今度 は 絶対 に 邪魔 しま せん 7 話。 今度は絶対に邪魔しませんっ! 【小説版】

今度は絶対に邪魔しませんっ!

今度 は 絶対 に 邪魔 しま せん 7 話

3 4 ane ヒロインのヴィオレット薄幸すぎ 泣。 クズ両親のおかげで捻れて罪を犯し投獄されるも1年前に戻るも、やり直しでは修道院入りを目指すという諦め人生モード。 でもユランへの気持ちに気付いて良かった。 初めは期待していなかった殿下キャラも悪くないけれども、相当歪んでる性格のユランだけれども、ユラン頑張れ〜応援するよ。 ポイントが高いのと、妹のメアリージェンが本当に優しいいい子ならば父親の言動に何も言わないとか、継母が登場していて発言が一切無いなどの違和感から、星3個。 新キャラ出てきましたし、続きあるんですよね。 2020-03-15 3281518 1 1 yB6z-a-v2 Eo5n-ane-v2 1 14 ぽち 個人的に文章の表現が好きになれず、読むに耐えない作品でした。 卑屈な考え方について、同じ内容なのに違う文章表現で三度は繰り返し書く表現が多すぎて、また同じことをグルグル書いてるなー、と鬱陶しく感じます。 この文章減らしたら、もっとストーリーも進められるのではないかとおもいます。 また、世界観も洋風ファンタジーならば、学園の中の表現ももう少しこだわって欲しいです。 高校生、という言葉…急に現実世界になって、転生モノかと思って違和感があります。 周囲のキャラの主人公への思いも違和感が多く、読んでいて共感できないことが多い作品でした。 また、1200円とかなり高額なこともあって、期待を裏切られた作品に思います。 続きは買わないでしょうし、作者買いも悩む作品でした。 酷評申し訳ないですが、期待していた分残念です。 漫画推しのレビューが多いようですが、漫画の方は少しバタバタしすぎな感あり。 小説の方が無理のない展開でそれぞれの思いも伝わってきてきます。 難を言えば、文章にクセがあって読み辛い。 登場人物の各々の思いを語る場面で、作者さんの拘りをまとめ切れていないのか、何を言っているのかよく分からない部分がちらほら。 読者目線に立ってもう少し推敲した方がいいのかなと思います。 勿体ない。 あらすじ自体は面白いので、これからに期待。 続刊も購入予定です。 コミックスも軽く呼んだのですが結構違くてびっくりしました。 個人的には小説の方が好きです。 終盤にかけて誤字が少し出てきたり、似たような心情を何度も語っていたり(これに関してはヴィオレットの状況的に仕方ないかもしれませんが)という点はちょっと気になりましたが、話の構成含めそれを超える程度に面白かったので星は5つで。 掲げている目標や環境のせいで全体的に流されがちな主人公ですが、中盤辺りはヴィオレットが自分から行動して頑張っていることが多くて好きです。 応援したくなる良い主人公。 ヴィオレットがユランやマリンに対して「できること」「やりたいこと」を見つけていけたら、本当の彼女らしくなれそうですし、そしていつかはメアリージュンに対しての「できること」「やれること」の答えを出せるんだろうなと思います。 頼む、ハッピーエンドになってくれ〜ヴィオレット〜!主人公以外ではメアリージュンが好きです。 主人公の対極に位置して描かれていますが、良くも悪くも切っても切れない縁で繋がっている家族という関係に、唯一ほんの少しの愛を含めさせられるキャラって言うとやっぱりそこはメアリージュンだけかなと。 例え何度か土足になってしまったとしても、彼女はちゃんと考えられる子なので、そのあたりも期待値が高い。 こういうキャラって本当に主人公を理解しようと頑張ったところで、相手への救いになるかその気持ちで傷つけるかは五分五分、もしくは傷つける方に部があるかなと思うのですが、メアリージュンに関しては本当に良い形、ヴィオレットを傷つけない形の結果を出せるといいなぁと願わずにはいられない。 結果はともかく過程は大変そうですが!何なら頑ななヴィオレットお姉さまの心の壁も姉妹として攻略してほしい。 今のところユランもマリンも愛情が偏っているというか近づきすぎているので、メアリージュンはもしかしたら、一番丁度いい、安心感のある位置で愛情を渡してくれるんじゃないのかなーとか、まあここら辺はレビューというかただハッピーエンドが好きな自分の妄想と願望です。 クローディア様に関しても感想はあったのですが文字数制限のため割愛。 長くてすみません、続巻が楽しみです。 応援してます。 全体的に、くどいというか、そこまで書き連ねるよりも行間にまかせてほしいところではある。 でもそれだけ思いの詰まった作品でもあると思う。 主人公の屈折具合は、なかなかのもの。 王子のヘタレ具合も、なかなかのもの。 父親の相入れなさに至っては、見事なもの。 異母妹とのすれ違いっぷりも、無理なく納得させられる。 帰宅したくないのも他人ときゃっきゃ友達ごっこする気になれないのもリアルだ。 家出しないのが奇跡的。 登場人物それぞれ、薄っぺらくない人物像と言動が見て取れるので、次巻にも期待したい。 1巻終了時点で、なんの山も解決も次回煽りもなく半端なまま終わっているのが、最近のラノベにしては珍しい。 2019-08-24 2789818 1 1 vb4q-a-v2 E2nr-kkkotetu-v2 1 11 ちっぴー うーん、これだけ高いポイントを払ってこれかーという気分です。 起承転結の起ですらない。 序って所でしょうか?キャラクター説明だけで終わってしまった感じです。 主人公とメイドさんの過去と、毒親がいた る 事は分かったけれど、それを活かしてお話を進めるつもりなんだろうなとも思うけど、話が進まなさすぎて正直たるい。 しかも終わり方が尻切れで、次へのワクワク感もないまま、は!? って終わり方に、金返せと思いました。 素人臭い、書きたいものだけ書いてますって感じで、お話の構成が出来てないのかなと思います。 続くかどうかもわからない終わり方でしたが、続くとしても、絶対買わないだろうな…。 但し、コミック版よりシリアスと言うか暗いので、購入する際には注意が必要です。 主人公が辛い局面に立たされる度に似たような文章が繰り返されるのを我慢出来ないと話が頭に入りませんし、お花畑無神経な義妹はともかく父親が「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」を地獄の底まで極めた様なクズなので、人によっては読後感が悪過ぎて続きを読む気にならないかと思います。 もう本当にあの父親、主人公に愛情が無いなら どう接したら良いか解らない的な不器用な愛情があるとは言わせないぞ マリン付けて別邸へでもやれば良いのに、元妾母娘と家族ごっこしろとかあれか?今更世間体が気になるのか?自分は徹頭徹尾主人公を放置した癖に良くそんな事言えるわ神経疑うわ。 お前ベッドで安らかに逝けると思うなよ!!と胸ぐら掴みたくなる程なので、今後その気持ちが盛大に晴れる様な展開になる事を切に願います。 これが読んだ第一印象です。 コミカライズは面白かったのに、小説がこんなに面白くないなんて衝撃です。 これが続きものなら、始めのこの一冊丸々プロローグみたいなものじゃないかなぁ。 だって人間関係的なものを書いてあっただけですもん。 ポイントも高いし買う価値無かったなぁ。 久し振りに「わたしは何を読まされてるの。 面白くないんだけど」となりました。 愛情を傾ける存在から徹底的に主人公を排除する父親と、それを間近で見ながら気づいてない義母と異母妹。 その他色々と違和感すごい設定ですよ。 そんな感じにダラダラと人間関係を読んだ最後の作者のあとがき結構長めです。 もう本当後悔しかない。 なんで買ったんだろう...。 これだけ面白い伏線を張っておきながら、何一つ回収することなく中途半端に終わります。 最後、何ページか作者の後書きが続きますが、そんなものより伏線を回収して欲しかったですね。 結局、主人公が誰とも引っ付かず、悶々と考え込んで終わります。 なにそれ?マンガも原作通りに中途半端で終わるなら読みたくないなあ。 ああ、もったいない。 1200pで1巻読み終わるまで、どんだけ〜。 ヒロインの置かれている状況・彼女のメイド・幼馴染の心情がよくわかった。 幼馴染は腹黒のいのか(作家曰く)?あれぐらい、かわいいものよとおもえたが、王子はヒーローではないのかマヌケなただのサブキャラなのか。 妹みたいな正道を振りかざして自分が!!ってキャラいるよね〜。 どうにかしてよって!どうにかしてよっていえば、パパさんこいつ、いつか締め上げてやるぞ!とにかくヒロインがこの後どうなって(修道院にはいかないだろう)ゆくのか楽しみ。

次の

【無料試し読みあり】今度は絶対に邪魔しませんっ!

今度 は 絶対 に 邪魔 しま せん 7 話

3 4 ane ヒロインのヴィオレット薄幸すぎ 泣。 クズ両親のおかげで捻れて罪を犯し投獄されるも1年前に戻るも、やり直しでは修道院入りを目指すという諦め人生モード。 でもユランへの気持ちに気付いて良かった。 初めは期待していなかった殿下キャラも悪くないけれども、相当歪んでる性格のユランだけれども、ユラン頑張れ〜応援するよ。 ポイントが高いのと、妹のメアリージェンが本当に優しいいい子ならば父親の言動に何も言わないとか、継母が登場していて発言が一切無いなどの違和感から、星3個。 新キャラ出てきましたし、続きあるんですよね。 2020-03-15 3281518 1 1 yB6z-a-v2 Eo5n-ane-v2 1 14 ぽち 個人的に文章の表現が好きになれず、読むに耐えない作品でした。 卑屈な考え方について、同じ内容なのに違う文章表現で三度は繰り返し書く表現が多すぎて、また同じことをグルグル書いてるなー、と鬱陶しく感じます。 この文章減らしたら、もっとストーリーも進められるのではないかとおもいます。 また、世界観も洋風ファンタジーならば、学園の中の表現ももう少しこだわって欲しいです。 高校生、という言葉…急に現実世界になって、転生モノかと思って違和感があります。 周囲のキャラの主人公への思いも違和感が多く、読んでいて共感できないことが多い作品でした。 また、1200円とかなり高額なこともあって、期待を裏切られた作品に思います。 続きは買わないでしょうし、作者買いも悩む作品でした。 酷評申し訳ないですが、期待していた分残念です。 漫画推しのレビューが多いようですが、漫画の方は少しバタバタしすぎな感あり。 小説の方が無理のない展開でそれぞれの思いも伝わってきてきます。 難を言えば、文章にクセがあって読み辛い。 登場人物の各々の思いを語る場面で、作者さんの拘りをまとめ切れていないのか、何を言っているのかよく分からない部分がちらほら。 読者目線に立ってもう少し推敲した方がいいのかなと思います。 勿体ない。 あらすじ自体は面白いので、これからに期待。 続刊も購入予定です。 コミックスも軽く呼んだのですが結構違くてびっくりしました。 個人的には小説の方が好きです。 終盤にかけて誤字が少し出てきたり、似たような心情を何度も語っていたり(これに関してはヴィオレットの状況的に仕方ないかもしれませんが)という点はちょっと気になりましたが、話の構成含めそれを超える程度に面白かったので星は5つで。 掲げている目標や環境のせいで全体的に流されがちな主人公ですが、中盤辺りはヴィオレットが自分から行動して頑張っていることが多くて好きです。 応援したくなる良い主人公。 ヴィオレットがユランやマリンに対して「できること」「やりたいこと」を見つけていけたら、本当の彼女らしくなれそうですし、そしていつかはメアリージュンに対しての「できること」「やれること」の答えを出せるんだろうなと思います。 頼む、ハッピーエンドになってくれ〜ヴィオレット〜!主人公以外ではメアリージュンが好きです。 主人公の対極に位置して描かれていますが、良くも悪くも切っても切れない縁で繋がっている家族という関係に、唯一ほんの少しの愛を含めさせられるキャラって言うとやっぱりそこはメアリージュンだけかなと。 例え何度か土足になってしまったとしても、彼女はちゃんと考えられる子なので、そのあたりも期待値が高い。 こういうキャラって本当に主人公を理解しようと頑張ったところで、相手への救いになるかその気持ちで傷つけるかは五分五分、もしくは傷つける方に部があるかなと思うのですが、メアリージュンに関しては本当に良い形、ヴィオレットを傷つけない形の結果を出せるといいなぁと願わずにはいられない。 結果はともかく過程は大変そうですが!何なら頑ななヴィオレットお姉さまの心の壁も姉妹として攻略してほしい。 今のところユランもマリンも愛情が偏っているというか近づきすぎているので、メアリージュンはもしかしたら、一番丁度いい、安心感のある位置で愛情を渡してくれるんじゃないのかなーとか、まあここら辺はレビューというかただハッピーエンドが好きな自分の妄想と願望です。 クローディア様に関しても感想はあったのですが文字数制限のため割愛。 長くてすみません、続巻が楽しみです。 応援してます。 全体的に、くどいというか、そこまで書き連ねるよりも行間にまかせてほしいところではある。 でもそれだけ思いの詰まった作品でもあると思う。 主人公の屈折具合は、なかなかのもの。 王子のヘタレ具合も、なかなかのもの。 父親の相入れなさに至っては、見事なもの。 異母妹とのすれ違いっぷりも、無理なく納得させられる。 帰宅したくないのも他人ときゃっきゃ友達ごっこする気になれないのもリアルだ。 家出しないのが奇跡的。 登場人物それぞれ、薄っぺらくない人物像と言動が見て取れるので、次巻にも期待したい。 1巻終了時点で、なんの山も解決も次回煽りもなく半端なまま終わっているのが、最近のラノベにしては珍しい。 2019-08-24 2789818 1 1 vb4q-a-v2 E2nr-kkkotetu-v2 1 11 ちっぴー うーん、これだけ高いポイントを払ってこれかーという気分です。 起承転結の起ですらない。 序って所でしょうか?キャラクター説明だけで終わってしまった感じです。 主人公とメイドさんの過去と、毒親がいた る 事は分かったけれど、それを活かしてお話を進めるつもりなんだろうなとも思うけど、話が進まなさすぎて正直たるい。 しかも終わり方が尻切れで、次へのワクワク感もないまま、は!? って終わり方に、金返せと思いました。 素人臭い、書きたいものだけ書いてますって感じで、お話の構成が出来てないのかなと思います。 続くかどうかもわからない終わり方でしたが、続くとしても、絶対買わないだろうな…。 但し、コミック版よりシリアスと言うか暗いので、購入する際には注意が必要です。 主人公が辛い局面に立たされる度に似たような文章が繰り返されるのを我慢出来ないと話が頭に入りませんし、お花畑無神経な義妹はともかく父親が「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」を地獄の底まで極めた様なクズなので、人によっては読後感が悪過ぎて続きを読む気にならないかと思います。 もう本当にあの父親、主人公に愛情が無いなら どう接したら良いか解らない的な不器用な愛情があるとは言わせないぞ マリン付けて別邸へでもやれば良いのに、元妾母娘と家族ごっこしろとかあれか?今更世間体が気になるのか?自分は徹頭徹尾主人公を放置した癖に良くそんな事言えるわ神経疑うわ。 お前ベッドで安らかに逝けると思うなよ!!と胸ぐら掴みたくなる程なので、今後その気持ちが盛大に晴れる様な展開になる事を切に願います。 これが読んだ第一印象です。 コミカライズは面白かったのに、小説がこんなに面白くないなんて衝撃です。 これが続きものなら、始めのこの一冊丸々プロローグみたいなものじゃないかなぁ。 だって人間関係的なものを書いてあっただけですもん。 ポイントも高いし買う価値無かったなぁ。 久し振りに「わたしは何を読まされてるの。 面白くないんだけど」となりました。 愛情を傾ける存在から徹底的に主人公を排除する父親と、それを間近で見ながら気づいてない義母と異母妹。 その他色々と違和感すごい設定ですよ。 そんな感じにダラダラと人間関係を読んだ最後の作者のあとがき結構長めです。 もう本当後悔しかない。 なんで買ったんだろう...。 これだけ面白い伏線を張っておきながら、何一つ回収することなく中途半端に終わります。 最後、何ページか作者の後書きが続きますが、そんなものより伏線を回収して欲しかったですね。 結局、主人公が誰とも引っ付かず、悶々と考え込んで終わります。 なにそれ?マンガも原作通りに中途半端で終わるなら読みたくないなあ。 ああ、もったいない。 1200pで1巻読み終わるまで、どんだけ〜。 ヒロインの置かれている状況・彼女のメイド・幼馴染の心情がよくわかった。 幼馴染は腹黒のいのか(作家曰く)?あれぐらい、かわいいものよとおもえたが、王子はヒーローではないのかマヌケなただのサブキャラなのか。 妹みたいな正道を振りかざして自分が!!ってキャラいるよね〜。 どうにかしてよって!どうにかしてよっていえば、パパさんこいつ、いつか締め上げてやるぞ!とにかくヒロインがこの後どうなって(修道院にはいかないだろう)ゆくのか楽しみ。

次の

【無料試し読みあり】今度は絶対に邪魔しませんっ!

今度 は 絶対 に 邪魔 しま せん 7 話

思ったよりよかったです。 漫画より奥が深い、 けど少しセリフというか登場人物の考え方が中二病っぽくてくどいので この本は人を選ぶかなと思います。 そして10代の男の子があんなにこまやかに気をつかったり。 いくら相手を好きでも あそこまで女の子の内心を洞察できるとは思えない。 ちょっと理想が入りすぎかと。 男の子って、もっとアホでばかで単純で、女の子の表面的なことしか見えてないにぶちんなのが 普通なので、あれは作者の理想の男性像なんだろうなと思いました。 むしろあの殴りたくなるような、ヒロインの父親の方がよくある男性像なんかじゃないかと思います。 自分中心で相手の気持ちが想像もできないアスペっぽいところとか。 漫画の方とは随分雰囲気が違うので、別の本と思ったほうがいいようです。 でもヒロインの両親の親戚が出てこないのが違和感というか不思議です。 あの世界観の貴族社会なら親戚の叔父叔母とか祖父母とかたくさん出てきそうに思うし、 父親そっくりなら父方の親戚にかわいがられたんじゃないかなとか想像します。 漫画版がコミカルな雰囲気で面白かったので購入してみましたが、小説版はヴィオレットの葛藤がしっかり描かれている分、暗い雰囲気が出ています。 でもそこが小説版の良い所だと思いますし、その分ヴィオレットに感情移入できるというか、父親滅びろと何度も思うところだと思います 笑 メアリージュンは良い子なんですが、空気読めない&父親のせいで漫画版よりイライラしますね。 小説の内容や雰囲気自体は好きだったのですが、誤字が多くて読みにくい所が結構多かったです。 記憶にあるだけでも3か所くらいあったと思います。 文章のレベルは良くあるネット小説という感じのレベルでした。 それが読みやすいかどうかは人それぞれかな、と思います。 内容自体は好きなので、続きを楽しみにしています。 是非ヴィオレットを幸せにしてほしいです。 個人的にはヴィオレット大好きなユランとマリンも幸せになってほしいですね。

次の