皿 うどん ソース。 皿うどんの由来

福岡の「皿うどん」ってどんなうどん?

皿 うどん ソース

皿うどんのルーツは『炒肉絲麺 ちゃあにいしいめん 』である。 炒肉絲麺はスープがなく、今でいう焼きそばのようなものである。 『ちゃんぽん』を考案した四海樓の初代 陳平順がちゃんぽんのバリエーションとして創ったものであり、長崎名物として定着している。 一説には当時、外国からソースの輸入が盛んになるとともに国内でも盛んに生産されるようになってきた。 平順は、このソースの持ち味をベースに新しい味の料理をと考えたと言われている。 現在でも長崎の人は『皿うどん』に長崎独特のソースをかけて食している。 料理法はまず鉄鍋を煙がでるくらいに焼き、長崎の山海の幸であるイカ、エビ、蒲鉾、うちかき 小ガキ 、キクラゲ、キャベツ、豚などを細ぎりにして、ラードで手早く炒める。 少量のスープ ちゃんぽんに使うものと同じ丸鶏2~3羽と豚骨と鶏骨を3~4時間かけて炊き上げたもの を加えて風味をつける。 そこに炒めておいた麺を入れてスープが残らなくなるまでになじませて調理する。 本州方面ではまだ一般化していないが、長崎では日常的な食となっている。 また、極細の麺を油で揚げて上から同様の具にとろみをつけてかけた「炒麺 ちゃーめん 」があるが、皿うどんと混同されているようである。 名前の由来はというと、麺は椀や丼などの深い器に入れて食べるのが当り前と思われていた時代に、スープがないので浅いお皿にのせて、このちゃんぽんのバリエーションとして創られた料理が出された。 当時としては相当インパクトを与えたであろう。 つまり、「うどん」状のものが「お皿」にのってだされてきた「皿うどん」なのである。

次の

「皿うどん」にウスターソースをかける人は、ほぼ長崎市民です

皿 うどん ソース

皿うどんと言うと、多くの方はパリッパリの細い揚げ麺の上に具沢山の餡が掛けられたモノをイメージすると思います。 しかしながら元々皿うどんには太麺が使用されていたそうで、そこから 作りやすさを重視して生み出されたのが細麺なのだそうです。 長崎で皿うどんを頂く際は今でも殆どの店で細麺と太麺の両方を選ぶことができます。 この太麺と細麺は全くの別物です。 太麺の皿うどんには主にちゃんぽん麺が使われていますが、これは 皿うどんがちゃんぽんの汁を少なくした商品として生み出された背景に拠るものです。 一方細麺には専用の揚げ麺が使用されていおり、太麺の皿うどんは焼いた麺の上に餡を乗せますが、細麺の皿うどんは揚げた麺の上に餡が乗せられています。 17位にランクインした寿々屋は、 今回紹介する皿うどんのおすすめ店の中でも1、2を争うようなローカル飲食店です。 長崎の中華街から約5分程歩くと館内(かんない)というエリアと成るのですが、その館内の一角にひっそりと佇むのがこちらのお店です。 地元の人間じゃなければ見逃してしまう確率が高いかも知れません。 寿々屋のメニュー数は決して多くありません。 ちゃんぽんや皿うどんの他には、普通のうどん数種類に焼きそばと焼き飯、そして巻き寿司やいなり寿司がある程度です。 そして、それら全てが安価でしかも美味しいというのが最大の特徴なのです。 有名中華料理店の皿うどんも良いですが、ローカルのお店も是非抑えておきたいところです。

次の

『皿うどん+金蝶ソース=ベビースターもんじゃ?!その美味さに大満足。』by 大哉心乎 : 長崎ちゃんぽん・皿うどん専門店 尚

皿 うどん ソース

番組では長崎ソースとしか紹介できなかったのかな。 金蝶ソースとは、長崎生まれのウスターソースで、昭和16年発売のロングセラー。 長崎で中華料理の代表選手といえば「皿うどん」。 その皿うどんにかけるソースこそ『金蝶ソース』です。 古くから長崎の中華料理店と試行錯誤しながら作り上げてきた味は文字通り長崎生まれのウスターソースです。 醸造酢にりんご・トマト・たまねぎ・にんにくが入って、皿うどんをはじめ、焼きそば、チャーハン、揚げ物など、なんにもでも合う万能ソースです。 金蝶ソースはSNSでも話題です 【! チャーシューをつまみながら、冷たいビール。 そして、太メンな私はやっぱり太麺だね。 途中でお酢と金蝶ソースを回しがけ。 あゝ、いと旨し。 — 路庵 kitanjp 金蝶ソースうま — 東北ドジン jokyochuohsen 今夜は三鷹「グラバー亭」へ着地。 餃子でビールを飲んでから、スタンダードの皿うどんを食べる。 揚げた細麺である。 酢と金蝶ソースをかけ回して、カラシを添えてバリバリといく。

次の