アビガン 効果 コロナ。 安倍首相が推しまくるアビガン「不都合な真実」

新型コロナ「アビガンは効かないよ」問題について:時事ドットコム

アビガン 効果 コロナ

ドイツ政府はアビガンを使用する ドイツ政府は拡散する新型コロナウイルス感染症治療薬として日本製の新型インフルエンザ薬アビガンを大量に輸入することを独紙フランクフルター・アルゲマイネと時事通信が4月2日報じました。 報道によりますと、ドイツ政府は短期間で、アビガン(ファビピラビル)の備蓄を目指しています。 軍の協力のもとに大学病院などを通して配布する予定とのことです。 ドイツ連邦保健省は、日本の富士フィルム子会社の富士フィルム富山化学が開発したアビガンが新型コロナウイルス(COVID-19)に感染した患者の治療に効果があると期待して購入することを決めました。 ドイツ政府のアビガンの輸入規模は現在自国内の新型コロナウイルス(COVID-19)伝播状況を考慮すると数百万人の分量に達する可能性が高いと報道は伝えています。 アビガンの効き目に関しては中国政府が治療効果を臨床試験を通じて確認してから、自国企業に大量生産体制を整えるよう指示しました。 ドイツ新種ウイルス研究の第一人者で欧州最大のシャリテ大学病院ウイルス研究所所長のクリスティアン・ドロステン博士は「アビガンついて新型コロナウイルス(COVID-19)治療に有望であり、効果を示す初期段階の根拠がはっきりしている」と評価しました。 ドロステン博士はSARS(重症急性呼吸器症候群)の原因菌を発見、究明した感染症学の権威者です。 アルゲマイネ紙は世界各国の製薬会社と科学者がワクチン研究と新型コロナウイルス(COVID-19)治療剤開発に拍車をかけているとし、アジアではアビガンが非常に人気を得ていると指摘しています。 新聞ではアビガンは、ウイルスが体内で複製することを防ぎ、すでにドイツでもこれを服用する事例が増えていると紹介しました。 ドイツの新型コロナウイルス(COVID-19)患者は4月2日午後10時時点で前日より4,764人増え77,981人です。 このうち931人が死亡しました。 日本では4月2日時点で、2,306人が陽性と診断され、そのうち60人が死亡しています。 ドイツでは急速な拡大を懸念しています。 やはりこの拡大と死亡率の高さの原因の一つは、BCG接種にあると思います。 ヨーロッパではほとんどの国がBCG 接種を行わなくなりました。 特にイタリアは行われていませんでしたので、死亡率が非常に高くなっています。 日本でもアビガンを正式に承認 安倍晋三首相は3月28日、アビガンを新種のコロナウイルス感染症治療薬として正式に承認することを明らかにしました。 安倍首相は「アビガンが新型コロナウイルス(COVID-19)の増殖を防ぐ薬で症状の好転効果が出ているため、新型コロナウイルス(COVID-19)治療薬として承認するのに必要な手続きを急いでいる」と話しています。 アビガンがコロナウイルス治療薬として承認されるとの発表がされました。 安倍首相がアビガンが新型コロナウイルスの増殖を防ぐ薬で症状の好転効果が出ているため正式承認を急いでいると伝えました。 アビガンに副作用があるとされていますが、中国ではすでに、実際に投与して副作用は見られないと述べています。 もしあるとすれば、それは極微です。 心配であれば、薬の投与期間から数ヶ月は、子作りの計画を検討すればいいのです。 命を失うよりは、アビガンの投与を選んだ方がいいはずです。 多くの国で関心を示しており、希望する国と協力しながら臨床研究を拡大して増産に乗り出すようです。 安倍首相は「コロナの治療薬とワクチン開発に向け、大学や民間企業でもさまざまな動きを見せている」とし「日本政府が強く後押しする」と強調しました。 富士フィルムの子会社フジフィルム富山化学は新型インフルエンザの治療薬としてアビガンを開発した2013年の「新型インフルエンザ等対策指針」により日本ではアビガン200万人分を備蓄しています。 日本政府は、先月新型コロナウイルス患者の治療に効果があることを理解していました。 アビガンを全国に拡大投与することを明らかにしました。 当時加藤勝信厚生労働省は、アビガンを新型コロナウイルス感染者に使う問題について、特効があれば直ちに全国に展開して治療に使うと述べています。 日本政府関係者によると、これまで新型コロナウイルスに感染した患者にアビガンを試験的に投薬したところ、症状の悪化と無症状感染者の発病を抑制するのに相当の効果があるということです。 中国ではアビガンの結果が出ている これと関連して中国政府は3月17日新型コロナウイルスに感染した患者を対象に実施した臨床試験でアビガンが、副作用がなく薬効を発揮し、医療現場で治療薬として使用することをお勧めたと発表しています。 アビガンを投与しなかった場合はウイルス検査の結果が陽性から陰性へと変わる期間の中央値が11日だった反面、投与した時は4日で明らかな差を見せたと説明しました。 患者の症状が好転したと確認された割合はアビガンを投与した場合が91. 中国ではアビガンを開発した 富士フィルム富山化学とライセンス生産契約を結んだ現地製薬会社が、3月には政府の許可を得て量産体制を整えています。 このようにしてみると、日本で開発されたアビガンやBCG Tokyo 172 株が、この新型コロナウイルスに対して人々の命を守ってくれているこに強く思い知らされます。 参考文献:ユーチューブ:【韓国の反応:ネイバー】「独政府、新型コロナの治療薬として日本製「アビガン」を数百万セット大量輸入」のニュース&コメントをご紹介!! 【世界の憂鬱より】 ユーチューブ:【コロナに対する正しい知識】アビガンが日本で承認!…【海外の反応】 まとめ ドイツ政府は日本製の新型インフルエンザ薬アビガンを大量に輸入する ドイツ新種ウイルス研究の第一人者で欧州最大のシャリテ大学病院ウイルス研究所所長のクリスティアン・ドロステン博士は「アビガンついて新型コロナウイルス(COVID-19)治療に有望であり、効果を示す初期段階の根拠がはっきりしている」と評価 Amazonの紹介欄(商品リンク)•

次の

【富山化学】 アビガン:コロナウイルスの特効薬になれるのか?

アビガン 効果 コロナ

急死した岡江さん 残された夫と娘の悔しさは…。 女優の岡江久美子さんが新型コロナウイルスによる肺炎で23日午前5時20分、都内の病院で亡くなった。 63歳だった。 今月3日に発熱し、自宅で安静にしていたが、6日朝に容体が急変。 入院したが、この時すでに危険な状態だったという。 発熱からわずか20日で逝ってしまった岡江さん。 夫で俳優の大和田獏(69)と娘でタレントの大和田美帆(36)は「悔しくて悔しくて」とコメントした。 専門家は「すぐにアビガンを投与すれば、違った結果になったかもしれない」と衝撃発言。 岡江さんの死を機に、アビガンの投与基準を変えるよう強く訴えた。 予期せぬ一報だった。 NHKの「連想ゲーム」や情報番組「はなまるマーケット」(TBS系)で、お茶の間の人気者だった女優の岡江さんが、新型コロナウイルスによる肺炎で急死した。 3日に発熱し、しばらく自宅で様子をみるよう指示されたが、6日朝に容体が急変し、都内の大学病院に救急搬送された。 集中治療室(ICU)で人工呼吸器を装着。 PCR検査を受けたところ、新型コロナウイルス感染が確認され、人知れず闘病を続けていた。 所属事務所によると、昨年末に初期の乳がん手術を受け、1月末から2月半ばまで、放射線治療を受けていた。 免疫力が低下していたことで重症化した可能性がある。 事情を知る芸能関係者は「岡江さんは6日に入院後、2~3日で意識がなくなったと聞いている。 それから2週間余り、死の淵をさまよっていた状態。 家族や関係者はその間も病院に行けず、憔悴していた」と話す。 夫の大和田獏と娘の美帆は、それぞれ自宅に待機し外出を自粛。 現時点でコロナの症状は出ていない。 岡江さんを知る人物は「収録現場ではいつもニコニコしていて、スタッフに偉ぶることもなかった。 彼女のことを悪く言う人はいませんよ」と回想する。 それにしても恐るべきは、軽い発熱から容体急変までのスピードだ。 先月29日に亡くなった志村けんさんも体の不調を訴えてから、わずか数日で意識不明となり帰らぬ人となった。 新型コロナが重症化しやすいのは、糖尿病や呼吸器疾患、肝機能障害、高血圧などの持病がある人、そしてがん患者だ。 医療ガバナンス研究所理事長で内科医の上昌広氏の話。 「岡江さんと志村さんのケースは別物。 志村さんは長年の喫煙などにより肺が悪かった。 岡江さんの場合は、がん患者で免疫が低下していたことが大きい。 ただ、肺は悪くなかったはずだから、やり方によっては違う結果になったかもしれない」 鍵を握るのはコロナへの効果が期待される新型インフルエンザ薬「アビガン」だ。 アビガンの投与は罹患者がインフルだった場合、主治医の判断ですぐに処方できるが、新型コロナの場合は、PCR検査で陽性の確定診断が出ていることが前提となっている。 上氏は「PCR検査は結果が出るまでに数日かかる。 その間に症状が悪化したら元も子もない。 アビガンは軽症者には効果が期待できるが、重症者はさほどでもない。 彼女が亡くなったのを機に、新型コロナの陽性診断が出ていなくても主治医の判断で迅速にアビガンを投与できる基準に変えていかなければならない」と力説する。 アビガン処方のハードルを下げ、家庭常備薬にすべきという考えは本紙でも昨報したばかりだ。 大和田親子は報道各社に宛てた書面で「今はただ残念で信じがたく、悔しくて悔しくて他は何も考えられない状態です。 どうかそっと送って頂きたいと願っています」とコメントした。 俳優の石田純一や宮藤官九郎が、アビガンのおかげで回復したニュースが流れているだけに、親子の無念さは計り知れない。 文末には「皆様、コロナウイルスは大変恐ろしいです。 どうかくれぐれもお気をつけてください」と書かれていた。 岡江さんの通夜、葬儀は未定で、後日に「お別れの会」を実施するという。 緊急事態宣言後も日本の感染者数は増え続けている。 【大河ドラマで不動の人気】岡江さんは1956年8月23日生まれ。 東京都出身。 75年、新人女優の登竜門といわれていたTBS系のポーラテレビ小説「お美津」のヒロインに抜てきされて芸能界デビューした。 77年にはNHK大河ドラマ「花神」に高杉晋作の妻・お雅役で出演し、人気を不動のものにした。 83年に「連想ゲーム」で共演していた俳優の大和田獏と結婚。 96年から2014年まで薬丸裕英(54)と朝の情報番組「はなまるマーケット」の司会を務めるなどマルチに活躍した。

次の

新型コロナの有望薬「アビガン」「レムデシビル」ってどんな薬?:日経ビジネス電子版

アビガン 効果 コロナ

新型コロナ感染症の治療薬候補として世界各国の注目を集める「アビガン」(写真:富士フイルム) 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界中で蔓延するなか、富士フイルム富山化学が開発した抗インフルエンザウイルス薬「アビガン」が注目を浴びている。 安倍晋三首相が記者会見で名指ししてアピールした薬剤で、新型コロナウイルスへの治療薬として期待が高まっている。 だが開発の経緯を子細にたどると、実際の治療で使われるためには、越えなければならない高いハードルがある。 菅官房長官は4月3日の記者会見で、アビガンを希望する各国に無償提供する方針を明らかにした。 現時点で約30カ国から提供要請があるという。 アビガンが注目されたきっかけは、実際に新型コロナに感染した患者に使用した中国の試験で、効果がみられたからだ。 新型コロナウイルスの発生源とされる武漢市の武漢大学中南病院では、患者を「アビガン(中国では後発品のファビピラビル)」を投与したグループ(116人)と、ウイルスの侵入を阻害する薬剤である「アルビドールを投与したグループ(120人)の2つに分け、効果を比較した。 その結果、回復率はアビガン投与群が「71. 4%」、アルビドール投与群は「55. 9%」と差がみられた。 さらに、深圳第三人民病院では、アビガンを投与したグループ(35人)と、新型コロナにも効き目があるとみられている抗HIV薬の「カレトラ」を投与したグループ(45人)に分けて比較したところ、新型コロナウイルスが消失した期間は、アビガン投与群が「4日」、カレトラ群「11日」だった。 胸部画像による改善率では、アビガン群「91. 4%」、カレトラ群「62. 2%」と、アビガンが効果を示した。 2つの試験は3月に論文として公表されたが、後者は今月に入って取り下げられたことがわかっている。 その理由は不明だ。 効果が確認されればコロナ治療薬になりうる いまだ有望な治療薬もワクチンも見つかっていないなかで、もし効果が確認されれば、貴重な薬剤となる。 日本でも臨床試験が始まったが、中国でもさらなる臨床試験が行われている。 安倍首相は2月29日の記者会見で、「アビガンを含む3つの薬について、新型コロナウイルスに有効性があるかどうかを見極めるため、観察研究としての患者への投与をすでにスタートしている」と述べ、3月28日の記者会見では国産であることをアピールするかのように「アビガンは海外の多くの国から関心が寄せられ、臨床研究を拡大するとともに、増産をスタートする」と語った。 ここで、アビガンの開発にさかのぼってみよう。

次の