セレコキシブ 市販。 セレコキシブ:セレコックス

セレコックスや市販の痛み止めは心臓や血管に負担をかけるって本当?

セレコキシブ 市販

セレコックス錠ジェネリックのセレドルは 炎症をしずめ、腫れや痛みをおさえる鎮痛薬です。 成分はセレコキシブです。 主に腰痛、リウマチや変形性関節症、 抜歯の炎症や痛みを抑えるときに使われます。 他の鎮痛薬に比べ、胃腸障害などの副作用が少ないといわれています。 100カプセル:2108円 歯を抜いた後の痛みがひどくて・・・歯医者さんにも何回かお願いしたのですが、そのうち治るからみたいな対応でした。 とりあえず今後のためにも、痛み止めは自分でそろえることにしました。 今では、痛みの常備薬として我が家では欠かせないセレドルです。 特に腰、歯、手指関節等の痛みが出そうな時 何となくわかるので 、とても重宝しています。 薬のカテゴリ• 16 処方薬の通販.

次の

セレコックスのジェネリック医薬品(セレコキシブ錠)のメーカー比較

セレコキシブ 市販

セレコックスとは? まずは恒例名前の由来からいきます。 セレコックスの一般名は セレコキシブ:Celecoxibです。 先頭の Celecoxを抜き出し セレコックスと命名されました。 セレコックスの作用を簡単に説明すると 『プロスタグランジンを作る時に必 要な酵素である シクロオキシゲナーゼ を阻害する事で解熱・鎮痛・ 抗炎症 作 用 を発揮する』となります。 それではもう少し詳しく見て行きましょう。 プロスタグランジンとアラキドン酸カスケード まず プロスタグランジン(以下PG)はどのように作られるのかについてお話していきます。 作用機序だけであればシクロオキシゲナーゼ(以下COX)という酵素だけ説明すれば概ね事足りますが、副作用や他の薬を学ぶ上で知っておいた方がいいと思いますので アラキドン酸カスケードという経路について説明します。 上の画像のように、アラキドン酸からPGや ロイコトリエン(以下LT)、 ト ロ ンボキサン(以下TX)等が作られる経路をアラキドン酸カスケードといいます(図は結構省略あり)。 カスケードは 滝を意味します。 滝のように物質が次々と生み出されていくことに由来します。 何らかの原因で組織が傷害されたり炎症が起こると、 ホスホリパーゼA2と呼ばれる酵素が活性化します。 すると細胞膜の構成成分であるリン脂質から必須脂肪酸であるアラキドン酸が遊離します(切り離されます)。 遊離したアラキドン酸に酵素である COXが作用するとPG群が、5-リポキシゲナーゼが作用するとLT群が作られます。 またPGH2に トロンボキサン合成 酵 素が作用するとTXA2が作られます。 ちなみにCOXにはCOX-1とCOX-2の2種類が存在します。 COX-1は普段から私達の様々な組織に存在しており、特に胃や腎臓に多いとされています。 またCOX-2は 炎症が起っている部位で主に作られます。 続いて痛みが発生する機序についてお話します。 痛みについては痛みを感じさせる発痛物質であるブラジキニンやヒスタミン等がポリモーダル受容器と呼ばれる部分に作用し、そこで生じた痛みの情報が脊髄を通って脳に到達することで私達は「痛い!」と感じるのです。 PG自身は痛みを感じさせる作用はそれほど強くありません。 しかし 発痛物質の痛みを増強する作用を持っています。 つまり 痛みはブラジキニン等の発痛物質だけでなく、PGの作用が加わることで発生すると認識して下さい。 PGの他の作用としては 発熱もあります。 PGは視床下部にある体温調節中枢と呼ばれる部分に働きかけ、普段は36~37度位に設定されている体温をそれ以上に上げるように命令します。 これを セットポイントを上昇させるといいます。 他にもPGは胃の粘膜の血流を良くしたり修復したりする作用や、腎臓の血流を良くする作用、血小板凝集抑制(血液をサラサラにする)作用など様々な作用を持っています。 セレコックスの作用機序と特徴、作用時間 痛みや発熱の原因となるPGはアラキドン酸にCOXが作用することにより作られる。 だったらCOXを何とかできればいいと思いませんか? ここでセレコックスの登場です。 セレコックスは COXに結合して働きを邪魔する作用があり、結果PGが作られるのを抑え、痛みや炎症を抑えます。 具体的にはアラキドン酸をCOXの奥まで到達させないという作用になります。 セレコックスは COX-2選択的阻害薬と呼ばれ、 NSAIDsの中でCOX-2に対する選択性が一番高いという特徴があります。 理由を説明します。 まずNSAIDsは全てCOXの内部に入り込み作用するのですが、構造的に COX-1はCOX-2よりも入り口が狭いのです。 上の画像はセレコックスの構造になります。 セレコックスは他のNSAIDsにはないスルホンアミド基を有するなど かさ高い(大きい)ため、COX-1内に入りにくいのです。 これによりCOX-1には作用しづらいということになります。 また他のNSAIDsは自身が持つカルボキシル基をCOX-1、COX-2の両方に存在する120番目のアミノ酸 「 アルギニン」に結合させ、フェニル基をCOX内の「 疎水性の部分」に結合させます。 COX内の2箇所に結合することで、イメージ的にはバリケードを作る感じでしょうか。 これによりアラキドン酸が本来結合する部分に到達するのが邪魔されますのでPGの合成が阻害されるのです。 セレコックスは(メチル)フェニル基は持っていますが、カルボキシル基を持っていないため、アルギニンに結合することができません。 これでは1箇所しか結合しないことになり、PGの侵入を阻害することができません。 ではどうするか。 COX-2にはCOX-1にはない サイドポケットと呼ばれる部分があります。 セレコックスが持つ スルホンアミド基はサイドポケットにピッタリはまってヒスチジン等のアミノ酸と結合します。 これによりPGの侵入を抑えるのです。 以上がセレコックスがCOX-2選択性が高い理由です。 セレコックスはコキシブ系に属します。 強力な鎮痛・抗炎症作用を持ち合わせています。 解熱作用もありますが適応はありません。 急性上気道炎(いわゆる風邪)などで、解熱目的での処方は査定される可能性があります。 セレコックスの解熱作用について詳しく知りたい方はアステラスのMRに文献を依頼するといいでしょう。 作用発現は30分程度。 半減期(血中濃度が半分になるまでの時間)は5~9時間です。 関節リウマチ等の患者様で1日薬の効果を持続させるためには1日2回朝・夕食後で服用する必要があります。 頓用の場合は6時間以上あける事が推奨されます。 スポンサーリンク セレコックスの副作用 先ほどCOX-1は様々な組織に存在し、COX-2は炎症部位に存在するとお話しました。 COX-1は特に胃や腎臓に多く存在するため、COX-1を阻害してしまうと胃粘膜や腎臓に障害が起こる事が予想できるかと思います。 しかしセレコックスは COX-2を選択的に阻害するため胃粘膜障害を軽くすることができるのです。 ただ 腎障害については従来のNSAIDsと変わりません。 実は腎臓ではCOX-1だけでなく、COX-2も重要な役割を担っていることがわかっています。 胃粘膜障害が少ないとはいえ、 消化性潰瘍の方、重篤な腎機能障害のある方は従来のNSAIDs同様禁忌となります。 また肝機能障害、黄疸なども報告されており、 重篤な肝機能障害の方には使用することができないのも同様です。 また、COX-2の選択性が高いため、血小板機能への影響が少ないとされており、他のNSAIDsでは禁忌である重篤な血液の異常のある患者様に対しても使用する事ができます。 ただセレコックスには心筋梗塞や脳卒中などの 心血管系 血栓塞栓性事象の 発現を増加させるとの報告があります。 長期間の服用でリスクが上昇すると言われているため注意が必要です。 ただこちらについては平成28年11月、アメリカニューヨークで発表されたProspective Randomized Evaluation of Celecoxib Integrated Safety vs. Ibuprofen Or Naproxen (PRECISION)によると、イブプロフェン、ナプロキセンと心血管イベントのリスクは同等であったという結果が出ています。 セレコックスの注意事項 胃粘膜障害は少ないですが、予防するために 食後 (できれば食直後)で服用する事が望ましいです。 どうしても空腹時に服用する場合は、牛乳などを1杯飲んでから服用しましょう。 続いて 授乳婦の方。 ヒトで乳汁中への移行が報告されていますので、授乳中の方の服用は控えます。 続いて 妊婦の方。 妊娠末期の方は禁忌となっています。 お母さんから赤ちゃんに薬が移行することで赤ちゃんのPGが減ってしまい、肺動脈と大動脈をつなぐ動脈管と呼ばれる部分が収縮してしまうためです。 動脈管についてもう少し説明します。 赤ちゃんはお腹の中にいる時は呼吸をしていない、つまり肺を使っていないんです。 だから肺にはそれほど血液はいらないんですね。 そのため心臓から肺に向かう肺動脈に流れる血液を動脈管を通して大動脈に流しこむのです。 動脈管が収縮してしまうと肺高血圧症を起こすなど赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があります。 また他にも赤ちゃんの腎臓の機能が低下することで尿量が減少し、羊水過少症に繋がる事があります。 妊娠末期の羊水は赤ちゃんの尿が主と言われています。 特に妊娠後期のNSAIDs服用には注意が必要です。 分娩遅延等もラットで報告されています。 以上のような事から、妊婦の方にはNSAIDsよりも比較的安全性の高いなどのアセトアミノフェン製剤が多く処方されているのですね。 場合によっては病院でNSAIDsが処方されるケースもあるかと思いますが、その際は必ず主治医の指示に従って下さいね。 それではセレコックスについては以上とさせて頂きます。 最後まで読んで頂きありがとうございました。

次の

セレコキシブ:日本初のコキシブ系COX

セレコキシブ 市販

市販薬のピリン系 市販薬でピリン系というと「 イソプロピルアンチピリン」を含むものを指します。 パッケージに IPA配合なんて書いてあるものが該当します。 販売名 製造販売業者等 アルペンゴールドカプセル ライオン(株) エザックエース 新新薬品工業株式会社 エザックプラス 新新薬品工業株式会社 クリアロン鎮痛薬 前田薬品工業(株),販売会社/福地製薬(株) サリドンA 第一三共ヘルスケア(株) サリドンWi 第一三共ヘルスケア(株) シオノギIPAかぜ薬EX 日東薬品工業(株),販売会社/シオノギヘルスケア株式会社 セデス・ハイ 塩野義製薬(株) セデス・ハイG 塩野義製薬(株) セミドン顆粒 全薬工業(株) タイムコールP錠 日東薬品工業(株),販売会社/日邦薬品工業(株) パイロンハイEX 日東薬品工業(株),販売会社/シオノギヘルスケア株式会社 プレコール持続性カプセル 第一三共ヘルスケア(株) ホワイトピュア (株)アラクス リングルAP 佐藤製薬株式会社 ルルアタックFXa 滋賀県製薬株式会社,販売会社/第一三共ヘルスケア株式会社 全部を覚えるのはむずかしいとおもうので有名所をピックアップします。 確実に覚えて起きたいOTC薬は4種類です。 「プレコール」「セデス」「サリドン」「ルルアタックFXa」この4種類ですね。 ルルアタックFXaは2017年に発売された新しい薬です。 ルルは何考えてるんだと思いましたね。 ルルアタックは風邪のタイプによって3パターンの風邪薬「赤・青・緑」で選べるようになってます。 この中で「赤」がピリン系です。 パケージのピリン系表記「小さっ!!」こんなのだれも気づかない。 しかもチェックがもれやすい総合感冒薬に混ぜ込んでます。 パッケージ買いする人は気づかずに買ってしまうので、せめてパッケージには大きく「ピリン系」ってかいて注意喚起してほしい。 ピリン系って書くと避ける人がいるかもしれないけど目先の利益よりも安全性をアピールするのが製薬会社の仕事ですよね。 上記画像で「ピリン系」の文字読めますか?ほとんどの人が気づかないと思います。 総合感冒薬で「ピリン系」をつかう理由はほぼない。 ルルアタックFXの場合は「発熱」によく効くということでイソプロピルアンチピリンを配合していますが、熱だったら「イブプロフェン、ロキソプロフェン、アセトアミノフェン」これで十分です。 発熱は、そもそもウイルスや細菌と戦うために必要ででているので、かならずしも解熱剤が必要ということはありません。 他のルルアタックシリーズで言えば「青」「緑」にはイブプロフェンが使われているのであえて「赤」を使わなくてもいいでしょう。 鎮静薬 頭痛薬 にしてもピリン系を使うのであれば「イブプロフェン、ロキソプロフェン、アセトアミノフェン」をためしてから効果不十分ならつかうといい。 医療用のピリン系 医療用でピリン系は少ない。 あぶないから?かほとんど使われていません。 商品名 成分名 SG配合顆粒 イソプロピルアンチピリン クリアミン配合錠 イソプロピルアンチピリン ヨシピリン イソプロピルアンチピリン メチロン注 スルピリン スルピリン スルピリン 現在、医療用で使われているピリン系の成分は「イソプロピルアンチピリン」と「スルピリン」ですが、「スルピリン」はほとんどつかわれることがありません。 この中で注意すべきものは「 SG配合顆粒」と「 クリアミン配合錠」です。 まずこの2種類を覚えておきましょう。 どちらも頭痛薬としてよく使用されます。 クリアミンに関しては頭痛専用薬です。 SG配合顆粒は解熱鎮痛剤なので頭痛専用ということはないのですが、ほとんど頭痛にしかつかいません。 というのもピリン系って頭痛によく効くんですよね。 カロナールは「アセトアミノフェン」 ロキソニンは「ロキソプロフェン」 イブは「イブプロフェン」 ボルタレンは「ジクロフェナク」 よってこれらの薬は「非ピリン系」であり「ピリン系」にアレルギーがあっても使用することができます。 SG配合顆粒と同じ成分の市販薬はある? 頭痛にSG顆粒はよくつかわれる比較的人気の薬剤だと思います。 ロキソニンが効かなくてもSG顆粒なら効くっていう人をチラホラとみかけます。 もちろんこの逆もあります。 SG配合顆粒の販売元は塩野義製薬です。 上記の市販薬の表で塩野義製薬の商品「セデス」があります。 ちょっと比較してみましょう。 SG配合顆粒 成分・含量(1g中) イソプロピルアンチピリン:150mg アセトアミノフェン:250mg アリルイソプロピルアセチル尿素:60mg 無水カフェイン:50mg セデス・ハイG 成分・含量(1g中) イソプロピルアンチピリン:150mg アセトアミノフェン:250mg アリルイソプロピルアセチル尿素:60mg 無水カフェイン:50mg 比較してみると全く同じであることがわかりますね。 ちなみに「セデス・ハイ」は錠剤で、「セデス・ハイG」は顆粒です。 どっちも1回量の有効成分はまったく同じです。 医療用だと顆粒しか選べませんが、市販薬なら錠剤と顆粒でスキな方を選択できます。 SG顆粒についてしらべたので紹介します。 そもそもSG顆粒の前身は「セデスG」なんです。 「セデスG」は医療用でイソプロピルアンチピリン・フェナセチン・アリルイソプロピルアセチル尿素・無水カフェインを有効成分として含有してました。 このフィナセチンという成分が曲者で「習慣的に長期連用した場合の腎障害等が欧米で多数報告されました」そこで「セデスG」は販売中止してフィナセチンをアセトアミノフェンに置き換えた新商品がSG顆粒なんです。 インタビューフォームによるとSG顆粒の名称由来は「Sedative(鎮静薬)と Granules(顆粒)からの転語である。 」そうです。 SG顆粒の「S」はセデスでいいじゃんと思うのですが「Sedative(鎮静薬)」らしいです。 クリアミン配合錠と同じ市販薬 クリアミンは頭痛専用薬です。 イソプロピルアンチピリンを含有するけどメインの成分はピリン系ではなく「 エルゴタミン」という成分です。 この成分が含まれる 市販薬はありません。 他の薬剤との併用注意や禁忌がおおいのでこれと同じものは市販化されることはないとおもいます。 クリアミン錠 エルゴタミン酒石酸塩 無水カフェイン イソプロピルアンチピリン クリアミンとおなじエルゴタミン製剤には「ジヒデルゴット」っていう商品があったんだけど、これはすでに販売中止です。 もう麦角アルカロイド系の偏頭痛薬はクリアミンしかありませんが、「クリアミン」も近いうちに販売中止になるのではと噂されてますね。 アスピリンはピリン系なの? アスピリンって名前から勘違いされることがおおいけど アスピリンはピリン系ではありません。 ピリン系アレルギーの人があえて「アスピリン」を購入することはないと思うんだけど、勘違いでやっかいなのが「アスピリン」で蕁麻疹をおこして「ピリン系アレルギー」といいはるパターンですね。 あえて、それは「ピリン系アレルギー」じゃないと否定する必要もないとおもうので、そっとしておくのがいいでしょう。 「イソプロピルアンチピリン」をあえてつかわなくても他に解熱鎮痛剤は沢山ありますからね。 薬局知識を1日5分でアップデート! 薬局で働いているかぎり毎日の勉強はかかせません! 医療制度はどんどん変り、新しい医薬品はどんどん増えていきます。 でも、まとまった勉強時間ってなかなか確保できないから知識のアップデートって大変ですよね。 忙しい店舗で働いると帰りが遅いから勉強なんてできないですよね。。 なんで勉強しないといけないのか? それは、 次回の調剤報酬改定が間違いなく業界のターニングポイントなるからです。 医療保険も、介護保険も、すでに財源はパンク寸前で、このままでは破綻してしまうのはあきらかです。 制度を維持していくために、限られた財源をどう使っていくか過激な議論がとびかっています。 これから薬局業界で生きていくならしっかり情報収集して、今やるべきことを見極めていく必要があります。 たとえば、いま注目されているのは「 リフィル処方箋」です。 このリフィルを実行するための要件を「かかりつけ薬剤師」にしたいという話がでているのはご存知でしょうか? つまり、いま薬局がやっておくべきことは「かかりつけ」を増やしてフォローしていくことです。 要件に加えられてから焦っても遅いんです。 常に最新情報を収集して先を見越した対策が必要なんです。 そこで効率よく情報を収集する手段が必要なんです。 もし効率よく薬局情報を収集したいなら「 」を利用するのが1番。 「 」では薬局に関連するニュースをまとめて配信してくれています。 たとえば「新薬情報」「業界の動向」「行政のニュース」「医療従事者がおこした凶悪事件」など。 通勤時間に1日5分スマホをチェックするだけでも業界の動向がみえてくる。 利用するには登録が必要ですが、登録と利用は 無料で 1分もあればできます。

次の