僕は君の事が好きだけど君は僕を別に好きじゃないみたい。 back numberの『僕は君のことが好きだけど 君は僕を別に好きじゃないみたい』の...

僕は君の事が好きだけど君は僕を別に好きじゃないみたい 歌詞「back number」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

僕は君の事が好きだけど君は僕を別に好きじゃないみたい

内容紹介 back number 5thアルバム『シャンデリア』12月9日リリース決定! back number 5枚目のアルバムとなる『シャンデリア』のリリースが決定しました! それぞれ内容の異なるDVD付の初回限定盤A、Bと、通常盤の3形態でリリースされ、初回限定盤・通常盤の初回プレス分には2016年のツアー アリーナ公演 のチケット先行応募シリアルナンバーが封入されます。 SISTER 大塚製薬 ポカリスエット イオンウォーターCMソング 02. サイレン 03. ヒロイン JR SKISKI CMソング 04. 僕は君の事が好きだけど君は僕を別に好きじゃないみたい 05. 泡と羊 サンスタートニックシャンプーキャンペーンソング 06. ミラーボールとシンデレラ 07. 助演女優症2 09. 東京の夕焼け 10. Liar 11. アップルパイ 12. 『JR SKISKI』CMソング「ヒロイン」をはじめ、大塚製薬『ポカリスエット イオン ウォーター』CMソング「SISTER」、『NTTドコモ』CMソング「手紙」、『サンスタートニックシャンプー』キャンペーンソング「泡と羊」他を収録。 C RS とても素敵な曲が並んでいて、CDとしてとても大満足でした。 シングルやタイアップ曲が多いのでどれも有名で、売れるべくして売れているのでしょうが、聞き込んでもやっぱりいい曲ばかりですね。 限定版Bを選んだのはMV目的でした。 すべて良かったですが、個人的には『手紙』のMVが印象的でした。 そして限定版Bとしての感想はMVの良さは言うまでもなく、ショートフィルムの3本がいずれも良かったです。 予想外と言っては失礼ですが、3本とも個性的で良かったです。 繰り返し見てしまいました。 MVは今後も見られる機会はあるのかもしれませんが、このショートフィルムが埋もれてしまうのはもったいないです。 ぜひこちらも見て頂きたいですね。

次の

僕は君の事が好きだけど君は僕を別に好きじゃないみたい back number 歌詞情報

僕は君の事が好きだけど君は僕を別に好きじゃないみたい

実らない片想い。 そんなものはこの日本に、腐るほどあるのだろう。 ある人は恋が実らずフラれ、ある人は恋が実るけど3ヶ月でフラれ、ある人は告白され、そこから好きになったら逆にフラれるという世の中だ。 なんだ恋とは難しいな。 ところで、こんな曲を知っているか?バックナンバーが歌う「僕は君の事が好きだけど、君は僕を別に好きじゃないみたい」だ。 歌詞を読んで、自分事の様でビックリした。 こんなエピソードが歌になり、日本で数多く聞かれるのなら、僕の同士は10万人も100万人もいるのだろう。 歌は、共感された数だけ広まっていく。 君が運命の人だ。 君のために全てを捧げる。 そう思えば思うほど、君が魅力的に感じた僕からは遠ざかるのだろう。 でも仕方ないじゃないか。 君が僕を好きだと伝えたあの日から、僕は君を好きになったのだから。 もう、昔みたいに笑い合える姿は想像できない。 もう、戻ることなんてないのだ。 これからはお互い別々の道を歩んでいく。 別れたなんて一言で済むはずもなくて。 一緒に笑い合った時間を、憎むことなどできなくて。 もし僕がもっと経験値があれば、こんな結末にならなかったのかな、なんて考える。 でも、もしかしたら君は、これから先に出会う誰かと、違う結末を迎える為の経験値かもしれなくて。 それはまだ分からなくて、この先5年も10年も生きてみないと、答えが出るはずもなくて。 でも、この恋に、後悔はないと言える。 また少しずつ、前に進んでいこう。 keita1711.

次の

僕は君の事が好きだけど君は僕を別に好きじゃないみたい

僕は君の事が好きだけど君は僕を別に好きじゃないみたい

実らない片想い。 そんなものはこの日本に、腐るほどあるのだろう。 ある人は恋が実らずフラれ、ある人は恋が実るけど3ヶ月でフラれ、ある人は告白され、そこから好きになったら逆にフラれるという世の中だ。 なんだ恋とは難しいな。 ところで、こんな曲を知っているか?バックナンバーが歌う「僕は君の事が好きだけど、君は僕を別に好きじゃないみたい」だ。 歌詞を読んで、自分事の様でビックリした。 こんなエピソードが歌になり、日本で数多く聞かれるのなら、僕の同士は10万人も100万人もいるのだろう。 歌は、共感された数だけ広まっていく。 君が運命の人だ。 君のために全てを捧げる。 そう思えば思うほど、君が魅力的に感じた僕からは遠ざかるのだろう。 でも仕方ないじゃないか。 君が僕を好きだと伝えたあの日から、僕は君を好きになったのだから。 もう、昔みたいに笑い合える姿は想像できない。 もう、戻ることなんてないのだ。 これからはお互い別々の道を歩んでいく。 別れたなんて一言で済むはずもなくて。 一緒に笑い合った時間を、憎むことなどできなくて。 もし僕がもっと経験値があれば、こんな結末にならなかったのかな、なんて考える。 でも、もしかしたら君は、これから先に出会う誰かと、違う結末を迎える為の経験値かもしれなくて。 それはまだ分からなくて、この先5年も10年も生きてみないと、答えが出るはずもなくて。 でも、この恋に、後悔はないと言える。 また少しずつ、前に進んでいこう。 keita1711.

次の