シェフィールド ユナイテッド。 5分で分かるシェフィールド・ユナイテッドの戦術[攻撃編]

5分で分かるシェフィールド・ユナイテッドの戦術[攻撃編]

シェフィールド ユナイテッド

アントニー・マルシャルのハットトリックでレッズは貴重な勝ち点3をものにし、上位4チームにプレッシャーをかけた。 ここでは、この試合の注目ポイントをピックアップした。 ついにホームへ 「ファンなしのフットボールなどありえない」というサー・マット・バスビーの名言が、サポーターの写真とともに飾られたストレットフォード・エンド。 何千人ものファンによって埋め尽くされたいつものスタンドの風景と比べたらそれは奇妙ではあったが、スタンド席4面のうち3面を埋めたサポーターの写真によるモザイクは素晴らしい出来だった。 NHS 国民保険サービス)のヒーローたちを称える横断幕と、レイシズム反対のキャンペーンもともに飾られ、日が長い初夏の陽光がさしこむオールド・トラッフォードは実に美しかった。 トニーを偲んで キックオフの前には、先日他界した、1968年のヒーロー、トニー・ダンへの黙祷が捧げられた。 両チームの選手たちはセンターサークルを囲み、欧州カップ優勝に貢献したディフェンダーに、1分間の黙祷を捧げた。 今月初旬78歳でこの世を去った名レフトバックは、1960年から1973年にかけて、レッズで歴代8番目に多い535試合に出場した。 ポグバが先発 怪我で長期離脱していたポール・ポグバは、先週金曜のトッテナム戦で実戦に復帰したが、この試合では9月以来初めて先発出場を果たした。 ネマニャ・マティッチ、ブルーノ・フェルナンデスとともに中盤で力強いパフォーマンスを発揮。 シーズン初頭に負傷したポグバにとって、19-20シーズンはこれまで忍耐の時だったが、彼の復帰は、同じく怪我から回復したマーカス・ラッシュフォードともども、3つのコンペティションに参戦するレッズの終盤戦を大いに勢いづけてくれることだろう。 マルシャルが金字塔 先週のトッテナム戦ではウーゴ・ロリスにシュートを阻まれたが、この試合ではハットトリックを達成。 とりわけ1本目のシュートは、プレミアリーグ再開プロジェクト『Project Restart』での最速ゴールだっただけでなく、今シーズンのユナイテッドのゴールでも、ラッシュフォードの12月のトッテナム戦のゴールと並ぶ最速ゴールだった。 とにかく声を出せ! 無観客試合でもっとも顕著なのは、選手やコーチたちの叫ぶ声が、90分間まる聞こえということだろう。 どの選手も張り切って声を出していたが、中でも目立っていたのがハリー・マグワイア、ネマニャ・マティッチ、ポール・ポグバの3人だ。 キャプテンのマグワイアはディフェンスラインに指示を出し続け、ポグバとマティッチは攻撃のビルドアップについて声を掛け合っていた。 ポグバは、交代してベンチに引っ込んだ後も、仲間に向けて声を出し続けていた。 ハットトリック達成 この試合のスター選手は、間違いなくハットトリックを決めたマルシャルだ。 本人にとってはこれが初のハットトリック達成。 レッズとしても、ロビン・ファン・ペルシが2013年のアストン・ヴィラ戦で決めて以来だ。 ラッシュフォードとのコンビプレーから、相手GKサイモン・ムーアの頭上を抜いた3点目は見事だった。 この3点を加えてマルシャルの今シーズンのゴール数は「19」に達し、ラッシュフォードと並んでいる。 マルシャルの好調ぶりを見る限り、20本目も近々見られそうだ。

次の

5分で分かるシェフィールド・ユナイテッドの戦術[攻撃編]

シェフィールド ユナイテッド

愛称は ブレイズ(The Blades)。 イングランドの中で ユナイテッドと冠するクラブとしては現存する最古のチームである。 なお、ユナイテッドを冠する最古のチームは、現在活動しておらず、消滅している プリマス・ユナイテッドFC ()。 最大のライバルであると並ぶシェフィールドを代表するクラブチームで、ウェンズデイとの直接対決はとして盛り上がる。 概要 [編集 ] 1889年3月22日にシェフィールド・ユナイテッド・クリケット・クラブとして創設。 1895年から1925年までの30年間は、1898年に、1899年、1902年、1915年、1925年にで優勝するなど、クラブの全盛期であった。 2006-07シーズンはプレミアリーグ昇格を果たしたものの、1年で降格となっている。 2010-11シーズンには23位となり、フットボールリーグ1へ降格となってしまった。 2011-12シーズンより2季連続でチャンピオンシップへの昇格プレーオフ圏内には入ったものの、いずれも敗れてチャンピオンシップへの昇格を逃している。 2016年5月12日、解任されたナイジェル・アドキンスの後任としてが3年契約で監督に就任すると、 2016-17シーズンはクラブ記録となる勝ち点100を達成してリーグ1で優勝し、チャンピオンシップ昇格。 チャンピオンシップ復帰初年度の2017-18シーズンは10月末にアウェーでの戦に2-1で勝利して首位に浮上 するなど、大半はプレーオフ圏内に位置したが、最終的に10位でシーズンを終えた。 翌2018-19シーズンは、自動昇格圏の2位に入り、2006-07シーズン以来のプレミアリーグ復帰を果たした。 俳優のが、このクラブの熱狂的なサポーターであることで知られている(現在は役員でもある)。 ホーム・スタジアムの試合では、しばしばスタンドで観戦している彼の様子がテレビに映し出されている。 タイトル [編集 ] 国内タイトル [編集 ]• フットボールリーグ・ディヴィジョン1 旧1部 1897-98• フットボールリーグ・ディヴィジョン2 1952-53• フットボールリーグ・ディヴィジョン4 1981-82• フットボールリーグ1 2016-17• 1898-99, 1901-02, 1914-15, 1924-25 国際タイトル [編集 ] なし 過去の成績 [編集 ] シーズン ディビジョン 最多得点者 リーグ 試 勝 分 敗 得 失 点 順位 選手 得点数 1992-93 42 14 10 18 54 53 52 14位 準決勝敗退 3回戦敗退 ブライアン・ディーン 14 1993-94 FAプレミアリーグ 42 8 18 16 42 60 42 20位 3回戦敗退 2回戦敗退 ヨーステイン・フロー 9 1994-95 ディヴィジョン1 46 17 17 12 74 55 68 8位 3回戦敗退 3回戦敗退 ネイサン・ブレイク 17 1995-96 ディヴィジョン1 46 16 14 16 57 54 62 9位 4回戦敗退 2回戦敗退 ネイサン・ブレイク 12 1996-97 ディヴィジョン1 46 20 13 13 75 52 73 5位 3回戦敗退 2回戦敗退 ピョートル・カチューラ ガレス・テイラー 12 1997-98 ディヴィジョン1 46 19 17 10 69 54 74 6位 準決勝敗退 3回戦敗退 ブライアン・ディーン 11 1998-99 ディヴィジョン1 46 18 13 15 71 66 67 8位 5回戦敗退 2回戦敗退 マルセロ 16 1999-00 ディヴィジョン1 46 13 15 18 59 71 54 16位 4回戦敗退 2回戦敗退 15 2000-01 ディヴィジョン1 46 19 11 16 52 49 68 10位 3回戦敗退 3回戦敗退 ポール・デブリン デイビット・ケリー 6 2001-02 ディヴィジョン1 46 15 15 16 53 54 60 13位 4回戦敗退 2回戦敗退 カール・アサバ 7 2002-03 ディヴィジョン1 46 23 11 12 72 52 80 3位 準決勝敗退 準決勝敗退 16 2003-04 ディヴィジョン1 46 20 11 15 65 56 71 8位 準々決勝敗退 2回戦敗退 ジャック・レスター 12 2004-05 チャンピオンシップ 46 18 13 15 57 56 67 8位 5回戦敗退 3回戦敗退 アンディー・グレー 15 2005-06 チャンピオンシップ 46 26 12 8 76 46 90 2位 3回戦敗退 3回戦敗退 ニール・シッパーリー 11 2006-07 プレミアリーグ 38 10 8 20 32 55 38 18位 3回戦敗退 3回戦敗退 ロブ・フルス 8 2007-08 チャンピオンシップ 46 17 15 14 56 51 66 9位 5回戦敗退 4回戦敗退 22 2008-09 チャンピオンシップ 46 22 14 10 64 39 80 3位 5回戦敗退 3回戦敗退 12 2009-10 チャンピオンシップ 46 17 14 15 62 55 65 8位 4回戦敗退 1回戦敗退 リチャード・クレスウェル 12 2010-11 チャンピオンシップ 46 11 9 26 44 79 42 23位 3回戦敗退 1回戦敗退 9 2011-12 46 27 9 10 92 51 90 3位 4回戦敗退 2回戦敗退 29 2012-13 フットボールリーグ1 46 19 18 9 56 42 75 5位 4回戦敗退 1回戦敗退 ニック・ブラックマン 13 2013-14 フットボールリーグ1 46 18 13 15 48 46 67 7位 準決勝敗退 1回戦敗退 クリス・ポーター 7 2014-15 フットボールリーグ1 46 19 14 13 66 53 71 5位 4回戦敗退 準決勝敗退 マーク・マクナルティ 13 2015-16 フットボールリーグ1 46 18 12 16 64 59 66 11位 3回戦敗退 2回戦敗退 21 2016-17 フットボールリーグ1 46 30 10 6 92 47 100 1位 2回戦敗退 1回戦敗退 30 2017-18 チャンピオンシップ 46 20 9 17 62 55 69 10位 5回戦敗退 2回戦敗退 19 2018-19 チャンピオンシップ 46 26 11 9 78 41 89 2位 3回戦敗退 1回戦敗退 23 2019-20 プレミアリーグ 38 位 準々決勝敗退 3回戦敗退 現所属メンバー [編集 ] 2019-20シーズン フォーメーション 2020年1月31日現在 No. Pos. 選手名 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 12 15 16 No. Pos. ローン移籍選手 [編集 ] in No. Pos. 選手名 1 27 No. Pos. 選手名 29 30 out No. Pos. 選手名 11 14 20 キーン・ブライアン No. Pos. 1902-1903• キース・エドワーズ 1975-1978• 1990-1991• アラン・ケリー・ジュニア 1992-1999• 1993-1999• 1997-1998• 1997-1999• 1997-2007• 1997-1998• 1998-1999• 1998• 1999-2000• 1999, 2000-2004• 2002-2010• ブライアン・ディーン 2005-2006• 2005-2007• 2006-2008• 2006-2007• 2007-2009• 2007• 2007-2010• 2007-2009• 2008• 2008• 2008-2010• 2008• 2008-2010• 2008-2009• 2008-2010• 2010-2011• 2009-2012 脚注 [編集 ]• premierleague. com. 2019年8月22日閲覧。 sheffield. gov. 2013年10月30日時点のよりアーカイブ。 2011年10月12日閲覧。 sheffieldunited-mad. Blades Mad. 2015年11月17日時点のよりアーカイブ。 2015年11月15日閲覧。 Sheffield United F. 2016年5月12日. 2016年5月13日閲覧。 BBC Sport. 2016年5月12日. 2016年5月15日閲覧。 BBC Sport. 2017年4月8日. 2017年4月12日閲覧。 Bbc. 2019年4月26日閲覧。 Sheffield United F. 2019年7月27日閲覧。 Sheffield United 2015年6月2日. 2015年6月2日閲覧。 外部リンク [編集 ]• (英語)• (英語).

次の

【ナイフショップ シェフィールド】ユナイテッド(UNITED)

シェフィールド ユナイテッド

今年4月にシェフィールド・ユナイテッドのクラブ年間最優秀選手に選ばれたアイルランド代表DFジョン・イーガン(26歳)は、そんな冗談を交えた前置きをしてから歌い出した。 「俺たちはシェフィールド・ユナイテッドだ 巷じゃザ・ブレーズって呼ばれているんだ 俺たちにはビリー・シャープがいる ザ・レーンの英雄だ バシャムとオコネルがオーバラップする ダフィー、フレック、そしてノーウッドもいる ピンポイントパスが炸裂だ アレ、アレ、アレー」 これ以上ないほどシェフィールド・ユナイテッドの特長を簡潔に説明したチャントである。 2016年に地元出身のクリス・ワイルダー監督が就任すると、1年で3部リーグを制して、昨季は2部リーグで2位に入ってプレミア昇格を勝ち取った。 下部リーグでは、同指揮官の戦術はすこぶる好評だった。 [3-5-2]を基本形に、昨季は2部リーグで最少失点の堅守を誇った。 3バックの左右のCBがウィングバックの大外を回ってオーバーラップするのである。 その結果、昨季2部リーグでは両サイドのセンターバック(バシャム、オコネル)が2人合わせて7ゴール6アシストを記録したのだ。 今後に期待を抱かせたプレミア開幕戦 そんな下部リーグでの評判を耳にしていた人は、彼らのプレミアリーグ開幕戦を楽しみにしていたはずだ。 結果から言うと、残念ながら革新的な戦術は見てとれなかった。 だが、面白そうな試みは垣間見えた。 1-1で引き分けたボーンマスとの開幕戦は、ミラーゲームとなった影響もあり、CBが攻撃参加する機会が少なく、大外からウィングバックを追い越すシーンは見られなかった(数回あったかな、程度)。 それでも冒頭のチャントの「6行目」は印象に残った。 中盤の3枚(この試合はランドストラム、フレック、ノーウッド)の幅広いカバーリングとテクニックは、プレミアでも通用しそうだ。 他にも興味深いシーンがあった。 まずはウィングバックではなくセンターバックがスローインを投げるところだ。 おかげで数的優位を作りやすい。 さらに後半の立ち上がりという危険な時間帯に備えて、ハーフタイムの終わりに激しいウォームアップを行っていた。 それもあってか、後半開始直後にチャンスを作っていた。 どちらも彼らだけの専売特許ではないが、彼らの場合はそこに明確な意図を感じた。 そして1点ビハインドで試合終盤には、4バックに移行して同点ゴールをもぎ取った。 試合前にも工夫があったという。 ワイルダー監督は、試合の4時間ほど前に選手たちをボーンマスの町中へと散歩に連れ出した。 大半がプレミア初挑戦という選手たちの緊張をほぐしたかったのだろう。 すると、まだキックオフまで時間があるというのに、シェフィールドから300kmも離れたイングランド南岸まで応援に駆けつけていたサポーターに囲まれたという。 中にはチケットを持たずにやってきた者もおり、選手にねだっていたという。 いずれにせよ、サポーターたちは歌い出したのだ。 「アレ、アレ、アレー!」 もしかすると、シェフィールド・ユナイテッドの最大の武器は、斬新な戦術ではなく熱いサポーターたちなのかもしれない! Photo : Getty Images.

次の