年収偏差値。 【2020年版】製薬・医薬メーカー(MR・R&D)の就職偏差値ランキングを解説するぞ!!│俺の転職活動塾!

シャープの平均年収は759万円!年収偏差値や業界内の他会社との比較も

年収偏差値

「年収偏差値」ってなに? 年収偏差値は、 その個人の属性(学歴、地域、年齢、性別)に応じた相関関係の値です。 年収観は属性によって異なるということです。 例えば「年収300万円」はあなたにとって多いでしょうか?少ないでしょうか? 例えば、 ・学歴が「中卒」「高卒」「専門卒」「大学卒」「大学院卒」 ・地域が「東京都内の丸の内勤務」「青森県の田舎町勤務」 ・年齢が「16歳のアルバイト」「55歳の管理職」 ・性別が「女性」「男性」 このように属性で印象が大きく変わります。 さらに具体的に落とし込んでいくと、 「中卒で、青森県の田舎町勤務で、16歳のアルバイトで、女性」の年収300万円は年収偏差値がすごく高い、ということになるでしょう。 一方で、 「東大大学院卒で、東京都内の丸の内勤務で、55歳の管理職で、男性」の年収300万円は年収偏差値が低くなる、と予想がつきます。 「ふつうの年収」ってなんだ? 自分の年収は「ふつう」なのか? という疑問に答えるために年収偏差値は作成されました。 以下のサイトであなたの「年収偏差値」は調べることが出来ます。 年収という額面だけでは学歴、地域、年齢、性別によって年収観は大きく異なることから、 年収偏差値として認識することも大事ということですね。 年収偏差値なんて関係ない!年収をアップさせたい、そこのあなた。 そうはいっても、年収偏差値55で平均よりちょっと上の結果が出たが、額面にしたら全然少ないし、生活はカツカツなんて人も中にはいることでしょう。 年収について、 現実のデータをご紹介します。 まず、こちらは 「性別」「年齢」に関する「年収」のデータです。 年齢 男性 女性 19歳以下 157万円 104万円 20~24歳 265万円 231万円 25~29歳 378万円 297万円 30~34歳 446万円 301万円 35~39歳 502万円 293万円 40~44歳 564万円 290万円 45~49歳 629万円 290万円 50~54歳 656万円 291万円 55~59歳 632万円 270万円 60~64歳 477万円 227万円 65~69歳 389万円 201万円 70歳以上 359万円 204万円 (出典:年収ラボより ) この2つのデータから言えることは、 ・男性は50代が平均年収のピーク ・女性の平均年収は20代から変わらない ・男女ともに年齢を重ねるごとに年収が増える といったことがわかりますね。 では、 「学歴」はどうでしょうか? 学歴別平均年収 学歴(年収) 男性 女性 中学卒 383万9,600円 242万6,500円 高校卒 458万5,100円 294万2,300円 高専・短大卒 484万1,300円 381万2,100円 大学・大学院卒 648万1,600円 443万4,600円 (出典:年収ガイドより ) これを見ると確かに学 歴に比例して平均年収が上がっているのがわかります。 この差を大きいと捉えるか、少ないと捉えるかは人それぞれですが、これらの情報は あくまでも平均です。 しかし、高卒であっても 年収1,000万円を超えている方々もなかにはいます。 さらに、GMOグループの社長である熊谷正寿さんは、最終学歴が中卒であるにもかかわらず売上1,000億円を達成しているのは言わずと知れた事実ですよね。 必ずしも学歴=年収ではないのは言うまでもありませんね。 簡単なことにはなかなか思えないかもしれませんが、学歴や偏差値が低いからといって嘆く必要はなく、 自分で収入をあげていくことも可能です。 反対に、 学歴が高いからといって安定した生活を送れるかといわれると、そうではありません。 偏差値が高いから年収も高い、という考え方は古い!! 少し前までのイメージでは学歴=年収と直結していたのですが、最近ではそれに該当しないケースも増えてきていますね。 例えばこんなワードを聞いたことはありませんか? 「高学歴ニート」 高学歴にもかかわらず、 就活で内定をもらえず失敗、もしくは そもそも就職活動をしない方のことを指します。 中には、就職した先で自分と合わないと感じ 我慢できずにやめてしまうケースや、第一志望の就職先に内定をもらうことができなかった場合には未練を感じ やめてしまうケースがあります。 その後、思うような就職先を見つけられず、そのままニート生活を続けてしまう人も高学歴ニートに該当します。 仕事ができる人が必ずしも高学歴であるという考え自体が今後もしかしたら覆るかもしれませんね。 同時に学歴が低い人は希望がない。 という考え自体も古い考え方として定着する日も遠くはないはずです。 そして、直近では政府も副業解禁を大々的に進めていますから、今後は益々、 個人の年収は学歴に分け隔てなく増えていく、増やすことができる時代が訪れます。 というよりすでに アンテナを張り巡らせている方はすでに稼ぎ始めていますよね。 先ほども言いましたが、 「学歴=年収」という概念自体が古い考えにもなり得る時代です。 これから訪れる時代で重要なのは、古い考えにとらわれず、会社など自分以外の存在への収入面での寄りかかりの考えをできるだけ取り除き、 度々訪れる産業革命に対し 「自分の力で稼ぐために」今どうするべきかを考えて柔軟に立ち回るための準備をしておく必要がある、という点です。 低学歴でも年収が高い人はなにを始めているのか たとえ学歴がなかったとしても、周りに流されることなく「自分にとっての幸せ」を強く意識することが大切です。 副業で自分のビジネスを持ち、そこでの収入が安定して高い人は、最初から勤めている会社に依存や期待をしていません。 自分で副業という形であったとしても稼ぐ力を身につけ行動し、学歴と関係なく稼いでいるというのが一つの答えです。 会社に依存している人は、収入が減って満足に旅行など遊びに行けないことや、節約をしなければいけない現状について、会社や時代、はたまた行政のせいだと口を揃えて言います。 自らが適応し変えていかなければ未来も変わることはありません。 近い将来、あなたが行動を起こした先に見えてくる世界はどのようなものでしょうか? AIの台頭により、収入はおろか仕事そのものがなくなる未来 前項で「度々訪れる産業革命」という表現をしましたが、AIの急激な発達に伴い、 確実に今まで人間が行っていた仕事は無くなります。 4自動運転技術(アクセルもブレーキもない、座るだけの車)の導入により、多くの配送業やタクシードライバーは職を失います。 それだけではありません。 自動運転技術が発展するとともに、交通事故も当然減るので、板金屋さんやリペア塗装を主に行っている会社、もっというと保険屋さんまでもが大きな影響を受けることになるのです。 また、完全に無人のお店の形態が発展すれば、店員さんも雇う必要が無くなりますし、 行政が進めている働き方改革によるノー残業デーや、リタイア世代の再就職推進や非正規雇用の給料を引き上げる等の数々の改革によって 現役で働いている社員の給料が削られる自体も想定できますよね。 ノー残業デーやプレミアムフライデーなどで喜んでいる方は、他人事ではありません。 上記のことからも予測ができるとは思いますが、年収の推移を考察してみましょう。 JIJI. comより ここ数年上がっているのは事実ですが、長いスパンで見た所、維持できていないのが現状です。 それに加えて物理的に仕事が減って行くことで、仕事時間が短くなり、時間と労働を交換しているサラリーマンの給料が下がっていくことは予想がつきますね。 これからは少子高齢化も加速することがわかっていますから、今後は高齢者の医療費が増え、それをまかなう納税者が減ることになりますので、国民の負担はますます大きくなります。 現在、みなさんが見ている年代別の年収グラフはあくまでも現在の統計であって、例えば、「50代になったら今より年収が増えて、今までのキャリアの延長上で仕事ができる」といった予想は、もうあてにならなくなります。 昇給があったとしても思ったほど上がらないのなんて今では当たり前ですよね。 将来の不安をなくすために、今知っておくべきこと 会社に頼らずに、自分で稼げるようになると、金銭的にも精神的にも自由度が引き上がります。 稼いだお金で趣味を謳歌するのもいいですし、家族のために使うこともできます。 子供がいる家庭では子供の将来の選択肢を思いっきり広げてあげることもできますし、愛する人に自分の力で豊かな生活を送らせてあげることができる様になるのです。 冒頭で年齢に比例して年収も増加することをお伝えしましたが、 自由を得るなら少しでも早い方がいいですよね。 なぜなら、のんびりしていては選択肢が増えた頃に 老化や環境の変化によって、趣味なども含め 行動できることの幅が減少するからです。 収入や時間が増えても身体がついて来なかった。 ではやはり勿体無いです。 子供が一緒に遊べる時期に忙しく仕事ばかりしていて、いざ余裕ができた頃には学校行事や部活で忙しくなかなか旅行にも行けなくなっていたりするのです。 「いつかは自分も」と思っていたら子供の進路はもちろん、家族や愛する人を幸せにするための選択肢をも減らすことになりかねないのです。 また、 先延ばしをする癖がある人は、いつまでたってもあなたの夢は夢のままです。 しっかりと予測できる将来の情報にアンテナを張り巡らせ、早期に気付き、人より早い段階から最適な対策を練って行動を始めていくことで自分の力で数々の選択肢を増やし精神的自由や収入の悩みを解消していくことができるのです。 2013年 独立 株式会社JAPAN. WAV設立 2013年9月 輸出で月商1000万円突破 2015年2月 輸出コンサルティングスタート 2016年1月 書籍「ヒットの予感2016」に掲載 2016年7月 (旧株式会社ジーオーディ)設立 2016年9月 書籍「」amazon1位 2018年10月 設立 2018年12月 年間売り上げが6億5千万円を突破 2019年2月 東京ビッグサイト「」出展 2019年2月 新聞社の取材を受ける 現在は4社を経営し、 ・BtoBの越境EC事業 ・BtoCのスクール事業 ・リストマーケティング事業 ・サービスプロデュース事業 ・投資事業 ・コンサルティング・セミナー事業 ・システム開発・インフラ構築 を手がける。

次の

女性の年収偏差値|統計ラボ

年収偏差値

女性の年収分布 75以上 1,500万円~ (上位0. 5~ 900~1,000万円以下 (上位1. 8~ 700~800万円以下 (上位3. 6~ 500~600万円以下 (上位10. 2~ 400~500万円以下 (上位20. 6~ 300~400万円以下 (上から36. 6~ 200~300万円以下 (上から58. 2~ 100~200万円以下(上から83. 年収300万円台のOLって普通に見えますが、恵まれている方みたいですね。 ただ、女性には出産、子育てと仕事をストップする期間もあり、それも影響していそうです。 パートの人も多く、それも影響しているようです。 年齢別平均と中央値 女性全体の平均:280万円 中央値:252万円 20代前半 241万円 216万円 20代後半 309万円 300万円 30代前半 315万円 301万円 30代後半 300万円 281万円 40代前半 302万円 278万円 40代後半 299万円 268万円 50代前半 296万円 259万円 50代後半 288万円 251万円 60代前半 228万円 199万円 60代後半 195万円 160万円 年齢別平均と中央値を見ると、 女性は男性ほど年齢による収入差がありません。 ピークとしては30代前半あたり。 それにしても男性に比べて随分少ない年収です。 男性の半分より少し多い程度でしょうか。 家事育児のため、パートで働く人が多いのも理由の1つと考えられます。 なお、最終学歴を大卒以上に絞ると、上記数字の1. 2~1. 3倍くらい高くなります。 女性も働いてほしいという男性の声 女性は男性に比べて給料が少ない傾向にあるので、結婚して経済的に安定したいという気持ちも分かりますね。 ちなみに 最近の男性は、8~9割が共働きを希望しています。 しかし その多くの男性は、パートナーの年収にはこだわりがないようです。 強いて言えば200~300万円くらいでしょうか。 ちょっとでも家計を助けてくれたらありがたいという感じが漂っています。

次の

資格と職業の平均年収ランキング|偏差値ランキング図書館

年収偏差値

男性の年収分布 75以上 2,500万円~ (上位0. 5~ 500~600万円以下(上から40. 5~ 300~400万円以下(上から76. 5~ 200~300万円以下(上から89. 5~ 100~200万円以下(上から96. 4割の男性が400万円以下の年収です。 中央値は、450万円前後と推定。 大部分が正社員として働いています。 しかしこのデータは、全年齢を対象としています。 そこで、年齢別の平均値と中央値を調べてみました。 年齢別平均と中央値 男性全体の平均:521万円 中央値:458万円 20代前半 275万円 270万円 20代後半 383万円 368万円 30代前半 457万円 430万円 30代後半 512万円 478万円 40代前半 563万円 521万円 40代後半 633万円 585万円 50代前半 661万円 611万円 50代後半 649万円 598万円 60代前半 479万円 402万円 60代後半 387万円 317万円 やはり民間企業に勤めている方を対象にしているせいか、貯金ほど平均と中央値とに差がないように見えます。 これが社長や自営業の方が入ってくると違ってくるのでしょうね。 年収が高くなるのは、40代後半~50代後半までの様子。 1つの会社で長く勤めると昇給効果で上がっていくところも多いことでしょう。 また、年齢が高くなるにつれて、部下の指導など責任ある仕事を任されがちになり、その分給料も多くなるようです。 なお、最終学歴が大卒以上に絞ると、上記数字より1. 1~1. 3倍くらい高くなります。 特に40代後半~50代後半の時期に差がつくようです。 年収300万円以上あれば共働きで生活可能 ちなみに女性たちが男性に望む最低限の年収は、300万以上と言われています。 年収300万円であれば、共働きをすれば十分生活可能なゾーンであります。 年収450万以上であれば、4人家族が養える目安となるようです。 ただ、その一方で年収500万以上が希望という女性も多く、年齢別平均年収を見てみると、20代、30代ではちょっとハードルが高く、30代後半~40代のゾーンになってしまいます。 年収600万円を希望される場合は、50代の男性のゾーンになってしまいます。 男性の年収ピークは大体50代前半のようです。 年収を上げるには 自分のスキルを上げることも大切ですが、まずはなどで自分の市場価値について調べてみましょう。 現在の自分のスキル・経験などから、どのくらいの年収が適切かが分かります。 結果よりも現在の年収が著しく少ない場合は転職を検討してもいいかもしれません。 ミイダスに登録しておくと自分に合いそうな企業から仕事のオファーが来ます。 また、会社員だけでは、収入のアップに限界がありますので、資金的余裕が出てきましたら、不動産の小口投資も検討してよいかと思います。 やなどを利用すると数万円から分散でき、通常の不動産投資のように手間がかからないので、普通のサラリーマンでも手軽にできます。

次の