玉野 市 観光 協会。 公益社団法人玉野市観光協会(団体ID:1571728995)/団体情報

つやま小旅│津山市公式観光サイト

玉野 市 観光 協会

横浜港発着のクルーズ船で新型コロナウイルスの集団感染が起きたことを受けクルーズ船の誘致に力を入れている岡山・香川の自治体の観光戦略に影響が出ています。 現地を取材しました。 (報告 岸下恵介アナ) 「玉野市の宇野港です、こちらはクルーズ船が到着する場所なんですが、2020年はその姿を一度も見せていません」 玉野市の宇野港では5万トン級のクルーズ船が停まれるように大型客船バースを整備し、2006年5月から供用を始めました。 毎年、国の内外のクルーズ船が寄港していますが、2020年は新型コロナウイルスの影響で現時点で9月まで、23回の寄港すべてが中止になっています。 (玉野市観光協会 岡本章弘専務理事) 「国と岡山県と玉野市が協力し合って誘致活動をしている、入ってこられたお客様については玄関口である、宇野港でおもてなしをする。 楽しみにしている人は多いですね」 2017年4月の映像です。 宇野港では港町のにぎわい創出につなげるため、クルーズ船の到着に合わせてマルシェなどの歓迎イベントが行われています。 しかし2020年は全て中止になりました。 また、県と連携してクルーズ船で来岡した外国人観光客を県内の観光地に取り込む狙いもありますが、2020年はそういった観光戦略も図れません。 (岡山県 伊原木隆太知事) 「なかなか海外からのお客様、まだまだ時期尚早ということになろうかと思いますけれども、感染が収まったときにまたたくさんクルーズ船のお客様にお越しいただけるように我々としてもいろいろな準備を進めていきたいと思っています」 新型コロナが影を落とす港町の観光戦略。 クルーズ船は10月以降5回、宇野港への寄港を予定していますが、感染状況次第で先行きは不透明だということです。 (玉野市観光協会 岡本章弘専務理事) 「次のアフターコロナの体制を今整えていっているところです、みんなで耐えて生き残って次に花開く」 一方、高松港でも2020年、17回のうち14回の寄港の中止が決まっていて高松市の大西市長は「新型コロナウイルスが収束した時に備えクルーズ船を迎える準備を進めたい」としています。

次の

クルーズ船相次ぎ中止に…観光戦略に新型コロナ影響【岡山・香川】

玉野 市 観光 協会

ホテル タイプ別• ホテル クラス別• 人気の設備・サービス• 観光スポット周辺• 空港周辺• 玉野市観光協会周辺の観光スポット• 玉野市の人気カテゴリ• 玉野市で検索数の多いキーワード• window. page. init JSON. tripadvisor. page. init JSON. tripadvisor. TripResearch. attractions. jaxrs. desktop. rollupAmdShim. userAgent. indexOf 'MSIE 10. userAgent. toLowerCase. userAgent. toLowerCase. indexOf "msie 11. appVersion. height - window. userAgent. test navigator. test navigator. plugins['Shockwave Flash']. ShockwaveFlash'. RequestFileSystem window. webkitRequestFileSystem; if! fs typeof fs! exportTo exports, "ta. rollupAmdShim. getAttribute 'data-clickSource' , 'label': el. source, action "CLICK", label info. define. querySelector ". classList. querySelector ". messageContainer. messageContainer. getAttribute "data-persist-once-per-geo" ; taRecord. querySelector ". primaryText[data-link]. target. split ' ' ; taRecord. addGARecordMevt. apply taRecord, babelHelpers. trackElement event. target, widget. target. classList; if classList. rollupAmdShim. define. getElementsByClassName "contentChoice" [0]. img. naturalWidth! document. body. A width of 0 indicates the element is not visible. Don't send another. require ["trhtml! We don't need its content. querySelector '. mapImg' ; if! newContainer! define. clearAll 'trating' ; filters. fireEvent clickTabEventName, document. define. element. find ". questions" ; if! util. error. element. find ". find ". finalMessage". element. find '. answer'. target ; if! answerElem. closest ". util. error. closest ". element. find ". questions" ; if! util. error. record! questionElem? find ". checkbox-checked". find ". removeClass "checkbox-border" ; answerElem. find ". attr "data-security-token" ; if! util. error. param rather than Object. toQueryString to generate url, since it seems that Object. js, which should not be present on newer responsive pages new ta. util. util. error.

次の

たまののおいしいグルメ

玉野 市 観光 協会

【重点事業 魅力あふれる観光地づくり推進のために】 今年度の重点事業として、以下の3点をかかげ、玉野市の観光地の再評価、再検証を行い、魅力あふれる観光地づくりの推進に繋げていく。 1.観光地としての土台の評価・検証 玉野市の観光地で、入込客数が多い観光地(*)及び、宇野港とその周辺、中心市街地、歴史的に価値ある地域等に特化して、観光地としての評価・検証を行う。 具体的には主として関係者や観光客からの聞き取りにより現状把握をし、観光客のニーズを整理し、観光地としての土台をより強固なものにするための取り組みや、改善に繋げていく。 *ご参考 玉野市の主な観光地の入込客数 (平成26年) みやま公園 129万人 みどりの館 みやま34万人 おもちゃ王国31万人 たまの湯1. 4万人 渋川マリン水族館8. 5万人 渋川海水浴場 5万人 (平成26年 総入込観光客数 233万人 *平成22年は280万人 5年間で47万人の減少) 出典:玉野市産業振興部商工観光課資料(平成26年) 2.観光地としての土台を基にした、新たな展開 既存の観光地において、新たなマーケットに対する取り組み。 観光地の新しい魅力の創造。 既存の観光地のイメージを、より魅力的にアピールする手法等を検討・実施する。 さらに、それらに必要な財源確保の可能性をさぐるなど、関連諸団体と連携しながら、実情に応じた、新たな取組みを推進する。 特に、海(港、船、海岸、砂浜、海の駅等)や、農業(見せる農業、体験できる農業、野菜、花)に視点を置いた観光振興についても、玉野市の観光素材としての新たな可能性を追求する。 3.観光地づくりを推進する組織や人材との連携 今まで連携していなかった組織や企業、人材との連携により、観光客にお金を落としていただく仕組み作りを行う。 たとえば、新たな連携として「みどりの館 みやま」「玉野市中心市街地活性化協議会」等、複数の企業・団体との連携により、関係各所において、観光振興に関するイベントや事業等、新たな取組みを実施する。 今後の活動の方向性・ビジョン 【基本方針】 <市内の諸団体等との連携と、広域連携の強化> 玉野全域に点在する観光資源が、それぞれ単独で集客するのではなく、互いに連携を深め、それぞれの良さを生かしながら、長時間の滞在型、滞在交流型、宿泊型の観光地を目指すための検討を進め、実施に繋げていく。 また、広域連携については、県内はもとより、近隣の自治体や団体とも連携を深め、広域に渡るツアー商品の開発を推進する。 <インバウンドの受け入れ> 近年、海外からの観光客が増加傾向にあり、国内では東京五輪を控える2020年までは順調に訪日観光客が増加し、2013年の2倍となる2千万人が日本を訪れると見込まれているが、瀬戸内国際芸術祭開催地の一つであり、外国船の停泊地である玉野市にも、外国人観光客が増加しつつあることから、インバウンド(海外から日本へ来る観光客)の受け入れについても、具体的な手法を検討し、実施に繋げていく。 たとえば、宇野港第一突堤に停泊する外国客船についても、岡山県や玉野市等と連携し、玉野市の観光施設や中心市街地に乗船客を引きこむ等の積極営業を行う。 <時代のニーズにあわせた観光振興のあり方の検証・実施> 玉野市には瀬戸内の美しい海や、豊かな自然、歴史に名を残す文化があるが、それらの価値を、今の時代の中で再検証、再評価し、観光資源としてより効果的に生かす観光振興のあり方を探ることとする。 また、玉野市における観光関連施設、宿泊施設の不足等、観光客のニーズを満たしきれていない状況を洗い出し、不足をなくしたり、補うための方策を、主に関係者へのヒアリングを中心に収集し、整理し、時代のニーズにあわせた観光振興のあり方を検討し、実施への道筋をさぐることとする。 (観光関連の数値資料は、玉野市観光振興計画等の調査数値を参考にする) 定期刊行物.

次の