ソファー 処分。 ソファーを処分したい!ソファーを処分する4つの方法をと料金を紹介

ソファを捨てるぐらいなら買い取り店で処分を

ソファー 処分

そのため3辺サイズや重さで処分費用が変動します。 スタッフ1人で持てないソファーの料金 スタッフ一人では持てないソファーで、お客様からのお手伝いをいただくことが難しい場合、状況によっては追加料金が発生します。 当社スタッフ一名の追加で、6,000円の追加料金となります。 内階段・外階段が狭い場合の料金 内階段・外階段の幅が狭いと、搬出が困難であったり危険が伴う場合がありますので、事前にお知らせください。 状況によりましては、窓からの吊り下げ作業や、2階にあるお部屋の中で家具を分解をしてから回収する場合もございます。 こうした作業には別途費用が追加されます。 またお客様のお手伝いの有無でも料金が変わります。 ソファー以外にも不用品回収がある場合 ソファー以外の不用品も、同時に回収が可能です。 事前にご相談ください。 少量の場合は、こちらのをご参考ください。 多数ある場合はプランが便利です。 ソファーの回収料金の相場 折りたたみソファー 5,000〜6,000円 座椅子ソファー 1,500〜2,000円 一人がけソファー 3,000〜5,000円 2人がけソファー 6,000〜8,000円 3人がけソファー 8,000〜10,000円 ソファーベッド 8,000〜10,000円 ソファー回収のよくある質問 ソファーの買取は可能ですか? パワーセラーでは、3つの無料見積もりの方法をご用意しています。 なおご提示させていただく「見積り金額」は、消費税を含めた確定後の金額になります。 お品物が増えない限り、当日現地での追加料金をいただく事はございませんのでご安心ください。 お電話でのお見積り お電話によるお見積りが可能です。 その際に、ソファーの長さをできる限りお教えください。 訪問でのお見積り 回収のソファーが大量にある場合は、実際に現地へ訪問させていただき、見積金額をお伝えします。 地域にかかわらず無料ですので、お気軽にご依頼ください。 メールでのお見積り 処分されるソファーの品目や個数をお知らせいただければ、金額をお伝えします。 その際に、ソファーの長さをできる限りお教えください。 ご提案させていただいた作業内容や料金にご納得いただけましたら、ご契約・作業日を決定させていただきます。 ご指定いただいた作業日時に当社スタッフがお伺いいたします。 当日はお客様がご満足、ご納得いただけるよう、迅速・丁寧・安全に作業を行います。 作業が終わりましたら、お客様に最終チェックをしていただきます。 ご納得いただけましたら作業は終了し、お支払いとなります。 ソファー回収の対象エリア エリア外のお客様でも内容や時期、当社のルート次第ではお伺いが可能な場合もございます。 ぜひ一度、お気軽にご相談ください!.

次の

ソファー処分!引き取り費用相場や無料で処分する方法

ソファー 処分

自治体に粗大ごみとして出す まずはソファーの処分法として最初に思いつく、自治体の粗大ごみとして出す方法をご紹介します。 住んでいる自治体により分別の仕方が違い、同じソファーでも一人がけ、二人がけなど大きさによって費用も変わってくるので、市のホームページなどでよく確認することが必要です。 粗大ごみを出す流れ 住んでいる市や区の粗大ごみ受付センターへ電話をすれば処分にかかる費用を品目ごとに教えてくれます。 各自治体のホームページで「粗大ごみの出し方」のページを見れば、簡単に手数料がわかりますので事前に調べておきます。 かかる費用を確認したら、市役所や指定のスーパー、コンビニなどで手数料を払って粗大ごみ申し込み券(シール)を購入します。 あとは、粗大ごみ収集日にソファーに貼って出すだけです。 収集場所については、決まったところがある場合もありますし、もし自宅がごみ収集車の入れないような細い路地や場所などにあったとしても、市役所等に相談すれば対応してくれるので、簡単に利用することができます。 粗大ごみとして出すメリット 自治体に粗大ごみとして出すメリットは、わかりやすさと安心感ではないでしょうか。 粗大ゴミの引き取り業者などに依頼をすると、費用が会社によって異なりますが、自治体に出す場合は予め明示されているため、とても安心です。 さらに、引き取り業者によっては収集時に立ち合いが必要な場合もありますが、自治体の場合は通常、決められた日に粗大ごみを出しさえすれば自治体にもよりますが、立ち会いなしで収集してくれるので、忙しい方にも向いています。 自治体によっては自分で指定の清掃工場に 粗大ごみを持ち込むことができる場合もあります。 運賃分、費用が安くなることが多いため、自家用車などでソファー運搬が可能なときはその方法を利用するのもいいです。 粗大ごみとして出すデメリット 粗大ごみを出すには、処分費用がかかります。 市役所やスーパー、コンビニなどで粗大ごみ申し込み券(シール)を購入する必要があるので、時間のない方には少し面倒かもしれません。 また、申し込み時に収集日も決めなければならないほか、指定された収集日まで待たなくてはいけないため、思い立ってすぐにソファーを処分、というわけにはいきません。 戸建住宅の場合は敷地内や門の近く、集合住宅の場合は決められた集積場所などに、自分で運んでいかなければならないため、大きくて重いソファーを出すのは女性や高齢者には大変です。 自治体に粗大ごみとして出す場合、これらのデメリットも知ったうえで、検討することをおすすめします。 各自治体のソファー処分費用の例 参考までに、各自治体でソファーの処分にかかる費用を、いくつかの地域を例に挙げてご紹介します。 東京都新宿区の場合 新宿区では、ソファーを処分するには大きさや種類によって800円~2800円と金額が異なり、その分の粗大ごみ処理券を購入しなければなりません。 粗大ごみ処理券にはA券(200円)とB券(300円)の2種類があり、処分にかかる費用分を、組み合わせて購入する必要があります。 品目 料金 一人がけ用ソファー(一人がけ用の応接用椅子を含む) 800円 二人がけ用ソファー(二人がけ用の応接用椅子を含む) 1200円 三人がけ用ソファー(三人がけ用の応接用椅子を含む) 2000円 電動リクライニングつきの一人がけ用ソファー 2000円 電動リクライニングつきの二人がけ用ソファー 2800円 ソファーベッド 2000円 東京都江戸川区の場合 江戸川区でも新宿区同様、大きさや種類によって400円~1200円と金額が異なり、粗大ごみ処理券A(200円)、粗大ごみ処理券B(300円)を組み合わせて購入する必要があります。 品目 料金 一人がけ用ソファー 400円 二人がけ用ソファー(二人がけ用以上も含む) 1200円 ソファーベッド 1200円 ソファー兼用型のシングルベッドマット 800円 ソファー兼用型のダブル、セミダブルベッドマット 1200円 ソファー以外のオットマン、スツール、ベビーチェアーなどのいす 400円 大阪府大阪市の場合 大阪市でも、大きさや種類によって700円~1000円とかかる金額が異なります。 手数料券は回収料金に合わせた4種類があるので組み合わせて購入する必要はありません。 品目 料金 一人がけ用ソファー 700円 二人がけ用ソファー(二人がけ用以上も含む) 1000円 京都府京都市の場合 京都市でも、大きさや種類によって400円~2000円とかかる金額が異なります。 粗大ごみ処理手数料券は400円の1種類のみなので、処分費用に合わせて複数枚購入する必要があります。 一人がけ用ソファー 800円 二人がけ用ソファー 1200円 三人がけ用ソファー 1600円 2人以上のもので、ウレタン製またはスポンジ製のものに限る。 ただし、応接用のものを除くいす 800円 1人用のもの。 ただし,応接用のものを除くいす 400円 ソファーベッド 2000円 このように、各自治体でソファーの大きさや種類、素材などによって処分にかかる費用が違うこと、また、かかる費用に差があります。 ソファーを自治体に粗大ごみとして出す場合は、自分で事前にサイズを測り、種類を確認するなどしておく必要があります。 買取してもらうメリット リサイクルショップにソファーの引き取りを依頼するメリットは、処分費用がかからないことです。 また、ごみにならないので、エコな処分方法ともいえます。 さらにソファーの状態によっては買取可能な場合もあります。 またリサイクルショップで引き取りを依頼するには、店頭持ち込みのほか、宅配買取や出張買取などいろいろな方法が選べます。 無料で宅配を受け付けてくれるリサイクルショップが多いため、家まで宅配業者が集荷に来てくれて、重いソファーを自分で運ぶ必要もありません。 出張買取は、自宅にリサイクルショップのスタッフが来て、その場で査定してくれるので、すぐに買取料金を受け取ることができます。 買取してもらうデメリット 依頼するリサイクルショップによって査定額に差が出てくるというデメリットがあります。 また、状態の悪いソファや買取価格の付かないものは、買取ることができないということも把握しておく必要があります。 次に、上記のようなデメリットを解決するサービスをご紹介したいと思います。 一括査定で買取価格を比較 おいくらは、売りたいものの情報を入力するだけで買取価格が簡単に比較できるサイトです。 最大で20社に一括査定を依頼できるので、より良い条件、高価買取してくれるショップをすぐに見つけることができます。 全国1400以上のショップが登録されていて、リサイクルショップから質屋まで幅広い業種のショップを探すこともできます。 出張買取も行っているので、大型家具や家電の売却を検討中の方は、ぜひおいくらの一括査定をお試しください。 回収業者に引き取ってもらう ソファーの数が多いときや、リサイクルショップでは引き取ってもらえないような古くて壊れてしまったソファーでも、粗大ごみ回収業者になら気軽に処分を頼むことができます。 関東近辺の処分相場としては以下のような料金設定をしている回収業者が多いようです。 回収業者 料金 回収業者A ソファー1点あたり6,000円~11,000円 回収業者B ソファー1点あたり6,000円~12,000円 1人掛け・2人掛けなどソファーの大きさや地域によって料金は変わってきますので、いくつかの業者に見積もりを取ってからサービスを利用するのがおすすめです。 きれいなソファーの場合には「買取」「無料回収」「料金の一部減額」などで臨機応変に対応してくれる回収業者もあるので、事前に一度確認してみるのもおすすめです。 回収業者のメリット 粗大ごみ回収業者にお願いするメリットとして、自分の都合の良い日時を指定して、ソファーを引き取ってもらえることが挙げられます。 タイミングによっては即日回収してもらえる場合もあるので、スピーディーにソファーを処分したいときには最適です。 特に、引っ越しの際など、部屋に荷物が大量にあるときなどは大変助かります。 また、ソファーの運搬も回収業者がすべて行ってくれるので、自分で運ぶ必要がありません。 面倒なことは全部回収業者が引き受けてくれるため、主婦や高齢者にもおすすめです。 回収業者のデメリット ソファーを収集するときには立ち合いが必要なので、自治体に出すときのように収集日に決められた場所に出せばよい、というわけではありません。 仕事などで忙しい方も回収業者に事前に連絡をして立ち合い可能な日時を決めなければいけません。 また、回収業者によって作業の丁寧さやスタッフの応対の仕方、質の差があるため、選んだ業者によっては期待したサービスを受けられない可能性があります。 回収費用についても、それぞれの業者で違いが出てくるため、事前にホームページや電話などで詳細を確認しておく必要があります。 回収業者への一括比較・見積もりが便利 ソファーを含めた家具類の処分に回収業者を利用する際に重要なのは、費用をしっかり比較検討することです。 かたづけ業者の一括見積サイトなら一度の依頼で複数社から処分費用の相場をもらうことが可能です。 よくわからず一社に頼んでしまう前にまずは利用してみることをおすすめします。 明確な料金体系で安心 エコピット エコピットは関東地域 東京・神奈川・千葉・埼玉 に特化した不用品回収サービスです。 定額パックを用意しわかりやすい料金体系で安心度が高く、ベッドやタンス、ソファといった大型家具から生活家電、自転車、健康器具などの回収にも対応しています。 パック料金には搬出作業や出張費、スタッフ追加 2名まで 料金等がすべて入っているため後から請求金額が高くなるといったことがありません。 ご自身のニーズにあったパックを選んで安くお得に不用品を処分できるためおすすめです。 即日回収にも対応しています。 リユースのメリット そもそもリユースとは言葉通り、再利用することです。 各自治体でリユースを行っている施設を紹介している場合が多いので、インターネットで調べたり、自治体に確認したりして出すことをおすすめします。 メリットとしては、粗大ごみは処理するコストがかかるが、リユースサービスを利用する場合は コストがかからないことです。 しかし、リユースといってもどうしたらいいかピンと来ない方も多いのではないでしょうか。 いくつかの自治体を例にご紹介します。 愛知県豊田市の場合 粗大ごみの再生施設「」があります。 家庭から粗大ごみとして出された再使用が可能な家具などを、清掃または補修して、リユース(再使用)家具として展示し、入札方式で販売しています。 NPO法人の場合 などリユース家具の展示や販売を行っているところがあります。 使い捨て生活の見直しや、ごみの減量を目指して簡単な修理・清掃をしたうえで、格安に販売していることが多いです。 リユース施設やサービスを利用する場合、ソファーの引き取り申し込みをすると手数料がかかりますが、家まで収集に来てくれることもあります。 リユースのデメリット リユースのデメリットは、たいていの場合、該当施設まで自分で持ち込まなければならないので、ソファーのような大型のものや重いものは車を持たない人には利用しにくいことです。 また、家まで収集に来てもらう場合は手数料がかかってしまいます。 さらにリサイクルショップなどと違い、どんなに状態のいいソファーを持ち込んでも、その代金が支払われることはありません。 まとめ ソファーの処分について、4通りの処分方法を説明しました。 自治体に粗大ごみとして出す方法のほか、粗大ごみの引き取り業者やリサイクルショップ、リユースにソファーを出すことで、ごみにしない、地球に優しいエコな処分方法も紹介しています。 自分に合った、負担にならない処分方法を見つけましょう。 ソファーの処分の仕方について迷ったとき、困ったときの参考になれば幸いです。

次の

ソファーの処分方法5つと処分費用相場を徹底解説

ソファー 処分

ソファーを処分する方法とは? ソファーは基本的に 大きなごみに分類されるため、家庭ごみを出すようにごみ袋に入れて捨てればいいというわけではない。 また、いらなくなったから 処分だけするのか、 買い替えをするために処分をしたいのかなどでも処分方法は異なってくる。 では、実際にソファーを処分しようとしたら、どのような方法があるのだろうか。 下記では いくつかの処分方法を紹介していくので、自分に合った方法で処分をしよう。 買い替えをするのであれば購入店が引き取ってくれるかも 単にソファーを処分するのではなく、新しいソファーに買い替えるために今使っているものを処分したいのであれば、少し方法が異なってくる。 買い替えの場合は、 新しいソファーを購入するお店で不要になったソファーを引き取ってもらうことができるかもしれない。 引き取り可能かはお店ごとに異なるので断定はできないが、サービスの一環として取り入れているところは多い。 しかし、引き取りは無料ではないこともあるため、いくらくらいの 費用がかかるのかも確認しておくことが大切だ。 約2,000円程度で引き取ってくれるお店が多いようだ。 購入店に引き取ってもらう方法は 家からの搬出もしてもらえるので、大きくて重いソファーの処分方法としては最適と言えるかもしれない。 引越しでソファーが不要になったら業者に引き取ってもらう 引越しをすることになりソファーを処分したい場合などは、 引っ越し業者に相談してみることをおススメする。 引越し業者では、 不要なものを引き取ってくれるサービスを提供しているところもある。 しかし、こちらも 費用がかかってくる。 ソファー以外にも不要なものがあるのであれば、 すべて引き取り搬出もしてくれるので、その点は使い勝手がいいといえるだろう。 費用 粗大ごみとしてソファーを出す際、1人掛け、2人掛け、3人掛け用といった 大きさで費用を分類している自治体もある。 費用は比較的安く設定されており、1人掛け用のソファーであれば 数百円で処分できる。 2人掛け用ソファーでも 2,000円未満になっており、 少しでも費用を押さえたい人にはおススメの方法だ。 自分で搬出しなくてはならない しかし、一番の難点は 家の前まで運び出さなければならないことだ。 粗大ごみの場合は、 自力でソファーを家の外まで出して指定された場所まで持っていかなければならない。 そのため、女性や一人暮らしの方は実践するのが難しいかもしれない。 友達や家族に協力してもらえるのであればいいが、1人で運び出さなければならない場合は一度よく考えた方がいいだろう。 申し込みが必要 また、粗大ごみとして出すのであれば 事前の申し込みも必要になるので注意しよう。 さらに、 粗大ごみ用シールを購入してソファーに貼らなければならない。 処分まで 数週間かかる場合もあるので、費用や出す場所、日時については自治体に問い合わせてもらいたい。 粗大ごみ回収業者に依頼する また、 粗大ごみ回収業者というところに依頼することで、ソファーを処分することもできる。 すぐに回収に来てくれる このような業者は、連絡すれば大抵は その日のうち、もしくは 2,3日のうちに回収しに来てくれるので、 急いでいる人にはおススメの方法になる。 さらに、家の中からソファーを運び出してくれるので、自分では運び出せない人やマンションなどで運び出しが難しいケースでも安心だ。 費用がかかるので注意 しかし、このような手厚いサービスを受けられるということは、その分 費用もかかってくることになる。 お金に比重を置くのではなく、 手間がかからないことに比重を置いているのであれば、活用しやすい処分方法になっている。 処分を検討している人の中では、どうしても費用を押さえたい人もいることだろう。 費用をかけずに処分する方法はないのだろうか。 友人に譲る どうしても費用を押さえたいのであれば、 人に譲る方法がおススメだ。 特に仲の良い友達や家族に譲るといいだろう。 面識のある人に譲るのであれば、運搬も手伝ってくれる可能性が高いので、 運送料などもかからなくなる。 しかし、マンションに住んでいると、部屋から運び出せても階段で詰まってしまって結局運び出せないということもあり得る。 そのため、譲ることを伝える前に ソファーを持ち出せるか確認しておいた方がいいだろう。 買い取ってもらって処分するのもあり 近年では フリマアプリなども登場し、手軽に不用品を売り出すことができるようになった。 ペットボトルのキャップですら売れるのだから、ソファーも販売が可能だ。 しかし、ソファーの場合は、一般人に買い取ってもらう方法を取ると結局 運び出しの問題に直面する。 そのため、 買取業者に買い取ってもらう方法がいいだろう。 下記でおすすめの業者を紹介しよう。 家具 the DAYS FOCUSは家具や家電の出張買取業者。 東京や関東で主にブランド家具やデザイナーズ家具などを買取しているが、再販できるものであれば ノーブランドでも買取可能だ。 同社は独自の販売ルートを確保しているので、引き取ったものを店舗に抱えずに再販できているため、経費を削減でき、その分 買取額に還元しているので高価買取が期待できるおすすめ買取店だ。 少しでもソファーを高く売るコツ ソファーは買い取ってもらえるものだが、少しの差で査定額が異なってくるときがある。 せっかく売るのであれば、1円でも高く買い取ってもらいたいもの。 そこで、下記では ソファーを少しでも高く売るコツを紹介する。 製造されてからまだ新しい物 ソファーに限らず、 新しい物は比較的高く買い取ってもらえる。 そのため、 製造されてからどれくらいの年月が経っているか、査定前に確認しておくといいだろう。 10年以上経っていると 買取NGになる可能性もあり、重要なポイントになってくる。 業者によっては 製造年数の上限を設けているところもあるので、注意書きにも目を通しておいた方がいいだろう。 傷や汚れがない ソファーは使用する頻度が高く、長く座っていることも多いため、 傷や 汚れができてしまっている場合もある。 そのような汚れがあると、中古品として売れにくいので買取価格も低くなってしまう。 少しでも高く買い取ってもらいたいのであれば、 綺麗な状態を保つことを心がけよう。 買取前には徹底的に 掃除をして、見た目を良くしておくことも大切だ。 人気のブランド ソファーの中でも、 人気のブランドがある。 人気のものは、通常よりも 高額で買い取られる傾向が高い。 少し奮発して購入したソファーあれば、もしかしたらいい値を付けてもらえるかもしれないので、まずは 査定に出すことをおススメする。 ブランド物のソファーの場合、 いくつかの業者に見積もってもらう方法も有効である。 オークションに出品してみる 業者ではなくても 買取り手を見つける方法はある。 それが オークションに出品する方法だ。 オークションであれば、自分で 希望価格を設定できる。 しかし落札者が現れない可能性もあるので、 急ぎの人には不向きだろう。 まとめ ソファーを処分する際は、買い替えか、処分だけなのかで選べる方法が異なっている。 買い替えであれば、 新しく購入するお店で処分をお願いできる場合もある。 処分だけの場合は、 粗大ごみに出す方法が一般的。 どうしても処分費用を抑えたいのであれば、 友人に譲ったり、業者に買い取ってもらうと良いだろう。 ブランド品や状態が綺麗で、且つ製造年からそれほど年月が経っていないソファーであれば高く買い取ってもらえる可能性が高いので、一度 査定に出してみるのがおすすめだ。 なお、どのような処分方法を選ぶにしても、 ソファーの大きさや重さ、製造年は事前に確認しておこう。

次の