引越し 会社 安い。 引越し安い〜格安引越し業者だいたいの相場が分かる費用比較サイト

費用が安い引越し料金満足度ランキング

引越し 会社 安い

引越しには新居の契約金や、新しく購入する家具やカーテンなど、さまざまな費用がかかるので、引越し料金はできるだけ抑えたいですよね。 比較的荷物の少ない単身引越し、荷物の量が多くなるファミリーでの引越しなど、引越しの規模によって料金は大きく変わりますが、おおよそどのくらいかかるものなのでしょうか? 4人家族で神奈川県から千葉県へ引越しをするケースをもとに、引越し料金の相場が安い引越し業者を、ランキングにしてみました。 ぜひ参考にしてみてください。 1位|LIVE引越サービス 引越し料金相場 約41,000円(税別) 公式サイト 大阪と東京を中心に、単身・家族だけでなく法人や店舗移転の引越しもしています。 海上輸送で沖縄への引越しにも対応しており、近距離から長距離まで、丁寧なサービスが好評です。 2位|人力引越社 引越し料金相場 約45,000円(税別) 公式サイト 地域密着型の引越し業者で、単身からファミリーの引越しが中心です。 特に単身女性の引越しには家具や家電の配置・配線などのサービスがあり安心です。 満足できなかった場合に引越し料金を全額返金してくれるのは、自社のサービスに自信があるからこそでしょう。 3位|ラク越/引越革命株式会社 引越し料金相場 約46,000円(税別) 公式サイト 訪問見積もり不要で、WEBまたは電話で正式な見積もりを取ることが特徴です。 また、引越しを行う全車両を本社モニター地図でリアルタイムに確認できるなど、安心できるサービスに定評があります。 引越しのプロから荷造りのアドバイスや、家電の配線などのオプションサービスが充実していることも高い人気を得ている理由のひとつです。 4位|感動引越 スター引越センター 引越し料金相場 約47,000円(税別) 公式サイト 引越し前の部屋をハウスクリーニングしたり、荷物のバルサン処理をしたりなど、ニーズに沿った幅広いオプションに定評があります。 不用品や家電リサイクル対象製品も買い取ってくれるサービスは、処分に手間や時間をかけたくない人におススメです。 引越し後の生活も安心!安い引越しを実現するポイント 引越しは荷物の種類や量で料金が変わってきます。 少しでも安く済ませたいなら、引越し料金が高くなる繁忙期を避けたり、割引やキャンペーンを活用したりするなど安くする工夫が必要です。 引越し料金を安くするためのポイントをいくつかご紹介します。 繁忙期は避けよう 3月・4月は進学や転勤の時期のため、引越し業者の繁忙期になります。 決められた日までに引越しをしなければならない人も多いので、他の時期と比べて非常に混み合い、引越し料金の相場も上がります。 通常期と比較すると大幅な割高になることもあるので、できることなら繁忙期は避けたいですね。 また、繁忙期に引越しを予定すると、希望する引越し日に予約がとれても時間の指定ができないというデメリットがあります。 お昼までには荷下ろしを終わらせたい、荷造りに時間がかかりそうなので引越し当日は午後から作業を開始してほしいなど、時間の希望ができない可能性が出てきます。 安く、かつ余裕を持って引越しをしたいなら、 繁忙期以外を狙うのがおススメです。 割引やキャンペーンを活用しよう 割引やキャンペーンの利用でも、引越し料金を節約することができます。 引越し業者によっては、荷造りに必要なダンボールを自分で用意すると引越し料金の割引があるので、自分でどこまでできるのかを考えて、じょうずに節約しましょう。 また、大手引越し業者のキャンペーンでは、お米のプレゼントなど魅力的な特典が用意されていることもあります!引越しをするなら、 割引やキャンペーンを活用しておトクで安い引越しを実現しましょう。 手続きは引越し業者へ依頼!時間を有効活用しよう 引越しでは電気やガスの使用停止・開始、インターネットの開通などさまざまな手続きが必要です。 手続きのために電話をしたり書類を用意したり、手間がかかりますよね。 忙しくて手続きがちょっと面倒という方のために、引越しに関する手続きを 無料で代行してくれる引越し業者もあるんです!代行してくれるものは郵便局やNHKの住所変更手続き、新聞の手配や各種インターネットプロバイダの紹介などです。 安く引越しをしたい場合、引越し業者へ支払う料金ばかりに目を向けがちですが、引越しをスムーズに済ませたい方は、こうした手続き関連のサービス面も考慮しながら引越し業者を選んで時間を有効活用してみてはいかがでしょうか。 安い引越し料金を実現するために自分でできることは何? 引越し準備では荷造りをしているときに、たくさんの不用品やごみが出てきます。 新生活に不用品やごみは持っていきたくないですよね。 不要なものは処分して荷物の量を減らせば、それだけ引越し料金も安くなります。 どうしたら効率よく荷物の量を減らすことができるのか、自分でできる方法をいくつかご紹介します。 不用品はリサイクルショップへ売る 引越しの準備で荷造りをしていたら、着なくなった洋服や長い間使っていない家電が出てくることがもあります。 こうした不用品は処分するのもよいですが、 リサイクルショップでの買い取りを検討してみてはいかがでしょうか。 粗大ごみや家電は処分料がかかりますが、リサイクルショップ買取をしてもらえばお金をかけることなく処分することができ、一石二鳥です。 リサイクルショップに高く買い取ってもらうポイントは、できるだけきれいな状態で持ち込むことです。 少しの手間で高値になることもあります。 衣類なら洗濯をする、家具のちょっとした傷は修復セットを利用して直してみるなど、状態をメンテナンスしてから持ち込むようにしましょう。 粗大ごみは処理場へ直接搬入する 引越しで出た粗大ごみは、住んでいるの自治体に依頼をすれば回収してもらうことができます。 ただし、自治体の粗大ごみ回収は収集日時をあらかじめ予約しておく必要があり、自治体によっては引越しで出た大量ごみの収集に対応していないところもあります。 回収日時を調整できなかった場合には、ごみ処理施設へ 直接持ち込むこともできるので、自分で運べるものなら持ち込みをする方法はおススメです。 収集だと処分の手数料として、粗大ごみ処理券を購入し貼り付けなければなりませんが、直接搬入では粗大ごみ処理券は不要です。 搬入時にごみを計量して処分手数料を算出するため、粗大ごみ処理券を購入する手間も省けます。 荷造りはできるだけ自分でやる 多くの引越し業者では幅広いニーズに対応できるよう、さまざまなプランを用意しています。 引越し業者によってはオプションで荷造りをしてくれるサービスも提供していますが、 引越し料金を節約したいなら、荷造りは自分でやると、料金をおさえることができます。 また、業者によっては荷造りに必要なダンボールや粘着テープなどの梱包材を無料でサービスしてくれますが、ほとんどの場合数に上限があるので、どのような梱包材が何枚まで無料なのかをあらかじめ確認しておくと安心です。 追加の梱包材は有料になってしまいますが、例えば追加分のダンボールをスーパーや小売店などから無料でもらって自分で準備することもできます。 このときにもらってくるダンボールは、飲料水やレトルト食品など、重量のあるものが入っていたダンボールだと、丈夫で引越しに荷造りに適しています。 食器など重量がある荷物を入れるのにも適していて便利ですよ。 大きな箱ならたくさんの荷物が入れられると思いがちですが、強度が足りない場合があるので注意しましょう。 安い引越し業者をおトクに探すなら一括見積もりサイトがおススメ 引越し料金を節約しておトクに引越しをするなら、引越し料金が格安なのはもちろんですが、充実したサービスを提供してくれる引越し業者を選びたいですよね。 今回は、 引越し料金が安おススメの引越し業者4社をランキング形式で紹介しましたが、紹介した引越し料金はあくまで目安です。 本当に自分の引越し条件にあった料金プランやサービスがある引越し業者を選ぶなら、一回の入力で複数の引越し業者へ見積もりが依頼できる 一括見積もりサイトがおススメです。 一括見積もりサイトなら、大手引越し業者の他、地域に根差した引越し業者からも一括で見積もりが取れるので、さまざまな種類の料金プランやサービスを比較して選ぶことができて便利です。 また、引越し料金を節約できるだけでなく、限定の割引や特典を利用すればもっとおトクに引越しができます。 料金プランやオプションのサービス、特典なども比較してあなたにぴったりの引越し業者を選びましょう。 電力会社見直しで引越し後の電気代も安くなる! 一括見積もりで安く引越しできたら、次は毎月の電気代も見直してみましょう。 電力会社のプランを比較すればおトクに電気も使えるようになります。 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の

【1K・1LDK】の単身引越し料金相場表 引っ越し会社がまとめた決定版

引越し 会社 安い

低価格の秘密 ケーエー引越センターの激安パック・プランの秘密を詳しく教えます!• 私たちケーエー引越センターは、常にお客様の立場で考えています。 その取組みとして、他社には難しいとされていそうな「お荷物を安全にお運びすること」「1円でもお安くお見積もりすること」という、相反する二つのテーマの実現を試みました。 引越し業界の常識や慣習にとらわれずに考え続けた結果、他社が思いつかないような方法で不要なサービスのカットに成功しました。 本当は秘密にしたいこともいっぱいありますが、その低価格の秘密をちょっぴり公開しちゃいます。 お客様には、激安価格の理由を知って、納得して、お申し込みいただけるとうれしい限りです。 お客様に信頼いただいた上で、ケーエー引越センターでお引越しを手伝える事を心からお待ちしております。 私たちの想い ケーエー引越センターは東京・埼玉南部を中心に毎日低価格・高品質で活動しています。 東京・埼玉南部に特化し、フットワークを良くする事でお安い価格と高品質を実現しています。 比較して頂ければ分かります!東京や埼玉など首都圏での引っ越しは、格安見積りと高品質の引越し業者ケーエー引越センターまでご連絡下さい! ただ『激安引越』だけにこだわっている訳ではありません!大手ではないからこそ出来ることもあると信じています。 「決してルールに捕われない」そのようなサービスの引越しがあっても良いとは思いませんか? どうすればお客様に満足して頂けるか? お客様に喜んで頂く為に何が必要か?スタッフの一人ひとりが考え、それを実行する。 そんな引越し会社を目標としています。 ケーエー引越センターは東京・埼玉南部を中心に毎日低価格・高品質を維持し活動しています。 東京・埼玉南部に特化することで作業効率を良くし、お安い価格と高品質の両立を実現しています。 お引っ越しの際の家電製品の取り付けや取り外し等、更にはその他の様々なお引っ越しに関わる作業についてもお手伝いいたします。 是非、東京・東京近郊のお引っ越しの際にはケーエー引越センターでお見積りを!他社と比較すると驚きの低価格です!! 激安が可能なケーエー引越センターとは? なぜそんなに安いの?大丈夫なの?追加料金が発生するでしょ? そんな質問がお客様だけでなく同業者からも届きます。 比較すると一目瞭然です。 でも安心して下さい明瞭会計!安さの秘密は365日毎日毎日引っ越しばかりしているからです。 だからこそ季節的な大きな価格変動を少なくし、安定した低価格で安心のサービスが提供出来るんです。 当然、お客様の家財を安全にお運びする対策もいつでも準備万端です。 養生するための資材は沢山ご用意し、大切な家財は丁寧に迅速にお運びします。 しかも、もしものために最大補償額1,000万円の保険にも加入しております。 お見積もり24時間いつでも大歓迎!安いお引っ越しを実現します。 必ずお客様の期待に応えます。 東京・埼玉南部はおまかせ! 最高の満足をお約束します! 引っ越しを東京・首都圏でするなら『ケーエー引越センター』へ! 「急に引っ越しがしたい!」「どこよりも安い見積もりが欲しい!」「平日の夜に引っ越しを済ませたい」... 、そんなときには東京の『ケーエー引越センター」でお引っ越しを! 単身でのお引っ越しやご家族でのお引越しは勿論、事務所等の移転に伴うお引っ越しも受け付けております。 お引っ越しのお見積りは24時間いつでも無料!まずはお気軽にお問合せ下さい。 安心価格のお見積もりと最高の満足をお約束します!.

次の

【毎日安い】カルガモ引越センター|1分で引越し料金を自動見積もり

引越し 会社 安い

100円でほんとに引っ越しできるのですか? はい、お引越しの申込時に、当社指定のにお申込みいただくことで激安の100円でのお引越しが可能になります。 手続きも簡単です。 なお、100円特典サービスにお申込みいただかなくても断然格安でのお引っ越し料金をご案内できます。 いただけましたらお客様に最適なプランを当社からご提示いたします。 100円以上かかるときはどんなケースですか? 100円以内で引っ越しできる移動距離と荷物量は決まっていますので、超える場合は料金が加算されます。 また土日や繁忙期など一定期間は日によって割増料金となる場合がございます。 詳しくはのページをご確認ください。 全国対応していますか? はい、全国対応しておりますので、北海道から福岡へのお引っ越しも対応できます。 当社では信頼おける引越し会社のみと提携しておりますので、格安価格のみならずサービスクオリティもご満足いただけます。 今週末に引っ越したいけど可能ですか? すぐにください。 その際にご希望の引越し日時のご明記を忘れずにお願いします。 至急引越し会社に確認を行いご報告いたします。 最善は尽くしますがお請けできない場合もございますので、ご了承のほどよろしくお願いいたします。 引越しをするとなると、予想以上の手続きや作業が待っています。 事前にやるべきことを把握し、段取り通り進めていくとスムーズに漏れなく引っ越し手続きが出来ます。 引越し完了まで「単身」の方で40~50項目前後 ・「ご家族」の方で60~70項目前後 くらいの作業が待っています。 まずは何をするべきかを把握しましょう。 ダンボールは無料?一番強度のある組み立て方とは?ダンボールは何個くらい必要?など、引っ越しには欠かせないダンボールのすべてをご紹介しています。 準備万全でも、引越し当日に「しまった!」という事が出てきます。 「準備しておけばよかった!」を経験してきた「引っ越しの先輩たち」の意見をピックアップ。 思った以上に時間を費やしてしまう荷造り。 スムーズに行うためには荷物の種類によって梱包にコツがあったり、ダンボールの組み方も大事なポイントがあります。 新居での家具家電の配置は基本的に業者に依頼しますが、その際に配置図がとても有効になってきます。 そこで配置図の作成方法と注意すべきポイントをご紹介します。 引越し時のお掃除の仕方が、退去時のクリーニング・原状回復費用に影響してきます。 そんな引っ越しで部屋を退去する際のお掃除ポイントをご紹介します。 退去時のトラブルで最も多いのがハウスクリーニング費用。 いくらか分からず、敷金がちゃんと返って来たのかどうか分別がつきません。 そこでハウスクリーニング費用についてのご紹介します。 複数の業者から見積もりを取り、一番安いもしくは信頼できる引っ越し業者を決めていきますが、いつ決めるのがベストなのでしょう?格安で引越しできる業者探しのコツを紹介! お部屋を探す時、周辺の環境やその街の雰囲気も毎日生活していく上で大切です。 引っ越し前に引っ越し先の環境を調べる方法や、どこに注目すべきかをご説明します。 引っ越し当日は大きく分けて「旧居での作業」と「新居での作業」があります。 大忙しの引越し当日。 事前に細かく確認しておきましょう。 旧居・新居でやることをチェックして、スムーズに引っ越ししましょう!チェックリストで当日のスケジュールを確認し備えることで慌てることなく引っ越しができます。 引越し当日に「これだけは必要」というアイテムをご紹介します。 これらアイテムは引っ越し荷物とは別に用意しておくことをオススメします。 引越し作業中に想定外のものがゴミになることはよくあります。 そこで当日に発生した粗大ゴミの処分方法をご紹介します。 電気・水道・ガスについて、旧居と新居で引っ越し当日に必要な手続きをご紹介します。 実はガスの手続きには特に注意が必要なのです…! 引っ越し後の手続きもお客様にもよりますが15項目前後はあります。 荷解きから片付け作業もたくさんあります。 効率的な方法で新生活を快適にスタートさせましょう。 引っ越し後、新居についてからの荷解きや片付けはどこから手を付けたらいいか途方に暮れていませんか?「ちょっとしたコツ」で解決です。 引っ越し後に残った使用済みダンボール。 引っ越し業者や処分方法によっては無料になったり、有料になったりとさまざま。 事前に確認しておきましょう。 引越しの後に必要なものの準備は忘れてしまいがち。 引っ越し後「使いたいものが無い!」ということがないように、引っ越し後に必要なものをラインナップしています。 引っ越し後のキッチンとクローゼットの「収納」のコツをご紹介します。 収納や片付けは苦手…と嘆く前にぜひ参考にしてみてください!• 北海道(札幌・函館・小樽)• 青森県• 秋田県• 岩手県• 山形県• 宮城県(仙台)• 福島県• 東京都• 千葉県• 神奈川県• 埼玉県• 栃木県• 群馬県• 茨城県• 新潟県• 富山県• 石川県• 福井県• 山梨県• 長野県• 岐阜県• 静岡県• 愛知県(名古屋)• 三重県• 滋賀県• 京都府• 大阪府• 兵庫県(神戸)• 奈良県• 和歌山県• 鳥取県• 島根県• 岡山県• 広島県• 山口県• 香川県• 徳島県• 愛媛県• 高知県• 福岡県(博多)• 大分県• 佐賀県• 長崎県• 熊本県• 宮崎県• 鹿児島県• 沖縄県.

次の