弔電 比較。 2020最新『安くて早い』電報おすすめ会社5選!祝電と弔電の料金比較と金額相場

【2020最新】弔電おすすめ比較12選!絶対に失敗しないお悔やみ電報

弔電 比較

NTTの電報では、基本となる 祝電・弔電で使える台紙数でも25種類程度になります。 一昔前の電報ならともかく、メール感覚でどんな用途でも送れるほど手軽になった現在においては少し物足りない気もします。 そこでお勧めしたいのは です。 使い勝手のよい40種類程度のバリエーションがあります。 この「使い勝手のよい」というところがポイントで、数だけないたずらに多いサービスもありはするのですが何に使っていいのか分からないものを用意されてもあまり意味はありません。 ネット電報に早くから参入している『VERY CARD』だからこそ「使える」洗練された台紙なのでしょう。 また ネット電報の老舗ならではの安心感もありますので、 一般的な電報を送りたいのならば『VERY CARD』の圧勝と言えるのではないでしょうか。 実際に、どんな用途で利用する時にも何かしら合った台紙が見つかるのでとっても便利です。 むしろ、台紙の種類が多い分どれにしようか迷ってしまうかもしれませんが、送る側からしてみれば贅沢な悩みといえるのではないでしょうか。 身内に限らず訃報というのは突然やってきます。 祝電を贈るシーンと比較して考えてみて下さい。 卒業、結婚などは前もって時期がいつということは分かっているはずです。 お祝いの言葉を推敲に推敲を重ねてもまだあまりあるぐらい送るまでの時間はありますよね。 栄転などの場合でも、あまりに突然というケースは少ないわけですから、祝電には時間的な余裕がたっぷりとある訳です。 一方、 弔電を送る場合はどうでしょうか? 訃報があって、ほぼ当日にはお通夜が開かれます。 翌日には告別式です。 もちろん、一般的な文例を使ってしまえば文章を推敲する時間は短縮できますが、それでも送る時間が勝負になってきます。 どれだけ早く送れるか?まずは弔電において大切なのはそこです。 では、 スピードで考えてみましょう。 そもそも一般的な電報は送るのにどれぐらいの時間がかかるのでしょうか。 実はこの点に関しては、 NTTは結構いい条件だと思います。 19時までなら当日配達が可能ということです。 これに対し、ネット電報では結構ばらつきがあります。 例えば、 プライムステージの『For-Denpo』などでは 当日お届け可能な時間は、エリアによって異なるようであったり、他のサービスなどを見ても、それぞれ時間の設定が細かくされている場合が多いようです。 一番良かったのは、 ネット電報の老舗であるヒューモニーの『VERY CARD』でした。 非常に明瞭で 14時までなら当日、それ以降は翌日だそうです。 いちいち調べるよりもこの方が覚えやすくていいですね。 ただ、実際にNTTの場合、19時に申し込んで、19時以降の何時に着くのかなというのは考えますよね。 もうそれなら翌日、特に告別式があるならそれまでにという方が弔電の利用としてはいいようにも思えます。 個人的に思ったのですが、『VERY CARD』の14時基準というのが常識的なのかもしれません。 また、それがあっての14時基準を設定したのではと深読みします。 なぜならは別途あります。 「サプライズ便」というサービスで、 申込期限は18時、+700円のオプションメニューです。 台紙料金+文字数でカウントされる料金携帯のNTTをわざわざ選ぶより、 どうしてもという時には700円支払えば、一時間の差はあれど、当日配送もできてメッセージ込の台紙料金で済む『VERY CARD』が使い勝手など様々な面からもよろしいかと思います。 祝電を送る場合は、 特に台紙の雰囲気は重要になってきます。 卒業、結婚、栄転など様々なお祝いのシーンに贈られる電報は相手からしてみると嬉しいものです。 贈る側の相手をお祝いしたい気持ち、そして相手がもらって嬉しい、その両方を演出するのが台紙です。 私も経験がありますが頂いた電報って何度も見返してしまうものなんですよ! もちろん祝電で一番大切なのは、そこに書かれた言葉になりますが。 例えば、プロポーズなんかでもプロポーズの言葉は大事ですが、シチュエーションやサプライズといった演出も求められますよね? そうなのです。 気持ちを伝える言葉だからこそ、演出が必要なのです。 では、台紙を基準に選ぶとなると一番のおすすめはどこでしょうか。 例えば、一番有名な電報はNTT(D-MAIL)だと思いますが、 NTTの祝電台紙数は14種類です。 まあ、それなりにあるのかなと思うかもしれません。 それに対して、 『VERY CARD』は36種類ですのでダブルスコア以上で圧勝になります。 確かにNTTは電報の分野では老舗で歴史があるかもしれませんが、追いかける側のネット電報の雄『VERY CARD』だからこそのサービス充実ぶりかもしれません。 お祝いのシーン、ご利用のシーンは様々、まさに細やかな心遣いと言えるのではないでしょうか。

次の

弔電を安く送る方法は?電報会社の比較でお得に気持ちが届けれる

弔電 比較

弔電料金の相場は3,000円前後ですので 前回の記事「」でもお伝えしましたが、弔電料金の相場は3,000円前後となっています。 ですので、今回の料金比較はメッセージ料金込みで3,000円以下に収まる一番安いランクの値段・価格で比べています。 あわせて、メッセージ料込みでも3,000円以下に収めるために、 2,000円以下の弔電台紙の取扱い数も比較してみました。 主要5社の中での弔電料金最安値は、 楽天市場で申し込みができる「電報屋エクスメール」が最安値となっています。 楽天ポイントもついてくるのでかなりお得です。 NTT・郵便局・ソフトバンクは メッセージ料金が別途ということもあって高い台紙をセットにするとさらに割高になります。 電報サービス大手のVERYCARDと、携帯電話でおなじみのauKDDIは 信頼度と価格のバランスがよくおすすめです。 とくにVERYCARDは、2,000円~3,000円までの弔電の品揃えが NTTよりも充実した品揃えとなっています。 各社サービスの概要(弔電料金・電話番号・申し込み方法・支払方法・配達時間)は以下にまとめていますので参考にされてください。 電報6社の概要 料金・申し込み方法・支払い方法・配達時間 NTT東日本・西日本 国内電報の取扱高はやはりNo1のNTT。 電話・ネットどちらからの申し込みも可能で、支払い方法も電話料金からの引き落としが選べるのが人気。 他社電報の相場に比べ値段は若干高いものの知名度・信頼度で選ばれています。 弔電料金 NTTの電報料金は、台紙料金+メッセージ料(文字数加算)の合計金額になります。 弔電用台紙は最安値で0円のタイプから用意されています。 メッセージ料金は、660円(25文字まで)から文字数が5文字増えるごとに90円加算されます。 一般的なメッセージ文例100文字の場合、以下のような金額になります。 電話番号 115 受付時間 8時~22時 配達時間 19時までの受付分(フラワー電報は正午までの受付分)が当日配達可能 支払い方法 クレジットカード 電話料金から引き落とし NTTの弔電料金支払い方法詳細はこちら 郵便局・日本郵便 レタックス 日本の通信文書配達サービスといえば郵便。 NTT同様に信頼度・知名度の高い日本郵便が扱っている電報サービス「レタックス」NTTとほぼ同じ料金体系(台紙料金+メッセージ料)になっていますが、弔電台紙が全部で6種類のみとかなり少なめです。 弔電料金 台紙代+文字数料金 台紙は最安値592円「弔」から5,142円「うるし風」まで6種類用意されています。 メッセージ料金は、15文字を超えると5文字ごとに93円加算されます。 業界最安値クラスの料金でありながら充実した品揃えが人気。 弔電料金 台紙料金のみで、メッセージは文字数350字まで無料となっています。 弔電台紙は1,280円~となっており、とくに2,000円以下の相場価格帯が充実、1,280円のタイプだけでも7種類があり豊富な種類・デザインから選べます。 電報屋エクスメール 楽天市場店 楽天で注文・申し込みができる電報サービスとして人気の「exMAIL|エクスメール」 1,100円からの格安な弔電が揃うほか、うるし電報・フォトフレーム電報などがあり、とくに供花やお線香を弔電とセットで送れるプランなどシチュエーションにあわせたアイテム選びができます。 電報料金 台紙料金のみで、メッセージは文字数210字まで無料となっています。 ソフトバンク ほっと電報 ソフトバンクグループの電報サービスです。 「お父さん電報」など扱っている商品は豊富で結婚式の祝電などには人気ですが、料金体系がNTT電報とほぼ同じですのであまり安くはありません。 電報料金 最安値500円からの弔電台紙は「趣」「追憶」「誠」の3種類があります メッセージ料金は、最初の25文字まで700円で追加5文字ごとに90円加算されますのでNTTよりもやや高めの料金設定です。 台紙料金に 400文字までメッセージ料込みとなっているため割安な価格設定となっています。 電報料金 台紙料金のみで、メッセージは文字数400字まで無料となっています。

次の

2020最新『安くて早い』電報おすすめ会社5選!祝電と弔電の料金比較と金額相場

弔電 比較

では、予算を決めて実際に弔電を送る時のことを想定して比較してみましょう。 予算5000円で弔電を送る場合VERY CARDとNTT D-mail を比較 関係の深い方へ弔電を送るという場面を想定して、予算を高めの5000円程度で考えてみます。 送る文面はを解説したページで作った弔電の例文を使ってみましょう。 突然のお知らせを受け、ただただ驚いております。 避けがたい無常の風とは聞きながら、余りに早いご逝去に申し上げる言葉がございません。 〇〇様とは生前〇〇をよくご一緒させて頂き、〇〇を〇〇する姿を尊敬しておりました。 もうそのお姿も拝見出来ないと思うと無念でなりません。 ご家族様のお悲しみをお察し申し上げますとともに、謹んで哀悼の意を表します。 この文章は167文字で構成されています。 これだけのメッセージををNTT D-MAIL で送ろうとすると、 文字入力の代金だけで3270円かかります。 予算を5000円も用意しているのに、これでは 台紙は1500円以下のものしか選べません。 しかし、 VERY CARDなら台紙代に文字料金と送料が含まれていますので、弔電コーナーのすべての台紙を選ぶことができます。 5000円で なんかを送る事ができるので、 VERY CARDの方が良いものを選べる上に料金もわかりやすく、断然お得ですね。 すごく綺麗ですね。 1280円 7種類• 1920円 6種類• 2040円 2種類 2000円ぐらいまでの予算で考えるなら VERY CARD一択になります。 VERY CARDとNTT D-MAIL を徹底比較まとめ やはり 料金の部分で大きくVERY CARDを選ぶ方がメリットが大きいといえます。 一応NTT D-MAIL も唯一メリットをあげるとするならば 19時までの申し込みで当日配送してくれるということ。 むちゃくちゃ急ぎの時であれば必要な場面もあるかもしれませんが・・・ 夕方遅くに当日配送した場合、注文した時間以降で 相手に受け取りの応対をさせてしまうことになります。 特に葬儀の場合は夜に届くようにするよりも、翌日配送で朝に受け取ってもらうほうが現実的ではないでしょうか。 VERY CARDも通常は14時までに注文で翌日配送ですが、 +700円で18時までに注文することで当日配送してくれる というサービスがありますので、どうしても急ぎの場合もどうにかなります。 総合的にみて VERY CARDの方に軍配があがりますね。

次の