いつまで自粛。 「緊急事態」はいつまで続くのか?に対するひとつの考え

「緊急事態」はいつまで続くのか?に対するひとつの考え

いつまで自粛

当面、5月6日までとされている期限を延長するのかどうかについて、政府内での動きが慌ただしくなっているようだ。 宣言の発令から2週間、22日に開かれた政府の専門家会議では、目標としていた「接触の8割減」は達成できていないとの見解が示された。 同日開かれた記者会見で、同会議委員で北海道大学大学院医学研究院教授の 西浦博氏は「今すぐにこれまでと同じ生活は帰ってこない。 向こう1年間は付き合って行かないといけない」と対策が長期化する見通しを示した。 「来月6日で一区切り」というわけにはいかない情勢だ。 「人と人との接触機会を8割削減するという目標は、単に2次感染を減少させるために必要となるだけでなく、短期間で(例えば、8割という劇的な削減であれば、緊急事態宣言後 15 日間で)感染者数が十分な程度減少するためにも必要である。 接触機会の8割削減が達成されている場合、緊急事態宣言後おおよそ1か月で確定患者データの十分な減少が観察可能となる。 他方、例えば、65%の接触の削減であるとすると、仮に新規感染者数が減少に転じるとしても、それが十分に新規感染者数を減少させるためには更に時間を要する。 なお、8割削減の達成ができた場合には、1 カ月後には感染者数が限定的となり、より効果的なクラスター対策や『3つの密』の回避を中心とした行動変容で感染を制御する方法が一つの選択肢となり得る。 不十分な削減では感染者を減少させる期間が更に延びかねないことを十分に理解した上で、できるだけ早期に劇的な接触行動の削減を行うことが求められる」 仮に8割接触削減が成功し、感染者数が限定的になったとしても、クラスター発生の可能性がゼロになるわけではなく、行政や医療機関による感染者対応がしやすくなるということのようだ。 医療現場の崩壊という最悪の事態を回避しなければならないことに今後も変わりはなく、程度の差はあれ市民生活も従前どおり3密の回避など各種自粛の継続が見込まれる。 宣言の期限を迎えても、なんらかの自粛要請は継続か 西浦教授の発言に関して、厚生労働省の関係者は次のように語る。 「北大の西浦教授の『今すぐにこれまでの~』発言はまさにそのことで、6日に期限を迎えたからといって、翌日から満員電車で通勤したり、混雑する居酒屋で飲み会を開いたり、自由に行楽に行ったりできるということではありません。

次の

一体いつまで続く…自粛による「コロナ疲れ」の末、私がやめたこと 在宅勤務に怒り爆発! 精神崩壊寸前 (2ページ目)

いつまで自粛

2020年2月26日、安倍首相が 多数の方が集まるような全国的なスポーツ、文化イベント等については、大規模な感染リスクがあることを勘案し、今後2週間は、中止、延期又は規模縮小等の対応を要請するとの方針を発表して以降、多くのスポーツやエンタメイベントは中止や延期となり、公営ギャンブルは無観客レースが続いています。 2020年5月25日、政府は、 全国の緊急事態宣言を解除することを発表しました。 4月7日に7都府県を対象に初発令してから49日間で、緊急事態宣言は解除されることになります。 6月22日、JRAは、無観客レースを始めてから初めての記者会見を開き、 9月に中山と中京で始まる秋競馬までに競馬場や場外馬券場への入場再開を目指し対策を検討していることを明らかにしました。 7月6日、JRAは、一部ウインズ及びJ-PLACEを11日から制限付きで再開し、馬券の発売、払い戻しをすることを発表しました。 発売するのは各競馬場のメインレースと前日発売対象レースで、午後2時までの発売となっています。 再開する施設については、で確認できます。 5月22日、ボートレース大村は、全国24場で初となる客を入れてのレースを再開しました。 その後、 芦屋、福岡、丸亀、徳山、宮島、児島、下関、浜名湖、常滑、鳴門など、多くの競艇場が客を入れての再開を発表しています。 詳しくは、で確認ください。 (7月15日更新) ただし、G2以上は多数の来客が予想されるため無観客レースとなります。 また、競輪を統括するJKAは、7~9月の開催についてG1、G2を除いた全てのレース(G3、F1、F2)を7車9レース制で行うと発表しており、通常開催への一歩を踏み出しています。 6月初旬より、 多くの本場、場外車券売場、専用場外車券売場での車券の販売が再開されるとのことです。 詳しくは、でご確認ください。 (7月15日更新) 6月4日から無観客レースを続けてきた市営函館競輪は、7月13日、ついに観客を入れての開催を再開しました。 詳しくは、で確認ください。 <競馬> 3月29日、G1として初の無観客レースとなった高松宮記念の売上は、127億134万円で前年比100. 4月12日、無観客レースとなった桜花賞の売上は、140億4,762万円で前年比83. 4月19日、無観客レースとなった皐月賞の売上は、153億7,181万円で前年比84. 5月3日、無観客レースとなった天皇賞の売上は、168億7,097万円で前年比88. 5月5日、無観客レースとなった船橋ケイバの売上は、1日の売上として過去最高となる34億4,758万円。 加えて、単一レースの売上も過去最高となる18億9,672万円(第32回かしわ記念)を記録。 5月10日、無観客レースとなったNHKマイルCの売上は、140億192万円で前年比88. 5月17日、無観客レースとなったヴィクトリアマイルの売上は、159億284万円で前年比100. 5月24日、無観客レースとなったオークスの売上は、161億1,216万円で前年比92. 5月31日、無観客レースとなった日本ダービーの売上は、233億5,390万円で前年比92. 6月7日、無観客レースとなった安田記念の売上は、190億2,942万円で前年比93. 6月28日、無観客レースとなった宝塚記念の売上は、203億9,866万円で前年比104. 中央競馬の上半期の売上は、無観客レースにもかかわらず、1兆4,753億円(前年比101. 5%)で昨年の売上を上回っています。 ただし、平地G1に限定した売上では、12戦のうち9戦で前年比減となり、合計は1,935億8,469万円で前年比91. <ボート> 無観客レースとなった第47回ボートレースオールスター(ボートレース住之江)の売上は、6日間で、152億4,537万円を記録し目標の90億円を大きく上回りました。 オールスターで節間150億円以上の売り上げを達成するのは、2008年の平和島大会(152億9,644万円)以来、12年ぶりとのことです。 無観客レースとなった開設68周年記念「海の王者決定戦」(ボートレース大村)の売上は、6日間で、90億3,434万円を記録し目標の70億円を大きく上回りました。 全国発売で開催されるプレミアムG1以外のG1で、節間売上が90億円を超えたのは、2005年の蒲郡・周年記念以来の快挙とのことです。 無観客レースとなった「第30回グランドチャンピオン」(ボートレース宮島)の売上は、146億5,161万円を記録し目標の100億円を大きく上回りました。 同大会の節間売り上げが130億円を超えるのは、2009年以来とのことです。 一方で、無観客レースでも売上の落ちないJRAのサイトの閲覧数は、世界4位となりその存在感を増しています。 (出典:).

次の

いつまで自粛?どこまで自粛?

いつまで自粛

【コロナいつまで自粛?】 「新型コロナウイルスによる自粛がいつまで続くの?」と頭を悩ませている人は多いです。 2020年5月5日の時点の日本において、政府は緊急事態宣言下での一部の施設の利用制限について、• 自粛緩和や• 解除 を可能とする指針を示していますが、日本経済全体の自粛は継続する方針です。 () また2020年5月5日の時点で、アジア各国では新型コロナウイルスの感染拡大の抑え込みに効果が見られたとして外出自粛制限を緩和する動きも広がりつつありますが、今後も新型コロナウイルスの自粛は継続していきます。 () 2020年5月1日アメリカの一部の州で経済活動が再開されました()が、外出規制が続く州がほとんどであり、経済活動の再開を求める抗議デモも行われています。 () これらの「新型コロナウイルスによる自粛がいつまで続くのか」を予想する事例をご紹介します。 【コロナいつまで自粛?】2020年9月「収束日」のAI予想 新型コロナウイルスの収束日はいつなのかという点について考えてみましょう。 シンガポール工科設計大学は、人工知能(AI)による、全世界の新型コロナウイルスの「収束日」の予想は、• 2020年9月26日• 99%収束• 2020年6月5日• 2020年5月20日 であるとに公表しています。 () なお、このAIによる予想は、各国から公式に発表された統計資料をベースにしています。 したがって、この予想日がどの程度正確であるのかは、• データの正確性• 透明性 に寄るところが大きいでしょう。 例えば、元のデータによると、中国は完全収束(2020年4月9日)したことになっており、これまでの経緯を考えると正式な統計データを公表しているということはあまり期待できません。 () また国立研究所によると、新型コロナウイルスの遺伝情報分析し、中国武漢から来た第一波の影響を封じ込めることには成功したが、欧米から来た第二波が訪れているとの研究結果も出ています。 () これらのことから、新型コロナウイルスによる自粛がいつまで続くのかという収束日のAI予測は、あくまでも参考程度にとどめるのが良いです。 しかし、だいたい2020年9月までは新型コロナウイルスによる、何らかの形での自粛は続く可能性があると考えられます。 【コロナいつまで自粛?】2024年も続く可能性を予想 バフェット 新型コロナウイルスによる自粛がいつまで続くのか予想する際に参考になるのが、著名投資家ウォーレン・バフェット氏の考えです。 2020年5月2日、バフェット氏率いる米バークシャーは新型コロナウイルスの感染拡大によって「世界が変わる」と主張しています。 そして、「外出制限が人々の行動に与える影響は分からない。 3~4年後に、昨年までのように飛行機に乗るようになるのか見通せない」と悲観的な見方を示しています。 その結果、航空株はバフェット氏の「お気に入り銘柄」でしたが、「乗客は戻らない」として米バークシャーは航空株をすべて売却しています。 () これらのことから、新型コロナウイルスによる経済への悪影響は徐々に薄れていくが、航空業界などの一部の産業においては、2024年以降も悪影響が続く可能性があると言えるでしょう。 【コロナいつまで自粛?】2022年までは続く予想 集団免疫 新型コロナウイルスによる自粛がいつまで続くのか、集団免疫の獲得という点から見てみましょう。 集団免疫とは、ある感染症に対して集団の大部分が免疫を持っている際に生じる間接的な保護効果であり、免疫を持たない人を保護する手段です。 () この説明では集団免疫についてピンとこない人も多いと思うので、もう少し詳しく見てみましょう。 多数の人々が免疫を持っている集団では、感染の連鎖が断ち切られる可能性が高く、病気の拡大は収まるか緩やかなものとなります。 そこで、あるコミュニティにおいて免疫を持っている人の割合が高ければ高いほど、免疫を持たない人が感染者と接触する可能性は低くなるということです。 多くの伝染病の場合、生き残った人たちは免疫がつき、二度とその病気にかかることはありません。 () そこで、米ミネソタ大学「感染症研究政策センター」が2020年4月30日に作成したをみてみると、新型コロナウイルスによる自粛は 18~24ヶ月続くと予想されています。 Based on the most recent flu pandemics,this outbreak will likely last 18 to 24 months. この報告書は、過去に起きたインフルエンザによるパンデミックを踏まえて、新型コロナウイルスの今後を予想しています。 () またこの報告書では、新型コロナの陽性率を考慮すると、集団免疫に達してパンデミックを終わらせるには、人口の 60~70%が免疫を獲得する必要があると予想しています。 SARSの抗体研究に基づくと、まだ確実ではないものの、新型コロナウイルスの免疫は1年か2年しか続かない可能性があります。 ()しかし、完全に免疫を持っていない場合でも、2度目の感染では症状が軽くなる可能性はあるでしょう。 これらのことから、集団免疫を獲得する2022年まで、自粛は続く可能性があると予想できます。

次の