東芝 府中 コロナ。 東芝テック: 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う当社グループの対応について

「全拠点原則休業」、東芝が異例の対応 グループで感染者5人

東芝 府中 コロナ

府中市議会議員の 結城りょう です。 ㈱東芝のHPによると、東芝府中事業所(東芝エレベーター府中工場)に勤務する従業員の方が、新型コロナウイルスに感染したという情報を掲載しています。 内容は以下の通りです。 東芝グループ事業所における新型コロナウイルスの感染者発生について 2020年04月06日、株式会社東芝、東芝エレベータ株式会社 「株式会社東芝(以下、東芝)の府中事業所(東京都府中市)内にある東芝エレベータ株式会社府中工場に勤務している同社の請負業者の従業員1名が新型コロナウイルスに感染していることが、4月5日に判明しました。 同従業員は3月27日に発熱し、医療機関に相談の上、自宅療養を続けておりましたが、症状が改善しないことからPCR検査を受け、感染が判明しました。 同従業員は現在、保健所の指導のもと療養中ですが、発症後は当該事業所に入場しておらず、他者への感染や製品へのウイルス付着などはないとの保健所の見解を得ています。 なお、現時点では、府中事業所における東芝エレベータ株式会社関係者以外の感染者の発生は報告されておりません」。 「東芝は、新型コロナウイルスの感染者が東京都内で急増していることを受け、3月26日に、出社することでしか対応できない業務以外は原則、在宅勤務、テレワークで実施するよう国内の東芝グループ各社に通知をし、在宅勤務、テレワークの再徹底を図っています。 今後も、原則在宅勤務、テレワークを強力に推進してまいります」。 今日にも政府による緊急事態宣言が発出される予定であり、緊迫した情勢が続きます。 引き続き情報を掲載していきます。 投稿 は に最初に表示されました。

次の

東芝テック: 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う当社グループの対応について

東芝 府中 コロナ

府中市議会議員の 結城りょう です。 今朝の朝刊各紙に東京都内の新型コロナウイルス感染者数が発表されています。 府中市は多摩地域で感染者数が一番の町田市(28人)に次いで、27人となっています。 この数日間でかなり増えました。 町田市は人口が40万人、感染者数が23人の八王子市は人口50万人ですから、人口26万弱の府中市は多いと思います。 府中市は市内に大手の企業、事業所が存在していることで、日中における市外からの人口流入者数が多いと思われます。 こうしたことも原因と思われますが、27人というのは、はやり深刻な事態ではないでしょうか。 この間、私のブログでも掲載しましたが、事業所関係での感染者も発生しています。 こうした状況を鑑みて、今こそ住民生活を守る施策を、他の自治体より先行して行うべきだと思います。 今回の新型コロナウイルスの感染の広がりに対して、住民の命と暮らし、営業を守る施策を行う自治体が全国で増えています。 府中市にもあらためて、思い切った独自施策を実施することで、国を動かしてもらいたいと思うものです。 pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status.

次の

東芝テック: 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う当社グループの対応について

東芝 府中 コロナ

実際に抗ウイルス性試験を行うのは、同社から委託を受けた外部の検査機関で、具体的な機関名、実施期間については明らかにされていないが、同社によれば、委託そのものは28日付で行っており、一般的な検査事例としては終了までに月単位を擁することが多いとしている。 酸化タングステンを活用した光触媒 一般的な光触媒の材料は「酸化チタン」だが、同社のルネキャットは「酸化タングステン」を採用している点が特徴だという。 光触媒は、光が当たると表面に電子と正孔が形成され、酸化作用を利用することで臭いや細菌などといった有害物質の分解を行うことを可能とするもの。 ノーベル賞化学賞の候補者として毎年のように名前が挙げられている藤嶋昭氏 東京理科大学栄誉教授、同大総合研究機構 光触媒国際研究センター長 が研究者としてよく知られている。 酸化タングステンと酸化チタンの大きな違いは酸化チタンはバンドギャップが3eV以上であり、機能を発現するためには紫外線の照射が必要だが、酸化タングステンは、可視光や蛍光灯照明条件でもさまざまな揮発性有機化合物 VOC を酸化分解するだけの活性を有しているという点。 そのため、室内でも光触媒効果を発揮することができるとして、さまざまな産業への応用が期待されてきた。 ルネキャットの効果はどの程度か? 同社が手掛けるルネキャットは一般向けにはスプレータイプの製品が提供されているほか、産業分野としては、業務用液体や冷蔵庫内の除菌・脱臭用スラリー、塗布済みの壁紙、脱臭器に装着する脱臭フィルタといったアプリケーションも提供しているという。 一般向けに販売されているスプレータイプのルネキャット 画像提供:東芝 また、その効果としては、スプレーとしては床や壁に噴霧することで、鳥インフルエンザウイルスやO157、黄色ブドウ球菌などを抑制できることが外部機関の試験で確認されているという。 光触媒の効果はどの程度続くのか? 光触媒の効果は、物質がそこに存在し、光が照射される限りは持続する。 ルネキャットの場合も、噴霧した粒子が付着し続ける限りは効果が持続するという。 ただし、塗布した箇所が剥がれるような外的圧力があれば、効果はなくなってしまうと同社では説明している。 なお、東芝グループが酸化タングステンによる光触媒を手掛けるのは、1909年に東芝の前身である東京電気が、日本で初めて電球用タングステン・フィラメントの製造を開始して以降、培ってきたタングステンに関するノウハウを有しているためで、ルネキャットはそうした積み重ねてきたノウハウを総動員して生み出されたものだという。 予めご了承ください。 関連記事•

次の