あて な よる。 [B! レシピ] あてなよる

あてなよる「にんにくで呑む」のレシピとお酒の銘柄!今宵も晩酌を楽しもう!

あて な よる

あてなよる「つぶつぶで呑む」の焼き豆腐たらこバターのせ 焼き豆腐たらこバターのせの材料 ・豆腐 ・かたくり粉 ・たらこ ・バター(有塩) ・えんどう豆 ・木の芽 ・青ねぎ 焼き豆腐たらこバターのせの作り方レシピ 1、豆腐は水気を切り、ひと口サイズにカットしておきます。 2、豆腐にかたくり粉をまぶして、フライパンに油をしいて焼きます。 3、えんどう豆をさやから外して、薄皮を少しめくってから2のフライパンでサッと焼きます。 そうしないと跳ねて飛んだりするそうです!注意!! 4、軽くこげめがついたら、豆腐とえんどう豆を取り出しておきます。 5、たらこを皮から削いで、バターとあえ、たらこバターを作ります。 (バターはあらかじめレンジで温め、柔らかくしておくと便利です) 6、豆腐を皿に盛付け、たらこバターをのせます。 青ねぎや木の芽、焼いたえんどう豆ものせます。 2、ボウルに小麦粉、卵白、ぶぶあられ(五色)を用意しておき、えびにそれぞれ順番にまぶしつけていきます。 3、180度のサラダ油で1分ほど揚げます。 4、こんにゃくのあられ揚げは、下ゆでしたこんにゃくを小さくカットし、だしとみりん、薄口しょうゆで炊いておきます。 5、4を180度のサラダ油で1分ほど揚げます。 衣は塩の付いた茶色いあられを少しつぶして使用します。 オトナの塩すき焼きの作り方レシピ 1、鍋に太白ごま油を引きます。 牛肉は重ならないよう底に広げて並べて焼きます。 2、塩をふり入れて、さらに山菜を入れ、フタをして蒸すように加熱していきます。 3、軽く肉に火が通ったら、マイクロトマトを入れます。 さらにフタをして蒸すように加熱していきます。 オトナの塩すき焼きに合わせたお酒 ボルドーの白ワイン ぶどう品種は、ソービ二ヨンブランとセミヨンということで 銘柄は シャトー・タルボ カイユ・ブラン2008 のようです!!番組ではラベルがぼやけているのですがたぶん2008に見えるのですが・・・ ボルドーの白は華やかな果実の香りと力強いキレが特徴だそうです。 Sponsored Link あてなよる「つぶつぶで呑む」のあていちご あていちごの材料 ・いちご ・柚子こしょう ・ヨーグルト ・塩 あていちごの作り方レシピ 1、ヨーグルトの水気を切っておきます。 2、いちごを食べやすい大きさにカットします。 3、柚子こしょうと、水気を切ったヨーグルトをあえてディップを作ります。 4、味をみながら、お好みで塩をしてもOKです。 5、いちごにディップを盛付けます。 私はこちらを使ったことがあるので分かりました!! あてなよる「つぶつぶで呑む」のカラスミとチーズの餅包み カラスミとチーズの餅包みの材料 ・カラスミ ・とろけるチーズ ・切り餅 ・水 カラスミとチーズの餅包みの作り方レシピ 1、フライパンに餅を入れて、水を加えます。 2、フタをして弱火で約8分加熱します。 3、餅が溶けて柔らかくなったら火を強めて余分な水分を飛ばしてから取り出し、切り分けます。 4、カラスミをサイコロ状に切って、チーズと一緒に餅に包みます。 銘柄は ヴェルナッチャ ディ オリスターノ アッティリオ コンティニです! 白ワインと思えないほどの複雑な風味とコクがあるそうです。 サルディーナ島というのはからすみの名産地でもあるようで、このワインはからすみとマリアージュが絶品だそう。

次の

あてなよる「つぶつぶで呑む」のレシピとお酒の銘柄!今宵も晩酌を楽しもう!

あて な よる

今回の『あてなよる』は林遣都くんと秋山菜津子さん。 『京都人の密かな愉しみ Blue 修業中』ではちょっと訳あり?の親子役だそう。 ちなみに『京都人の密かな愉しみ Blue 修業中』で林遣都くんは『あてなよる』ナレーションの石橋蓮司さんと共演されてるんですね。 林くんは「味わいながら呑む」大人の呑み方を覚えたいのだとか。 鯛と梅巻き 薄切りの鯛で木の芽、梅肉を巻いてはります。 大原千鶴さん曰く、ちょっと酸味があるとお料理がシマるそうで。 ホワイトハウス公式スパークリングワインってあるんですね。 アメリカのカリフォルニア産です。 シャルドネ種100%の淡い酸味が鯛の甘みを引き上げる。 果実味がすごくしっかりとしていて、酸味がきれいな味わいなのでアフターに塩を舐めたような旨味が残る。 魚の甘み・臭みを取ってくれる。

次の

銀行の振込手数料を調べると同一店内あてと本支店あてと他行あての3...

あて な よる

人気料理研究家・大原千鶴さん 初のおつまみ本! NHK BSプレミアムの人気番組『あてなよる』待望の書籍化。 料理研究家・大原千鶴さんによる、酔っていてもつくれるほど簡単なのに絶品の「あて(おつまみ)」レシピを紹介する。 そのレシピにマッチするお酒を、日本を代表するソムリエ・若林英司さんが提案。 会ったのは京都の洛北にある人気の鮨屋。 しかし、彼女の酒量が尋常でないことに途中で気づいた私は、次第に打ち合わせどころではなくなった。 衝撃的な呑みっぷり。 しかも美味そうに呑む。 定石通りビールから始まり日本酒をあれこれ試しながら五合、白ワインと赤ワインを一本ずつ空けたのちに、彼女はこう言った。 「日本酒に戻らはりますか? それとも焼酎にしはる?」 すでに私の横では助監督がグラグラになっている。 ここから先は一人で立ち向かわなければならない。 大原は酒が入ると頭が活性化し、むしろ冴え、次々と料理のアイデアが浮かぶという類い稀な体質の持ち主であることを私はまだ知らなかった。 その夜はなんとか体面を保って撤退したのだが、あれ以来彼女のペースに合わせて呑むという愚を犯さぬよう己を戒めている。 所詮、器が違う。 かほどに酒と食を愛してやまぬ大原が、酒肴に特化した料理番組「あてなよる」をやることは自明の理だった。 「あてな」は「アテナ」(ギリシャ神話の女神)とのダブルミーニングであり、酒呑みたちの女神たる大原千鶴にふさわしいタイトルであると自負している。 彼女のパートナーには、私の長年の知己であり、日本有数の理論派ソムリエで、日本酒や焼酎にも造詣の深い若林英司を配した。 この二人の組み合わせも、いわばマリアージュなのである。 「酒とあての幸福な結婚」は偶然生まれるものではなく、酒を愛し、〝酒を楽しむ時間〟を愛する人間によってのみ作り出される「舌の上の楽園」なのだ。

次の