コールセンター 正社員募集。 Teleperformance Japan株式会社

事業所限定職正社員とは|コールセンター求人/バイトならエボジョブ【KDDIエボルバ】

コールセンター 正社員募集

社員登用制度とは、アルバイトや契約社員などの雇用形態から始め、後々に正社員へと転換できる制度のことを指します。 多くのコールセンターでは社員登用制度を設けています。 また、実際に契約社員やアルバイトから社員に昇格した人は多いです。 そのため社員登用制度は、正社員としての働き口を求める人にとって、希望であり目標の一つになっています。 私も契約社員から始め、3年ほどかかりましたが社員になった人間の一人です。 このページでは、これからコールセンターで社員になることに興味がある人に向けて• コールセンターで契約社員(またはアルバイト)から社員になるまでの道のり• 社員登用制度があるコールセンター求人の探し方 の2点を紹介します。 正社員募集と社員登用制度の違い 求人広告を見ていると社員登用制度の他に"正社員募集"の文字も稀に見かけます。 ただ、コールセンターにおける正社員募集は、未経験者や他業種の方を募集している傾向が少ないです。 どちらかと言えば、これまでに他のコールセンターで、管理者などの立場をすでに経験している方に限られているパターンが殆どです。 そのため、コールセンター未経験の方が社員を目指すのであれば、やはり社員登用制度のあるコールセンターで、最初は契約社員ないしはアルバイトとして働き始めるのが定石と言えます。 契約社員(アルバイト)から正社員になるまでの流れ コールセンターによって若干の違いはありますが、私自身が経験した契約社員から正社員までの流れは以下の通りです。 契約社員として入社(10ヶ月間くらい一オペレーターとして勤務)• 新人の研修、OJTを担当(半年間くらい)• リーダーになる(1年半くらい)• SV(スーパーバイザー)<正社員>になる 合計2年10ヶ月間で契約社員から正社員になりました。 契約社員から正社員になった人を他にも見てきましたが、大体3年前後で社員になる人が多かった印象です。 以下で、私が段階を踏んで正社員になるまでに意識していたことや、各立場での仕事内容も紹介していきます。 オペレーターとしての勤務(10ヶ月間) 最初は一介のオペレーターとして勤務を始め、毎日受電を続けていました。 この時、いつも意識していたのが「なるべくリーダーやSVの手を煩わせない」ということです。 どういう事かと言うと、オペレーターが何かわからないことがあった時、手を挙げたら、近くにいるリーダーやSVが駆け寄って質問に対する回答をくれます(エスカレーションという)。 クレームや苦情の電話は、オペレーターでは解決できないことが多いので、基本的にエスカレーションするのですが、中には自分で調べたらわかることなのにエスカレーションするオペレーターも多々います。 「これって何でしたっけ?」「これどうやるんでしたっけ?」など、オペレーターになったばかりの新人ならいざ知らず、勤務し始めて半年以上経つ人の中にも、マニュアルを見たらわかる内容のことでエスカレーションする人がいます。 チームリーダーやSVは、自分達の仕事をこなしながらエスカレーションに対応するので大変です。 こうした光景を見ていて大変そうだなと思い、私は極力エスカレーションせずに、自分でできることは自分でやろうと意識するようになりました。 その結果、ミスやエスカレーションの回数が殆どなかったため、チームリーダーやSVから徐々に評価されるようになりました。 新人の研修、OJTを担当(半年間くらい) 研修やOJT担当は、正直楽な仕事です。 研修に関しては、殆どマニュアルを読むだけです。 OJT担当はオペレーターの横について、一緒にお客様の音声を聞きながら、新人が困った時に助ける役目でした。 研修やOJTの内容については、以下の記事を読むとわかりやすいと思います。 研修やOJTを担当している間は受電に回らなくて良いので楽な反面、教えている新人の中に理解が遅い人がいると不安に感じることもありました。 ただ、教え方で迷った時はチームリーダーやSVに相談できたので、大抵の問題は解決できます。 この辺りまでは責任も大きくないので、まだまだアルバイト気分で働けます。 リーダー(1年半くらい) リーダーはややハードな仕事です。 この時期が一番辛かったです。 リーダーの仕事は、オペレーターがパソコンに入力した対話内容にミスがないかの確認や、オペレーターのエスカレーションへの対応など、オペレーター達を包括して支えます。 忙しい時以外は受電に回らなくて良いのは楽でしたが、ストレスを抱えることも多かったです。 例えば、上で述べたように「調べたらわかること」をエスカレーションするオペレーターに対応したり、またオペレーターのミスで発展したクレームを引き受けて、お客様に謝罪の電話をすることもありました。 リーダーは一番ストレスを抱えやすく、リーダーになって辞めて行く人も多かったです。 他のリーダーと一緒に仕事の愚痴を話したり、飲みにいったりしている時が唯一の気休めになっていました。 コールセンターで社員を目指す人は、リーダーの期間を根気よく乗り越えられるかが重要になるでしょう。 SV(スーパーバイザー)になる<正社員> SVはセンター全体の入電率や応答率を管理する管理職です。 パソコン画面に映る現在の入電数やオペレーターの数を確認したり、また過去の入電数からオペーレーターの必要数などを算定します。 正社員なので非常にやりがいを感じますし、また家族に社員になったことを報告できて嬉しかったですね。 ただ、正社員になるのは狭き門でもあります。 大規模なコールセンター(オペレーター数50人程度)でも、SVは常時4〜5人くらいしかいません。 そのくらいリーダーの時に辞める人が多いですし、そもそもSVの人数もそこまで必要とされていません。 そのため、リーダーの中でも特に優秀だと判断された人がSVになれます。 確かに狭き門ではありますが、根気強く続けていれば正社員になるのはそう難しくありません。 クレームやオペレーターの尻拭いが多いリーダーの時期を乗り越えられるかどうかが鍵です。 SVの方が正直言って仕事は楽です。 リーダーの期間は1年半くらい(早い人だと1年くらいで正社員になる)なので大変ではありますが、人生全体で見ればたかだか1年半です。 SVになれば、その後ずっとリーダーより楽なので(もちろん責任が大きくなったりと大変な面もありますがストレスは確実に少ない)、正社員を狙ってみる価値は十分にありますよ。 社員登用があるコールセンター求人 社員登用制度があるコールセンターは、求人広告に"社員登用制度有り"と記載していることが多いです。 ただ、社員登用制度有りの求人広告は、求人広告サイトによって多い少ないがマチマチです。 探すなら、社員登用制度有りの求人広告を多く取り扱っている求人サイトで検索をかけてみるのが一番です。 社員登用制度を設けているコールセンターの求人が一番多いサイトならバイトルNEXTがおすすめです。 コールセンターの求人広告が多く、ジャパネットやイケアなどといった大手で社員登用有りの会社が満載です。 また、各求人広告には「正」や「契」といったマークがついていて、正社員登用制度ありなのか、もしくは契約社員のみの募集なのかが一目でわかります。 検索の際は、都道府県を選択して「フリーワード」の中に「コールセンター」と入力したら、求人広告が出てきます。 社員登用制度有りの求人を探している人は、是非一度試してみてはいかがでしょうか。 希望の求人が見つからない場合にはアルバイトEXでも検索をかけてみると良いと思います。 アルバイトEXは、バイトルNEXTほどに社員登用制度有りの求人は多くはありませんが、コールセンター自体の求人はとてつもなく多いです。 もし気になった広告があれば、社員登用制度を設けているかを一度電話で問い合わせてみるのも良いかもしれません。 広告には載せていないだけで、実は社員登用制度を設けている可能性も十分に考えられます。

次の

コールセンターの正社員になる!正社員のメリットや2つの就職方法|コールセンター求人/バイトならエボジョブ【KDDIエボルバ】

コールセンター 正社員募集

コールセンターの業務は大きく受信と発信に分かれます。 発信は電話調査やテレアポなどが代表的な業務です。 いづれの業務も未経験からのスタートが可能です!取り扱う商材の専門性を高めていけば、時給がドンドン上がりますよ! コールセンター受信業務のお仕事内容• カスタマーサポート お客様からの様々なお問い合わせを総合的に受け付ける窓口です。 お客様の要件に対応し、自身で情報提供したり、専門のオペレーターへ転送するなどして、お客様のトラブルや疑問を解決します。 こんな業界の商品を扱います メーカー、サービス事業者、保険会社、カード会社など• 通販受注 テレビショッピング、ラジオ、インターネットや新聞、雑誌、折込広告などで紹介・掲載された商品、サービス、チケット等のオーダーの受注を担当します。 こんな業界の商品を扱います 化粧品、健康食品、一般食品、 家電などのメーカー、販売会社、 通販会社、保険会社、 ネット通販受注• テクニカルサポート パソコンや携帯電話、電化製品、ソフトウェアなどの設定、操作方法、トラブルに関するテクニカルなお問い合わせに対し、適切な不具合の対処や復旧方法など提案し問題を解決する業務です。 こんな業界の商品を扱います パソコン、ソフトウェア、 携帯電話、電化製品、 インターネット接続など コールセンター求人の時給は事務職よりも高く設定されていることが多く、多くの収入を得たいという方にお勧めです。 また、週4日~5日程度(シフト制)、安定的に働ける方を募集しているコールセンターが多いため、労働時間と収入の見合いで判断する必要があるでしょう。 また、コールセンターでは未経験の方も積極的に採用を行っていますので安心下さい。 1ヶ月~2ヶ月ほどしっかり研修を受けた後に現場配属となりますので、電話対応のやり方や専門知識を身に付けることができます。 コールセンターの業務は、そのコールセンターがどのような商材やサービスを取り扱っているかにも寄りますが、電話対応数が極めて多い期間があったり、クレーム処理をしなければならなかったりということから、精神的にきつく激務に感じる方もいらっしゃいます。 そのため、コミュニケーション能力やストレス耐性が求められる仕事ですが、しっかりと研修を受けることや、現場の先輩・マネジャーに相談することで解決できるでしょう。 コールセンター求人には様々なお客様からお問い合わせが寄せられますので、クレームが全く無いということは基本的にありません。 また、オペレーターの対応の仕方1つで、クレームに発展する場合とそうでない場合がありますので、オペレーターの力量に寄る部分もあります。 オペレーターの経験をしっかりと積めば、クレームを受ける頻度も減ってきますので、まずチャレンジしてみることをお勧めします。 コールセンターのクレーム対応のコツとしてはまずはお客様を落ち着かせる事。 感謝の気持ちを伝えたり、誠意を込めて謝罪をしたり…と効果的な方法は多くありますが、中でも効果的なのが「おっしゃる通りです」と相手の気持ちを理解している事を伝えること。 これを駆使すれば、クレームも怖くありませんよ! 特にコールセンターのオペレーター業務に慣れていないときに、クレームを受けてしまった場合の対処法としては、一人で解決しようとしないということが大切です。 職場には上司や先輩スタッフがたくさん居ますので、自分一人で解決できないなと感じたら、周りに相談して電話を替わってもらうと良いでしょう。 発信の求人はノルマをクリアすることが大変だったり、お客様にガチャ切りされてしまったりと、体力的・精神的につらいと感じられる方もいらっしゃいます。 一方で、コールセンター求人の受信のバイトよりも高い時給が設定されていたり自身の成果を感じやすかったりと、テレアポならではのメリットも存在しますので、メリット・デメリットを総合的に判断することが大切です。 受信の求人なら、ノルマやあしらわれるような対応はありませんが大変なことは存在します。 千差万別なお客様のご質問に対応できる豊富な知識が必要であることや、時にはクレーム対応をしなければならないことなど、受信のバイトも決して楽なものではありません。 大切なことは、コールセンター求人の業務内容が、自分の強みや実現したいこととマッチしているかどうかですので、この点に配慮してお仕事を探されることをお勧めします。 コールセンター求人では女性のみが働いているイメージが強いですが、実際は多くの男性もコールセンターで働いており、男女比が半々か、もしくは男性の方が多いコールセンター求人も少なくありません。 特に、IT系や機械・電機系のテクニカルサポートには、元メーカー社員の方や元エンジニアの方が転職する先として人気があります。 また、テクニカルサポートのバイトとして経験を積み、後に正社員を目指すことは可能です。 バイトとして働くにあたっては、専門的な知識や資格を求められることはほとんどありませんので、自身の興味のある分野や商品を取り扱うコールセンター求人を選ぶと良いでしょう。 また、コールセンター会社の中には、社内制度としてスキルアップやキャリアアップを積極的に支援する会社もありますので、求人情報を探す際や面接の際に確認しておくと良いでしょう。 短大を卒業してからはフリーターとして、学生時代から続けていたアルバイト先の居酒屋で働いていた私。 店員みんなでお客様を盛り上げるあの感覚がたまらなく好きでした。 特に将来の事は考えず、その時の楽しさを優先しながらバイトに明け暮れていたのですが、気づいたら27歳。 「いい加減、将来の事も考えて仕事しなくちゃいけない年なんだな…」って痛感して、社会人を目指して仕事を探す事に。 でも、同世代の子達のように、社会人としてのマナーがしっかりしている訳でもないし、パソコンのスキルがある訳でもない。 私、本当に社会人になれるのかな?と不安を抱えながら事務や営業の面接を受けてみたのですが、思った通りに全滅…。 そこで、ある派遣会社さんから「コールセンターなら、裕美さんのアルバイト経験が活きますよ。 」とアドバイスを頂いたんです。 コールセンターだから磨けた、ビジネスマナーとPCスキル。 コールセンターの仕事がどんなものか全然想像がつかなかったのですが、まずは社会人としての経験を積まないとスタート地点にも立てないと思ってコールセンターのお仕事を始めました。 最初はコールセンターの商品知識から敬語の使い方まで…本当に覚える事が多くてコールセンターの仕事を辞めようかと何度か思いました 笑。 でも、こんな社会人経験が全くない私のペースにしっかり合わせてくれる研修、11人の頼れる同期のおかげで少しづつコールセンター業務を理解することができたんです。 今、コールセンター求人のお仕事を始めて4か月目。 まだまだ初心者ですが、何よりも嬉しかったのがコールセンターの仕事を通じてキレイな敬語がスムーズに出るようになったことです。 友達や親にも「裕美、なんか大人っぽくなったよね」と言われるようになり、これで私も年相応な社会人に近づけたかなって感じています。 また、コールセンターの仕事中でお客様の登録情報をパソコンに入力する作業もあるので、ブラインドタッチも昔に比べたら格段にスピードが上がりました! 私はフリーターとしての時間が長く、就職活動で大変苦労していたのですが、コールセンター求人のお仕事を通じて、着実に社会人としてのマナーやスキルを磨く事ができました。 そして、近い将来「正社員として働けるよう、リベンジしたいな!」と思っています。 当サイトについて 「コールセンター求人ナビ」はコールセンターで働く求人情報サイトです。 全国各地のコールセンター求人を掲載しており、大手企業をはじめとした駅チカの求人や、高時給・未経験OK・経験者歓迎のコールセンターお仕事情報を紹介しています。 また働き方や様々な条件をこだわる方のために、勤務地・職種・路線、給与、働き方・雇用形態・職場環境・スキルといった条件で求人情報を検索することが可能です。 また求人情報と合わせて読みたいコールセンターのお仕事体験談やQ&A、コールセンターのお仕事にまつわるコラムといった様々なコンテンツをご用意しております。 コールセンターの経験がなくともこれから働きたいとお考えの未経験者のための情報も満載です。 高待遇・高収入のコールセンター求人をお探しなら、まずは「コールセンター求人ナビ」をご利用下さい。

次の

事業所限定職正社員とは|コールセンター求人/バイトならエボジョブ【KDDIエボルバ】

コールセンター 正社員募集

コールセンターとは、消費者からの問い合わせ等に、電話応対するスタッフを集めた施設のことです。 マイクをつけたオペレーターが、注文受付・問い合わせ、クレーム対応を行なう姿を、TVで見たことがあるかもしれません。 言ってみれば、企業の代表として消費者と直接コミュニケーションを行なう重要な窓口。 そんなコールセンターで、正社員として働きたい!と考える方に向けて、「応募時にアピールすべきポイント」をご紹介します。 未経験から挑戦したいという方は、是非参考にしてくださいね。 コールセンターの正社員は、SV職やトレーナー、マネージャーなど、センター全体の管理・運営を担います。 消費者との最適なコミュニケーションをオペレーターチームに徹底させる「コミュニケーションのプロ」であり、「マネジメントのプロ」。 コールセンターで正社員として働くことで、転職市場において高い価値を持った人材に成長できるはずです。 とはいえ、求人は一握りの狭き門。 だからこそ、応募時の書類や面接時には以下のようなスキル・経験をアピールしていきましょう。 【1】業界未経験の場合、異業界で培った「顧客対応スキル」をアピールする。 コールセンター関連職への転職活動で、まず企業側にチェックされるのは、顧客対応のスキルです。 オペレーター職であれば、自分から積極的に説明する、というよりもお客様の真意を把握する聞き上手であることが大事です。 また、顧客からのクレームにも即座に対応したり、交渉するスキルも必ずチェックされます。 そのため、営業職や販売職の経験者であれば、顧客とのコミュニケーションの経験や、聞き上手が役に立ったエピソードこそ、応募時や面接時のアピールポイントになります。 また、クレームに繋がった失敗談や、失敗に対する対処をどのように行なったかも、大きなアピールポイントになるはずです。 【2】トレーナーやSV職を目指し、「マネジメント経験」をアピールする。 最初はオペレーターとして入社し、その後コールセンター内の研修を行なうトレーナーや、オペレーターを管理するSV職を目指したい!その上昇志向は、企業側に歓迎されるはずです。 その際にアピールしたいのは、これまでのマネジメント経験。 マネジメントしたメンバーの人数や、具体的な管理業務の内容。 たとえば、勤務シフト作成、面談を通じた労務管理、業務マニュアルの作成は、コールセンターのトレーナーやSVの仕事に直結する経験です。 忘れずにアピールしていきたいですね。 もし、上記のような経験・スキルがないという方は、時間はかかりますが、紹介予定派遣の派遣社員としてコールセンターで働き、数ヵ月後に正社員に登用される道があります。 もちろん契約社員・アルバイトから正社員登用の道もあり。 コールセンターで正社員として働きたい方は、是非参考にしてください。

次の