ぺいぺい 支払い。 PayPayが使えるお店

お客様にペイペイ残高を『返金』する方法【PayPay for Bussiness】|キャッシュレスJAPAN

ぺいぺい 支払い

【より】 消費増税で一気に普及したスマホ決済だが、実はPayPayに領収書を発行する機能はない。 サラリーマンが会社で必要なものを購入したときは、領収書がないと清算できないので困ってしまうだろう。 しっかり経費として精算するにはどうしたらいいのだろうか? 今回は、サラリーマンがPayPayで支払いをしたときの領収書について解説する。 PayPay支払いでもレシートや領収書はもらえる! 消費増税に合わせて「キャッシュレス・ポイント還元事業」がスタートし、慌ててPayPayなどのスマホ決済を始めた人も多いだろう。 だが、PayPayには領収書を発行する機能がないため、会社の経費として清算するときに困るという声も多い。 果たして、PayPayで支払いしたときは、どのように会社で清算すればいいのだろうか? まず、PayPayアプリに領収書発行機能はないが、PayPayの利用履歴を確認することはできる。 PayPayトップ画面下の「残高」をタップすると、残高の下に過去の利用履歴が表示される。 これでファミリーマートに支払った事実は確認できる。 だが、どの店舗かわからないし、何を買ったのか? 消費税率は何%か? など、重要な事項がごっそり抜けており、領収書としては使えない。 そんなときは、レシートか領収書をもらっておこう。 実は、PayPayで支払いをしても普通にお店のレシートか領収書がもらえるので、経理担当が厳しくない会社ならレシートでも清算ができるだろう。

次の

PayPay(ペイペイ)のメリット・デメリットは何?

ぺいぺい 支払い

PayPay(ペイペイ)について PayPayはキャッシュレス決済サービス PayPayとはキャッシュレス決済サービスの一つでソフトバンクとヤフーが共同出資している会社が主導している決済システムです。 他にもLINE Payや楽天Payなどのキャッシュレス決済サービスがスタートしていますが、100億円還元とか信じられないキャンペーンを打ち出したことで話題になっています。 これを機にキャッシュレス時代に本当に突入するのか気になるところ。 PayPayはスマホに専用アプリをインストールして使います。 ここにお金をチャージしてバーコードを使って決済をする仕組みとなっています。 クレジットカード決済との違いは? キャッシュレスといえばカード決済のクレジットカードがありますがPayPayと何がどう違うのか分かりにくいですよね。 左:クレジットカード、右:PayPay クレジットカードは基本的に後払いするものですが、PayPayはお金をPayPayにチャージして使うプリペイド型の決済システムなのでクレジットカードを持っていない方や未成年でも使えて、普通のお金と同じように個人間送金ができるのが特徴です。 また、クレジットカードはカードで支払い(電子マネーや番号入力をしての支払いも可能)をしますが、PayPayはスマホを使ったバーコードを使って支払いをする形となっています。 PayPayとクレジットカードの違いを簡単にまとめるとこんな感じです。 PayPayとクレジットカードの違い PayPay クレジットカード 支払いタイミング チャージして支払いをする あとで支払いをする 支払い形態 スマホを使ったバーコード決済、番号入力 カード、電子マネー(カード or スマホ)、番号入力 分割払い できない できる 個人間送金 できる できない 利用者制限 スマホを持っていれば誰でも利用可能 未成年者や年収の低い人、過去の利用実績がヤバイ人は作れない セキュリティ スマホに認証ロックしてあれば安全 カード落としたらヤバイ 使えるスマホ PayPayアプリをインストール可能なスマホ Felica・おサイフケータイに対応したスマホ・ガラケー このように同じキャッシュレス決済でも使い方は全く違います。 PayPay残高へのチャージは銀行口座からの送金かクレジットカード(現在はヤフーカードのみ)を使って行うことになります。 銀行口座からチャージする• クレジットカード(ヤフーカード)からチャージする 少しややこしいのですが、クレジットカードを使ってPayPay残高にチャージできるのはヤフーカードだけですが、PayPayは他のクレジットカード(VISA、MasterCard)を登録することができてPayPay残高ではなくクレジットカードを使った決済も可能となっています。 今までのクレジットカードの支払いした場合とPayPayを使って支払いをした場合のお金の流れを表すとこんな感じです。 クレジットカード払いは支払いの翌月に銀行口座から引き落としがかかるのに対してPayPayに残高をチャージして支払うので今までのお金と同じ感覚で使うことができます。 つまり、クレジットカードで使いすぎて支払いがキツくなってしまったということがありません。 また、クレジットカードを登録してPayPayからクレジットカード経由で支払いをすることができて後払いにすることも可能です。 わざわざPayPayを使ってクレジットカード決済する必要があるのか?と疑問に思うかもしれませんがPayPay残高の0. PayPayを使うメリットは? PayPayはスマホにアプリをインストールすることで無料で使うことができます。 PayPayを使うメリット• スマートフォンだけで支払いができる• クレジットカードを持ち歩かないのでセキュリティが高い• スマホを落としても認証設定してあれば不正利用されることがない• PayPay残高・ヤフーカードで支払うと1. 他のクレジットカードからの支払いは還元されないので注意です。 詳しくはをご覧ください。 スマートフォンだけで支払いができる PayPayはスマホにPayPayがインストールされていてきちんと設定されていればスマホだけで支払いをすることができます。 現金、クレカ、PayPayの支払い時の違い• (Apple Payを使うならスマホだけでOKです。 ) まあ、現実的に財布を持ち歩かないという生活はできないですが、 支払い時にカバンの中から財布を取り出さなくてもいいのがPayPayの最大のメリットではないでしょうか。 また、何を買ったかもPayPayならアプリの利用明細に記録されていきレシートの発行も簡単にすることができるので、個人事業の方は経費精算が簡単になるのではないでしょうか。 個人的にかなり楽になりそうな予感がしています。 セキュリティが高い PayPayはスマホにインストールしたアプリを使って決済をするので スマホの画面ロックをしっかりしていれば紛失してしまったとしても不正利用されることはほぼありません。 アプリにもセキュリティ設定からパスコード・生体認証を追加することができるので超安全です。 クレジットカードだと紛失してしまうとカードを使われてしまう可能性がありますがPayPayはそのような心配はないのでクレジットカードを財布の中にいれて持ち歩くよりもめちゃくちゃ安全なのではないでしょうか。 PayPayは電話番号と登録したメールアドレスで紐付けされているのでスマホを紛失してしまっても電話番号さえ引き継ぎすることができれば引き続きPayPayを使うことができます。 また、決済時のバーコードも数分後に自動的に切り替わるようになっているのでバーコード番号が流出したとしても、それで不正利用されることはないでしょう。 追記:クレジットカードの不正利用が問題となりましたが、3Dセキュア(本人認証サービス)にPayPayが対応しました。 スポンサーリンク PayPayで支払うと1. 銀行口座からPayPayにチャージをしてPayPayするだけで買った商品の1. ただし、現金による入金・ヤフーカードのみ還元されるのでクレジットカードでの支払いするならヤフーカードを使うのがおすすめです。 クレジットカードのポイントも付くので実質2. 時期によって開催しているキャンペーンが異なるのでしてみてください。 また、これを機会にソフトバンクかワイモバイルに乗り換えをしてみるのもいいかも? PayPayに新規登録で1,000円のPayPay残高をもらえる PayPayに新規登録して1週間以内に銀行口座を登録するだけで1,000円のPayPay残高をもらえます。 なので、とりあえずPayPayに登録してみてPayPay決済をすることができるファミリーマートでおにぎりやポテトをペイペイしてみるのもいいのではないでしょうか。 PayPayで決済する3つの方法 PayPayで支払い決済する方法は主に3つあります。 PayPay残高決済• クレジットカード決済• Yahoo! マネー決済 PayPay残高で支払いする PayPay残高にお金をチャージするには事前に銀行口座を登録しておく必要があります。 クレジットカードを使った残高チャージはヤフーカードのみ可能となっておりそれ以外のカードからはチャージはできません。 PayPay残高のチャージ:銀行口座またはヤフーカードからする クレジットカードからPayPay残高にチャージしたい場合はヤフーカードを利用する必要があります。 年会費無料で使えますし今なら10,000ポイントのTポイントももらうことができます。 銀行口座の登録はYahoo! ウォレットの「預金支払い用口座」を使うのでYahoo! JAPANの会員になっている必要があるのYahoo! JAPANの会員になっていない方はからどうぞ。 PayPay残高による支払いは即引き落としされるので登録できる銀行口座は24時間入出金に対応している一部の銀行です。 持っている口座の銀行に対応していない場合は銀行からPayPay残高にチャージできません。 PayPayでYahoo! マネー払いするには Yahoo! マネーで支払いをする場合はPayPay残高と同様にYahoo! マネーに残高がないといけません。 なのでヤフーショッピングやヤフオクですでにYahoo! マネーを使っている方はそこの残高から簡単のPayPayの支払いをすることができます。 Yahoo! マネーへのチャージは銀行口座の他にコンビニからチャージ、ヤフオクの売上金からチャージすることができます。 なので、銀行口座からのチャージもしたくないという方はYahoo! マネーを使えばコンビニからチャージすることでPayPayを使うことができるようになります。 ちょっとややこしいのですが、PayPay残高に現金を直接チャージして決済するか、クレジットカード経由で決済するか、Yahoo! ウォレットを経由して経由するか、3つの方法があるということになります。 それぞれの使い方の違いをまとめました。 マネー決済で支払う• マネー決済で支払う クレジットカードを持っていない方は銀行口座を登録することで簡単にチャージをすることができますし、クレジットカードを持っているからカードの番号を登録すればクレジットカード払いをして後払いすることもできます。 PayPayを使うデメリットは? PayPayのデメリットは使えるお店がまだ少ないことの他に支払い方法の併用ができないという点があります。 PayPayのデメリット• PayPayに対応している店舗が少ない(最近は増えてきた)• 決済方法をまたいで使うことができない• 2年間の有効期限がある• 3万円以上の支払いは本人確認書類の提示が必要 PayPayに対応している店舗はまだまだ少ないです。 特に郊外だと対応しているお店はまだ少ないので使うことができる場所は限定されてしまいます。 決済方法をまたいで使うことができない PayPayは支払い方法をまたいで使うことができません。 例えば、PayPay残高が1,000円で2,000円の買い物をした時に足りない差額をクレジットカード決済することができないのです。 もしPayPay残高が足りない場合は以下の順で全額決済処理されます。 マネー or クレジットカードから2,000円の支払いがされることになります。 PayPay残高には2年間の有効期限がある PayPay残高の種類に「PayPayライト」と「PayPayボーナス」があります。 PayPayライト:ヤフーカードや銀行口座からPayPay残高にチャージした金額• PayPayボーナス:特典やキャンペーンでもらったPayPay残高に進呈された金額 PayPay残高には有効期限があり「PayPayライト」と「PayPayボーナス」のどちらかの残高が変動した日から2年後となっています。 3万円以上の支払いは本人確認書類の提示が必要 PayPayで3万円以上の支払いをする場合は店舗側に運転免許証や健康保険証などのとなります。 せっかくスマホだけで決済できるのがPayPayのいいところなのに本人確認書類の提示がいるのはちょっと面倒くさいですね…。 これはいずれアプリ側で何か対策できるとは思うので一時的なもののような気がします。 PayPayで使えるお店は? PayPayでの支払い決済をすることができるお店を抜粋しました。 家電量販店:ビックカメラ、エディオン、100満ボルト、コジマ、ヤマダ電機、ジョーシン、ベスト電器、ツクモ、ソフマップ、マツヤデンキ• コンビニ:ファミリーマート、対応予定 (ポプラ、ミニストップ)• ドラッグストア:GEBKY、くすりのハッピー、ドラッグインキムラヤ• 飲食:魚民、白木屋、笑笑、和民、月の宴、鳥メロ、にくスタ その他、から対応店舗を確認することができます。 また、PayPayアプリからも「全国のお店一覧」という項目から現在地から対応のお店を探すことができるようになっています。 スポンサーリンク オンラインショップでは使えない? 現時点ではリアル店舗でしかPayPayを使うことができませんが、2019年2月以降にオンラインショップでもPayPayを利用することが可能となりました。 Yahoo! ショッピング• ヤフオク• LOHACA まあ、ヤフーグループばかりですけどね。 これを機にYahoo! ショッピングを利用する方が増える可能性はありそうです。 3Dセキュアに対応した PayPayはサービス開始当初にクレジットカードの不正利用など色々と問題があり、クレジットカードでの支払いできる金額が5,000円までに制限されましたが、PayPayが3Dセキュア(本人認証サービス)に対応したため3Dセキュアに対応したクレジットカードなら最大5万円まで使うことができるようになります。 本人認証前:5,000円まで• 本認証後(過去24時間):2万円• 本認証後(過去30日間):5万円 過去30日間で購入できる金額は5万円までとなってしまいました。 いずれにしても3Dセキュアに対応したことで不正利用される心配がなくなったので「PayPayは怖い」は過去のものになり、安心してPayPayを使うことが可能となります。 まとめ:消費増税でキャッシュレス決済は必須に 2019年10月1日より消費税がついに10%に増税となりました。 キャッシュレス決済をすることでポイント還元を受けることができるので、現金決済をするよりもPayPayを使うことでお得になるのは間違いないと思います。 PayPayは「まちかどペイペイ 第1弾」キャンペーンを実施して最大10%の還元を受けることができます。 つまり、消費税10%が全部返ってくるという…. ちょっと意味がわからないw 増税とはなんだったのでしょうか…。 まあ、期間限定なので恩恵を受けれるのはちょっとだけですが、PayPayなどのキャッシュレス決済は現金払いよりもメリットがあるのは間違いないでしょう。 ということで、PayPayにチャレンジしましょう!.

次の

PayPay(ペイペイ)のメリット・デメリットは何?

ぺいぺい 支払い

PayPayエラー一覧 エラー内容 エラー発生時 原因 処理に失敗しました 登録時・チャージ時・支払い時 通信トラブル 現在ご利用を制限しています チャージ時・支払い時 チャージや支払いに制限が掛かっている バーコードが表示されない 支払い時 通信トラブル・アプリ側の不具合 403Forbidden Yahoo! ID連携時 クロームとの相性 問題が発生したため、PayPayを終了します PayPay操作時全般 アプリ側の不具合・スマホ側の不具合 バーコードが読み取れない 支払い時 通信トラブル・スマホ側の不具合・店側の不具合 エラーが発生しました。 再度お試しください 支払い時 通信トラブル・アプリ側の不具合・店側の不具合 二重決済 支払い時 通信トラブル・アプリ側の不具合・店側の不具合 二重チャージ チャージ時 通信トラブル・アプリ側の不具合・スマホ側の不具合 以上が、PayPayで発生し易いエラーになります。 中でも、「処理に失敗しました」「エラーが発生しました。 再度お試しください」というエラーは全般的なトラブル時に表示されるため、特に発生し易くなっている様です。 アプリやスマホを再起動する アプリやスマホの不具合で、一時的に不具合が起き易くなることもあるようです。 その時は、アプリやスマホを再起動することで、不具合が改善する場合もあります。 また、スマホの空き容量が少なくなっていると、全般的な不具合が発生し易くなります。 タスクキルアプリを使ったり、不要なアプリを削除したりして、空き容量を増やして見て下さい。 通信環境を確認する 通信環境が不安定だと、不具合が起き易くなります。 Wi-Fiは周囲の影響を受け易いので、場所を変えてみることで不具合が改善することもあります。 また、Wi-Fiよりもキャリア回線の方が安定し易いので、Wi-Fiからキャリア回線に切り替えてメールの読み込みをし直すことで、正常に作動することもあるようです。 特に、 コンビニのWi-Fiは電波が不安定な事が多く、これに繋いで決済を行おうとすると、エラーが発生し易いようです。 支払い時はモバイル通信に切り替えておいた方が、不具合を回避できると思われます。 画面が汚れていないか確認する QRコードやバーコードを読み取ってもらう時に、画面の汚れのせいでうまくいかない場合などもあるようです。 特にスマホでゲームなどをした後は、画面を拭くようにして見て下さい。 画面が割れている時も、コードが読み取れない場合があるようなので、出来れば修理して下さい。 また、 画面が暗いとコードを上手く読み取れない時があります。 バッテリーセーバーなどで画面の明るさを落としている場合は、一度元に戻して見て下さい。 チャージ額やクレカの状況を確認する PayPayのチャージ額は1日で2万円、1ヶ月で5万、残高は100万円が上限になっています。 それ以上チャージするとエラーが出てしまいます。 特に1ヶ月の制限は忘れがちなので、確認して見て下さい。 また、クレカを使った支払いでも、1日で2万円、1ヶ月で5万円という上限があり、超えた場合はエラーが表示されます。 更に、 クレカの本人認証をしていない場合は1日5千円、1ヶ月5千円の上限になるので注意が必要です 本人認証をして上限額を引き上げる方法は、以下の通りです。 ホーム画面の支払い管理をタップします。 画面を上部をスワイプして、本人認証をしたいクレカを選択します。 「利用上限を増額する」をタップします。 「本人認証を設定する」を選択します。 各クレジット会社のページに飛ぶので、必要な情報を入力していきます。 登録が完了すれば、クレカの上限額が引き上げられ、クレカで残高のチャージも可能になります。 これは、転売防止の機能です。 高還元のキャンペーン時に高価なゲーム機を何度も買い、転売して利益を得た方なども居り、こうした措置が取られるようになったようです。 こういった規制を受けてしまうと、規制が解除されるまで待つか、しかないようです。 登録口座を確認する• 登録口座に残高がない• 登録口座に何らかのエラーコードが入っている• 銀行側のシステムがエラーしている 以上のような場合には、チャージの不具合が出たり、PayPayの使用に規制が掛かったりするようです。 チャージがうまくいかない場合は、銀行の方に問い合わせをして見て下さい。 一番多いのが、通帳などを無くしたという連絡を銀行にしたものの、すぐに通帳などが出てきた時です。 この場合、銀行に発見届を出さないと口座は凍結されたままなので、PayPayで使用することができません。 決済時にエラーが出た時やコードを読み込めない場合は、一度店側に確認してもらうのも1つの方法です。 また、現在沢山のコード決済が出ているので、店側の操作も煩雑になっている様です。 店員さんが慣れていなさそうな場合は、本当にPayPayの手続きをしたのか確認してみるといいかもしれません。 SNSや公式のアナウンスを確認する PayPayでは、サーバーダウンなどの全体的なエラーが発生することがあります。 PayPayでエラーが頻発する場合は、SNSやを確認して、自分だけで起きているエラーなのか、全体的に起きているエラーなのか確認しておきましょう。 また、コードレス決済はこれからも、盛んになり、変化していくと思われます。 アプリの使用変更やアップデートなどで、今までと違う動作をする可能性があります。 アプリ内のお知らせなどを確認しておきましょう。 時間を空ける、運営に問い合わせをする エラーが頻発して決済ができない時は、サーバーエラーなどが発生している可能性もありますが、不具合についての公式のアナウンスは即座に出される訳ではありません。 少し時間を空けてみて、不具合の改善や公式のアナウンスが来ないか確認して見ましょう。 時間を空けても不具合が改善しなかったり、公式のアナウンスがない場合。 また、二重決済や二重チャージになってしまった場合も、しましょう。 多くの場合は、スムーズに対処してもらえる様です。 不具合から時間が経ってしまうと対応が難しい場合もあるようなので、早めに連絡してみましょう。 しかし、 現在はチャージ残高がない場合は、支払いエラーが表示されるように変更になっています。 この変更を知らず、「クレカで払われる筈なのに、エラーはおかしい」と勘違いしてしまう方もいるようです。 チャージ残高がない場合はチャージを行うか、クレカ払いに切り替える必要があるので、気を付けて下さい。 他にキャンペーンの多いオススメの電子マネーは? PayPay(ペイペイ) PayPayの魅力としては、まずお得さが挙げられます。 ペイペイは 「ワクワクペイペイ」などの高還元率のキャンペーンが毎月行われています。 これまで継続的に10%~20%程の高還元率を受けることができましたし、これからもワクワクペイペイキャンペーンは続けられていくものと思われます。 更に、 PayPayでは銀行口座からのチャージなら常時3%が還元が行われていますし、20回に1回最大で1000円還ってくるPayPayチャンスも好評を得ています。 更に、 PayPayは銀行口座とクレジットカードの2つの方法でチャージできるのも魅力です。 中でもYahoo! マネーカードによるチャージであれば、3%の還元に加えて1%がTポイントが付与され、実質4%の還元を受けることができます。 知り合いに立替えて貰った時や皆で割り勘をする時など、大変便利です。 多くの便利機能が魅力的なPayPayですが、更に大切なポイントとしては知名度が高いという事でしょう。 現在様々なコード決済がありますが、 PayPayは「100億円あげちゃうキャンペーン」などでユーザーも増加し、多くの知名度ランキングで上位にランクインしています。

次の