アシュリー コール。 アシュリー・コール級のサイドバックへ モウリーニョが期待をかける19歳|theWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

「アーセナルの勝利の文化が崩壊していた」コール氏が“禁断の移籍”を回想

アシュリー コール

サッカーキャリアのスタートは ワトフォードFCの下部組織から。 2003ー2004年にトップチームデビューを果たし、2年目から主力に定着します。 2007年には アストンヴィラに移籍。 ここでヤングは2007-2008シーズンに17アシストを記録してベストイレブンに選出。 一躍ブレイクを果たすことになりましたね。 これらの成績を引っさげて2011年に マンチェスター・ユナイテッドに移籍が決定、移籍後は中々期待に応えられない日々が続き、放出も噂されましたが2016年に監督就任したジョゼ・モウリーニョによって後ろのポジションにコンバートされ見事復活、ゲームキャプテンを努めるほどになりましたね。 背番号は「18」です。 上記の通りキャリアが進むにしたがって徐々にポジションを下げ、今ではサイドバックやウイングバックが主戦場ですね。 サイドは左右どちらでもプレー可能です。 ヤングのプレースタイルで特徴的なのは「 ウイング由来のドリブルテクニック」、「 クロスボールの精度」、「 運動量」、「 向上した対人守備」が挙げられます。 ヤングは元々ウイングで脚光を浴びた選手というだけあってドリブル技術に優れています。 スピードもあり、マッチアップした相手選手一人くらいなら簡単に交わしていくことが可能ですね。 上記で紹介しましたが、2007ー2008シーズンに17アシストを記録したという事実が物語る通りヤングはキックの精度もとても高く、サイドからクロスボールで得点を演出するプレーも得意です。 モウリーニョ体制下のマンチェスター・ユナイテッドは基本的にチームの重心を低めに保って守備を重視しながらロングボールなどで得点を獲りたいチームなのでヤングのようにドリブルで粘り、相手のマークを外して確実にクロスを上げられる選手は重要ですね。 このようにヤングは「ウイングからコンバートされたサイドバック」であり、基本的には攻撃的な仕事で役割を果たすプレースタイルです。 対人守備もよくなった しかし本格的にサイドバックにコンバートされてからのヤングは 守備的なプレーも大きく成長しています。 元々ヤングはフィジカルはあまり強いタイプではなく、守備もそんな積極的に行う方ではなかったのですが、守備のできない選手は起用しないモウリーニョに指導されたことによりプレースタイルが変わっているのです。 特に対人守備の進歩が著しいですね。 一対一ではしつこく相手に絡みに行きますし、不用意に足を出さずタイミングを計って我慢することもできるようになっています。 特に圧巻だったのが2018年3月に行われた対リヴァプール戦。 得点王レースを独走し、大ブレイク中のモハメド・サラーと左サイドでマッチアップしたヤングはサラーをわずかシュート1本に抑える完璧な守備を披露しました。 抜群の瞬発力を持つサラーにしつこく近い位置で絡み続け、抑え込んだのはヤングの守備面での成長だと言えますね。 ウイングの時にはフィニッシュゾーンでアイデアを欠き、ボールを不用意に奪われてしまうこともありましたが、サイドバックだと創造性の欠如は大した問題にはなりません。 むしろ後方から走りこむスピード、ドリブルテクニック、クロスボールの精度と運動量が問われるサイドバックというポジションはヤングに向いていると思いますね。

次の

アシュリー コールの能力

アシュリー コール

A・コール氏はアーセナルの下部組織出身で1999年にトップチームデビュー。 2003-04シーズンにはプレミアリーグ無敗優勝に貢献するなど、主力として活躍した。 しかし、2006年夏には同じロンドンに本拠地を置くチェルシーへと移籍した。 「私がアーセナルでプレーし始めた時は核があった。 (マーティン・)キーオン、(デイヴィッド・)シーマン、(パトリック・)ヴィエラ、(ティエリ・)アンリ、(トニー・)アダムスがいて、異なるグループや環境、選手がいるという点で変化していくことは簡単だった」 「しかし、彼らが退団し始めると、成功をもたらしていた文化に穴ができていくように感じた。 少しずつバラバラになっていくような気がしていたし、ギャップを埋めることができなくなっていった。 だから、異なる文化に身を置くという観点と勝ちたいという意欲から、チェルシーに行ってそれを手に入れた」 また、当時アーセナルから新契約を提示された際の週給が5万5000ポンド(約720万円)だったのに対し、チェルシーが週給9万ポンド(約1180万円)を提示していたことが移籍を決断した一番の理由だと報じられ、大きな非難を浴びたA・コール氏だが、それが一番の理由ではなかったことを強調した。 「あの頃はおそらく少し頑固すぎたのかもしれない。 ちょっと辛い思いもした。 正直言って赤ん坊のようだったが、後悔することはないし、あの状況で決断を変えることもないだろう」 「それはただ起こってしまったというだけだ。 もしかしたら、意図されたものだったかもしれないが、それは分からない。 でも、お金の面でみんなが考えていたようなことはなかったから、間違いなくそれは不当に感じている。 奇妙だが、お金は私の考えの最後の最後だった」.

次の

イングランド代表アシュリー・ヤングのプレースタイルは?サイドバックで重要な存在に

アシュリー コール

A・コール氏はアーセナルの下部組織出身で1999年にトップチームデビュー。 2003-04シーズンにはプレミアリーグ無敗優勝に貢献するなど、主力として活躍した。 しかし、2006年夏には同じロンドンに本拠地を置くチェルシーへと移籍した。 「私がアーセナルでプレーし始めた時は核があった。 (マーティン・)キーオン、(デイヴィッド・)シーマン、(パトリック・)ヴィエラ、(ティエリ・)アンリ、(トニー・)アダムスがいて、異なるグループや環境、選手がいるという点で変化していくことは簡単だった」 「しかし、彼らが退団し始めると、成功をもたらしていた文化に穴ができていくように感じた。 少しずつバラバラになっていくような気がしていたし、ギャップを埋めることができなくなっていった。 だから、異なる文化に身を置くという観点と勝ちたいという意欲から、チェルシーに行ってそれを手に入れた」 また、当時アーセナルから新契約を提示された際の週給が5万5000ポンド(約720万円)だったのに対し、チェルシーが週給9万ポンド(約1180万円)を提示していたことが移籍を決断した一番の理由だと報じられ、大きな非難を浴びたA・コール氏だが、それが一番の理由ではなかったことを強調した。 「あの頃はおそらく少し頑固すぎたのかもしれない。 ちょっと辛い思いもした。 正直言って赤ん坊のようだったが、後悔することはないし、あの状況で決断を変えることもないだろう」 「それはただ起こってしまったというだけだ。 もしかしたら、意図されたものだったかもしれないが、それは分からない。 でも、お金の面でみんなが考えていたようなことはなかったから、間違いなくそれは不当に感じている。 奇妙だが、お金は私の考えの最後の最後だった」.

次の