ラフマニノフ ピアノ 協奏曲 第 2 番 楽譜。 「ピアノ協奏曲第2番第1楽章 / ラフマニノフ」の楽譜一覧

ラフマニノフのピアノ協奏曲を紹介するよ!【第2番はのだめや映画でも有名】|クラシックなひと時

ラフマニノフ ピアノ 協奏曲 第 2 番 楽譜

クラシック音楽の傑作中の傑作として知られるラフマニノフの「ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調」(作品18)。 作曲者自身の手による2台ピアノ用オリジナル版です。 イギリス映画「逢いびき」でBGMとして大変効果的に使用され有名になった名曲でもあります。 この楽譜はロシアのグートヘイリ社の初版本を元に校訂・編集された、ラフマニノフの演奏と作品の真価を正しく伝える楽譜です。 オリジナル版と同様、第1と第2ピアノの奏者が演奏しやすいスコア譜で書かれています。 もちろん第2ピアノのパートも作曲家自身の編曲によるものですが、この第2ピアノは元来オーケストラ部分の音響メモといった性格が強く、ピアノ曲として書き下ろされたものではありません。 この版ではより実用的に、かつオーケストラに近い響きを得るために、本楽譜の編者で作曲家の矢代秋雄氏が部分的に編曲しました。 これを切り取って実際に使用できるよう巻末に付録として添付しました。 演奏についての解説では、手の大きさや形など、ピアニストそれぞれの事情に合わせて最良の演奏ができるよう、運指や奏法の提案が複数紹介されていますので、専門家からピアノ愛好家まで広くご使用いただけるオリジナル版です。 この楽譜は約30年前迄全音が原出版社ブージー&ホークス社との契約により出版していた日本語版です。 日本の現代音楽界で重要な存在でありながら、40代半ばで急逝されました 矢代秋雄先生(19291976)による名著名版と言われているこの楽譜は当時原出版社からの解約の申し出により、多くの読者の方々から惜しまれつつ、やむを得ず絶版となりました。 2004年5月にラフマニノフ作品の著作権保護期間が解禁となり、ここに改めて再編集し復刊となりました。 長期間にわたり多くの方々に多大なご不便とご迷惑をおかけ致しましたことに深くお詫びを申し上げます。

次の

【トランペット用無料楽譜】ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番ハ短調より(From Rachmaninoff_PianoConcerto No2inC minor)Trumpet sheet music

ラフマニノフ ピアノ 協奏曲 第 2 番 楽譜

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番(2台ピアノ版):全音オンラインショップ

ラフマニノフ ピアノ 協奏曲 第 2 番 楽譜

クラシック音楽の傑作中の傑作として知られるラフマニノフの「ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調」(作品18)。 作曲者自身の手による2台ピアノ用オリジナル版です。 イギリス映画「逢いびき」でBGMとして大変効果的に使用され有名になった名曲でもあります。 この楽譜はロシアのグートヘイリ社の初版本を元に校訂・編集された、ラフマニノフの演奏と作品の真価を正しく伝える楽譜です。 オリジナル版と同様、第1と第2ピアノの奏者が演奏しやすいスコア譜で書かれています。 もちろん第2ピアノのパートも作曲家自身の編曲によるものですが、この第2ピアノは元来オーケストラ部分の音響メモといった性格が強く、ピアノ曲として書き下ろされたものではありません。 この版ではより実用的に、かつオーケストラに近い響きを得るために、本楽譜の編者で作曲家の矢代秋雄氏が部分的に編曲しました。 これを切り取って実際に使用できるよう巻末に付録として添付しました。 演奏についての解説では、手の大きさや形など、ピアニストそれぞれの事情に合わせて最良の演奏ができるよう、運指や奏法の提案が複数紹介されていますので、専門家からピアノ愛好家まで広くご使用いただけるオリジナル版です。 この楽譜は約30年前迄全音が原出版社ブージー&ホークス社との契約により出版していた日本語版です。 日本の現代音楽界で重要な存在でありながら、40代半ばで急逝されました 矢代秋雄先生(19291976)による名著名版と言われているこの楽譜は当時原出版社からの解約の申し出により、多くの読者の方々から惜しまれつつ、やむを得ず絶版となりました。 2004年5月にラフマニノフ作品の著作権保護期間が解禁となり、ここに改めて再編集し復刊となりました。 長期間にわたり多くの方々に多大なご不便とご迷惑をおかけ致しましたことに深くお詫びを申し上げます。

次の