きのこの山 チョコの量。 ちっちゃいチョコの木【MINI STOP】きのこの山と比較してみた

きのこの山とたけのこの里の違いはどこ?カロリーや値段はどうか?|WorpMan blog

きのこの山 チョコの量

「きのこの山」と「たけのこの里」のチョコの違いや幻の第三勢力とは? 引用元:写真AC 日本人であれば食べたことが無い人がいないというくらい有名な大ヒットお菓子「きのこの山」と「たけのこの里」ですが、この両者を巡っては誕生以来から続く果てしない戦いが繰り広げられています!(大げさW) その名も・・・ きのこたけのこ戦争! 少し大げさなネーミングですねWそんな両者ですが、2018、2019年には 「きのこの山・たけのこの里国民総選挙」 も開かれており、結果は2018年は「たけのこの里」、2019年は「きのこの山」が勝利という形で結局両者一勝したまま2020年開催はないということで、勝敗はつきませんでした。 そんな「きのこの山」と「たけのこの里」ですが、気になることが色々あります。 一つは チョコの量の違い。 どれぐらいの量でチョコレートが入っているんでしょうね! 二つ目は チョコの味。 その方曰く、「きのこの山」は「たけのこの里」に比べて 約1. 4倍! のチョコレートを使っているそうです!(一粒当たり) そう考えると結構チョコレートの量が違いますね!これは意外でした! スポンサーリンク 実は「きのこの山」と「たけのこの里」のチョコの味は違う?! 「きのこの山」と「たけのこの里」のチョコの量が違うのは先ほどわかったのですが、調べていく中でなんと両者は チョコの味も違うということがわかりましたのでご紹介致します! ・「きのこの山」 上のイラストをみるとチョコレートの上と下で色が違っているのがわかりますよね?このように「きのこの山」のチョコレートは二重構造になっています。 味ですが、 上の部分はカカオ風味が強めなチョコ、下の部分はミルクが多めで甘いチョコを使っています! ・「たけのこの里」 「たけのこの里」も「きのこの山」と同じく2重構造になっていて、2種類のチョコレートを使っています。 味ですが、 上の部分はミルクが多く甘いチョコ、下の部分は上よりさらに甘いミルクチョコを使っています! 両者のチョコを比べてみると「きのこの山」の方がカカオ風味強めで、「たけのこの里」の方が甘いということがわかりました! 「クラッカー」と「クッキー」? 引用元:写真AC さきほどからチョコレートの話ばかりしていましたが、「きのこの山」と「たけのこの里」の美味しさの秘密はチョコだけではないはずです!そう、あの「サクサク」部分です! あの「サクサク」部分ですが、調べてみると面白いことが判明!なんと「きのこの山」と「たけのこの里」ではあの「サクサク」部分の名前でさえ違うとのことです! きのこの山=クラッカー たけのこの里=クッキー 名前もちがうのですが、他にも違いが。 きのこの山のクラッカーはカリカリとした固めな食感で、さらに少し塩味を効かせているそうです! 対するたけのこの里のクッキーはサクサクとした少し柔らかな食感で、くちどけが良く作られています! 味も食感も違う「きのこの山」と「たけのこの里」ですので、これは確かに好みがわかれそうですね!ちなみに僕は個入り袋で両方交互に食べるのが好きですW(中立派の意見) スポンサーリンク 「幻の第三勢力」とは? きのこたけのこ戦争!と言ってさきほどから両者を比べてまいりましたが、かつて明治には両者に次ぐ「幻の第三勢力」なるものが存在していたことが明らかになりました! それがこちらです・・・ 引用元:Twitter なんじゃこりゃ! 知らない方も多いと思うのですが、こちらが山、里に次ぐ第三勢力の 「すぎのこ村」です!僕は20代なのですが、こちらのすぎのこ村は初めて見ました! それもそのはず、こちらの「すぎのこ村」は1987年に誕生したのですが、1990年代初頭には廃村となってしまった幻の村ですので、1990年代初頭に生まれた僕が知らないのも納得ですw でもこんなようなお菓子見たことあるような・・・ あった! 引用元:Twitter こちら明治のラッキーミニというお菓子のクラッシュアーモンドタイプなのですが、滅茶苦茶「すぎのこ村」とにていますね!昔食べたような記憶があります! 調べてみるとこちらのお菓子、1992年から発売ということで「すぎのこ村」の消えた時期とだいぶ近いです! さらに調べてみるとやっぱり!なんと「すぎのこ村」はラッキーミニのクラッシュアーモンドタイプとしてリニューアルして販売されていたことがわかりました! ですがこのラッキーミニのクラッシュアーモンドタイプも2008年には販売終了・・・まさに幻の第三勢力となりましたw 次出てくるときは「すぎのこ村」という名前で面白いCMにしてほしいな~なんて考えてしまいますw復活に期待です! スポンサーリンク きのこの山たけのこの里はチョコの量・味が違う?幻の第三勢力まとめ ・きのこの山の方がたけのこの里よりチョコの量が約1. 4倍多い! ・チョコはきのこの山はカカオ風味が強く、たけのこの里の方が甘い! ・サクサク部分の名前はきのこの山は「クラッカー」、たけのこの里の方は「クッキー」! ・かつて明治には幻の第三勢力「すぎのこ村」が存在していた! 以上で明治のロングセラー商品「きのこの山」と「たけのこの里」のチョコの量や味の違い、幻の第三勢力「すぎのこ村」についてのまとめを終わります。 最後まで読んでくださった方々ありがとうございました!.

次の

ちっちゃいチョコの木【MINI STOP】きのこの山と比較してみた

きのこの山 チョコの量

こんにちは。 昭和おばさんです。 期間限定のお菓子です。 新発売日は2020年6月16日、〈抹茶シリーズ 第1弾〉の商品になります。 特長は。 ・宇治抹茶を使用した本格的な抹茶味 ・サクサクのクラッカーと抹茶チョコレートの絶妙な組み合わせ (プレスリリースより) では。 明治が創る、抹茶チョコレートの世界をみてみましょう。 実物商品はこちらっ。 パッケージは濃い緑色が基調で、中央には赤い帯。 絵は、和模様の空と神秘的な村です。 なぜ、神秘的に思ったかというと。 雲が近く、山の尾根にあるようにみえるのっ。 マチュピチュみたいじゃない!? では、箱を開けて中をみていきますねっ。 パカリッ! 「きのこのやま」の風景が描かれた内袋がみえました。 今回の内袋の色は、黄色です。 内袋の裏面画像もどうぞ。 のどかな「きのこのやま」の風景ですね。 2020年6月に。 「きのこの山」の弟、「たけのこの里」。 明治「」のブログ記事もあります。 中身の画像(何個 大きさ 断面) 内袋から中身をだし、みていきます。 それっ。 〈きのこの山 濃い抹茶〉は、深く渋い緑色だわっ。 形はいつものきのこの山です。 1箱には何個入っているのでしょうか。 並べて数えてみました。 26個入っていました。 次は 1個の大きさをみてみますね。 長さは、およそ3cmかな。 ひとくちサイズのきのこです。 断面画像もどうぞ。 クラッカーのサクサク感がわかりますね~。 そして。 クラッカーはチョコレート上部までしっかりとあります。 近接画像もどうぞ。 緑のキノコもかわいい~。 1UP!なんちゃって(笑) 味の感想は末尾に書いてあります。 値段と内容量(個数) 値段は。 スーパーにて、内容量64gを ¥216(税込)で購入しました。 ちなみに。 参考小売価格:200円(税別) 〈プレスリリースより〉 内容量は。 64g。 26個入っていました。 1個当たりの値段は、およそ¥8(税込)ですね。 1個のカロリーは、およそ 14kcal。 1箱(64g)当たり ・エネルギー 365kcal ・たんぱく質 4. 0g ・脂質 22. 7g ・ 炭水化物 36. 4g ・食塩相当量 0. 2g (商品パッケージより) 単純計算をすると。 1個の炭水化物は、 1. 4gですね。 上の画像はパッケージ裏面。 原材料名やアレルギー物質などが記載されています。 賞味期間(賞味期限) 私が購入した「きのこの山濃い抹茶味」の賞味期間は。 (商品購入日を含める) 210日(およそ6. 8ヶ月)ありました。 ・商品購入日 2020年 7月 6日 ・ 賞味期限 2021年01月 (食べた日 2020年 7月15日) ちなみに。 賞味期限は、パッケージ側面に記載されています。 明治「きのこの山」の発売年。 発売までの経緯。 ネーミング由来。 発売年 1975年(昭和50年)発売 (明治公式より) 2020年で、発売45年! ロングセラー商品です。 日本を代表するお菓子の1つですよね。 きのこの山は2020年も豊作です。 発売までの経緯 「きのこの山」は試作から発売まで5年。 〈昭和45年〉 明治の研究所にて、アポロやチョコベビーなど「小粒チョコレート」の今後について検討していた。 当時、まだ売れ行きがイマイチだったアポロチョコ。 その工場設備を有効活用しようと工場担当者がもってきた「奇妙な試作品」。 (アポロチョコにクラッカーをさしたお菓子?!) 〈昭和50年〉 「きのこの山」発売 (明治公式より) 試作から発売まで長いですよね。 「温めてきたアイデアだから」ではなく。。 パイオニアの苦悩、勇気だったようです。 ・アイデアに賛否両論があった。 (今でこそファンシーで可愛いチョコスナックも、当時は奇妙なお菓子として評価) ・何百もの試作が行われた。 (チョコレートとクラッカーの品質や形、製法に様々なアイデアと苦労がかけられた) ファンシーチョコスナックの最初の一歩。 とても大きかったんだなぁ。 45年経った今でも、「きのこの山」は可愛くてオリジナルだものね。 ネーミング由来 郷愁や自然、人間のやさしさといったイメージを表現する親しみやすいネーミングとして「きのこの山」がつけられた。 (明治公式より) 昭和おばさんも、ネーミング通りのイメージがあったの。 人里離れた山奥に、かわいい動物達の村があって。 そこで、動物たちがのどかに楽しく暮らしているの。 「たけのこの里」も同じイメージをもっていたの。 だからね。 今のキャラクター「きの山さん」「たけ里ブラザーズ」には時代を感じたわ。 山や里からぶっ飛んだ少年が出てきた!(笑)みたいな。 ふふっ。 突き抜けた明るいキャラ、嫌いじゃないです。 おばさんも時流に乗らなきゃねっ。 実際に食べた味の感想(実食) 砂糖の甘さが少し抑えられているかな。 その分、宇治抹茶チョコレートの味が前にでている感じがあるの。 商品名通り、苦味も感じる濃い抹茶味よ~。 クラッカーはとてもサクサクッ。

次の

たけのこの里きのこの山のチョコを比較!世代間の売り上げに影響?

きのこの山 チョコの量

「きのこの山」とは、皆様がご存知の通り、きのこの形をしたお菓子です。 株式会社明治が製造・販売しています。 1975年に明治製菓から発売されてより、長い間愛され続けてきました。 アメリカでは名称とパッケージを変えて販売されており、「Chocorooms(チョコルーム)」といった名前で親しまれています。 世界で愛されるお菓子の一つということです。 きのこの山は、チョコレートの量が多くて濃厚なことが魅力! 「きのこの山」は「たけのこの里」よりチョコの量が多いことを知っていましたか? 「きのこの山」のチョコレートの内容量が「たけのこの里」よりなんと1. 4倍も多く、チョコレートをたっぷり味わえるという魅力があります。 また「きのこの山」のチョコレートは、ミルクチョコレートとビターチョコレートの二層構造になっており、二種類の味が組み合わさった濃厚さを味わうことができます。 このことからチョコレート好きの人には、「きのこの山」の人気が高い傾向があり、「きのこの山」は絶大な人気を誇っています。 きのこの山は、生地がクラッカー! きのこの柄の部分は、クラッカー生地でできており、サクサクした食感を楽しむことができます。 比較的甘さが少なく、甘いチョコレートとのバランスが上手くとれています。 きのこの山のチョコレートとクラッカーを分けて食べる裏技が? 通な人は、きのこの傘部分と柄の部分を分解することで、チョコレートとクラッカーを別々に味わったりするようです。 甘いチョコレートと、甘みが少ないクラッカー部分の2つの味を分けて味わえるのは、「きのこの山」の魅力の一つと言えるでしょう。 他にも、きのこの傘の部分のチョコを型に流し込むことで、きのこの山を作ることができる「きのこの山手作りキット」という商品が販売されており、子供たちの知育菓子としても有名です。 「たけのこの里」とは、こちらも皆様がご存知の通り、たけのこの形をしたお菓子です。 「きのこの里」と同じく、株式会社明治が製造・販売しています。 1979年に明治製菓から発売されてより、きのこの山同様に長い間愛され続けてきました。 「きのこの山」と同様に、アメリカでは名称とパッケージを変えて販売されており、「CHOCOCONES(チョココーンズ)」といった名前で親しまれています。 こちらも世界で愛されるお菓子の一つということです。 たけのこの里は、きのこの山より売上が高い! 「きのこの山」よりも4年遅い発売だったのにも関わらず、今ではきのこの山より売り上げが良く、人気商品となっています。 売上だけ見れば「たけのこの里」の方が人気があると言えるでしょう。 たけのこの里は、クッキー生地がサクサクで美味しい! 「たけのこの里」は、チョコレートがコーティングのみであるため、あまりチョコレートをたっぷり食べるという感じではありません。 しかし 「たけのこの里」の一番の魅力は、クッキーのサクサク感やしっとりとした甘みがある絶品仕様になっていることです。 チョコレート部分が少ない分、よりクッキーの味を感じることができます。 両方が甘いのにクッキーとチョコレートのバランスがよく、甘党には絶大な指示を得ています。 たけのこの里は、全体的に甘い! 「たけのこの里」も「きのこの山」と同じように、2種類のチョコレートを使用し2重構造で作られています。 上の部分は、ミルク感の強めのチョコレートですが、下の部分はさらに甘くしたチョコレートを使用しています。 そしてクッキー自体も甘いため、「きのこの山」に比べると甘めのお菓子となっています。 このような背景もあり、「たけのこの里」は甘いものが大好きな人たちに絶大な人気を誇っています。 「【きのこの山 vs たけのこの里】人気はどっち?違いから投票結果に納得!」のまとめ.

次の