ワールド トリガー 197。 ワールドトリガーのネタバレ感想197話!スパイダーはバイパーの誘爆狙い?|ワールドトリガー戦略室

ワールドトリガー最新話197話ネタバレ感想!那須隊の最終戦への強い想い!香取の秘策はまさかのスパイダー!!

ワールド トリガー 197

前回の194話終了時点で生駒隊と弓場隊が全滅、玉狛第二と二宮隊の一騎討ちとなっている。 玉狛第二はヒュースがベイルアウト、空閑が両手にダメージを負う苦しい展開。 一方の二宮隊は犬飼が左腕を二回欠損したとは言え隊としての戦闘力はほとんど落ちていない。 ただ、今回でついに幕を下ろしたランク戦ラウンド8。 果たして誰がベイルアウトしたのだろうか?さっそく195話のあらすじをチェックしていこう。 生存したのは玉狛第二の修と遊真、奇しくもランク戦ラウンド2 玉狛第二VS諏訪隊VS荒船隊 と同じ結果となった。 改めてランク戦を振り返ってみると、 ヒュース包囲網から始まり生駒隊の早期全滅、弓場VS二宮の1on1、そしてトリオンモンスターによる通常狙撃解禁にオッサムのハウンドと見所が満載だったように思う。 以下では管理人が選ぶ本戦のMVP2人と読者のみなさんの感想を紹介して筆を置きたい。 本戦での彼女の活躍は以下の通り。 通常ハウンドで二宮と辻を牽制• メテオラの暴発を固定シールドで防御• メテオラで外岡を釣り出し• メテオラ爆撃で二宮隊を攻撃 弾幕で修をサポート• レッドバレット狙撃で犬飼を重量化• 通常弾アイビスで辻を粉砕 何と言っても通常弾での狙撃を慣行、成功したことに千佳の大きな成長を感じた読者も多いだろう。 修の指示ではなく自分の意思を尊重しての狙撃であったため、次回以降の戦闘でも同様の戦果が期待できるに違いない。 全8試合行われたB級ランク戦とは今振り返れば アイビスで建物や環境を破壊することしかできなかった千佳の成長物語であったようにさえ感じられる。 千佳も主人公なんだなって。 ラウンド8における彼の活躍を簡単にまとめてみた。 東側戦線をコントロールし一部隊に点が偏るのを阻止• ヒュースの左足を銃撃で破壊• 弓場の水上撃墜をサポート• 弓場隊長相手に片腕を失うも時間稼ぎに成功• 千佳のメテオラ爆撃の大半を撃ち落とす• 死角からの修の射撃をシールドで防御• レッドバレット狙撃を腕で防御• 辻への狙撃を本人へ警告• 放心状態の千佳を銃撃でベイルアウト• 自発ベイルアウトで相手にポイントを渡さず 犬飼の直接的な撃墜ポイントだけを見れば最終盤で千佳をキルしただけだが、序盤から最終盤まで大車輪の活躍であった。 特筆すべきは序盤の東側戦線。 生駒隊の水上の意図を汲み取り戦況のコントロールに成功。 ひとつの部隊がポイントを総取りするような事態を防ぎ、エース二宮との合流に向けて巧みに時間を稼いだ。 さすがはマスタークラスのガンナー。 管理人の中では文句なしで二人目のMVPである。 ワールドトリガーのネタバレ感想195話!読者の考察 本物のトリオンモンスターが爆誕した件 千佳が撃たなければ玉狛は負けていたという事実が、千佳の力で修と遊真を守ったということを証明している。 千佳もまた、この戦いで証明してみせた1人なんだ。 — なかやん altocooksnowman ビルの窓割りながらの千佳の狙撃、自分の殻をぶち破った的な感じが天才すぎる — 壁田 kabewt ちょっと待って下さい 昨日までの雨取千佳と、今日から以降の雨取千佳は全然別の存在なんですよ。

次の

ワールドトリガー最新話197話ネタバレ感想!那須隊の最終戦への強い想い!香取の秘策はまさかのスパイダー!!

ワールド トリガー 197

〜もくじ〜• ワールドトリガー197話のあらすじ 上位最終戦は終了しましたが、隣の会場では、中位最終戦が行われています。 対するは、香取隊、那須隊、諏訪隊の三つ巴の戦いですが…。 ワールドトリガー197話のネタバレと感想 中位最終戦の実況は嵐山隊綾辻、解説は奈良坂と村上が担当しています。 上位最終戦の会場から人が流れてきたことで、今までの戦況の流れを簡単に説明する綾辻。 MAP選択権は那須隊で、市街地Cを選択していました。 市街地Cは階段状の高低差があり、スナイパーにとって有利なMAPとなっています。 香取隊、諏訪隊にはスナイパーがいないため、スナイパーのいる有利を活かそうという狙いです。 しかし序盤、転送位置は那須隊に不利に働き、香取隊が高台を陣取る展開となってしまいました。 それでも、那須のバイパーが縦横無尽に炸裂し、香取隊を圧倒しますが、諏訪隊の横撃を受けてしまいます。 そこから暫く三つ巴の睨み合いが続きますが、戦況を動かそうとした諏訪隊アタッカー笹森が那須隊へ襲撃。 それを察知した那須隊アタッカー熊谷が迎え撃ちますが、 相討ちに倒れ、笹森、熊谷両名はベイルアウトしてしまいます。 崩れた那須隊を襲撃しようとした香取隊ですが、 諏訪隊に側面から狙われ、香取隊アタッカー三浦も盾となりベイルアウト。 得点は現在、暫定9位の香取隊が0点、暫定10位の諏訪隊が2点、暫定12位の那須隊が1点となっている状態です。 暫定7位の弓場隊を超え、総合得点で上位入りするには、各隊4,5点が必要なため、生存点をとれるかどうかが鍵となっています。 各隊1人失って2対2対2の状態だね 盾となってくれるアタッカーはどの隊にもいないため、状況次第では一気に試合が決する可能性があると実況する綾辻。 須隊隊スナイパー日浦は、自分にとって優位MAPであるにも関わらず、高外を陣取ることができていません。 しかし 日浦は、スナイパーの定石である、隠れてチャンスを伺う戦い方をせず、存在をアピールする戦い方をしています。 低い場所からでも、ガンガン狙撃を繰り出す日浦、那須と連携して諏訪隊に食い下がります。 一方香取隊は、攻めの強さを持ち味とする香取の動きが消極的です。 以前から単独行動を若村に指摘されていた香取、この最終戦は若村の慎重な指示に従うと決めていました。

次の

【画像】ワールドトリガー197話(ジャンプSQ2020年7月号)のネタバレ画像

ワールド トリガー 197

15,581• 3,708• 7,470• 2,016• 217• 1,633• 497• 598• 169• 116• 11,294• 103• 1,477• 1,568• 540• 276• 372• 544• 130• 272• 364• 196• 295• 226• 329• 446• 213• 126• 427• 237• 116• 139• 2,186• 772• 398• 114• 258• 176• 151• 129•

次の