納言みゆき 冷蔵庫。 【メレンゲの気持ち】(6月6日)『超やわらかスペアリブ』の作り方(カリスマ主婦ののこさんの節約作り置きレシピ)

皆、同じだよ。|納言 みゆき|note

納言みゆき 冷蔵庫

ですけれども。 ですよ。 にハマる若林,イジリー岡田さんの尾木ママのモノマネからですよ。 に繋がる(「子供が目を輝かせるのよぉーん」),スーパーですよ。 ,ですよ。 2年2ヶ月間、全力で取り組みました。 やりきった感覚ともう少しやれたという気持ちが両方ありますが、1日も気を抜かず番組作りに情熱を傾けられたのは人生の誇りです。 聴いて下さった皆さん、本当にありがとうございました。 — 石井 玄 ひかる HikaruIshii オールナイトニッポンはこれからも続きます。 後輩たちが伝統を引き継いで、変わらず毎日面白い放送をお送りします。 伝統を引き継ぐのはラジオを聴いているあなたかもしれません。 かつての自分がそうだったように、ディレクターを目指す人が増えたら嬉しいです。 是非来週も聴いてください。 — 石井 玄 ひかる HikaruIshii たりないふたり 放送 【 予告動画】 以来半年ぶりに激突!山里VS若林。 収録直前の模様です。 山里「若林は怖い〇〇するでしょ」 山ちゃんが恐れる若林くんの〇〇、 この動画でも炸裂してます。 5月28日25時29分〜の放送前にぜひ! — 安島隆 takashiajima 放送と完全版ご覧いただいた皆様、ありがとうございました! 今年の夏も、よろしくお願いします! — 安島隆 takashiajima etc... なかなか言うことを聞かない子どもに電話がかかってくる設定です。

次の

ほぼ日刊イトイ新聞

納言みゆき 冷蔵庫

ですけれども。 ですよ。 にハマる若林,イジリー岡田さんの尾木ママのモノマネからですよ。 に繋がる(「子供が目を輝かせるのよぉーん」),スーパーですよ。 ,ですよ。 2年2ヶ月間、全力で取り組みました。 やりきった感覚ともう少しやれたという気持ちが両方ありますが、1日も気を抜かず番組作りに情熱を傾けられたのは人生の誇りです。 聴いて下さった皆さん、本当にありがとうございました。 — 石井 玄 ひかる HikaruIshii オールナイトニッポンはこれからも続きます。 後輩たちが伝統を引き継いで、変わらず毎日面白い放送をお送りします。 伝統を引き継ぐのはラジオを聴いているあなたかもしれません。 かつての自分がそうだったように、ディレクターを目指す人が増えたら嬉しいです。 是非来週も聴いてください。 — 石井 玄 ひかる HikaruIshii たりないふたり 放送 【 予告動画】 以来半年ぶりに激突!山里VS若林。 収録直前の模様です。 山里「若林は怖い〇〇するでしょ」 山ちゃんが恐れる若林くんの〇〇、 この動画でも炸裂してます。 5月28日25時29分〜の放送前にぜひ! — 安島隆 takashiajima 放送と完全版ご覧いただいた皆様、ありがとうございました! 今年の夏も、よろしくお願いします! — 安島隆 takashiajima etc... なかなか言うことを聞かない子どもに電話がかかってくる設定です。

次の

画像

納言みゆき 冷蔵庫

通称は『 エンタ』。 からまで毎週 22:00 - 22:54()にレギュラー放送され、以降はとして不定期に放送されている。 2010年7月より、ので第1回から順に再放送されている。 概要 [ ] 究極のエンターテインメントを追求する「総合エンターテインメント番組」として放送を開始。 番組開始当初はネタ見せのコーナーのほかにもとの競演、が歌う『Birdcage』のプロモーション映像、の「気の極み」、「とモノマネ軍団(など)」による芸、の弾き語り、の桜の下での歌唱、の廃校になる小学校での演奏、の川辺での歌唱、の本人二役歌唱やらが面白い映像を紹介する一方で、視聴者の芸を紹介することもあった。 しかし、放送から半年後には前述の歌手・視聴者などによる出演からお笑い芸人がネタを見せるネタ見せ番組へとシフト。 お笑い第四世代芸人の中で下積み期間が長く出遅れていた者、およびお笑い第五世代に属する芸人を中心に、当番組の放送開始とほぼ同時期かそれ以降にデビューした無名同然の若手芸人までをピックアップした番組となり、や、などの人気芸人の出演によって人気を博した。 やなど、本番組をきっかけにブレイクした芸人も多い。 ・(2004年10月から)。 地上デジタル放送ではと出演芸人の紹介や芸人の最新情報を提供する連動データ放送を行っていた。 音声は放送開始当初、モノステレオ放送 を実施しており、お笑い番組にシフトされてからはを実施していた。 しかし、2012年4月から不定期で放送している復活スペシャルでは を実施している。 番組公式サイトでは掲示板や番組グッズ紹介に加え、今後の収録に出演予定の芸人の紹介や収録時に行われた芸人と司会者のトーク(一部の芸人のみ)、これまでに出演した芸人の一覧・プロフィールが掲載されている。 冬と秋に番組のDVDが発売された。 また11月には姉妹番組として『』が誕生した。 オープニングテーマは、映画『』のメインテーマを開始から終了まで一貫して使用していた。 そして、これらを理由に同年3月での番組終了を発表 、最終回は3月20日で、2時間スペシャルで過去の名場面を放送した。 最終回の平均視聴率は 19. 後番組としてがメイン出演する『』がスタートした。 これに際して、番組開始当初から出演していた陣内は自身のブログで「賛否両論ありましたが、僕にとっては思い出深い大切なネタ番組でした。 やっぱり芸人として、ネタ番組が終わるということは寂しいもんです」と語っている。 特別番組として復活 [ ] 2012年以降は特別番組として『 エンタの神様 大爆笑の最強ネタ大連発(大大連発・大大大連発)SP』のタイトルで、現在も放送されている。 新作ネタに加え、過去の傑作ネタを含めて放送されている。 第1回は「エンタ復活」を記念して、、、、、陣内智則、、、、、、波田陽区、といったエンタ全盛期の芸人が総出演した。 当番組でブレイクした波田はラストバッターとして7年ぶりに「ギター侍」を披露し、観客を沸かせた。 司会はレギュラー時代と同様、とが務めた。 第2回は放送時間が前回より1時間拡大された他、出演芸人もレギュラー放送時代に数回のみの出演の芸人(、、など)から初登場芸人()、実力派芸人まで幅広くなった。 第4回は番組初の月曜日の放送となった。 第5回は番組初の日曜日の放送となり、さらに初めて19時・20時台に放送された。 第6回は再び日曜日に放送され、過去最長の3時間の放送となった。 放送前日には『嵐にしやがれ』に波田陽区のほか、、、、、、、、、がゲスト出演した。 その内、翌日の当番組にも出演したのはデッカチャン、コウメ太夫(のネタにゲスト出演している)、スギちゃんである。 第9回では、番組の最後に に交通事故で亡くなったの映像が流れ、福澤と白石のナレーションによるお悔やみの言葉が添えられた。 最後は「 ありがとう 桜塚やっくん 「エンタの神様」」のメッセージボードで締め括られた。 第23回は番組初の水曜日の放送となった。 第25回は番組初の金曜日の放送となった。 尚、これまでの放送分に毎回出演していたアンジャッシュとサンドウィッチマンは、アンジャッシュが『』()、サンドウィッチマンが『』()と同時間帯に放送されていたにそれぞれ出演していたため、この放送分には出演を控えた。 第29回は番組史上最長の放送時間となる3時間14分(19:00 - 22:14)の放送となった。 第30回は番組初の『』枠で放送となった。 第31回は第1回より欠かさず出演していた陣内智則が同時間帯に放送されていた裏番組『』(フジテレビ)に出演していたため、この放送分には出演を控えた。 また、タカアンドトシとサンドウィッチマンも出演を控えていたが、両コンビが出演するテレビ朝日で月曜19時台に放送されている『』が同日は他番組で休止していた。 第32回は『300回突破記念! あの人気者は昔こうだった! 傑作爆笑ネタSP』と題した特別編として放送され、エンタ常連芸人の初登場時のネタや伝説のネタを本人による裏話を交えた形で放送された。 特別番組として放送再開して以降、第31回まで(過去の傑作ネタを含めて)全ての回に出演しているのは、東京03のみである。 レギュラー放送時代に、番組限定の芸名で出演していた芸人は復活SPに於いては本来の芸名で出演する(例:、、爆笑コメディアンズなど)。 芸人につけられるキャッチコピーがレギュラー放送時代とは異なる芸人が大半である。 また、復活SP内でも変更されることも多々ある。 また、オスカー像が回りながら芸人の映像モニターが回っていたCGも廃止されている。 第35回は、番組初の火曜日の放送となった。 特別番組の放送リスト 放送回 放送日 放送曜日 放送時間() 第1回 22:00 - 22:54 第2回 2012年 21:00 - 22:54 第3回 2012年 22:00 - 22:54 第4回 2012年 21:00 - 23:08 第5回 2012年 19:00 - 20:54 第6回 19:00 - 21:54 第7回 2013年 土曜日 19:00 - 20:54 第8回 2013年 21:00 - 22:54 第9回 2013年 19:00 - 21:24 第10回 19:00 - 20:54 第11回 2014年 月曜日 21:00 - 22:54 第12回 2014年 土曜日 19:00 - 20:54 第13回 2014年 19:00 - 21:54 第14回 19:00 - 20:54 第15回 2015年 日曜日 第16回 2015年 土曜日 第17回 2015年 19:00 - 21:54 第18回 21:00 - 22:54 第19回 2016年 19:00 - 20:54 第20回 2016年 第21回 2016年 19:00 - 22:05 第22回 21:00 - 22:54 第23回 2017年 19:00 - 20:54 第24回 2017年 土曜日 21:00 - 22:54 第25回 2017年 19:00 - 21:45 第26回 土曜日 19:00 - 20:54 第27回 2018年 21:00 - 22:54 第28回 2018年 19:00 - 20:54 第29回 2018年 19:00 - 22:14 第30回 金曜日 21:00 - 22:54 第31回 2019年 月曜日 19:00 - 21:00 第32回 2019年 水曜日 21:00 - 22:54 第33回 2019年 土曜日 19:00 - 20:56 20:59 - 21:20 第34回 水曜日 21:00 - 22:54 第35回 2020年 19:00 - 20:54 第36回 2020年 月曜日 19:00 - 21:00 拡大版・特別編成 [ ] 「今年も笑わせまSP!! 」と「未公開ネタ大連発SP」の放送時間は共に普段の22時からではなく日中に放送された。 エンタの神様 今年も笑わせまSP!! [ ] に「エンタの神様 今年も笑わせまSP!! あの芸人の初登場シーン! 蔵出し映像も大公開!! 」と題し、7年間放送してきたエンタの神様の歴史を振り返る特別番組が放送された。 現在出演している芸人から、エンタ芸人と呼ばれる芸人(波田陽区、、など)や、一時代を築いたブレイク芸人(、、など)やその他他番組で活躍する芸人(、、青木さやかなど)の初登場シーン等を振り返った。 だがその後、皮肉にも3月いっぱいで番組が打ち切りになることが発表された。 エンタの神様 未公開ネタ大連発SP!! [ ] に「エンタの神様 未公開ネタ大連発SP!! 」と題し、これまでエンタに出演した芸人のお蔵入りとなったネタ(次長課長、アンジャッシュ、など)や、一度もエンタに出演せずにお蔵入りとなったネタ(、、など)を放送した。 中には珍しくがコントを披露したものなどもあった。 エンタの神様 7年間ありがとう! 大爆笑の傑作名作ネタすべて見せますSP [ ] 3月20日に放送された最終回。 普段と異なり観客や芸人は登場せず福澤と白石がステージに立ち二人のナレーションで、年毎に当時の時事映像を交えながら7年間に出演した芸人のネタ映像を振り返った。 ただし、番組開始当初は、ネタ番組に限らず総合エンターテインメント番組としてスタートした事については、一切触れなかった。 なお、番組内では芸人が初出演した年月ごとに放送されており、1度しか出演していない芸人(など)が放送された一方で、名前を出さずに数秒間の映像だけが放送された芸人(、など)や、2009年以降に出演した芸人など複数回出演していながら放送されなかった芸人もいた(、クワバタオハラ、、、など)。 上述の通り、番組の最後で福澤が今後スペシャル番組としての放送を予告する発言をして番組を締めくくった。 エンタの神様 放送300回突破特別編 あの人気者は昔こうだった!傑作爆笑ネタSP [ ] 9月18日に放送された放送300回突破記念の特別編。 2003年4月の放送開始からのアーカイブ映像の中から今をときめく人気芸人の傑作爆笑ネタを解禁!デビューまもない珠玉のネタ、今でも笑える最強ネタ、芸人の人生を変えた伝説ネタを人気芸人たちの当時を振り返ったインタビューも交え一挙に放送した。 、、、、、などといった現在活躍している芸人が放送された。 特別枠 [ ] 拡大版では数分間の特別枠(2006年から新設)が設けられる。 特別枠のリスト 年 概要 2006 今年流行のフレーズ 2007 2008年に活躍が期待される芸人 2008 春 ブレイク中の芸人 今年活躍が期待される芸人 2008 年末 ブレイク中の芸人 来年活躍が期待される芸人 今年話題になった芸人 2009 春 今年活躍が期待される芸人 2009 夏 活躍が期待される芸人 2009 年末 来年活躍が期待される芸人 拡大版でのトップバッターとラストバッター [ ] トップバッター [ ]• 2006年年末まではが担当(中盤にはだいたひかるも出演)していた。 その後は単発。 ラストバッター [ ]• 当初は、がのインタビューを織り交ぜた自作の歌を歌い、2006年4月15日から一定期間が担当した。 その後は単発。 トップバッターとラストバッター [ ] トップバッター [ ]• 2009年4月以降は固定していない。 以前は下記の芸人らが担当していた。 笑いの暴走自転車:だいたひかる(2004年1月 - 2009年3月)• 帰ってきた一匹狼(ロンリーウルフ)(2007年9月までは「クールな毒舌スナイパー」):(2004年1月 - 2007年9月、2009年1月 - 3月)• 天下無双のモヒ勘流:(2007年10月 - 2008年12月)• 番組開始当初も固定していなかったが、番組内容が総合エンターテインメントからネタ見せへとシフトしていた時期は松尾幻燈斎に定着し2003年12月まで担当した。 2004年1月から半年間は再び固定しなくなったが、主に長井秀和かだいたひかるが担当した。 2004年7月から2007年9月までは長井とだいたがほぼ隔週交代で担当していたが、10月下旬から長井がアメリカに留学したため世界のうめざわとだいたが担当することになった。 2008年11月に長井は帰国し、2009年1月に復帰。 長井とだいたが同じ回に出演するのは非常に稀なことである。 他にも同じ回に出演するのが非常に稀な芸人が数組いる。 初期はテツandトモやいつもここから、アメリカザリガニが担当したこともあった。 復活特番では、、、といった歌・リズムネタをもつ芸人が務めている。 2012年の特別番組からは、芋洗坂係長が務めている。 当初はナレーション紹介をされていたが、現在ではカットされていることが多い。 ラストバッター [ ]• トップバッター同様、2009年以降固定されていない。 以前は下記の芸人らが担当していた。 苦悩と自由のブルース魂:(サバンナ高橋)(2006年4月 - 2008年12月)• 番組開始当初も固定されていなかったが、2003年10月からはなわが定着した。 プロデューサー曰く、最後は歌と決まっているらしい(初期は日替わりでアーティストが歌っていた)。 初期ははなわが伝説を披露していたが、盗作疑惑(詳しくはを参照)が浮上したため、、などの珍回答に変更された。 がラストバッターを務めたことがある。 また、スタッフロールの後に今後の出場芸人の映像やカンニングのの追悼コメントを放送したこともあった。 2007年放送分のエンディングに予定された番組ナレーターアナウンサーの追悼コメントは、日本テレビ系列がこの話題を一切取り上げない方針を固めたことにより放送されなかった。 以降は、以前のような犬井、はなわの固定性を取りやめ、様々な歌ネタをもつ芸人が代わる代わる登場するようになった。 復活特番においても波田陽区、、2700といった歌・リズムネタを持つ芸人がラストバッターを務めている。 2012年の特別番組からは、第13回まで渡辺直美が務めていた。 第14回以降は歌ネタ芸人が務めている(ぶらっくさむらい、タブレット純、 など)• 2016年12月の特別番組では後続の『』に出演するとが繋ぎネタを披露、終了後レス接続で『有吉の壁』がスタートした(その直前のネタは)。 2017年8月の特別番組では、チーム8(福井県代表)長久玲奈がラストバッターを務めた。 なお、芸人以外でラストバッターを務めるのは史上初であり、かつ史上最年少でのラストバッターであった。 変遷 [ ] 期間 内容 トップバッター ラストバッター 2003. 04 2003. 09 週替わり 2003. 10 2003. 12 2004. 01 2004. 06 週替わり 2004. 07 2006. 03 だいたひかる 2006. 04 2007. 09 2007. 10 2008. 12 だいたひかる 2009. 01 2009. 03 だいたひかる 長井秀和 週替わり 2009. 04 2010. 03 週替わり 2012. 04 2014. 12 2015. 03 2015. 07 2015. 09 2015. 12 2016. 03 ぶらっくさむらい 2016. 05 2016. 10 ぶらっくさむらい 2016. 12 2017. 03 2017. 08 長久玲奈() 2017. 09 ぶらっくさむらい 2017. 12 2018. 03 出演者 [ ] 司会 [ ]• この2人が第1回から司会を務めている。 レギュラー放送最終回ではナレーションも兼務した。 司会者席にはこの2人に加え、2004年7月3日放送分までは2人のゲストタレントが同席し感想などをコメントしていた。 放送ではカットされているが、収録では幕間ごとに出演芸人と司会者2人とのフリートークがあり、観覧客しか見ることができない。 2018年6月23日放送分は育休中のため、(日本テレビアナウンサー)が代役を務めた。 また、徳島は2019年12月21日放送分でも司会を務めた。 ナレーター [ ]• 」(グループ芸人)は坂上によるもの。 芸人のキャッチコピーをどちらが読むかは不定だが主にピン芸人を坂上が、グループをDJナイクが担当している。 レギュラー放送末期では紹介コピーが短縮されることがあり、また復活特番では上記のような読み上げはされず、簡単な紹介文が読まれるのみである。 (日本テレビアナウンサー) 「エンタの神様 今年も笑わせまSP!! 」でのナレーション。 復活特番にてDJナイク不在時の代役として担当。 出演芸人 [ ] 出演する芸人の中にはキャッチコピーがない芸人もいる(特に初期)。 キャッチコピーは五味プロデューサーが芸人の名前やネタなどを見て決めている。 芸人によってはネタによりキャッチコピーが異なる場合がある。 出演回数は6回以上で、1-3ヶ月に1回以上出演する芸人。 強がりの空砲:• 法廷のスケッチブック:• コント仕掛けのスペシャリスト:• 酎笑(ちゅうしょう)企業の宴太(エンター)ティナー:• ボケとツッコミの化学反応:• 台詞 ことば の妖術師:• 高速の温度差:• 地獄のヘタレメタル:• ありえないJK(女子高生):• 言いがかりのGマン(ジェントルマン):• 中濃の笑撃波:• ビターの相乗効果:• 笑イト級の連続パンチ:• 重なりの歌越え(うたごえ):• 熱笑のテーマパーク:• 変幻自在のキャラ姉さん:• 禁断の秘巫女(ひみこ):• 禿しく! ハゲラッチョ:• (OTO)(おと)ボケの騎士軍:• マイナスオーラの女王様:• ハジけるMan才(まんざい)方式:• 幻想の野外活動:• 瞬足の生獣:• 歴史色の新(ニュー)フェイス・未来色の新(ニュー)フェイス:• ワイルドな乙女心:• 負組(おちこぼれ)のポップス新ガー:• 軟国の新撰果実:• 燃えろ! 偽造のスーパースター:• 乱れ打ちの連射法:• 瞬間の現笑:• 女MEN(おとめん)チックな時間(ひととき):• 次世代の新ドローム:• 突貫のとちぎ魂:• 交錯のハイスピード:• 3階建ての笑ルーム:• 肉熱のなりきりDiva(ディーバ): 出演回数6回以上で、2010年のレギュラー放送で出演していない芸人。 高気圧ガール:• バカテンポで夜踊(ナイトフィーバー):• ものまねバラエティーショップ:• ポップな洞察ボーイ:• 天然系ふしぎ空間:• パワーしゃべる:• 逆境のナルシスト:• 陽気な負け犬芸人:• 苦悩と自由のブルース魂:• HIP HOPな武勇伝:• 牛ギュウ詰めの笑ホール:• 勘違GUY(かんちがい)のナルシスト:• キモE級(イークラス)のチアボーイ:• 人間描写のスケッチブック:• 笑いの珍味:• 口撃(こうげき)のムエタイ戦士(ファイター):• 野蛮な幻獣民:• ツッパリの核分裂:• Cheese• POPなほんわかボーイ:• CA恐子:• 出でよ! ギャグ神様:• 笑撃のボディーブロー:• お笑いニュースキャスター:• ザ・プラン9のCF センターフォワード :• 逆輸入の激辛スパイス:• くっつきと反発の2重ガウス:• 怒涛の中間管理職:• 多国籍の観光大使:• ニヒルな腕白主義:• オモローな腕白主義:• ハイテン笑(ション)のTV店舗(ショッピング):• ノッてる楽陥ism(らっかんしゅぎ):• 怪物フランチェン:• 単毒の全校集会:• 天下無双のモヒ勘流:• 哀愁の憂多声(うたごえ):(初登場時はセクシー松山表記)• 匠の空想職人:• 冥怒喫茶の堕天使:• 笑いの暴走自転車:• 迷宮の旋律:• 最後方のカリスマ:• 主観と客観のユニゾン:• 個性派コンビ:• 男装の薔薇ジェンヌ:• 島根のツッコミ怪童:• さすらいのギター侍:• おとぎの国のブラックメルヘン:• 低空のageha蝶:• Let'sラララライ体操:• 新世代の異端児:• 浪花のスーパーキッズ:• マジック界の若旦那:• 怒りの熱血プロレスラー:• 倒突のオーバーヒート:• おどけた福山イズム:• 平成ロマンの歌謡ショー:()• あれでいいのか!? あるある探検隊: 出演回数6回以下で出演した芸人 未公開ネタ大連発SPのみに出演した芸人も含む• あやふやな存在意義:• 妖かしのいたずら姫:• なまりの弾丸:• 艶やかな貧乏セレブ:• お笑い界の問題児:• 2次元と3次元の融合体:• ぽちゃめな小悪魔:• エスニックなBu意識:• 懐メロの迷司会:• ハジけたバブルshow:• 松竹芸能のスプリンター:• ガリガリのガリラッパー:• 逆転の構造:• 歌う漫才迷人戦:• プチベリーな女子高生:• 妄想の狂言師:• 逆境のナルシスト:• 翔んだ自然現笑:• ハイスピードの天然果実:• 非情な裏「架」業:• 緩めの武装地帯:• 笑うマッチポンプ:• 激すっぱいハーモニー:• 35歳の妄想:• アノあたりのぉ〜 困り者:• 情熱と沈黙の90秒:• 沖縄の楽シーサー:• ショートコントのデパート:• 上笑の記号 イニシャル :• 電撃のハイテンション:• Newキャラの開拓者:• ものまね界の裏番長:• 笑いの味覚人情報:• 何でも乱キング:• Majiでマネする5秒前:• 異色のお笑いコンビ:• AKB系/ アキバけい 空手道:• 能天気なSUN人組み:• やって来た危険人物:• 悲喜交交 ひきこもごも の分岐点:• 「紅」のシャウト:• それ行け! 考察のメビウス:• 青森オカリナ詩情(ものがたり):• 欲望の嘘SHOW ホラーショー :• 2丁目のカトリーヌ:• 淡色のイエロー鳥ック:• 5次元のアニメ主義(イズム):• おもろい唄の元祖:• お調子者の昆虫記:• 入魂の一発芸:• 予想外のダンスライブ:• 多似声の追跡者:• 明るいニート宣言:• 手品(マジック)と腹話術の合体(コラボレーション):• 陽気なヨッパライ娘:• 速読の案内人(ナビゲーター):• 極悪のザコ伝説:• 劇甘のマジック笑 ショー :• 笑いのジュークボックス:• 炊きたての上手味 うまみ :• 杵と臼の男道(ダンディズム):• 破れかぶれの肉体微:• びっくりエクササイズ:• 闘魂の紙芝居:• ものまね界の帝王:• 渋谷系チャラ男芸人:• 天然の無我夢中:• ブサイクな過去:• 笑いのアウトロー:• 増量するツッコ味:• たむけんE(エンタ)・S(スーパー)・LVer. ライトバージョン :• 7歳の落語家:• キーボードの魔術師:• 謝罪する仮リスマ:• 迷泣の無敗伝説:• 全力の微学:• 笑いの冒険家:• 段違いの方程式:• 困ってしまうギター弾き:• ものまね界のおてんば姫:• 遅れてきた謎ラッパー:• ガチなカップル漫才:• 笑いの反則技:(安田特大サーカスの一員としても登場)• お笑い界の飛び道具:• 凸凹(ちぐはぐ)な男女関係:• 戸惑いの大接戦:• 実録「僕の鬼嫁」:• 新世代のエース:• 旋律のオペラ2人組(ユニット):• 気まずいヴォーカリスト:• 気になるJ ジャニーズ ライブ:• ルール無用の田舎モン:• 逸脱のスキャット:• とれたての3weets スウィーツ :• 笑いの新鉱脈:• 言ってみてぇ! OVER(バーオー)な業界用語:• 純粋(ピュア)なナンセンス:• 最先端のジャンヌダルク:• チョイ悪の伊達男:• トウ部の荒くれ者:• ライトな閉塞感:• 裏口のチンピラEX(エキス):• ツッコミ太鼓の乱れ打ち! 異色の熱血芸人:• 笑顔の毒舌ウォッチャー:• 妄想する果実:• 鉄拳を超えた男:• ピリ辛の臨場感:• ダークな貴公子:• 替え歌の六面体:• 困惑の遺伝子:• 憤りのストリート戦士 ファイター :• たそがれ平安絵巻:• 笑いの町の看板娘:• 見栄っぱりのポンコツ車:• 歌まね界の上昇気流:• 大盛爆弾(ダイナマイト)メニュー:• の〜転気なメデタシ組(コンビ):• おませなワル楽器:• 笑いのグレートマウンテン:• 笑突の場外乱闘:• 限界ギリギリの冒険者:• スーパーROCKな維新軍:• ほろ苦の笑惑星:• K点声のオクターブ:• 五番街のセクシー魔術:• 掟破りのお笑いコンビ:• 深層心理のリング笑:• 気ままなF-WAVE(ファンキーウェイブ):• お笑い界の怪人:• 浪速の賞金稼ぎ:• 疑問系のクロスカウンター:• 掟破りの年の差コンビ:• 鼓動するOUT夜炎(アウトファイヤー):• 孤高のピン芸人:• 先走りのフリーウェイ:• 気にしない三銃士:• 濃厚なShock缶 しょっかん :• 押し寄せる潜在意識:• 米ディ仕込みのSP組(スペシャルユニット):• 右肩上がりのグラフィティ:• ほんわか系の富山味:• 孤高の反骨主義:• 魔界からの物の怪:• 未完の応怨歌:• 変幻自在のものまねコンビ:• 未来型マリオネット:• 飛笑するアクシデント:• ものまね界の異端児:• 笑いの日米同盟:• ポジティブな八方ふさがり:• 時代を引っ張るCL(チアリーダー):• 脱力のアンサンブル:• 罵りの熱血漫才:• 予測不能の進行形:• 若手No. 1ものまね芸人:• 異国文化の変換機:• おとぼけピリ辛コンビ:• 新世紀の異端者裁判:• ファニービートな音楽会:• バク笑の怪談児:• ほろ苦の新種:• 韓流のダテ芸人:• 歪曲のレーザー光線:• 擬人化の魔術師:• うろ覚えの迷曲:• 絢爛のルネッ賛ス:• 笑いの祭り太鼓:• 凸凹ボディーアート:• 平成の戦国ブ笑:• 妄恋(こい)するカレンダー:• 真逆の美意識:• あぶない笑市民:• ワンダフルな笑年時代:• ブッチぎりのBu男:• ピーチなNEWカマー:• 破れかぶれの応援歌:• 吉本帝国の核弾頭:• おもしろマジックの達人:• お笑い界のホープ:• 成金のボンリズム:• お笑い界の隠し味:• 情熱の結末:• 戦笑(せんじょう)のラスト侍:• ものまね界の風雲児:• 究極の飛道具芸人:• 蒼いツッコミPerc パーカッション :• 笑いのお楽しみ袋:• 男と女の笑べ唄:• 口速(こうそく)の実況パフォーマー:• Blackなミルク味:• ものまね界のプリンス:• 大遭難船:• シリアスと違和感のハーモニー:• ヘヴィメタ王子:• 一瞬の笑負魂:• 漫才界のエース:• 黄泉からの占い師:• もう一人のMr. マリック:• 放課後の「速」興LIVE そっきょうライブ :• ブラックな中谷小雪:• あぶない微笑女:• 絶頂感のリバウンド:• 止まらないボケラッシュ:• 半熟の覆面レスラー:• 孤独なポクポク芸人:• 新けずりな素材感:• 平成の竹馬アイドル: 以外• 現役女子大生芸人:• 冷やかな発火点:• 翔け(はばたけ)! ぱっぱら王子:• お笑い界の地下組織:• 飛び跳ねる変化Q:• 悲劇のエース:星飛雄馬• がっかりなカリカリBOY:• ハイパーギャグクリエイター:• やってキター!! 霊長類:• 華のレディース街道:• しゃべりのスーパーエキスプレス:• TOPPIな品種改良:• 掟破りの認定書:• 蛇行するCooRow船 くろふね :• 笑いの歓声塔:• POPな漫画組(コミックコンビ):• 音ボケのV. P ボイスパーカッション :• 皮肉のNEWS画報:• 絶対零度の人造人間:• 極限ふんどし魂:• 言葉の逆立ち戦士:• 異色の演GAYコンビ:• 夢敗のDNA:• ぬるめの完全燃笑:• 冗熱の光景:• とまどいの宇宙遊泳:• 笑いの業務連絡:• 必殺の川柳チョップ: 芸人紹介時のキャッチコピーの読み上げは行われず、簡潔な紹介文がネタ前に読まれた。 ナイツ、アンガールズ、スリムクラブ、陣内智則、パンクブーブーはキャッチコピーが変更された。 HIPHOPな武勇伝:オリエンタルラジオ• コント仕掛けのスペシャリスト:アンジャッシュ• 実力派漫才コンビ:ナイツ• 天然キモ系コンビ:アンガールズ• ボリューム感の挟み撃ち:サンドウィッチマン• 異色の存在感:スリムクラブ• 孤高のピン芸人:陣内智則• パワーしゃべる:アンタッチャブル• 漫才2冠の帝王:パンクブーブー• 三つ巴の笑劇場:東京03• 個性派コンビ:ドランクドラゴン• 笑イト級の連続パンチ:タカアンドトシ• さすらいのギター侍:波田陽区 今回は初登場時の年月、傑作ネタの場合は放映年月が明記されたが一部芸人は表記されなかった。 2700、ハイキングウォーキング、芋洗坂係長、柳原可奈子、トータルテンボス、ジャングルポケット、ハリセンボン、アナログタロウ、姫くり、ラバーガール、ゆったり感、キングオブコメディ、ライス、渡辺直美はレギュラー放送時代からキャッチコピーが変更された。 ニッチェは本放送が番組初登場となった。 コント仕掛けのスペシャリスト:アンジャッシュ(2003年6月初登場)• リアルなおとぎ話:(初登場)• 笑いの遊歩道:ハイキングウォーキング(2009年4月放送分)• 踊るメタボリーマン:芋洗坂係長(2008年3月初登場)• なりきりピーチパイ:柳原可奈子(2008年12月放送分)• 三つ巴の笑劇場:東京03(2007年10月放送分)• 笑いの仰天SHOW:トータルテンボス(2009年3月放送分)• 孤高のピン芸人:陣内智則(2003年4月初登場)• ダイナミックな劇空間:ジャングルポケット(2009年2月放送分)• 漫才2冠の帝王:パンクブーブー(2005年9月初登場)• ボリューム感の挟み撃ち:サンドウィッチマン(2005年5月初登場)• はげしく! ハゲラッチョ:トレンディエンジェル(2009年放送分)• 笑イト級の連続パンチ:タカアンドトシ(2009年3月放送分)• 歌番組のイントロSHOW:アナログタロウ(2010年放送分)• R-1最強のタッグ:COWCOW(2009年7月放送分)• 3階建ての笑ルーム:我が家(2005年12月初登場)• 変幻自在のキャラ姉さん:友近(2005年6月放送分)• 新感覚の実力派:ラバーガール(2006年5月初登場)• 怒涛の掛け合い:ゆったり感(2009年3月放送分)• 型破りの王者:キングオブコメディ(2005年2月放送分)• 実力派漫才コンビ:ナイツ(2008年5月初登場)• 個性派コンビ:ドランクドラゴン(2003年7月初登場)• 笑いの技巧派:ライス(2009年12月放送分)• ボケとツッコミの化学反応:インパルス(2003年7月初登場・2007年7月放送分)• なりきり歌姫:渡辺直美(2009年5月放送分) 復活特番初登場の禅、いつもここから、ダブルネーム、モエヤン、NON STYLE、斉藤紳士はレギュラー放送時代からキャッチコピーが変更された。 は本放送が初登場。 この回からコントセットを使用してネタを披露する出演芸人は 、ネタ中左上のテロップが出演者名ではなくエンタの神様のロゴマークが表示されるようになった。 また、この回はナレーターの一人であるDJナイクの代役をバッキー木場が務めた。 傑作選が一部のみになり大半が新作になったのもこの回からである。 踊るメタボリーマン:芋洗坂係長• 孤高のピン芸人:陣内智則• 漫才2冠の王者:パンクブーブー• 空想ショートコント:禅(ZEN)• 型破りの王者:キングオブコメディ• コント仕掛けのスペシャリスト:アンジャッシュ• 実力派漫才コンビ:ナイツ• 個性派コンビ:ドランクドラゴン(2007年5月放送分)• 法廷のスケッチブック:阿曽山大噴火• 笑いのボディーブロー:ロッチ• ツッコミ暴走族:いつもここから• 重なりの歌声:ダブルネーム• 笑イト級の連続パンチ:タカアンドトシ(2009年3月放送分)• ダイナミックな劇空間:ジャングルポケット• ワイルドな野郎:• 3階建ての笑ルーム:我が家• キャラの百貨店:なだぎ武• 笑いの遊歩道:ハイキングウォーキング• 怒りのOLデュオ:モエヤン• ボリューム感の挟み撃ち:サンドウィッチマン(2009年6月放送分)• ナニワの漫才ファイター:NON STYLE• 笑いの仰天SHOW:トータルテンボス• 変幻自在のキャラ姉さん:友近(2007年1月放送分)• 2012年コントチャンピオン:バイきんぐ(初登場)• ボケとツッコミの化学反応:インパルス(2006年11月放送分)• 謎の英会話教師:斉藤紳士• 三つ巴の笑劇場:東京03• R-1最強のタッグ:COWCOW• 新感覚の実力派:ラバーガール• なりきり歌姫:渡辺直美(2009年1月放送分) 復活特番初登場のパンサー、ビューティーこくぶ、ザブングル、ヒライケンジ、しずる、どぶろっく、U字工事はレギュラー放送時代から、ダブルネーム、パンクブーブー、陣内智則はこれまでの復活特番からキャッチコピーが変更された。 レッツ! あたりまえ体操:COWCOW• 踊るメタボリーマン:芋洗坂係長• 今年ブレイクの3人組:パンサー• 実力派漫才コンビ:ナイツ• 異端の毒舌シンガー:(初登場)• コント仕掛けのスペシャリスト:アンジャッシュ• 爆笑のハーモニー:ダブルネーム• 型破りの王者:キングオブコメディ• ワイルドな野郎:スギちゃん• 笑いのビックリBOX:陣内智則• お笑いGPの覇者:パンクブーブー• はげしく! ハゲラッチョ:トレンディエンジェル• 笑イト級の連続パンチ:タカアンドトシ(2008年11月放送分)• パロディSHOW:ビューティーこくぶ• 3階建ての笑ルーム:我が家• 個性派コンビ:ドランクドラゴン(2006年9月放送分)• ダイナミックな劇空間:ジャングルポケット• ナニワの漫才ファイター:NON STYLE(2009年4月放送分)• 極限の爆笑劇:ザブングル• ボリューム感の挟み撃ち:サンドウィッチマン(2009年9月放送分)• ファンキーなポップ笑:ヒライケンジ• キングオブコント決勝の常連:しずる• 三つ巴の笑劇場:東京03• モテない男の妄想:どぶろっく• 新感覚の実力派:ラバーガール• 今注目の栃木県:U字工事• なりきり歌姫:渡辺直美(2009年1月放送分) 復活特番初登場のハマカーン、フルーツポンチ、ほたるゲンジ、平成ノブシコブシ、デッカチャン、オジンオズボーン、オードリー、二輪明宏、フラミンゴ、梅小鉢、はんにゃはレギュラー放送時代から、陣内智則、パンサーはこれまでの復活特番からキャッチコピーが変更された。 踊るメタボリーマン:芋洗坂係長• レッツ! あたりまえ体操:COWCOW• 実力派漫才コンビ:ナイツ• 3階建ての笑ルーム:我が家• ツッコミ暴走族:いつもここから• ナニワの漫才ファイター:NON STYLE• ダイナミックな劇空間:ジャングルポケット• キングオブコント決勝の常連:しずる• 「THE MANZAI」チャンピオン:ハマカーン• 個性派コンビ:ドランクドラゴン(2005年8月放送分)• 笑いの映像クリエイター:陣内智則• 今ブレイク中の3人組:パンサー• 空想ショートコント:禅(ZEN)• ボリューム感の挟み撃ち:サンドウィッチマン• 天然ボケの果実:フルーツポンチ• 燃えろ! 言葉の卓球:ほたるゲンジ• ミスター破天荒:平成ノブシコブシ(2008年9月収録の未公開ネタ)• 気付いちゃったマーチ:デッカチャン• 笑いのボディーブロー:ロッチ• 怒りのOLデュオ:モエヤン• 島根のツッコミ怪童:ネゴシックス(2006年5月放送分)• 変幻自在のキャラ姉さん:友近(2004年11月放送分)• 2012年コントチャンピオン:バイきんぐ• 電車オタクでぇい! :オジンオズボーン• 三つ巴の笑劇場:東京03• 進化したズレ漫才:オードリー• ミワじゃないよニワだよ:二輪明宏• お笑いGPの覇者:パンクブーブー• コント仕掛けのスペシャリスト:アンジャッシュ• 法廷のスケッチブック:阿曽山大噴火• ボケとツッコミの化学反応:インパルス(2009年2月放送分)• 謎の英会話教師:斉藤紳士• 型破りの王者:キングオブコメディ• 爆笑のハーモニー:ダブルネーム• 笑イト級の連続パンチ:タカアンドトシ(2009年1月放送分)• モテない男の妄想:どぶろっく• ムチャぶりモノマネ:フラミンゴ• 新感覚の実力派:ラバーガール• 皮肉なお祝いソング:梅小鉢• 歴史のNEW舞台:はんにゃ• なりきり歌姫:渡辺直美(2009年3月放送分)• 踊るメタボリーマン:芋洗坂係長• R-1最強のタッグ:COWCOW• 実力派漫才コンビ:ナイツ• 3階建ての笑ルーム:我が家• おどけた福山イズム:みっちー• ダイナミックな劇空間:ジャングルポケット• 笑いの映像クリエイター:陣内智則• 気付いちゃったマーチ:デッカチャン• キングオブコント決勝の常連:しずる• 空想ショートコント:禅(ZEN)• ボリューム感の挟み撃ち:サンドウィッチマン• 笑いのボディーブロー:ロッチ• ナニワの漫才ファイター:NON STYLE• 笑イト級の連続パンチ:タカアンドトシ(2010年1月放送分)• 大ブレイクのモノマネ女子:キンタロー。 「THE MANZAI」チャンピオン:ハマカーン• 怒りのOLデュオ:モエヤン• コント仕掛けのスペシャリスト:アンジャッシュ• お笑いGPの覇者:パンクブーブー• 2012年コントチャンピオン:バイきんぐ• 個性派コンビ:ドランクドラゴン(2007年12月放送分)• モテない男の妄想:どぶろっく• 新感覚の実力派:ラバーガール• 三つ巴の笑劇場:東京03• NO1. の注目芸人:(初登場)• ボケとツッコミの化学反応:インパルス(2005年2月放送分)• 笑いの遊歩道:ハイキングウォーキング(2006年放送分)• なりきり歌姫:渡辺直美(2009年4月収録の未公開ネタ) しずる、キンタロー、バイきんぐ、復活特番初登場のまちゃまちゃ、ドクターハローのキャッチコピーが変更された。 またこの回から2012年以降の復活特番で放送されたものも傑作選として放送されるようになった(バイきんぐがそれに該当するが本来のオチの前に終了して完全なものではなかった)。 踊るメタボリーマン:芋洗坂係長• 実力派漫才コンビ:ナイツ• ムクんだ芦田愛菜:(初登場)• 3階建ての笑ルーム:我が家• ツッコミ暴走族:いつもここから• 笑いの映像クリエイター:陣内智則• ダイナミックな劇空間:ジャングルポケット• モテない男の妄想:どぶろっく• ボリューム感の挟み撃ち:サンドウィッチマン(2009年5月放送分)• お笑いGPの覇者:パンクブーブー• 話題のコント師:しずる• 笑いのボディーブロー:ロッチ• 怒りの女子プロレスラー:まちゃまちゃ• コント仕掛けのスペシャリスト:アンジャッシュ(2006年11月放送分)• ナニワの漫才ファイター:NON STYLE• 笑イト級の連続パンチ:タカアンドトシ(2007年9月放送分)• 大人気のモノマネ女子:キンタロー。 個性派コントチャンピオン:バイきんぐ(2012年11月26日放送分)• 皮肉なお祝いソング:梅小鉢• 三つ巴の笑劇場:東京03• 1の注目芸人:ヒューマン中村• ボケとツッコミの化学反応:インパルス• 法廷のスケッチブック:阿曽山大噴火• 型破りの王者:キングオブコメディ• 新感覚の実力派:ラバーガール• 答えて! アンケート:ドクターハロー• 個性派コンビ:ドランクドラゴン(2007年6月放送分)• 踊るメタボリーマン:芋洗坂係長• 実力派漫才コンビ:ナイツ• 大人気のモノマネ女子:キンタロー。 3階建ての笑ルーム:我が家• ツッコミ暴走族:いつもここから• 話題のコント師:しずる• 笑いの映像クリエイター:陣内智則• 2013年コントチャンピオン:(初登場)• 不思議な腹話術:川上じゅん• ボリューム感の挟み撃ち:サンドウィッチマン(2005年8月放送分)• ムクんだ倖田來未:やしろ優• ダイナミックな劇空間:ジャングルポケット• 笑いのボディーブロー:ロッチ• 怒りの女子プロレスラー:まちゃまちゃ• 今ブレイクの3人組:パンサー(2009年11月放送分)• ナニワの漫才ファイター:NON STYLE• モテない男の妄想:どぶろっく• コント仕掛けのスペシャリスト:アンジャッシュ• 空想ショートコント:禅(ZEN)• 2014年注目度No. 1:ゆったり感• 三つ巴の笑劇場:東京03• 法廷のスケッチブック:阿曽山大噴火• ボケとツッコミの化学反応:インパルス(2007年4月放送分)• 笑いの暴走自転車:だいたひかる• 型破りの王者:キングオブコメディ• 新感覚の実力派:ラバーガール• 個性派コンビ:ドランクドラゴン(2008年11月放送分)• お笑い決定戦 優勝候補:(初登場)• 笑イト級の連続パンチ:タカアンドトシ(2009年10月放送分)• 進化したズレ漫才:オードリー• 怒りのOLデュオ:モエヤン• 個性派コントチャンピオン:バイきんぐ• お笑いGPの覇者:パンクブーブー• ジャワネットたかな:ビューティーこくぶ• 桜塚やっくんの軌跡(2006年5月、7月、2006年6月、2007年2月、7月、2006年6月放送分) しずる、東京03、復活特番初登場のチョコレートプラネットはキャッチコピーが変更された• 踊るメタボリーマン:芋洗坂係長• 3階建ての笑ルーム:我が家• 笑撃のパフォーマー:(初登場)• 実力派漫才コンビ:ナイツ• 笑いの映像クリエイター:陣内智則• あるあるツッコミ店員:いつもここから• 型破りの王者:キングオブコメディ• ムクんだ倖田來未:やしろ優• ナニワの漫才ファイター:NON STYLE• 技巧派コント師:しずる• 2013年コントチャンピオン:かもめんたる• 個性派コンビ:ドランクドラゴン(2006年11月放送分)• 空想ショートコント:禅(ZEN)• コントの最強王者:東京03• 大人気のモノマネ女子:キンタロー。 笑イト級の連続パンチ:タカアンドトシ(2009年9月放送分)• モテない男の妄想:どぶろっく• お笑いGPの覇者:パンクブーブー• 今ブレイクの3人組:パンサー• 謎の英会話教師:斉藤紳士• コント仕掛けのスペシャリスト:アンジャッシュ• ボリューム感の挟み撃ち:サンドウィッチマン(2012年4月放送分)• 笑いのボディーブロー:ロッチ• 新感覚の実力派:ラバーガール• ボケとツッコミの化学反応:インパルス(2006年1月放送分)• ダイナミックな劇空間:ジャングルポケット• 2014年注目度No. 1:チョコレートプラネット• なりきり歌姫:渡辺直美(2009年5月放送分) パンサー、NON STYLE、復活特番初登場のカンニング竹山はキャッチコピーが変更された(厳密にはカンニング竹山はカンニング名義で出演時のもの)。 人気No. 1の若手:パンサー• 実力派漫才コンビ:ナイツ• 3階建ての笑ルーム:我が家• 大注目のハーフ芸人:(初登場)• 笑いの映像クリエイター:陣内智則• ダメよ〜ダメダメ! :(初登場)• 個性派コンビ:ドランクドラゴン• 爆笑投票No. 1コンビ:NON STYLE• コントの最強王者:東京03• 衝撃の実話を暴露! :(初登場)• 笑いのボディーブロー:ロッチ• 個性派コントチャンピオン:バイきんぐ• 大人気のモノマネ女子:キンタロー。 ボリューム感の挟み撃ち:サンドウィッチマン• 妄想の作詞家:(初登場)• 型破りの王者:キングオブコメディ• 空想ショートコント:禅(ZEN)• お笑いGPの覇者:パンクブーブー• 笑イト級の連続パンチ:タカアンドトシ• モテない男の妄想:どぶろっく• ダイナミックな劇空間:ジャングルポケット• 新感覚の実力派:ラバーガール• 遅れてきた反抗期:カンニング竹山• コント仕掛けのスペシャリスト:アンジャッシュ• ボケとツッコミの化学反応:インパルス• 変幻自在のキャラ姉さん:友近• 3階建ての笑ルーム:我が家• 大注目のハーフ芸人:デニス• 型破りの王者:キングオブコメディ• 技巧派コント師:しずる• 瞬速で反対語:ゆったり感• 笑いの映像クリエイター:陣内智則• 個性派コンビ:ドランクドラゴン• 人気No. 1の若手:パンサー• 爆笑投票No. 1コンビ:NON STYLE• 笑いのボディーブロー:ロッチ• ツッコミ暴走族:いつもここから• ダイナミックな劇空間:ジャングルポケット• コントの最強王者:東京03• 大人気のモノマネ女子:キンタロー。 笑イト級の連続パンチ:タカアンドトシ• モテない男の妄想:どぶろっく• ボリューム感の挟み撃ち:サンドウィッチマン• 笑いで占おう! :サバンナ• 1の注目芸人:ヒューマン中村• 個性派コントチャンピオン:バイきんぐ• 皮肉なお祝いソング:梅小鉢• コント仕掛けのスペシャリスト:アンジャッシュ• 実力派漫才コンビ:ナイツ• 超意外なコント:爆笑コメディアンズ• ボケとツッコミの化学反応:インパルス• 空想ショートコント:禅(ZEN)• 新感覚の実力派:ラバーガール• お笑いGPの覇者:パンクブーブー• ダメよ〜ダメダメ! :日本エレキテル連合• 赤丸急上昇中! なりきり歌姫:渡辺直美 ダブルネーム、日本エレキテル連合、かもめんたるはキャッチコピーが変更された。 しずる、ザブングルは披露されるネタがキャッチコピーだった。 瞬速で反対語:ゆったり感• 3階建ての笑ルーム:我が家• 爆笑の新作漫才:ハライチ• 「激辛のアドバイス」:しずる• 怒りの女子プロレスラー:まちゃまちゃ• 笑いの映像クリエイター:陣内智則• 「自転車泥棒」:ザブングル• 人気急上昇のコンビ:(初登場)• 人気No. 1の若手:パンサー• 謎の英会話教師:斉藤紳士• お笑いGPの覇者:パンクブーブー• 空想ショートコント:禅• 注目の実力派コンビ:磁石• 笑いの暴走自転車:だいたひかる• 爆笑投票No. 1コンビ:NON STYLE• ジャワネットたかな:ビューティーこくぶ• 新感覚の実力派:ラバーガール• リアルな武勇伝:オリエンタルラジオ• ボリューム感の挟み撃ち:サンドウィッチマン• 電車オタクでぇい! :オジンオズボーン• 笑いのボディーブロー:ロッチ• 大注目のハーフ芸人:デニス• 個性派コントチャンピオン:バイきんぐ• 個性派コンビ:ドランクドラゴン• 漫才界の異端児:(初登場)• ミナミの暴れん坊:とろサーモン• コントの最強王者:東京03• 皮肉なお祝いソング:梅小鉢• ツッコミ連射砲:マシンガンズ• ダイナミックな劇空間:ジャングルポケット• 気付いちゃったマーチ:デッカチャン• 大人気のモノマネ女子:キンタロー。 笑イト級の連続パンチ:タカアンドトシ• モテない男の妄想:どぶろっく• 2014年 大ブレイク:日本エレキテル連合• 笑いで占おう! :サバンナ• ボケとツッコミの化学反応:インパルス• 実力派漫才コンビ:ナイツ• 型破りの王者:キングオブコメディ• 異色のコントチャンピオン:かもめんたる• コント仕掛けのスペシャリスト:アンジャッシュ• 変幻自在のキャラ姉さん:友近• 赤丸急上昇コンビ:タイムマシーン3号• なりきり歌姫:渡辺直美 復活特番初登場のヤナギブソン、しずる、日本エレキテル連合、ハイキングウォーキング、復活特番初登場の烏龍パークはキャッチコピーが変更された。 なぜなんだ? 日本人! :(初登場)• 3階建ての笑ルーム:我が家• ツッコミ暴走族:いつもここから• 型破りの王者:キングオブコメディ• 踊るモノマネ女子:キンタロー。 笑いのボディーブロー:ロッチ• 新しい演奏記号:ヤナギブソン• 笑いの映像クリエイター:陣内智則• 技巧派コント師:しずる• ラッスンゴレライ:(初登場)• 人気No. 1の若手:パンサー• 個性派コンビ:ドランクドラゴン• 怒涛のブレイク女芸人:日本エレキテル連合• 爆笑投票No. 1コンビ:NON STYLE• モテない男の妄想:どぶろっく• 変幻自在のキャラ姉さん:友近• 進化する笑い:ハイキングウォーキング• 笑イト級の連続パンチ:タカアンドトシ• ボリューム感の挟み撃ち:サンドウィッチマン• 答えて! アンケート:ドクターハロー• ダイナミックな劇空間:ジャングルポケット• 新感覚の実力派:ラバーガール• 歌番組のイントロSHOW:アナログタロウ• コント仕掛けのスペシャリスト:アンジャッシュ• コントの最強王者:東京03• ナニワのヤンキー魂:烏龍パーク• ボケとツッコミの化学反応:インパルス• なぜなんだ? 日本人! :厚切りジェイソン• 爆食の食べ芸人:もりやすバンバンビガロ• 3階建ての笑ルーム:我が家• 踊るモノマネ女子:キンタロー。 今年ブレイクの2人:8. 6秒バズーカー• ボリューム感の挟み撃ち:サンドウィッチマン• 謎の英会話教師:斉藤紳士• ダイナミックな劇空間:ジャングルポケット• 型破りの王者:キングオブコメディ• 今ブレイク中「本能寺の変」:(初登場)• 爆笑投票No. 1コンビ:• 空想ショートコント:禅• 笑いのボディーブロー:ロッチ• 個性派コンビ:ドランクドラゴン• コント仕掛けのスペシャリスト:アンジャッシュ• 個性派コントチャンピオン:バイきんぐ• 人気No. 1の3人組:パンサー• モテない男の妄想:どぶろっく• 新感覚の実力派:ラバーガール• 笑イト級の連続パンチ:タカアンドトシ• 今ブレイク中のコンビ:(初登場)• お笑いGPの覇者:パンクブーブー• 笑いのクリエイター:陣内智則• ナニワのヤンキー魂:烏龍パーク• ボケとツッコミの化学反応:インパルス• コントの最強王者:東京03• 法廷のスケッチブック:阿曽山大噴火• 1の注目芸人:(初登場)• ホワイ ジャパニーズ ピーポー! :厚切りジェイソン• 今年ブレイクの2人:8. 6秒バズーカー• ツッコミ暴走族:いつもここから• が言いそうなコト:(初登場)• 「イジメられる凶悪犯」:我が家• 踊るモノマネ女子:キンタロー。 個性派コントチャンピオン:バイきんぐ• 型破りの王者:キングオブコメディ• ブレイクネタをカヴァー:ダブルネーム• 技巧派コント師:しずる• ダイナミックな劇空間:ジャングルポケット• お笑い界のアウトレイジ:サンドウィッチマン• 新感覚の実力派:ラバーガール• イジ悪な送別会の歌:梅小鉢• 爆笑投票No. 1コンビ:NON STYLE• 万引き犯の「言い訳」:ロッチ• 新世代のお笑い王者:(初登場 )• 今ブレイク中の人気者:あばれる君• 今、大ブレイク中! :とにかく明るい安村(初登場 )• 「本能寺の変」でブレイク! 笑イト級の連続パンチ:タカアンドトシ• モテない男の妄想:どぶろっく• 個性派コンビ:ドランクドラゴン• コント仕掛けのスペシャリスト:アンジャッシュ• 「ちょっとイラッとくる女」:(初登場)• 笑いの映像クリエイター:陣内智則• 人気No. 1の3人組:パンサー• コントの最強王者:東京03• ボケとツッコミの化学反応:インパルス• 「」大好き! :ジャガーズ• ホワイ ジャパニーズ ピーポー! :厚切りジェイソン• 6秒バズーカー• 「デブなのにモデル!? 」:我が家• 踊るモノマネ女子:キンタロー。 2015年 M-1王者:トレンディエンジェル• 今ブレイク中の人気者:あばれる君• 子供なオジさん:パンクブーブー•

次の