石原 裕次郎。 「彼は闘えないと思った…」妻が語る“昭和の大スター”石原裕次郎の素顔

日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞

石原 裕次郎

概要 [ ] 対象は前年の12月からその年の11月までで劇場公開された優秀なである。 受賞者は毎年11月末に発表され授賞式は12月末にの宴会場で行われ、前年度の受賞者がプレゼンターを務める。 司会はが務めている。 受賞者に贈呈される盾にはが映画『』のために描いたコンテが第8回から使われている。 石原裕次郎賞(いしはらゆうじろうしょう)・ 石原裕次郎新人賞(いしはらゆうじろうしんじんしょう)は、1987年に亡くなった日本を代表する映画スターの遺志を引き継ぎ、日刊スポーツ映画大賞に併設された賞である。 が運営に全面協力している。 その年に最もファンの支持を得たスケールの大きな作品に贈られるのが石原裕次郎賞であり、裕次郎を彷彿とさせる将来性豊かなスクリーンデビュー5年以内の新人に贈られるのが石原裕次郎新人賞である。 賞金はそれぞれ300万円、100万円となっている。 受賞者 [ ] 監督賞・作品賞・外国作品賞 [ ] 回 年 監督賞 作品賞 外国作品賞 1 1988 () () () 2 1989 () () () 3 1990 (白い手) () () 4 1991 () () () 5 1992 () () () 6 1993 () () () 7 1994 () () () 8 1995 () () () 9 1996 () () () 10 1997 () () () 11 1998 () () () 12 1999 () () () 13 2000 (『。 』『』) () () 14 2001 () () () 15 2002 () () () 16 2003 () () () 17 2004 (『』『』) () () 18 2005 (『』『』) () () 19 2006 () () () 20 2007 () () () 21 2008 () () () 22 2009 () () () 23 2010 () () () 24 2011 () () () 25 2012 () () (、) 26 2013 () () () 27 2014 (『』『』) () (、) 28 2015 (『』『』) () () 29 2016 () () () 30 2017 () () () 31 2018 (『』『』『』) () () 32 2019 (『』) () () 主演女優賞・主演男優賞・助演女優賞・助演男優賞 [ ] 回 年 主演女優賞 主演男優賞 助演女優賞 助演男優賞 1 1988 () () (『』『』) () 2 1989 (『ハラスのいた日々』『』) () (『夢見通りの人々』『蛍』) () 3 1990 () (『』『』) (『遺産相続』『白い手』) () 4 1991 () () (『』『』) () 5 1992 () 6 1993 () () (『』ほか) (望郷) 7 1994 () (『』『』) (東雲楼 女の乱) (『』『』) 8 1995 () (『』ほか) () () 9 1996 () (『』ほか) () () 10 1997 () () () (『』『』) 11 1998 () () (『』『』ほか) (『』ほか) 12 1999 () () (『』『』) (『』ほか) 13 2000 () () () () 14 2001 () (『』『』) () () 15 2002 (『』ほか) () () (『』『』『歩く、人』ほか) 16 2003 () () () () 17 2004 () () () () 18 2005 () (『』『』) () (『』『』) 19 2006 () () () (『』ほか) 20 2007 () () () () 21 2008 (『』『』ほか) () () (『』『』) 22 2009 () () () () 23 2010 () () () () 24 2011 (『』『』) (『』ほか) (『』『』) (『』ほか) 25 2012 (『』) (『』) (『』『』) (『』ほか) 26 2013 (『』) (『』) (『』) (『』『』) 27 2014 (『』) (『』『』) (『』『』) (『』『』『』) 28 2015 (『』) (『』『』) (『海街diary』) (『』『』) 29 2016 () (64 -ロクヨン-) (『』『』) (『怒り』『』) 30 2017 () (『』『』『』『』) () (『』『』) 31 2018 (『』) (『』『』) (『万引き家族』『』『』) (『』『』『』) 32 2019 (『』) (『』) (『』『』) (『』『』『』) 新人賞・特別賞・石原裕次郎賞・石原裕次郎新人賞 [ ] 回 年 新人賞 特別賞 石原裕次郎賞 石原裕次郎新人賞 1 1988 () 選出されず () () 2 1989 () () () 該当者なし 3 1990 (『』『』) () () () 4 1991 (『』『咬みつきたい』) () () 該当者なし 5 1992 () 選出されず 6 1993 (『』『』ほか () () (『虹の橋』『』) 7 1994 () 選出されず () 8 1995 () () 該当者なし 9 1996 () () 該当者なし 10 1997 (『』『』『』ほか) 選出されず () 該当者なし 11 1998 () () 該当者なし 12 1999 (『』『』) 選出されず () 該当者なし 13 2000 () 選出されず () 該当者なし 14 2001 (『』『』) 選出されず () () 15 2002 (『』など) 選出されず () () 16 2003 () 選出されず () 該当者なし 17 2004 () 選出されず () () 18 2005 () 選出されず () 該当者なし 19 2006 (『』など) () (『』など) 20 2007 (『』『』) 選出されず () 該当者なし 21 2008 (『』『』『』) 選出されず () (『』『』) 22 2009 (『』『』ほか) () 該当者なし 23 2010 (『』ほか) 選出されず () (『』『』ほか) 24 2011 (『』『』) 選出されず () 該当者なし 25 2012 (『』『』) () (『』『』) 26 2013 (『』『』ほか) 選出されず () 該当者なし 27 2014 (『』) () (『』『』) 28 2015 (『』) (特別功労賞) () 該当者なし 29 2016 (『』『』) 選出なし () 該当者なし 30 2017 (『』『』) 選出なし () (『』) 31 2018 (『』) 選出なし () (『』『』『』) 32 2019 (『』『』『』 選出無し () (『』『』『』『』『』) 選考委員 [ ] 2019年現在(五十音順)。 石飛徳樹• 木下博通• 斎藤厚子• 不破浩一郎• 日刊スポーツ選考委員• 相原斎• 高木茂久• 竹村章• 備考 [ ] 2014年はに石原裕次郎特別功労賞が贈られた。 脚注 [ ].

次の

石原裕次郎の本当の死因はがんではなく梅毒だった?!真相を探ります!

石原 裕次郎

本名:石原裕次郎 いしはら ゆうじろう• 生年月日:1934年12月28日• 没年月日:1987年7月17日(満52歳没)• 出生地:兵庫県神戸市須磨区 死没地 東京都新宿区信濃町• 身長:178 cm• 血液型:A型• 職業:俳優、歌手、声優、司会者、モデル、実業家• 配偶者:石原まき子(北原三枝)• 著名な家族:父・石原潔、母・石原光子、兄・石原慎太郎 若い頃の石原裕次郎さんは慶應義塾大学に進学したものの、オーディションを受けたが全て不合格に終わりました。 しかし石原裕次郎さんは兄である石原慎太郎さんの小説「太陽の季節」が映画化される際に兄である慎太郎さんからの推薦により映画「太陽の季節」の端役で俳優デビューを果たしました。 石原裕次郎さんが梅毒にかかっていた説を裏付ける要因がもう一つあります。 それは石原裕次郎さんの実の妻である女優の北原三枝さんです。 映画で共演した後に石原裕次郎さんと北原三枝さんは結婚しています。 しかし子供は生まれずに石原裕次郎さんは亡くなってしまいました。 松田聖子さんや妻である北原三枝さん以外の女性ともスキャンダラスな噂がたくさん出回っていた石原裕次郎さんですが最後まで子供を持つことは出来ませんでした。 夜遊びが好きにも関わらず子供が一切生まれなかったのは梅毒にかかっていたせいであり、それが石原裕次郎さんの死因となっているのではないかと言われています。 石原裕次郎に息子や娘がいなかった原因とは? 石原裕次郎さんの死因は梅毒であるという説が多く語られていますが、それは夜遊びが好きな石原裕次郎さんにもかかわらず子供が一切できなかったからだとされています。 しかし子供が一切できなかった説に関しては別の推測もあります。 それは放射線治療です。 石原裕次郎さんは若い頃にスキーで足を骨折した際に、本来ならば手術が必要なのにもかかわらず俳優の仕事を優先したために手術を拒否し何回もレントゲンを撮って病状を確認するという経験をしています。 この時に受けた放射線治療により子供が作れない体になったのではないとも言われています。 石原裕次郎のお墓 石原裕次郎さんのお墓は、万成石五輪塔で神奈川県横浜市鶴見区にある總持寺に立てられており、墓碑には石原裕次郎さんの妻の直筆で石原裕次郎さんの気持ちを代弁したような言葉が綴られています。 「美しき者に微笑を、淋しき者に優しさを、逞しき者に更に力を、全ての友に思い出を、愛する者に永遠を。 心の夢醒める事無く。 」 まとめ 今回は「昭和の大スター」と呼ばれた俳優の石原裕次郎さんについてご紹介しました。 石原裕次郎さんの死因に関する決定的な情報は石原裕次郎さんの死後約30年経った今でも不明ですがおそらくもう解明されることは無いでしょう。 石原裕次郎さんの死因の中で最有力候補と呼ばれているのは梅毒です。 本当にそれが死因なのかは分かりませんが石原裕次郎さんほどの素晴らしい俳優が子供を残せなかったのは残念で仕方ありません。 石原裕次郎さんのご冥福を心からお祈り致します。 あなたにオススメ.

次の

石原裕次郎の本当の死因はがんではなく梅毒だった?!真相を探ります!

石原 裕次郎

1934年12月28日 兵庫県神戸市に生まれる。 幼少期を北海道小樽市で過ごす。 父は汽船会社重役。 日本人離れした長い足で慶応高校時代はバスケットに熱中した。 1956年、兄・慎太郎の芥川受賞作の映画化『太陽の季節』に脇役として出演。 慶大を中退して日活に入社し、『狂った果実』で主演デビュー。 またたくまに銀幕の大スターとなる。 1963年、石原プロモーション設立。 第1回作品『太平洋ひとりぼっち』は第18回芸術祭賞を受賞。 70年代に入ると活躍の舞台をテレビに移し、「太陽にほえろ!」「西部警察」で頼れる "ボス" と、幅広い世代に支持される。 同時に歌手としても500曲以上を吹き込み、「銀座の恋の物語」「ブランデーグラス」などのヒット作を生み出した。 1987年7月17日、逝去(享年52)。 プロフィール.

次の