年金受給者 借金。 借金を滞納したら、将来の「年金」まで差し押さえられるってホント?

老後破産の不安…個人再生、任意整理は年金受給者でも可能?

年金受給者 借金

私的年金 公的年金以外のもので、公的年金に上乗せして給付を保障する年金 ・確定給付企業年金 ・企業型確定拠出年金 ・個人年金保険 ・国民年金基金 など 借金を滞納したら 差押えられる 公的年金でも差押えられるケースも 公的年金が直接差押えられることはありませんが、「 預金口座に振り込まれた後」は滞納分として差押えられることもあります。 つまり、公的年金でも差押えに合う可能性はあり、「借金を滞納しても公的年金はもらえるから絶対に大丈夫」というわけではないので注意しましょう。 さらに 年金を担保に借金をしてしまった場合、滞納時には差押えられる可能性が高いです。 老後は30代・40代の頃のようにバリバリ働くことが難しいため、「差押えられたらその分、働けばいい」という解決策も取りづらいのが現実です。 特に年金に頼った生活をしている場合、年金を差押えられると生活すること自体が困難になります。 差押えについて裁判で争うことも可能だが… 公的年金自体は法律で差押えが禁止されているので、「預金口座に振り込まれてからも差押えられるのは問題がある」として争われた裁判も実際にあります。 中には「差押え禁止」が認められた判例もありましたが、一方で差押えを認めた判例もあったので、 ケースバイケースといえるでしょう。 いずれにしても裁判で争うことにはリスクがあります。 また、裁判となると弁護士に依頼する必要があり、年金を差押えられている状態で弁護士費用などを捻出することは簡単ではないでしょう。 つまり、年金の差押えを解決するためには、根本にある借金問題を解決することが大切といえます。 年金以外は?差押えリスクがある財産とない財産 いくら裁判所の許可が下りたからといって、債権者は「財産ならなんでも差押えられる」というわけではありません。 ここでは、差押えリスクごとに財産を分類してみました。 差押えリスクのある財産 一般的に差押えリスクがあるとされる財産は下記の通りです。 差押えが禁止されている財産• 66万円以下の現金• 生活に欠くことができないもの(衣服、寝具、家具、台所用具、DVDなどのソフト、漫画、ゲーム)• 生活に必要な食料及び燃料• 業務に欠かせない器具• 仏像、位牌など祭礼に関するもの 基本的には家電や家具、また生活保護や年金の請求権などが該当し、同じ動産でも仏壇や位牌などは差押えのリスクがありません。 また業務に欠かせない器具も差押え対象にはなりません。 例えば自動車がどうしても業務に必要な方であれば、徴収することで債務者 お金を借りている側 が生活に支障をきたす可能性があります。 そのため差押えられる可能性が低くなります。 預金の差押えは回避できるのか? 「預金を差押えられる=全額徴収されてしまう」というイメージがありますが、実はそうではありません。 いくら貸金業者や行政でも、債務者がどの銀行にどれだけ預金しているかわからないからです。 年金の払い忘れや意図的な滞納にも差押えのリスクが 借金を期日通りに返済していたり、そもそもお金を借りていたりしなくても、差押えのリスクはあります。 それが、年金の払い忘れや意図的な滞納です。 年金を払える経済力があるのに払っていない場合は、財産を差押えられるリスクがあります。 差押えまでの流れ• 年金を滞納する• 督促状が送付される• 差押え 上記のように、年金を滞納したからといってすぐに差押えが始まるわけではありません。 いったん「最終催告状」という書類が年金未納者に送付され、その催告状に記載された納付期限を過ぎても支払われない場合、最終手段として差押えが執行されるのです。 また差押えまで発展しなくても、 年金を滞納すると延滞金が科せられる可能性もあります。 通常収める年金以上の金額を請求されてしまうので、年金の払い忘れや意図的な滞納は避けたほうが賢明です。 年金を受給していても、借金問題を債務整理によって解決することは可能 借金を滞納しても、原則として年金が差押えられることはありません。 とはいえ、「年金だけの収入で借金問題を解決するのが難しい」という方もおられるでしょう。 借金を問題解決の方法の一つとして「」がありますが、年金受給者でも利用できる可能性があります。 そもそも債務整理には大きく分けて下記の3つの種類があります。 このうち最も費用と期間がかからないのが任意整理で、貸金業者との話し合いがうまくまとまれば無理のない範囲での借金返済が可能になります。 自己破産の場合は借金をゼロにすることもあり得る反面、基本的に家や車なども処分して債権者への返済に充てられます。 いずれにせよ、 債務整理を行う場合は弁護士や司法書士といった専門家に依頼すると良いです。 まとめ 今回は、借金の滞納で年金が差押えられる可能性について解説しました。 基本的に公的年金が直接差押えられる心配はありませんが、個人年金や保険会社などで積み立てた分は徴収されるリスクがあるので注意しましょう。 繰り返しになりますが、最も重要なのは根本にある借金問題を解決することです。 借金問題に詳しい弁護士や司法書士への相談や債務整理なども前向きに検討してみるのも一つの方法です.

次の

年金受給者でもカードローンで借入れできる!審査落ちしない申し込み先の選び方を解説!

年金受給者 借金

生活保護とは 生活保護は、生活が困窮している人が受ける制度で、一定金額の援助を受けて生活の立て直しをすることを目的としています。 生きていればいろいろなことがあります。 不運にも倒産やリストラで仕事を失うこともありますし、離婚や死別で収入が激減することや、病気やケガで仕事をすることができなくなる場合もあります。 また、高齢者であれば、年金の受給額が少なくて生活が安定しない場合もあるでしょう。 生活していくためにはお金が必要ですので、最低限の生活を可能にするために援助をするのが 『生活保護』です。 ただし生活保護では、最低限の生活するために足りない金額を補うことが目的となっていますので、多少の収入がある場合には『収入+生活保護費』で最低限の生活費のラインに達する金額のみが受給となります。 それは年金受給者であっても同様です。 年金を受給している人は、 『年金受給額+生活保護費』で最低限の生活費となるように生活保護を受給することになります。 生活保護受給者は年金担保融資を利用できるのか? では、生活保護受給者は年金担保融資を利用することができるのでしょうか。 いいえ、 生活保護を受給している人は、年金担保融資を利用することはできません。 かつて、生活保護受給者も年金担保融資を利用できる時代はありましたが、現在は申し込みをしても受付をしてもらうことができなくなりました。 生活保護を受けている人は、生活の全てにおいて最低限のラインを維持することを目的としています。 生活保護では、それ以上の援助をすることはありません。 生活の維持のために受給している生活保護を、借金の返済に充てることは禁じられています。 借金は『生活費』ではありません。 まして、最低限の生活を維持するために生活保護を受けているにも関わらず、借金の返済をする余裕があるのであれば、「生活保護は必要ない」という判断をされる可能性もあります。 ですから、生活保護受給者は年金担保融資を利用することはできません。 さらに、生活保護の受給を辞めたあとも、5年間は年金担保融資を利用することはできません。 生活保護受給者の借入 基本的に生活保護受給者は、お金の借り入れをすることができません。 生活保護は借金の返済に利用することはできません。 あくまでも最低限の生活を維持することが目的となっていますので、借金の返済はその目的には含まれないのです。 ですから、生活保護の申請をする際に、借金の有無を必ず訪ねられます。 そして 借金がある場合には、自己破産をして借金をゼロにすることを勧められます。 生活もままならない状況で生活保護を希望しているのであれば、『借金の返済能力はない』と考えるのが一般的でしょう。 自己破産をして借金がゼロになれば、生活保護の申請をすることが可能となります。 しかし中には、自己破産をしたことで生活を立て直すことができ、生活保護の必要がなくなる場合もあります。 借金があって生活に困窮している場合は、債務整理をすることも検討してみましょう。 生活保護を受けている人が気を付けなければいけない点として、できないはずの借金をさせてくれる貸金業者があった場合、それは十中八九闇金だということです。 闇金は、僅かなお金を貸し付けして、高い金利を回収します。 生活保護を受けている人の場合、生活保護手帳を没収されて、受給された生活保護費を全て回収されてしまうでしょう。 闇金は、生活保護受給者さえもカモにします。 絶対に、借り入れをしてはいけません。 年金担保融資を受けた人が生活保護を申請した場合 逆に、年金担保融資を受けて返済中の方が、生活保護に申請をした場合、受理されるのでしょうか。 いいえ、受理されることはありません。 上記にもありますように、借金があって返済中の場合、生活保護を受けることはできません。 さらに年金担保融資は年金を担保にした借り入れですので、年金が受給される月に独立行政法人福祉医療機構(WAM に先取りで返済される仕組みになっています。 そして返済後、残った金額が受給者に振り込まれます。 ですから、年金が担保になっている以上、債務整理をしても年金担保融資が対象になることはありません。 自己破産をしても、年金担保融資の返済は完済するまで続くのです。 ですから完済するまでは、生活保護を受けることはできません。 おすすめの人気記事.

次の

年金受給者でもカードローンで借入れできる!審査落ちしない申し込み先の選び方を解説!

年金受給者 借金

借金があっても年金は受け取れる 年金受給者でもクレジットカード会社や銀行系カードローンや銀行ローン、フリーローン、サラ金などを利用して借金していることがあります。 両親が年金生活をしているという人も多いでしょう。 年金生活者が借金返済をしている場合に、その年金を止められることはないのでしょうか。 生活保護の場合、借金返済していることが担当者にバレると生活保護費を止められたり保護費返還を求められたりするので、年金も同じように受給を止められるのではないかという質問があります。 実際、自分の父親や母親が老齢年金で生活している人もいますし、兄弟が年金をもらっていても奨学金の返済をしている身内がいる人もいるでしょう。 実際、 年金生活者の場合、借金返済をしていても問題にはなりません。 生活保護なら保護停止になりますが、年金は借金返済に使っても自由です。 年金は「最低限の生活費保証」という意味合いはないので、退職金を受け取った老齢者でも受け取れますし、病気治療の医療費や車検代、ガソリン代、通勤費などどのような目的に使うのも自由です。 以上のように、年金受給者が借金返済していても年金生活は続けられます。 年金は差押の対象外 借金返済を滞納すると、サラ金などの債権者から支払い請求の通知書が届き、仕事をしている場合には派遣先の給与などを差し押さえられてしまう(強制執行)ことは有名です。 年金も同じように差し押さえられてしまうのでしょうか。 実は、 年金は強制執行の対象にはなりません。 よって、年金受給者が借金返済を滞納しても、年金そのものを差し押さえられる可能性はないのです。 ただ、年金が振り込まれた銀行口座を差し押さえられることはあります。 よって、年金生活者が借金返済を滞納して差し押さえ予告などを受けている場合には、年金が振り込まれたらすぐにその振り込まれた年金を出金するなどして、預金残高を残さないようにする必要があります。 なお、貸金業者が年金を担保にとって貸付を行うのは法律違反ですので、年金担保貸付は利用しないようにしましょう。 年金受給者でも債務整理で借金問題を解決出来る 年金受給者も、さまざまな理由で借金をします。 家賃滞納していて家を追い出されそうになったからサラ金でキャッシングをして、あわてて家賃を支払った等の事例もあるでしょう。 借金問題の解決のためには債務整理手続きが有効な方法だと言われますが、借金返済に追われている年金生活者でも債務整理することは出来るのでしょうか。 この質問に対する回答としては「出来る」ということになります。 債務整理には任意整理、個人再生、自己破産などの種類がありますが、どの手続きでも年金生活者でも選択することが可能です。 ただ、個人再生や任意整理の場合、たとえば専業主婦などまったく収入の無い人は手続きすることが出来ないことがあります。 これは、個人再生や任意整理の場合には手続き後に月々いくらかの支払が残るからです。 年金生活者の場合も、年金支給額があまりに少ない場合には、個人再生や任意整理は利用出来ないことがありますので注意しましょう。 まとめ 年金受給者が借金返済していても年金生活を続けることが可能です。 年金は差押対象になりませんが、年金が振り込まれた口座は差押対象になるので注意しましょう。 年金生活者が借金問題を抱えている場合にも債務整理手続きで解決可能です。

次の