西遊 記 宮沢 りえ。 宮沢りえのドラマ&映画おすすめランキング32選【2020最新版】

すっごく昔の、宮沢りえちゃんの西遊記

西遊 記 宮沢 りえ

02年(29歳)映画「たそがれ清兵衛」主演。 14年(41歳)映画「紙の月」主演。 ・母親は日本人。 ・父親はオランダに帰国して音信不通。 ・母親は保険の外交などをしていた。 ・子供の頃、叔母夫婦(母親の姉)に預けられていとこの男の子と一緒に活発に遊んだ。 髪の毛が短くていつもジーパンをはいていて「坊や」と呼ばれていた。 ・子供の頃、いつも一緒に遊んでいた色白のかわいい男の子のほっぺを歯形が残るほど噛んだ。 ・幼稚園時代、お転婆な女の子だった。 運動会でリレーの選手を選ばれた。 男の子と野球やチャンバラをして遊んだ。 超合金ロボットを眉間にぶつけられて顔面血だらけで帰宅した事があった。 公園のコンクリートに顔から転んで顔面血だらけで帰宅した事があった。 髪の毛が短かったのでよく男の子に間違えられた。 ・小3の時から小学校卒業まで同級生の男の子に片思いしていた(初恋)。 グリーンカレー。 十割そば(塩で食べる)。 中トロ。 うなぎ。 ピータン。 ピータン豆腐。 温野菜。 キャベツ。 コールスロー。 ぬか漬け。 ナッツ類(大好物)。 ゴマ(大好物)。 うざく。 チーズ(特にブルーチーズ)。 梨(大好物)。 コーヒー(自宅にエスプレッソマシンがある)。 癖がある食べ物。 ・嫌いな食べ物…なんこつの焼鳥。 なすの浅漬け。 ・得意料理… 牛丼(宮沢家秘伝、祖父がよく作ってくれた、水を使わず玉ねぎのエキスで肉を煮る)。 オムライス。 ・ヨーグルトとカッテージチーズを毎朝食べる。 ・サバを食べると蕁麻疹が出る体質だったが食べ続けて克服した。 ・ぬか漬けを混ぜた後で手の匂いを嗅ぐ癖がある。 ・酒が好き。 好きな酒はシャンパン、ワイン(自宅にワインセラー)、日本酒、焼酎。 ほぼ毎晩飲む。 たくさん飲む。 酔うと男女構わず手を繋いで歩く。 酔って混浴の温泉に入った事がある。 二日酔いにならない。 ・健康法…ピラティス。 スポーツジム。 ・筋肉がつきやすい体質。 舞台をやっていると自然に筋肉がつく。 筋トレにハマった事がある。 ・食材図鑑を見るのが好き。 ・好きなアーティスト…椎名林檎。 ・猫舌。 ・レコードで音楽を聴くのが好き。 ・アクリル絵の具を使って指で絵を描く。 抽象的な絵を描くのが好き。 ・お笑いが大好き。 ・ペット…犬(名前はミスター=07. 10現在)。 ・部屋のリフォームが大好き。 ・アメリカ・ロサンゼルスに住んでいた(=96〜97年)。 ・いきつけ…レストラン「キャンティ」。 ・アウトドア派。 ・熱烈な巨人ファン。 祖父、母親も巨人ファン。 ・上野動物園が好き。 ・鎌倉によく行く。 祖父が住んでいた。 ・海でシュノーケリングをするのが大好き、 ・ロサンゼルスのホテルのプールで全裸で泳いだ事がある。 ・カラオケの十八番…テレサ・テン。 ・映画「ローマの休日」のオードリー・ハップバーンのような女性に憧れている。 ・落ち込む時は徹底的に落ち込むようにしている。 ・電話が苦手。 長電話で話すより直接会って話をしたい。 ・負けず嫌いな性格。 友人とじゃんけんをすると勝つまで続ける。 ・敬語が嫌い。 ・ホームパーティーが好き。 ・どんな人に対しても同じ態度で接する。 立場によって態度が変わる人とはうまく付きあえない。 ・人と深い話をするのが好き。 当り障りのない会話を続けていると目眩がしてくる。 ・下ネタが平気。 ・母親が肝腫瘍で他界(享年65=14年)。 ・母親が同じマンションの別の階に住んでいた。 ・毎日長女にお弁当を作る(=16. 10現在)。 ・パリに母親が借りてある部屋にしょっちゅう遊びに行った。 ・好きなタイプ…才能がある男性。 ユーモアがある男性。 仕事と遊びのバランスがいい男性。 飲み友達。 「りえっちょ」と呼ばれる。 小池の自宅に遊びに行った事がある。 ・鈴木京香…友人。 飲み友達。 ・西田ひかる…友人。 ドラマ「いつも誰かに恋してるッ」で共演。 ・水川あさみ…友人。 プライベートで会う時はお互いにノーメイク。 ドラマ「江」で姉妹役で共演。 ・赤井英和…友人。 「りえどん」「赤どん」と呼び会う仲。 ドラマ「東京エレベーターガール」で共演。 ・長塚圭史、古田新太…友人。 飲み友達。 ・綾戸智絵…友人。 ・長島茂雄、志茂田景樹、美川憲一…友人。 ・後藤久美子、中島朋子…若い頃にふたりが宮沢の家に泊まりに来て夜中まで語りあった。 ・牧瀬里穂、観月ありさ…デビュー当時に3人で「美少女アイドル3M」と呼ばれた。 ・高知東生…ドラマ「西遊記」の撮影でで宮沢の首を本気でしめすぎて 宮沢の母親が高知をつきとばした。 ・田村正和、木村拓哉…ドラマ「協奏曲」で共演。 ・小室哲哉…デビュー曲「ドリーム・ラッシュ」を作曲。 ・篠山紀信…ヌード写真集「サンタフェ」のカメラマン。 ・楊凡(ヨン・ファン)…香港映画「遊園驚夢」の監督。 ・ビビアン・スー…「台湾の宮沢りえ」と呼ばれていた。 ・松田純…宮沢を女優として目標にしている。 ・吹石一恵…幼稚園の頃に宮沢に憧れて芸能界入りを志した。 ・伊藤英明…中学時代宮沢の大ファンで将来結婚するつもりだった。 宮沢に会えると思って映画「ぼくらの七日間戦争」のオーディションを受けるが不合格。 宮沢がヌード写真集「サンタフェ」を出した時にショックで3日間学校を休んだ。 ・草彅剛…宮沢のファン。 ヌード写真集「サンタフェ」を持っている。 ・平井堅、佐藤康恵、浜崎あゆみ…宮沢のファン。 ・川相昌弘…憧れている人。 ・さまぁ〜ず…好きなお笑いタレント。 ・中村勘三郎、市川右近、ビートたけし…交際を噂された。 ・本木雅弘…ドラマ「オンナって不思議」でキスシーン(公私通じてファーストキス? 交際を噂された(=91年)。 CM「サントリー・緑茶伊右衛門」で共演(=04年)。 ・小林薫…交際を噂された(=96年)。 ・市川海老蔵(元・市川新之助)…交際を噂された(=97年)。 ・幹田卓司…アクセサリーデザイナー。 交際を噂された(=01年)。 ・貴乃花…93. 27婚約会見、94. 27婚約解消会見。 ・元夫…実業家、元プロサーファー。 09年入籍、16. 18離婚発表。 できちゃった結婚。 ハワイを拠点にサーフィンの指導やダイビングコーディネーターをしている。 ・森田剛…18. 16入籍。 6歳(5学年)年下。 ・子供: 長女…09. 20誕生。 ・テレビ「とんねるずのみなさんのおかげです」でコントに挑戦、 「ざけんなよ」の決め台詞が流行語になった。 ・「ドリーム・ラッシュ」で歌手デビュー(=89年)。 ・「24時間テレビ」のパーソナリティー(=90年)。 ・ヘアヌード写真集「サンタフェ」を出版(=91年)。 社会的な話題になった。 約150万部の大ベストセラー。 ・「拒食症で激ヤセ」と報じられた(=95〜96年頃)。 ・若い頃は本番前とても緊張したがだんだんその緊張を消化できるようになった。 ・香港映画「遊園驚夢」主演に際して中国語を勉強、 スタッフとできるだけ中国語でやりとりした。 ・香港映画「遊園驚夢」で第23回モスクワ国際映画祭の最優秀女優賞を受賞。 ・自分が面白いと思える仕事しかしない。 1年に1ヵ月しか仕事をしない事がある。 ・映画「トニー滝谷」の製作発表にベリーショートの髪形で登場(=03年)。 ・ドキュメンタリー番組「夢の扉」でレギュラーナレーションに初挑戦(=04年)。 ・30歳で野田秀樹の舞台「透明人間の蒸気」に出演した時に自分の無力さに驚き、 「40歳になった時に舞台の上に立っていられる役者になりたい」という目標を立てた。 30代は主演映画のオファーより舞台出演を優先させた。 ・女優の仕事にある程度自信がついて来たのは30歳を過ぎてから。 ・「兎に角」を「うさぎにつの」と読んでしまった事がある。 ・黒柳徹子、デヴィ夫人のモノマネができる。 ・楽屋で全裸になって着替えをする。 ・心筋梗塞で降板した天海祐希の代役として舞台「おのれナポレオン」に出演(=13年)。 代役決定から2日半、25時間の稽古時間で舞台に立った。 ・映画「湯を沸かすほどの熱い愛」で作品終盤の病気で衰弱した状態を演じる為、 5日間可能な限り水分を摂らずにダイエットした。 ・日本アカデミー最優秀主演女優賞3回。 02年「たそがれ清兵衛」14年「紙の月」16年「湯を沸かすほどの熱い愛」 ・役によって香水を変える。 ・将来映画をプロデュースしたいと思っている。

次の

本木雅弘 息子、娘が嫁似で残念?!家族写真が雑誌の表紙を飾れるワケ

西遊 記 宮沢 りえ

ゴダイゴのテーマソングは名曲。 イギリスBBCでも放送され、80年代に世界的ヒットした 唯一の日本製ドラマです。 次に素晴らしいのは、 当時に人気絶頂のドリフターズとピンクレディーがコラボしている 人形劇の「飛べ!孫悟空」です。 しかしこれは残念ながら再放送すら行われていない幻の傑作。 宇宙を舞台にしたメカとアクションを組みあわせた異色の西遊記として いまでも根強い人気があります。 その次が、 手塚治虫のアニメ「悟空の大冒険」ですね。 これは一見、正統派の西遊記に見えますが、内容はかなりファンタジー化されていて ディズニーアニメの強い影響を受けていた手塚らしい作品です。 古典的な作品といえると思います。 あと、タイムボカンシリーズの 「イタダキマン」は西遊記をモチーフにした作品。 ドラえもん映画の「のび太のパラレル西遊記」 漫画では魔夜峰央の「パタリロ西遊記」なんてのもありますね。 本木雅弘と宮沢りえ主演の「西遊記(1993年)」と 唐沢寿明と牧瀬里穂主演の「新・西遊記(1994年)」、 香取慎吾と深津絵里主演のフジテレビ「西遊記(2006年)」は共に駄作です。 特に見る価値はないと思います。 また香港ドラマの西遊記なども、京劇の影響をうけた作品は 日本人にはあまりなじめないと思います。 やはり日本人にとっての西遊記とは堺正章と夏目雅子の西遊記だからです。 ヒット作の原点にして最高傑作。

次の

宮沢りえのドラマ&映画おすすめランキング32選【2020最新版】

西遊 記 宮沢 りえ

連載コラム「邦画特撮大全」第19章 今回取り上げる作品は今年放送から40周年をむかえるテレビドラマ『西遊記』(1978)。 NHK大河ドラマの裏番組でありながら、高視聴率を記録した作品です。 翌年1979年にはパート2が制作・放映されました。 またイギリスやオーストラリアなどでも放映され、国外での人気も高い作品でもあります。 本作は日本テレビ開局25周年記念番組であり、破格の予算と豪華キャストで製作されました。 堺正章の孫悟空、夏目雅子の三蔵法師、岸部四朗の沙悟浄、西田敏行(パート1)・左とん平(パート2)の猪八戒、藤村俊二の玉竜(パート2のみ)は正にハマリ役です。 また1978年は日中平和友好条約が調印された年でもあり、中国国内でのロケーション撮影も敢行されました。 CONTENTS• 日本版『西遊記』・映像化の略史 『西遊記』の原作は同名の中国古典小説です。 『三国志演義』『水滸伝』『金瓶梅』と併せて中国四大奇書の1つに数えられます。 本作の他にもアニメや漫画、ゲームなどの題材に数多く選ばれているため、日本でもなじみ深い物語となっています。 日本での『西遊記』の映像化はまず戦中に製作された『エノケンの孫悟空』(1940)、三木のり平主演のミュージカル映画『孫悟空』(1959)の2作があります。 両作とも、監督・山本嘉次郎、特撮監督・円谷英二という布陣で制作されました。 後者の『孫悟空』で衣裳考証を担当した真木小太郎は、本作でもコスチューム・デザインを担当しています。 大映では坂東好太郎主演で『西遊記』(1952)、『大あばれ孫悟空』(1952)、『殴り込み孫悟空』(1954)の3作が制作されています。 また本作以前にも『孫悟空西へ行く』(1964)など、TVドラマ版が既に製作されていました。 その他に手塚治虫のマンガ『ぼくのそんごくう』をベースにしたアニメ映画『西遊記』(1960)やTVアニメ『悟空の大冒険』(1967)などもあります。 1960年代の段階で様々な『西遊記』の映像作品が、日本国内で製作されていたことが判ります。 本作が放送される前年にザ・ドリフターズの人形劇『飛べ! 孫悟空』(1978)、本作と同年にフジテレビ系列でアニメ『SF西遊記 スタージンガー』(1978)が放送されていました。 本作はこうした一連の流れで製作されたのです。 また本作の5年前に放送された日本テレビ開局20周年記念作品が『水滸伝』(1973)でした。 さらに日本テレビはSPアニメ『三国志』(1985)を製作・放送しているため、「金瓶梅」以外の中国四大奇書を映像化していることになります。 彼女はこのドラマをきっかけに人気女優となりました。 しかし、実在の玄奘三蔵は男性です。 夏目雅子が演じていますが、役の性別は男性なのです。 三蔵法師役は当初、五代目坂東玉三郎に依頼されました。 三蔵法師に高貴で中性的なイメージを持たせるため、歌舞伎の女形である坂東を起用しようとしたのです。 しかし坂東に断られてしまったため、思い切って女性をキャスティングすることになり夏目雅子が選ばれました。 本作の影響からその後の製作された『西遊記』のドラマ版でも、宮沢りえ、牧瀬里穂、深津絵里と三蔵法師役に女優が起用されています。 また本作の釈迦如来役には女優の高峰三枝子、観世音菩薩役には俳優の勝呂誉がキャスティングされています。 世間的なイメージですと釈迦如来=男性、観世音菩薩=女性というイメージがあると思います。 本作以降に日本で製作された『西遊記』での配役は、このイメージでキャスティングされています。 本木雅弘主演のSPドラマ『西遊記』(1993)では釈迦の声を常田富士男、観世音菩薩を八千草薫が演じており、唐沢寿明主演の『新・西遊記』(1994)では観世音菩薩は鳳蘭が演じています。 香取慎吾主演の『西遊記』(2006)では本作へのオマージュから釈迦如来を堺正章が演じました。 仏教的には釈迦如来も観世音菩薩も男女の性別を超越した存在であるため、男性と女性どちらが演じても特段問題はありません。 本作で釈迦如来を高峰三枝子が演じた理由は夏目雅子の三蔵法師同様に高貴さを印象づけるためだと考えられます。 『西遊記』の特撮 『西遊記』の特撮を担当したのは円谷プロダクション(パート1のみ)と東宝映像の2社が担当しました。 特撮監督を務めたのは高野宏一(パート1のみ)、鈴木清、佐川和夫といった円谷特撮の主力メンバー、『日本沈没』(1973)の中野昭慶、後に平成ゴジラシリーズの特撮監督を歴任する川北紘一(パート2のみ)といった面々です。 各回に登場する妖怪は衣装やメイクで表現されています。 妖怪に扮しているのは内田良平や中尾彬、天津敏、花沢徳衛、緑魔子と言った名優たちです。 パート1の第2話に登場する白竜は30メートルの原寸大モデルが制作され、迫力あるものとなっています。 悟空の使う伸縮自在の如意棒は、シーンによってサイズの違い物が使用されています。 如意棒の伸び縮みする描写には作画合成も用いられました。 また悟空が乗る筋斗雲の飛行シーンにはミニチュア撮影が行われました。 まだCGのない時代に妖術や妖怪のいるファンタジックな世界を映像化したため、ふんだんに特撮を使用した迫力のある映像作品になっています。 次回の邦画特撮大全は… 次回の邦画特撮大全は、円谷プロ制作の特撮ドラマ『怪奇大作戦』を特集します。 お楽しみに。

次の