コルゲート ハイ インパクト。 評判のコルゲートハイインパクトの効果は本当だった!自宅で歯を白くできるよ!

歯を白くする最強のホワイトニング歯磨き粉!コルゲート「オプティックホワイト プラチナム(ハイインパクト)」を試した私の口コミ│そらいろブログ

コルゲート ハイ インパクト

ハイインパクトホワイト(目に見える白さを求める人に)• エクスプレスホワイト(3日以内に白くする)• ラスティングホワイト(白さをキープする)• トゥースペースト(普段使いの歯磨き粉) ちょっとイマイチ違いが分からないのですが、ハイインパクトホワイトやエクスプレスホワイトはホワイトニング成分が2倍含まれており、より高い効果を期待できるようです。 どれも日本製の歯磨き粉には含まれない 過酸化水素が配合されており、使い続けるうちに確実に歯が白くなります。 歯磨き粉の他にもポリッシングチップやマウスウォッシュなどのラインナップがあり、シリーズ使いすることで効果的に歯のステインを落とせます。 フッ素など虫歯予防成分も含まれていることに加え、 5ドル~9ドル前後で購入できる安さも魅力のひとつです。 OPTIC WHITE歯磨き粉の口コミ コルゲート社のホームページにある口コミを抜粋してみました。 OPTIC WHITEのイマイチな口コミ• 酷い知覚過敏で冷たいものが食べられなくなった。 歯茎や粘膜にも影響があった• 歯茎がひりひりして出血した• 白くはなったが使って2週間後に痛みが出た 圧倒的に気に入ったという口コミが多いのですが、 一方で知覚過敏や痛みが出たという口コミもありました。 先日アメリカに行った時にOPTIC WHITEをゲット!実際に試して口コミの程をチェックしてみました! コルゲートのオプティックホワイトを実際に使ってみました 先日アメリカで買ったColgateのoptic white。 私が事前に調べた中にはなかった、スパークリングホワイトというものを買いました。 「whiter teeth within 1week(1週間以内により白い歯に)」とあります。 見た目は普通の歯磨き粉。 成分をみるとちゃんと過酸化水素が配合されているので、使い続けるうちに白くなるのは確かだと思います。 ただ、使ってみると、 やっぱり日本の歯磨き粉よりは辛くて刺激が強め。 確かに、その方法じゃないと刺激が強いので、早く口から出そうとして、歯磨きがついついおろそかになっていまいます。 また、歯以外にも、口の粘膜や歯茎など全体的に歯磨き粉が行きわたることになります。 刺激が強いので、 口内炎ができやすかったり、口の中がただれやすいなどトラブルがある場合は使用を控えたほうがいいかもしれません。 海外製品の場合、歯のエナメル質が厚い欧米人用に作られており、説明書きが英語で分かりにくいというのがデメリットです。 また、過酸化水素が日本の歯磨き粉に含まれないのは、 法律上許可されていない=日本では安全性が認められていないということになります。 色んなホワイトニング歯磨き粉今まで試してきた管理人ですが、一番のお気に入りは 「ちゅらトゥースホワイトニング」です! ちゅらトゥースホワイトニングは沖縄の健康食品会社チュラコスが販売するホワイトニング歯磨き粉です。 >><< 10円玉の汚れがどれだけ落ちるか他のホワイトニング歯磨き粉と比較してみました。 ちなみに比較したホワイトニング歯磨き粉はポリリン酸を主な有効成分としている歯磨き粉です。 歯みがき粉を10円玉に塗って20分置いてみました。 すると… 結果は一目瞭然!ちゅらトゥースホワイトニングは歯磨き粉を塗った部分だけキレイに汚れが落ちています! 汚れが落ちる理由は、歯にダメージを与えない リンゴ酸やビタミンCで歯の汚れを浮かせ、アミノ酸高分子のPPA(ポリアスパラギン酸)が汚れをしっかり包み込んで剥がすから。 さらにウーロン茶エキスのGTOが虫歯予防として働き、有効成分のアラントインが歯肉炎や歯茎の腫れを予防してくれます。 私も実際に使ってみてますが、少しづつ歯の黄ばみが落ちてきているなと実感しています。 ホワイトニングと一緒に歯茎&虫歯ケアもしたい人• 歯の着色を落とし本来の白さをとりもどしたい人• 歯を傷つけることなく安全に白さをとりもどしたい人 ちゅらトゥースホワイトニングは 歯に着色した汚れを分解し落とすことで歯本来の白さを取り戻すホワイトニング歯磨き粉です。 歯医者さんで行うホワイトニングは過酸化物という漂白効果のある刺激の強い薬剤を使用しています。 日本ではこの過酸化物を一般の商品に配合することは安全性の面から禁止されているのですねー。 なので、ちゅらトゥースホワイトニングで歯医者さんのホワイトニングと同じような効果は得られませんが、 毎日安全に使えて、自然な歯の白さを目指す人にはおすすめです! 私も使い始めて 2か月くらいから犬歯の黄ばみが和らいできたと感じました。 ただ、歯の元々の色も個人差がありますし、長年の飲食で蓄積されたステインの場合は時間が少し掛かってしまうかもしれません。 ちなみに通販限定ですが、 アマゾンや楽天では購入できないので公式サイトをチェックしてくださいね! >>.

次の

【海外製・最強】ホワイトニング歯磨き粉の人気おすすめランキング6選|Besme [ベスミー]

コルゲート ハイ インパクト

最近携帯のカメラの進化、インスタグラムやフェイスブックなどのSNSの発達で、自撮りを撮ったり写真を撮りあったりする機会がぐんと増えましたね。 そんな時自分の歯の白さが気になった事ってありませんか? 写真に一緒に写った友達の歯の方が白くてがっかりしたり、気分が沈んでしまったりした経験がきざくらにもあります😢 特に以前、アメリカに3か月滞在する事が決まった時には「自分の歯黄色い!どうしよう!」ってめっちゃ焦りました💦💦 なぜってアメリカ人て歯に対する美意識がすごく高くて、みんな白くてキレイな歯並びをしてるじゃないですか? 「この子歯の色汚いなとか、きちんと手入れしてないの?」なんて思われたら嫌だなって思ってしまったわけです😥 でも歯医者でホワイトニングしてもらうとか高いし・・・・なんとか自分で歯を白くする方法がないか調べてみたんです。 自宅で超簡単に歯を白くする方法 自宅で超簡単に歯を白くする方法、それは・・・・ アメリカ製の歯磨き粉を使う事! アメリカ製の歯磨き粉を使って毎日ふつうに歯を磨くだけで、日本製の歯磨き粉を使うよりも断然歯が白くなっていきます! もう少し詳しく言うと 「 過酸化水素」や「過酸化尿素」 が含まれている歯磨き粉を使う事です。 日本人は歯のエナメル質が薄い傾向があるため、日本ではこの「過酸化水素」・「過酸化尿素」を歯磨き粉に高濃度で配合することが制限されているんです。 歯医者さんに行けば、この「過酸化水素」・「過酸化尿素」を高濃度で配合したホワイトニング剤で施術してくれますが、お金も時間もあまりかけたくないですよね? アメリカでは、高濃度の「過酸化水素」・「過酸化尿素」を配合した歯磨き粉が普通にスーパーや薬局で手に入ります。 そしてこれらの製品は日本にいながら通販で簡単に手に入りますので、アメリカの歯磨き粉を日本でも使え、自宅で簡単に歯を白くする事が出来る!というわけなんです🌟 おすすめアメリカ製歯磨き粉 スーパースマイル こちらはアメリカのスーパーモデルやセレブ達の愛用者が多いです。 使用感は、 💗あまり泡がたたないけどスルスル歯の汚れが取れていく! 💗歯をみがいた後の爽快感がはんぱない! 💗歯がつるつるになる 💗歯が白くなるのが早い などです。 「スーパースマイル」は、審美歯科のパイオニアとして世界中にその名を轟かせる、アーウィン・スマイゲル博士によって開発されました。 アメリカはもちろん世界中の歯科医師がすすめる歯磨き粉として、長年にわたり爆発的なヒットを続けています。 歯の汚れの原因をご存知でしょうか?コーヒーやお茶、赤ワイン、たばこなどによる汚れや着色、食べかすによる歯垢は、歯そのものに直接付着するのではなく、歯の表面につくられるタンパク質の膜(プロテインペリクル)に付着します。 「スーパースマイル」に含まれる独自成分カルプロックスは、このプロテインペリクルにアプローチしてお口の中を清潔に保ちます。 これにより、従来の研磨剤で削りとる方法では難しかった細かい部分の清浄まで可能になっています。 歯の汚れを強力にとり去るような粗い研磨剤は含んでいません。 強力な研磨剤は、歯のエナメル質まで傷つけてしまう恐れがあるからです。 エナメル質に傷がつくと、その傷に汚れが付着しやすくなり逆となってしまいます。 カルプロックスの他にも健康的な口内環境を守るため、フッ素成分やベーキングソーダも配合。 白さが際立つ健康で美しい口もとを目指す方はもちろん、お口の健康が気になる方、さわやかな息を目指す方などを幅広くサポートします。 乾いた歯ブラシに使用する泡立ちが少ないタイプです。 水が少量で済むのもうれしいポイント。 「スーパースマイル」で1日2回、少なくとも就寝前にしっかり磨いて、白い歯と高の笑顔を取り戻しましょう。 購入する時の注意点ですが、スーパースマイルにはアメリカ製と日本でライセンス生産されたものがあります。 (日本製の物には「過酸化尿素」が含まれていません) さらにアメリカ製の中に、「過酸化尿素」が入っているタイプと入っていないタイプとがあります。 「過酸化尿素」が入っている物は、という商品名になります。 オリジナルのスーパースマイルでもホワイトニング効果は高いですが、歯をより白くしたい方は「スーパースマイル アクセラレーター」の方を使う事をおすすめします。 少しややこしいですが、アメリカ製のスーパースマイルかどうか確認してから購入する。 より歯を白くしたければ「スーパースマイル アクセラレーター」を選ぶ。 こう覚えるとすこし分かりやすいと思います。 コルゲート オプティックホワイト 3DAYS エクスプレスホワイト コルゲートはきざくらがメインで使っている歯磨き粉です。 スーパースマイルよりもコスパが良く種類も豊富です。 使用感は、よく泡立ち毎日使用する事によって、歯を自然な白さにしてくれます。 もう3年ほどコルゲートを愛用していますが、種類はその時の気分でいろんなタイプを選んで買っていますよ🌟 その中でもお気に入りの、ホワイトニング効果の高さを感じるのがこちらです。 3日で白くなると言っているだけあって、確かに歯が白くなるのが早いなって感じます。 少しゆるめの滑らかな歯磨き粉です。 コルゲートの歯磨き粉シリーズの中でも、3日で白くなるホワイトニング用歯磨き粉『エクスプレスホワイト』のご紹介です。 従来の歯磨き粉に比べて2倍ホワイトニング効果がアップしたことで、ご使用により3日目からホワイトニング効果を実感できる歯磨き粉です(使用感には個人差がございます)。 歯の表面を傷つける荒い研磨剤は使用しておりませんので、エナメルをキズつけることなく歯を白くします。 香りは爽やかなフレッシュミントの味です。 最も効果的なのは4週間使い続けることですが、早ければ3日の使用で、白く美しい歯が実感できます。 アメリカ製の歯磨き粉を使うときの注意点 購入する時はアメリカ製か確認すること。 アメリカ製でも「過酸化水素」・「過酸化尿素」が含まれていないタイプの製品もあるため、商品の詳細をよく確認すること。 また日本人は歯のエナメル質が薄い傾向があるため、アメリカ製の歯磨き粉で刺激を感じる人がいるかも知れません。 その場合はすぐに使用を中止することをおすすめします。 歯の着色を防ぐ裏技3つ 歯を水で濡らすと汚れが付きにくい 乾いたお皿より濡れたお皿の方が汚れが付きにくいですよね?水が汚れを弾いて汚れが付きにくくなるのは歯も同じです。 食事の前に お水を飲んで口の中を湿らせておくと歯に汚れがこびりつくのを防げます。 コーヒーや赤ワインなどの着色しやすい飲み物を飲むときには、お水も一緒にとる様にすると着色しにくくなります🌟 水がない時は唾液で着色を防ぐ 唾液にはあまり良いイメージがありませんが、実は口の中の汚れやニオイのもとを洗い流してくれるとても大事な働きをしているんです。 もし食事をするときにお水がないようならば、唾液で歯の表面を濡らすだけでも、汚れを付きにくくする効果がありますよ🌟 歯がみがけない時は綿棒が効く 歯の着色を防ぐためには、食事をしたら歯に染み付く前に汚れを落とすことが重要ですが、いつでも歯磨き出来るわけではありませんよね? そんな時はうがいをするだけでも効果がありますが、もしうがいすら出来ない何ていう時は、歯の表面を綿棒で縦にすべらせるだけで直前の食事の着色汚れを取り去ってくれます。 そんな使い方があるなんて、綿棒は優秀ですね🌟 まとめ 「歯を白くしたくて色んな種類のホワイトニング歯磨きを試してきたけど、ぜんぜん変わらない!」 「商品説明を読むとすっごく効きそうなのになんで効かないの?」 こんなふうに、きざくらもずっとモヤモヤしていました。 なので病気や虫歯にならないようにサプリメントや歯磨き粉なんかの種類も多く、優秀なものが多い!というわけなんですね! 記事の最初にきざくらが友達と写真を撮った時に「自分の歯の黄色さにがっかりした」と書きましたが、その歯の白い友達は自前のマウスピースにホワイトニング剤を塗って、それを寝る時に装着して歯を白くしていると言っていました。 マウスピースとかホワイトニング剤って、歯医者さんでしか手に入らないイメージですけど、マウスピースってアマゾンとかでも売ってるんですね。 使った事がないのでサイズが合うのかとかちょっと分からないんですけど、コルゲートの口コミで歯に直接塗って時間をおいたら白さが増した!なんて言う方もいらっしゃるので試してみるのも良いかも知れませんね! ちなみにコルゲートは種類が多くどれが良いのか迷ってしまいますが、オプティックシリーズでは「 ハイインパクト」と「エクスプレスホワイトがホワイト」が効果が高く人気があります。 アメリカのコルゲートのHPで確認したところ、この2種類は歯の内側と外側の両方に働きかけ、より白い歯をつくる効果があるそうです。 も、もHPでは効果の説明がほとんど同じで、ハイインパクトは4シェード効果、エクスプレスホワイトには3日で歯を白くするのがそれぞれの特徴になっています。 そして、エクスプレスホワイトは3日で歯を白く、ハイインパクトは3日で効果が出始めるとパッケージに書いてあるんですが・・・・なんだか結局違いがいまいち分からないんですよね💦 だったら使っててみるしかない!という事で今まではエクスプレスホワイトを使っていましたがハイインパクトを実際に使ってみたんです。 ハイインパクトに変えてから10日くらいでどんどん白くなってきた気がしたんです。

次の

評判のコルゲートハイインパクトの効果は本当だった!自宅で歯を白くできるよ!

コルゲート ハイ インパクト

「歯は人の印象を決める」 「美しい笑顔は口元から」 「歯が汚れている人はだらしなさそうに見える」 わかってる、わかってるけど・・・歯医者のホワイトニングは高いし、時間もない・・・ そんな方におすすめなのが、 コルゲート( Colgate )のホワイトニングアイテムです。 コルゲートはアメリカの多国籍企業で、オーラルケア製品や洗剤などの日用品を製造・販売しています。 コルゲートの歯磨き粉はアメリカでもっとも人気のある製品のひとつです。 中でも、ホワイトニング歯磨き粉には日本では添加を許可されていない過酸化水素が配合されており、「 歯を内側と外側から白くする」特徴をもっています。 コルゲート ホワイトニングアイテムはどんな種類がある? コルゲート社は歯磨き粉や歯ブラシ、マウスウオッシュなどさまざまなオーラルケア製品を販売しています。 中でも、いちばん人気があるのは歯磨き粉です。 コルゲートはアメリカでは歯磨き粉の代名詞として使われるほど、高い人気をほこっています。 ホワイトニングアイテムは歯磨き粉が中心 コルゲートのホワイトニングアイテムは歯磨き粉が主力商品です。 特に、過酸化水素が含まれているオプティックホワイトは薬剤が持つ漂白作用によって高いホワイトニング効果を期待できます。 過酸化水素を含んでおり、歯を内側と外側から白くする作用があります。 研磨剤として水和シリカを配合。 フッ素の力で歯を丈夫にしながら水和シリカの持つ研磨作用によって歯の表面についた汚れを落とし、歯を綺麗にします。 過酸化水素は含まれていません。 重曹と過酸化ナトリウムが持つ研磨作用により歯の汚れを落とします。 過酸化水素は含まれていません。 知覚過敏を改善する効果がある硝酸カリウムを含んでいます。 過酸化水素は含まれていません。 歯ブラシはトータルで口の中をキレイにするものが多い コルゲートの歯ブラシはさまざまな種類の製品を展開しています。 代表的なものには歯ブラシとホワイトニングペンがセットになった「オプティックホワイト トゥースブラシ プラス ホワイトニングペン」のほか、歯ブラシのヘッドの裏側にゴム製のポツポツがついている「360度歯ブラシ」、使い捨て歯ブラシの「マックスフレッシュ」があります。 また、電動歯ブラシも多くの製品を販売しています。 歯の黄ばみや汚れが気になる部分をホワイトニングペンでこすって綺麗にします。 この突起が歯を磨いているときに頬の内側や舌の表面をこするため、歯磨きをしながらお口の中全体を清掃できます。 通常の歯ブラシよりも柄が短く、持ち手のお尻の部分がつまようじになっています。 歯ブラシの毛束の中心部分には歯磨きジェルがあらかじめ充填されており、歯磨き粉不要でどこでもすぐに歯を磨けるのが特徴です。 円状の毛束がヘッドの部分に縦に2つ並んでおり、それぞれが動く仕組みです。 ヘッドの毛は特殊研磨毛を採用、歯の汚れを落としやすくなっています。 さらに頬クリーナーと舌クリーナーも装備、お口の中全体をすみずみまで綺麗にします。 マウスウォッシュは歯そのものを白く成分が含まれるものも コルゲートのマウスウオッシュは殺菌効果を持つ一般的なものを始め、歯肉炎対策やドライマウス用、子ども用など多数の製品があります。 中でも、過酸化水素が含まれた「ホワイトニングマウスウオッシュ」は歯を漂白する作用があり、人気が高いです。 過酸化水素濃度:2%) 過酸化水素が持つ漂白作用によって歯を白くしながら口腔内の殺菌を行います。 アルコールフリー製品です。 ホワイトニングアイテムは過酸化水素を含んだものが1番歯を白くする効果が高い? コルゲート社のホワイトニングアイテムでもっとも効果が高いのは ホワイトニング歯磨き粉のオプティックホワイト ハイインパクトや オプティックホワイト ホワイトニングマウスウォッシュなどの過酸化水素を含んだ製品です。 コルゲートはほかにもさまざまな種類のオーラルケアアイテムを展開していますが、研磨剤やベーキングソーダ(重曹)が配合された歯磨き粉は歯の表面の汚れを落とすことしかできないのに対し、過酸化水素を含むものは、 歯の色自体を白くする効果があります。 ホワイトニング歯磨き粉でのホワイトニング効果は人によってそれぞれ 「コルゲート オプティックホワイト ハイインパクト」は製品パッケージに『 歯の色が 4 トーン(4 シェード)白くなる』『 3 日間で歯の白さを実感できる』と書かれています。 ただし、これはあくまでも目安であり、歯の黄ばみやステイン汚れ(着色汚れ)がひどいケースなど、人によっては1~2トーン程度しか歯が白くならない、もしくは効果をほとんど実感できない場合もあります。 では、実際にオプティックホワイト ハイインパクトを使ってみた人はどのような感想を持ったのか確認してみましょう。 まだ使って間もないけど少し白くなった気がします。 ホワイトニング系の歯磨き粉、どれを買えばいいかわからなかったので、他のサイトで紹介されていたものを3種類ほど購入して、しばらく使ってみましたが、白さではこれが一番効果がありました。 磨いた後に、歯の所々が白いシミのようになっています。 漂白されたということでしょうか。 そのシミのような模様はすぐに馴染みわからなくなりますが、日本の歯磨き粉では経験したことがないことだったので、おおーっと感動しました。 ドラッグストアでホワイトニングを謳っている日本の歯磨き粉を買うならば、思い切ってこういうものを購入した方がいいと思います。 爽快感もすごいです。 (amazon. jpより抜粋) 5つ星、絶賛してる方もいます。 一方、次のような評価も見受けられました。 クレスト3Dから切り替えてみたが、ホワイトニング効果は同等。 クレストもだがゆすいでも口に味が残る。 子どもの頃虫歯治療した歯に知覚過敏様症状を段々感じるようになった為、残念ながら使い切る前に使用中止。 DENTISSEと言うのに変えて、初回から症状消失。 食後にこれを使って磨くと色戻りしづらいのでとても良いです。 歯の表面がツルツルになる点、泡立ちすぎなくて磨きやすい点も気に入っています。 また、私は味がからすぎるものが苦手なのですが、これは問題なく使えました。 ただ、使用期限がかなり短いです! 2018年12月下旬に注文して翌1月中旬に届いたものの期限が、2019年5月でした。 これではまとめ買いでストックしておくことや、ワインを飲んだ後だけ…など限定した使い方をすることは難しいと思います。 まだ白くなった実感はないです。 少し続けてみようと思います。 (amazon. jpより抜粋) 人によっては知覚過敏の症状がでてしまったり、白さを実感できないケースもあるようです。 また、味については特に問題なく使えている、との口コミがある一方、味が口に残る(まずい)という感想もちらほら。 こちらは口に含んでゆすぐタイプのアイテムとなっています。 ホワイトニングマウスウォッシュの口コミは以下の通りです。 でも、コーヒーや紅茶を飲んだときに歯につくステイン汚れを防止するのに役立つかも。 フレーバーはミント味とのことですがほとんど味を感じずまずい。 アルコールフリーなので刺激は少ない。 オプティックのホワイトニング歯磨き粉と併用していますが、歯磨きでホワイトニングしにくい歯と歯のあいだを白くするのに役立ちます。 使用を開始してから、すぐに歯の白さを実感できました。 でも、2か月使ってみたが白さは実感できなかった。 (amazon. comより抜粋) 「白くなった」「白さを実感できなかった」とこちらもさまざまな感想ですね。 磨きにくい歯と歯のあいだを白くできる、という理由からホワイトニング歯磨き粉と併用している人も。 過酸化水素を含んでいないアイテムは歯質強化や外面の汚れを落とすといった効果あり コルゲート社の歯磨き粉には「トータルアドバンスホワイトニング」や「ベーキングソーダ アンド ペルオキシド」など、過酸化水素を含んでいないアイテムもあります。 これらの製品は過酸化水素を含む歯磨き粉と比べると歯の美白作用は劣るものの、フッ素の力で歯質を強化したり研磨作用によって歯が綺麗になるなど、多少のホワイトニング効果はあるようです。 重曹が入っていますがチョークのような味はしません。 ミントフレーバーが爽やかです。 コーヒーを飲むのですが、使い始めてから少しずつ歯が白くなっているようです。 ただし味は当たり障りのない普通のフレーバー。 清涼感は弱いので歯磨きをしたあとにさっぱり感を味わいたいならほかの製品をオススメします。 (amazon. comより抜粋) どちらの製品も歯を白くする効果はそれほど高くないものの、「使いやすい」「汚れは良く落ちる」など、清掃面では高評価を得ています。 コルゲート ホワイトニングアイテムの安全性は? 欧米向けのため、日本人には合わないケースも コルゲートのホワイトニングアイテムは過酸化水素を含んでいることから人によっては知覚過敏の症状がでたり、歯にしみを感じる場合もあります。 そのほか、過酸化物の影響で舌など口内の粘膜組織を痛めたり、頬の内側の皮がむけてしまう、といった症状が起きることもあるようです。 使用中に異常を感じたらどうする? コルゲートの歯磨き粉を始めとしたオーラルケアアイテムには欧米人に合わせた成分が配合されています。 実際、日本人でコルゲートの歯磨き粉を使った人の中には「研磨剤の粒子が荒くて歯が痛みやすい」というネット上の感想も見受けられました。 また、人によってはフッ素の成分が身体に合わず、体調が悪くなる可能性も考えられます。 コルゲートとの違いは何でしょうか。 ここではコルゲートとクレストのアイテムを種類・効果・値段などの観点から比較していきます。 一方、クレストは歯そのものを白くする成分が含まれた ホワイトニングシートをメインアイテムです。 ホワイトニングシートは薬剤濃度もコルゲートの歯磨き粉に比べて、高めでよりホワイトニングの効果は期待できます。 一方、濃度が高いことで自分で行うセルフホワイトニングでの しみ・痛みなどの可能性は高くなります。 値段についてはホワイトニングシートは20枚セットなどで販売されており、1回あたりの価格が数百円ほどになります。 歯を内面からより白くしたいという方にはクレストのホワイトニングシートを使用するのがよいでしょう。 ただし、あくまでも自分自身で行うホワイトニングになりますので、しみ・痛みなどの安全性については十分考慮する必要があります。 歯の表面の汚れを落としたいという方はコルゲートのホワイトニング用歯磨き粉を使いましょう。 歯そのものを白くする過酸化物が含まれた歯磨き粉もありますが、ホワイトニングシートほどの効果は期待できません。 輸入販売業者が多いサイトとしてはアマゾンや楽天、バイマなどがあります。 アマゾン・楽天・バイマなどで購入 2019年3月現在、それぞれのアイテムの最安価格は以下のとおりとなっています。 com)を始めとする海外サイトから通販購入が可能です。 アメリカ国内では多数の通販サイトがコルゲートのアイテムを取り扱っています。 ただし、アメリカの通販サイトの中にはアメリカ人以外の通販の利用を禁止しているところも多く、アクセスすらできないケースも。 もし、海外から直接購入する場合には品揃えが豊富で日本への発送も問題なくできるUSAアマゾンの利用をおすすめします。 また、購入する際は送料がかかるので、まとめて購入がお得になります。 2019年8月現在、それぞれの製品のUSAアマゾンでの最安価格は以下のとおりとなっています。 [歯磨き粉] 〇オプティックホワイト ハイインパクト(1 本:85g ) 〇トータルアドバンスホワイトニング(1 本:215 g ) 〇ベーキングソーダ アンド ペルオキシド(1 本:170g ) 〇センシティブホワイトニング(1 本:170g ) [歯ブラシ] 〇オプティックホワイト トゥースブラシ プラス ホワイトニングペン 楽天のほうが安価な為、記載していません。 アメリカ国内であればコストコなどのスーパーマーケットやドラッグストアで店頭購入することも可能です。 アメリカを訪れた際には、機会があればぜひコストコに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。 思わぬ掘り出し価格でコルゲートのホワイトニングアイテムをゲットできるかもしれません。 もし、日本国内で通販サイトを利用するときや海外のスーパーマーケットなどで現地購入する場合には以下の単語を覚えておくと役に立ちます。 目的の商品を購入する際のご参考になさってみてくださいね。 ・過酸化水素(歯を白くする成分)=hydrogen peroxide ・フッ素(歯質強化)=fluoride ・ベーキングソーダ(重曹)(研磨剤)=baking soda ・過酸化ナトリウム(研磨剤)=peroxide (Sodium peroxide ) ・知覚過敏(歯の知覚過敏)=sensitive teeth ・硝酸カリウム(知覚過敏対策)=potassium nitrate まとめ:コルゲートのホワイトニングは自己責任で 人気のコルゲート社のホワイトニングアイテムおよびオーラルケアアイテムについてご紹介しました。 今回の内容をまとめると、以下のようになります。 ・コルゲートの歯磨き粉やマウスウォッシュには過酸化水素が含まれいるアイテムがあり、歯そのものの色を白くすることができる。 ただし、劇的に歯を白くすることはできない。 (最高でも4 トーン。 平均で1 ~2 トーン程度しか白くできない) 歯の黄ばみや汚れがひどいケースなど、人によっては歯の白さを実感できないケースもある。 ・過酸化水素が含まれていない歯磨き粉は歯そのものを白くできないが、歯表面を汚れを落とす効果がある。 ・もともと欧米人向けの製品のため、日本人が使用すると 歯のしみや痛み、知覚過敏の症状がでたり、 頬や舌の粘膜を傷つけるおそれがある。 ・国内で買うならアマゾンや楽天、バイマが便利。 海外のサイトではUSA アマゾンが品揃えも良く、より安く購入しやすい。 ・製品名が異なっても成分や効果が似ている商品が多数存在する。 購入時には英語での成分表示をチェックしてみること。 コルゲートのホワイトニング歯磨き粉は過酸化水素が含まれているアイテムでは、いつもの歯磨き時に使うだけでお手軽に歯のホワイトニングができます。 しかし、セルフで行うホワイトニングは希望する歯の白さにコントロールすることが難しく、安全面でも不安があります。 「本当に歯を白くしたい」「安全にホワイトニングしたい」と希望される場合はコルゲートなどの市販品は使わず、歯科医院に行き 歯科医指導によるホワイトニングをお受けになることをおすすめします。 「安いから」と価格の面だけを見て海外のホワイトニングアイテムに飛びつくのではなく、安全面も十分考慮した上で自分に合ったホワイトニング方法を選ぶようにしましょう。

次の