エホバ の 証人 輸血 拒否 事件。 憲法判例 エホバの証人 輸血拒否事件の概要と判例の趣旨をわかりやすく解説

エホバの証人

エホバ の 証人 輸血 拒否 事件

ものみの塔は1998年の記事の中でエホバの証人が「偽りの非難の標的にされ」ていることを取り上げ、次のように述べました。 しかし4年前の 自らの雑誌の中では輸血を拒否して亡くなった若者たちを称えて次のように述べています。 ) エホバの証人は医学的な面と宗教的な面を分けて考えることができない傾向があります。 それは「ものみの塔」の教育の影響のためです。 輸血に代わる「最善の医療」があるので輸血は必要ないと考えるのです。 しかし実際には輸血が唯一の救命手段であるというケースは多く存在します。 「輸血を拒否して死ぬ」という事実を認めたくないのは一種の防御反応のようなものなのかもしれません。 しかし防御反応が出ないときには多くの若者が輸血拒否を貫いて死んでいるという事実を認めるのです。 それが二つ目の引用に表れています。 子どもたちが示す信仰 子どもたちは大人と同じような信仰を表すことはあるでしょうか?確かにあります。 イスラム教徒の一人の女性は「わたしは子供たちを愛しています。 しかしムスリムとして私たちは無理してでも祖国の益のために自分の感情を犠牲にしなくてはなりません。 個人の関心事よりも、より偉大な関心事を優先しなくてはならないのです」と述べました。 そして彼女の子供のうち3人が自爆テロで命を犠牲にし、そのうちの一人は17歳でした。 エホバの証人の子供たちの中にもたとえ死ぬことがあっても輸血は拒否するという立場を自ら表明する子がいるかもしれません。 しかし考えなくてはならないのは、そのような未成年の子供たちが下した判断がどれだけ決定的なものかということです。 子供のころに親と共にエホバの証人として生活していた人が成人してから親の選択していた組織を離れるということは非常に多くみられることなのです。 なぜその子供たちは大人になってから組織を離れるのでしょうか?その一番大きな要素は 子供のころは知ることができなかった事実を知り、信仰を否定するようになるということです。 それは何を意味するでしょうか?それは子供のころに選択していた事柄は決して 「インフォームド・コンセント」や「インフォームド・チョイス」ではなかったということです。 選択の余地をもたない子どもたち ものみの塔協会は、エホバの証人の子供たちが国歌斉唱や誕生日の祝いに加わらない理由を説明することができるように「訓練」するように教えています。 そして「正しい」返答ができるように訓練されるのです。 そのような訓練を受けた子供は大人に対しても雄弁に答えることができます。 次の例を見てみましょう。 ・・・ですからわたしたちは,17ページで取り上げた若いクリスチャンが裁判所に対し,『輸血は私の体に対する侵害で, 強姦のようなものだと思う』と述べた理由を理解できます。 たとえ性的暴行による淫行が法的に認められたとしても,クリスチャンの女性が年齢のいかんにかかわらず,抵抗もせずにおとなしく強姦されるということがあるでしょうか。 同様に,同じページで取り上げた12歳の少女は,次のようにすることについて一点の疑問も残しませんでした。 『裁判所が輸血を許可しても, 全力を振り絞って闘います。 叫んだり暴れたりします。 腕から注入器具を引き抜き,ベッドのわきにある血液バッグを処分するつもりです』。 彼女は,神の律法に従うことを堅く思い定めていました。 裁判という特別な場で輸血が「強姦のようなものだと思う」と述べたり、「輸血を許可しても、全力を振り絞って闘います」といった誇張表現を使う個人がいても構いません。 しかし驚くのは、「ものみの塔」の執筆者が「 裁判所が輸血を命令もしくは許可した場合,クリスチャンはどれほど必死に抵抗すべきですか」という質問のもとに、その対応の代表例としてこれらの言葉を書き記しているところです。 しかも「叫んで暴れ」「腕から注入器具を引き抜く」と述べているのは12歳の少女です。 近年ヨーロッパの国も含め、幾つかの国でエホバの証人を法的に認可することを疑問視する動きが見られます。 どこにおいても共通している懸念事項に輸血拒否を信者に強要し、それに従わない者を排斥処分にしているという点があります。 ものみの塔の代表者は輸血拒否は 信者が自分で選んでいるにすぎないと主張します。 しかし上記の記事を見る限り、信者である以上、その人に輸血拒否以外の選択肢などないのは明らかです。 政府が輸血拒否とそれに伴う排斥の教えに問題視する際に、エホバの証人は自分たちが「義のために迫害されている」などと思うべきではありません。 政府は健全な社会を守る義務を感じており、信仰の自由を最大限認めつつも、許容できない非社会的行動というものを輸血拒否の教理の中に見出しているのです。 それは皇帝崇拝を強要してクリスチャンを迫害した古代ローマ世界とは全く異なります。 「腕から注入器具を引き抜き,ベッドのわきにある血液バッグを処分する」と述べた12歳の少女は生涯エホバの証人として生きるのでしょうか?そうかもしれません。 しかし親の影響から離れ、物事を自分自身の目で見ることができるようになったとき、違う歩みを始める可能性は十分あります。 確実に言えるのは彼女がもし死亡したら、その時点で選択肢が失われるということです。 このような事を考えると、未成年の子どもたちは時に社会が守る必要があるということを感じざるをえません。 へ進む に戻る 記事の終わり.

次の

輸血を拒否する患者さん。自己決定権をどこまで尊重するか悩ましい

エホバ の 証人 輸血 拒否 事件

> > 憲法判例 エホバの証人 輸血拒否事件の概要と判例の趣旨をわかりやすく解説 エホバの証人 輸血拒否事件 (最3判平成12年2月29日) 事件番号 平成10 オ 1081 エホバの証人というキリスト教の1つの宗派では、 「輸血は神によって禁止されている」と聖書を解釈しています。 このエホバの証人信者のAさんは、 宗教上の信念から輸血を拒否する 固い意思を有していました。 悪性の肝臓血管腫との診断を受けたAさんは、 輸血をしない手術を期待して、 無輸血手術の実績のある病院に入院し、 医師に輸血拒否の意思を伝えました。 病院はエホバの証人の輸血拒否の意思を尊重し、 できるかぎり輸血はしないが、 輸血以外に救命手段がない事態に至った時は、 患者及びその家族の諾否に関わらず、 輸血する方針を取っていましたが、 医師らはAさんの治療拒否を懸念して、 この方針の説明をしませんでした。 医師は輸血の必要が生じる事態の可能性を承知し、 輸血の準備をし、Aさんに対する手術を行い、 輸血しない限りAさんを救命できないと判断し、 輸血しました。 手術後に輸血の事実を知ったAさんは、 国と医師らに対して 損害賠償を請求しました。 裁判所は、 Aさんの宗教上の理由で輸血を拒否するという 明確な意思表示を有している場合、 このような意思決定をする権利は、 人格権の内容として尊重されるとしました。 無輸血手術を期待して この病院の手術を希望したAさんに対して、 医師らは、輸血の可能性を説明し、その上で、 Aさんに手術を受けるかどうかを 判断してもらうべきだったとしました。 医師らはこの説明を怠ったことで、 Aさんの手術を受けるかどうかの意思決定する権利を 奪った点で、 Aさんの人格権を 侵害したと裁判所は判断し、 Aさんの請求を認めました。 全文は 自己決定権は憲法13条により 新しい人権の1つとして保障されます。 この事件では、自己決定権の生命、 身体の処分の権利として インフォームド・コンセントと 治療拒否の権利が争われました。 原審ではこの自己決定権をストレートに認め、 医師の説明義務と患者の選択権に 導きましたが、本判決は、 宗教上の信念に基づく 輸血拒否を人格権の一部として 認めたにすぎないものとなっています。 ・ ・ ・ ・ ・ スポンサードリンク 関連記事• PV数ランキング• 民法初学者の部屋(民法総則・物権・債権総論) これから法律を勉強したい方、興味があるけど 何から手をつければいいのかわからないという方に向けて、 指針を示... 行政法総論(行政法の一般的な法理論) ・補助機関・執行機関・監査機関・参与機関・諮問機関とは? ・許可・特許・認可の違い ・不可争力・不可変更力とは... リラックス法学部 >リラックス解説 > 「又は」と「若しくは」、「及び」と「並びに」の違い 「又は」と「若しくは」 「又は」と「若しくは」は... 憲法の判例についてわかりやすく解説します。 ・マクリーン事件 憲法21条1項・外国人の人権 ・定住外国人地方選挙権訴訟 外国人の地方参政権 ・東京都管... 法令用語や、言い回し、わかったようでわからないモヤモヤしがちなところを リラックスヨネヤマが限界まで噛み砕いてわかりやすく解説します。 ・憲法判例 ・民法判例 条文別 ・民法判例 事例別 総則 ・民法判例 事例別 物権 ・民法判例 事例別 債権 ・民法判例 事例別 相... ・民法【総則】試験対策・要点まとめ ・民法【物権】試験対策・要点まとめ ・民法【債権】試験対策・要点まとめ... リラックス法学部 >民法をわかりやすく解説 > 法定地上権をわかりやすく解説 わかったようでわからない法定地上権を リラックスヨネヤマが限界まで噛み... リラックス法学部 >憲法判例>わかりやすい憲法判例 朝日訴訟(生存権)の概要と判決の趣旨をわかりやすく解説 わかりやすい憲法判例 朝日訴訟(生...

次の

「エホバの証人」輸血拒否事件 控訴審

エホバ の 証人 輸血 拒否 事件

誤解: エホバの証人は医療や医薬品に対して否定的な見方をしている。 事実: わたしたちエホバの証人は,自分と家族が可能なかぎり良い医療を受けられるようにしたいと考えています。 病気になった時は,無輸血で医療処置や手術を施してくれる医師にかかります。 わたしたちも,医療の分野における進歩をありがたく思っています。 また,エホバの証人の患者を治療するために開発された無輸血の治療法は,今では地域社会の他の人々に対しても使われています。 患者がそのような治療を選択し,血液由来の病気,免疫系の反応,人為的ミスなど,輸血に伴うリスクを回避できるようになっている国は少なくありません。 誤解: エホバの証人は,信仰によって病気を治せると考えている。 事実: わたしたちは信仰治療は行ないません。 誤解: 無輸血治療は,お金がかかる。 事実: 輸血を回避する医療処置のほうが費用効率は良くなります。 誤解: 毎年,大勢のエホバの証人が大人も子どもも,輸血を拒否したために死亡している。 事実: これは全く根拠のない主張です。 心臓手術や整形外科手術や臓器移植など,複雑な外科的処置が無輸血で施されることは少なくありません。 子どもを含め,輸血をしなかった患者の術後の経過は多くの場合,輸血をした人と変わらないか,それよりも良好です。 いずれにしても,輸血を拒むと死ぬとか,受けると生きられる,などとはだれにも言えません。 複雑な手術も輸血なしで行なわれ,成功している 医学界では一時期,無輸血医療は極端であり自殺行為に等しい,とさえ見る向きがありました。 しかし近年,そのような見方は変わってきています。 例えば,ある医学雑誌に2004年に掲載された記事には,「エホバの証人に対して用いるために開発された技術の多くは今後,標準的な手法となってゆくだろう」と述べられています。 今では世界中に,血液温存法を用いて複雑な手術を輸血なしで施す医師たちがいます。 輸血に代わるそのような方法は,発展途上の国でも用いられており,エホバの証人以外の患者でもそれを希望する人は少なくありません。

次の