19人))• オハイオ州:72280人(+1679人)(うち、 死者3112人(+9人))• サウスカロライナ州:66060人(+1977人)(うち、 死者1096人(+26人))• アラバマ州:63091人(+2003人)(うち、 死者1265人(+35人))• インディアナ州:54813人(+733人)(うち、 死者2803人(+8人))• コネチカット州:47893人(+143人)(うち、 死者4396人(+7人))• ワシントン州:45067人(+754人)(うち、 死者1434人(+7人))• ミネソタ州:45013人(+666人)(うち、 死者1573人(+7人))• ミシシッピ州:40829人(+1032人)(うち、 死者1332人(+24人))• ウィスコンシン州:40507人(+880人)(うち、 死者833人(+2人))• コロラド州:39326人(+618人)(うち、 死者1751人(+6人))• アイオワ州:37777人(+560人)(うち、 死者784人(+3人))• ネバダ州:33295人(+1380人)(うち、 死者637人(+11人))• ユタ州:32572人(+727人)(うち、 死者235人(+1人))• アーカンソー州:31762人(+648人)(うち、 死者353人(+12人))• ミズーリ州:31738人(+865人)(うち、 死者1125人(+4人))• オクラホマ州:24140人(+694人)(うち、 死者445人(+7人))• ネブラスカ州:22361人(+227人)(うち、 死者301人(+3人))• ケンタッキー州:21605人(+522人)(うち、 死者658人(+8人))• カンザス州:21389人(+572人)(うち、 死者306人(+1人))• ロードアイランド州:17793人(+82人)(うち、 死者990人(+2人))• ニューメキシコ州:16456人(+318人)(うち、 死者565人(+3人))• オレゴン州:13802人(+293人)(うち、 死者254人(+5人))• アイダホ州:13753人(+619人)(うち、 死者118人(+5人))• デラウェア州:13337人(+223人)(うち、 死者521人(+0人))• プエルトリコ:11120人(+546人)(うち、 死者177人(+5人))• ワシントンDC(コロンビア特別区):11115人(+39人)(うち、 死者577人(+3人)) 感染者が1人以上1万人未満の州• サウスダコタ州:7789人(+95人)(うち、 死者116人(+1人))• ニューハンプシャー州:6165人(+26人)(うち、 死者395人(+0人))• ノースダコタ州:4792人(+124人)(うち、 死者90人(+1人))• ウェストバージニア州:4783人(+126人)(うち、 死者100人(+1人))• メイン州:3636人(+38人)(うち、 死者115人(+1人))• モンタナ州:2366人(+135人)(うち、 死者37人(+2人))• ワイオミング州:2069人(+43人)(うち、 死者24人(+0人))• アラスカ:1734人(+41人)(うち、 死者17人(+0人))• ハワイ州:1337人(+26人)(うち、 死者23人(+1人))• バーモント州:1334人(+9人)(うち、 死者56人(+0人))• グアム:314人(+0人)(うち、 死者5人(+0人))• バージンアイランド:263人(+14人)(うち、 死者6人(+0人))• jpg? jpg? 日本の情報はもちろんのこと、各国の感染者情報や渡航情報もとても気になるところです。 ここでは、アメリカ国内の感染状況やアメリカが出している渡航規制などの情報を日々更新し提供していきます。 これまでの推移は、下のリンク先のページをご覧ください。 アメリカ国内の感染状況(7月17日夜時点(日本時間7月18日朝)) 感染者数と死者数は、ジョンズ・ホプキンス大学を情報源としたCNNA state-by-state breakdown of US coronavirus casesより 赤字は前日からの変更、カッコ内は前日からの増減数 感染者数 3,641,417人(+71,380人) 死者数 139,175人(+884人) 感染者の分布状況 ニューヨーク州:405551人(+776人)(うち、死者32463人(+17人)) カリフォルニア州:367561人(+8848人)(うち、死者7524人(+100人)) フロリダ州:327241人(+11466人)(うち、死者4805人(+128人)) テキサス州:317290人(+11436人)(うち、死者3809人(+152人)) ニュージャージー州:176551人(+50人)(うち、死者15684人(+19人)) イリノイ州:160509人(+1427人)(うち、死者7465人(+13人)) アリゾナ州:138523人(+3910人)(うち、死者2583人(+91人)) ジョージア州:135192人(+3905人)(うち、死者3132人(+27人)) マサチューセッツ州:112879人(+298人)(うち、死者8402人(+22人)) ペンシルべニア州:104079人(+1004人)(うち、死者7004人(+20人)) 感染者が1万人以上10万人未満の州 ノースカロライナ州:95570人(+1862人)(うち、死者1623人(+16人)) ルイジアナ州:88590人(+2179人)(うち、死者3509人(+24人)) ミシガン州:80593人(+754人)(うち、死者6355人(+7人)) メリーランド州:76371人(+707人)(うち、死者3359人(+12人)) バージニア州:75433人(+1002人)(うち、死者2013人(+6人)) テネシー州:73819人(+2279人)(うち、死者815人(+19人)) オハイオ州:72280人(+1679人)(うち、死者3112人(+9人)) サウスカロライナ州:66060人(+1977人)(うち、死者1096人(+26人)) アラバマ州:63091人(+2003人)(うち、死者1265人(+35人)) インディアナ州:54813人(+733人)(うち、死者2803人(+8人)) コネチカット州:47893人(+143人)(うち、死者4396人(+7人)) ワシントン州:45067人(+754人)(うち、死者1434人(+7人)) ミネソタ州:45013人(+666人)(うち、死者1573人(+7人)) ミシシッピ州:40829人(+1032人)(うち、死者1332人(+24人)) ウィスコンシン州:40507人(+880人)(うち、死者833人(+2人)) コロラド州:39326人(+618人)(うち、死者1751人(+6人)) アイオワ州:37777人(+560人)(うち、死者784人(+3人)) ネバダ州:33295人(+1380人)(うち、死者637人(+11人)) ユタ州:32572人(+727人)(うち、死者235人(+1人)) アーカンソー州:31762人(+648人)(うち、死者353人(+12人)) ミズーリ州:31738人(+865人)(うち、死者1125人(+4人)) オクラホマ州:24140人(+694人)(うち、死者445人(+7人)) ネブラスカ州:22361人(+227人)(うち、死者301人(+3人)) ケンタッキー州:21605人(+522人)(うち、死者658人(+8人)) カンザス州:21389人(+572人)(うち、死者306人(+1人)) ロードアイランド州:17793人(+82人)(うち、死者990人(+2人)) ニューメキシコ州:16456人(+318人)(うち、死者565人(+3人)) オレゴン州:13802人(+293人)(うち、死者254人(+5人)) アイダホ州:13753人(+619人)(うち、死者118人(+5人)) デラウェア州:13337人(+223人)(うち、死者521人(+0人)) プエルトリコ:11120人(+546人)(うち、死者177人(+5人)) ワシントンDC(コロンビア特別区):11115人(+39人)(うち、死者577人(+3人)) 感染者が1人以上1万人未満の州 サウスダコタ州:7789人(+95人)(うち、死者116人(+1人)) ニューハンプシャー州:6165人(+26人)(うち、死者395人(+0人)) ノースダコタ州:4792人(+124人)(うち、死者90人(+1人)) ウェストバージニア州:4783人(+126人)(うち、死者100人(+1人)) メイン州:3636人(+38人)(うち、死者115人(+1人)) モンタナ州:2366人(+135人)(うち、死者37人(+2人)) ワイオミング州:2069人(+43人)(うち、死者24人(+0人)) アラスカ:1734人(+41人)(うち、死者17人(+0人)) ハワイ州:1337人(+26人)(うち、死者23人(+1人)) バーモント州:1334人(+9人)(うち、死者56人(+0人))... やだこ 55yam. adako gmail. com Administrator やだ旅.

次の

米・人種別で異なる新型コロナ関連の死者数(安部かすみ)

アメリカ 感染者数 コロナ

アメリカで新規感染者が急増 アメリカでは50州すべてで外出制限の緩和が進められ、多くの人々が厳しいロックダウンから日常に戻りつつあります。 一方、アメリカの複数の州では、新型コロナウィルスの感染者数が大幅に増加しています。 6月19日には、アメリカ国内の1日当たりの新型コロナウィルス感染者数が3万人以上確認され、5月初旬以降最多を記録しました。 特に早期に経済活動を再開した州が多い南部と西部で、 若年層を中心とした感染拡大が著しい傾向にあります。 南部のフロリダ州、テキサス州、サウスカロライナ州は6月20日に1日当たりの感染者数が過去最多を更新しました。 感染者急増の背景には検査の拡充も挙げられますが、同時に入院者数も増えています。 一部の州では感染拡大により入院者数が急増し、ICU(集中治療室)の病床が不足している州もあります。 専門家はデモで感染拡大の懸念していた 経済活動の再開に加え、感染拡大の大きなリスクとなっているのが「デモ」です。 ロックダウン中にも経済活動の再開を求めるデモがアメリカ国内で相次いでいたほか、直近ではミネソタ州ミネアポリスで発生した黒人暴行死事件に端を発した抗議デモが活発化しています。 6月初旬にも、ニューヨーク州のクオモ知事を含む政府当局者や公衆衛生専門家は、大規模なデモや警察官の大量動員が、新型コロナウィルスの感染拡大に拍車をかける恐れがあることを警告していました。 ロックダウンの解除が進む一方で、大規模デモには数百人、数千人の人々が集まります。 公衆衛生専門家は、デモ参加者が密集し、叫んだり走ったりすること、飛沫によるウィルス感染に繋がる恐れがあると指摘しています。 ニューヨーク州のクオモ知事は「デモ参加者はウイルス検査を受けてほしい」と呼びかけています。 訪日アメリカ人観光客の戻りが遅くなるおそれ 日本は日本では外国人の入国制限の緩和に向けた動きが進められおり、その他の国でも制限付きで外国人の入国規制が緩和され始めています。 しかしそんな中、アメリカ国内での新型コロナウィルスの感染状況が依然として深刻な状況です。 日本を含め世界各国ではアメリカの感染状況が注目され、状況に応じてしかるべき対応が取られると考えられます。 まだ治療薬やワクチンは実用化されていないため、今すぐに海外旅行やビジネスでの海外移動が本格化するわけではありませんが、アメリカ政府は早急に感染拡大を封じ込めなければ、世界各国からの入国規制緩和の対象から外される恐れがあります。 また早急に事態を収束できなければ風評被害を招くリスクがあり、そうなると心理的に訪日アメリカ人観光客を迎え入れるにはハードルが高いと感じる事業者も出てくる可能性があります。 来たるべきタイミングでの訪日アメリカ人観光客の戻りを見極めるためにも、引き続きアメリカ国内の動向に注目する必要があるでしょう。 ニューズウィーク日本版: ニューズウィーク日本版: ニューズウィーク日本版: ブルームバーグ: SankeiBiz: ニューズウィーク日本版: 共同通信: BBC NEWS JAPAN: NHK NEWS WEB: NHK NEWS WEB: 読売新聞オンライン:.

次の